自作の壁紙や泣きゲーレビュー公開しているブログ。チャットルームや自作小説もあります そんな鍵っ子小説家のブログです。
☆★☆★ 毎日0時の定期更新中。現在は壁紙制作・泣きゲーレビューが主活動 ★☆★☆





 


夢か現かマトリョーシカの壁紙(和田守いすか)
2013-10-27 Sun 00:00
こんばんは。
10月27日の定期更新です。

ちょっと前の話になるんですが、やなせたかしさんがなくなったそうで、
アンパンマンのアニメはこれからどうなるんだろうな~とか思いつつ、
今回は特別に、アンパンマンのマーチの歌詞を紹介したいと思います。

そうだ!嬉しいんだ生きる喜び たとえ胸の傷が痛んでも

何の為に生まれて 何をして生きるのか
答えられないなんて そんなのは嫌だ!
今を生きることで 熱いこころ燃える だから君は行くんだ微笑んで。
そうだ!嬉しいんだ生きる喜び たとえ胸の傷が痛んでも。
嗚呼アンパンマン優しい君は 行け!皆の夢守る為

何が君の幸せ 何をして喜ぶ 解らないまま終わる そんなのは嫌だ!
忘れないで夢を 零さないで涙 だから君は飛ぶんだ何処までも
そうだ!恐れないでみんなの為に 愛と勇気だけが友達さ
嗚呼アンパンマン優しい君は 行け!皆の夢守る為

時は早く過ぎる 光る星は消える だから君は行くんだ微笑んで
そうだ!嬉しいんだ生きる喜び たとえどんな敵が相手でも
嗚呼アンパンマン優しい君は 行け!皆の夢守る為


子供のころ聞いたときは、ただ明るい歌だな~と思っていたのですが、
大人になってからこうやって歌詞を眺めて見ると、
その一つ一つがまるで宝石のように輝き、
そして力強さをも秘めているように思えます。
特にこの「何の為に生まれて 何をして生きるのか 答えられないなんて そんなのは嫌だ!」というフレーズ。
生きる意味を見出す大事さを訴えているのですが、
これはやはり戦争で弟を亡くし、本人も戦後の食糧難を経験した彼の本心なんでしょうか…。

彼は「本当の正義とは、ミサイルで敵をやっつけることではなく、今目の前で苦しんでいる人を助けることである」と語っていました。
それが、即座に飢餓の人を助けることができる「アンパンマン」という存在を生み出したんでしょう。
そもそも、アンパンマンはもともと大人向けの話で、アンパンマン自体も人間だったそうです。
本来の役目はパン粉を届ける人だったそうな?
時代を経て変化していく、平和への想い…。
なんだか、言葉には言い表せないものがあるように思えますね。

それでは今日の名言です。
『勇気』は形があるものではない。
最初の勇気は自分に勇気なんてないことを、認める事さ。


出典:不明
無知の知、という言葉がありますが、それに近い今回の名言。
たしかに、勇気が自分にない、と認めるのは少し勇気がいりますね。
「勇気がいる」と言っている時点で足りてないんでしょうから、
この名言も正しそうですね。
何事も、自分が今どれくらい何を持っているのか等、
現状把握から始めるのが定石と言うものです。
地盤がしっかりしていないと、上に大きな塔は立てれませんからね。

それでは今日の壁紙を紹介しますね。

サイズ   : すべて1920×1080
(サイズ別のが欲しい方はコメントを。対応します)

配布形式  : JPG形式
(のちに、JPGとPNGをまとめた物をRAR形式で配布します)

yumeka (4) yumeka (13) yumeka (16)
何か気に入った壁紙等がありましたら、拍手、コメントお願いします

今日は和田守いすかの壁紙を3枚紹介しますね。
主人公の幼馴染で、ツンデレ。
もうこれで説明終わりですよ、この子。
ただ、裏に抱えている問題は、ヒロインの中で一番面白かったかも?
…もう少し、シナリオをじっくり書けば絶対泣けたんだけどなぁ…。
ちなみに、これだけ説明短いのに、一番好きなキャラだったりします。

と言うわけで壁紙を紹介していきますね。
一応彼女のイメージとしては灰色、無論髪色から来ています。
今回紹介するのは2枚目の壁紙~。
ある種構図としてはいつも通りのものなのですが、
今回は細部に手を加えています。
まず、背景にノート地を持ってきました。
(これは、ゲーム中のテキストウィンドウがノートっぽ方から)
その他にも、ゲーム中のイメージとしてよく出てきた…ような気がするので、
前面に和紙の風味を持たせたりもして。
あとは、一番可愛い(?)と思えたCGを持ってきました。

ただ、今回いすかで使ったCGは、
ゲームプレイした人ならちょっと複雑な気分で見てしまうかも…?

