自作の壁紙や泣きゲーレビュー公開しているブログ。チャットルームや自作小説もあります そんな鍵っ子小説家のブログです。
☆★☆★ 毎日0時の定期更新中。現在は壁紙制作・泣きゲーレビューが主活動 ★☆★☆





 


カルマルカ*サークル の感想
2013-10-08 Tue 12:00
<作品名>    カルマルカ*サークル の感想
<製作会社名>  SAGA PLANETS

111_20131007190441498.png

シナリオ構成
S
攻略キャラは5キャラ+ノーマル1√+TRUE1√と言う構成。
各キャラの√は大体2h程度でTUREも3-4h程度、共通も平均的なので全体的にみても平均的なボリュームと言える。
TRUE以外に攻略順の指定はないため自由にどうぞ。

【おすすめ攻略順 : 夕姫羽→暦→ニコル→杏→晴→奈月→TRUE】

CG
S
線は細く、淡い塗で全体的に丁寧に仕上がっているため、質に関しては十分補償できる。
また、量においても1キャラに対する枚数が多く評価できる。
SD絵も多数存在。

音楽
S+
BGM31曲、Vo曲3曲(OP2・ED1)という構成。
Vo曲に関しては、良い出来に仕上がっており、特にOPに関してはどちらもカッコ良い系の曲として仕上がっている。ただ、決定打に欠けていたか。
どちらかと言うと評価したいのはBGMで、基本的に作風に合わせての明るい曲が多めとなっているが、透明感・爽快感に優れた曲もいくつか。
中でも「過ぎ去りし日々」は破壊力こそないもののなかなかに心地いい曲である。

お勧め度
S+
ゲーム初心者にもお勧めできる、少しだけSF要素の入った学園物。
ギャグ・泣き・燃えに関しては殆どないと言うほかなく、キャラに萌えつつ展開していく物語自体を楽しむゲームだと思ってほしい。

総合評価
S

公式ホームページ
↑クリックすると公式HPに飛びます。

【物語について】
主人公が、一度離れた土地を、ある問題を抱えて戻ってくるシーンから始まる。

全体的にはミステリー・SF要素を覗かせつつ、展開していくことになるのだが、最初にクリアしなければならない個別5人のルートに関しては、ほとんどその設定は生かされておらず、通常の学園物として展開していく。
そのせいもあるのか、序盤での各能力(メリット・デメリット)や舞台設定に関しての説明がかなり不足しており、事前情報等をなしでプレイすると疑問に思うところもある。

そう言ったところを抜きで見れば、ところどころ前作ネタのギャグなんかも持ってきており、ほどよく萌えて、ほどよく先が気になる学園物で、それ以上でもそれ以下でもない。

泣きシーンも各ルートであるにはあるのだが、いかんせん、それまでの淡泊な描写に加え、場の流れを早くしすぎてしまったのか、特に書きこむことなく場面転換がくるので、泣くことはないだろう。
可もなく、不可もなくといったところか。

ただ、1√終わるごとに増えていく、七つの大罪の文字の演出に関しては、いずれ来るTRUE√への期待感をあおり、良い演出だったように思える。

そうして、全てを終わらしてプレイすることになるTRUE√。
それまでちりばめられていた伏線を全部改修してくれるのである程度気持ちよさはあるものの、察しのいい人なら全て予想の範囲内だろう。予想大きく下回る事こそないが、予想以上の展開・演出等もなく、少しあっけなく終わった印象。
音楽での「無音」演出など、頑張っているイメージもあったのだが、シナリオ部分で一歩努力足らずだったと思えなくもない。