と言うわけで今日の定期更新は終了です。
ちなみに明日は、サブキャラをご紹介しますよ。
お楽しみに~。

それではまた明日、同じ時間の定期更新でお会いしましょう。
さようなら~。
関連記事
スポンサーサイト
拍手する
別窓で開く | 自作の壁紙 | この記事へコメントをする:3 | トラックバック:0 | top↑
<<夢か現かマトリョーシカの壁紙(園山葵) | 青空の翼と過去の十字架 | 夢か現かマトリョーシカの壁紙(椋汐浬)>>
この記事のコメント
こんばんは~^^ お久しぶりです^^

アンパンマンマーチの歌詞ってかなり深いですよね。
子供向けのアニメでだれもが聴いたことのある曲ですが、ふと改めてよく聴いてみると、やなせさんがどんな思いでアンパンマンを書いていたかが、よく伝わってきます。

さてさてBALDRSKY ZERO・・・・攻略完了!
長かった・・・まじで長かった。 久々にここまで時間を使ってプレイしましたね。
さて感想。 蓋を開ける前までは散々言っていましたが、いざあけてみると、普通に良かった。個人的には最近やったゲームの中で時間を忘れて楽しめるくらいに面白かった。 戦闘システムは過去より楽になった感じはあるが、個人的には楽しめた。またBALDRシリーズの魅力の一つである、主人公に感情移入できて戦闘ができた。戦闘中のBGM、通常BGMは過去作からの使いまわしなのだが、場面場面にあったBGMだったので個人的には好評価。
肝心のシナリオだが、多分SKY本編につながるのは咲量ENDかな?と思う。・・・いや、あれ以外だとエドさん主人公でよくね?ってなるしねw 全√とも完成度は高かった。特にマトメのフラン√は、笑って、泣いて、そして燃えたルートだった。 まあ未回収の伏線とか、謎とかもあるけどね・・・今後なにかしらあるだろう・・・多分w
総評価としてはぜひやってほしい作品ですね。いや、本編もですが・・・BALDRSKYシリーズは戦闘システムもだけどシナリオが普通にいいからなぁ・・・・SKYシリーズは個人的ベスト5には余裕ではいる作品ですかね。

さて次ですが、ココロファンクションと小夜曲どっちからやりますかね・・・・SKYZEROが楽しすぎて、次の作品の評価がまともにつけられる気がしないw
多分小夜曲→ファンクションですかね・・・
長文失礼しました。読んでいただけると幸いです。
それではまた~
2013-10-27 Sun 03:39 | URL | ドラゴンMAX #-[ 内容変更] | top↑
こんばんは~。
お久しぶりです。

今回はアンパンマンについて取り上げましたが、何気なく聞いていることの中でも、案外深い意味が込められているものって多いのかもしれません。
見方を変える事、というのはそういう事に気づく意味でも大事かもしれませんね。

おつかれさまです^^
ゲーム性のあるものだと、なんとなくシナリオは置いていかれがちなイメージですが、昨今の人気が示している通り、BALDRシリーズはその範囲に当てはまらないみたいですね。
(むろん、それ以外にもいろいろあるとは思いますが)
やはり、ゲームシステム部分を作りながら、普通よりもシナリオも作りこめるのでしょうか…。
なによりも、戦闘部分とシナリオ部分のリンクのさせ方が難しいですよね。
それぞれが別々だと、ただの長いゲームになってしまいますが、お互いがより高め合うようなシステム、流れ、になっていれば、シナリオだけのゲームより、よい出来になるのかもしれませんね。
時間があったらやってみたいものです…。
(そればっかり)

今月はこの2作になってしまいますかねぇ…。
どちらもシナリオ重視の匂いはしないので(ココロファンクションもそんな感じかも?)過度な期待は禁物ですね。
ある意味、全然別ベクトルなのでいいのかもしれません。

長文のコメントありがとうございました。
また、コメント等お待ちしていますね。
それではまた~。
2013-10-27 Sun 22:34 | URL | たつたつ #-[ 内容変更] | top↑
マトリョーシカやってないのでよくは分からないんですが、
チェック入れてる時からこの娘が気に入ってました。
壁紙ありがとうございます!
わふたーの壁紙もいいですね~(´∀`)
機会があればこれからも拍手なりコメントなりさせて頂こうと思います!!

by allen10_k_11


はじめまして、拍手&コメントありがとうございます。
嬉しいコメントをいただいたので、初回という甘えもあり載せさせていただきました。

マトリョーシカという作品自体はなかなかによく出来た話なのですが、人は選びそうな作品です。
ただ、いすかの話は他のキャラよりも躍動感があった印象は受けます。
私もビジュアルが好きで、結構気合を入れて壁紙を作った覚えがあります。
気に入っていただけたなら、本望というものです、ぜひぜひお使いください。

個人的な話になるのですが、クドわふたーを作っている時の環境と、今の環境では天と地ほどの差があり、あの極貧環境の中でよくあれだけのものを作っていたな、というのが私の感想なのですが、他の方にも喜んでいただけているようで、嬉しい限りです。
むしろ、あの環境だから作れたのでしょうか…。

最後になりましたが、勝手に拍手コメントを乗せてしまい申し訳ありませんでした。
拍手コメントは基本的に見えにくくなっているため、それを期待してコメントしてくれていたのなら、次回以降明記していただければ私だけが満足して読みたいと思います。
ただ、せっかくのコメントに返事が出来ないのは申し訳ないので、よければ次回以降も同じ形か、コメント欄に書きこんでいただければ普通に返信したいと思います。

なんだか嬉しさのあまり長い返信になってしまいました。
ぜひ機会があればこれからも、なんでも感想・リクエスト・雑談等お待ちしていますのでよろしくお願いしますね。
それではコメントありがとうございました。
2013-10-31 Thu 22:38 | URL | たつたつ #-[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 青空の翼と過去の十字架 |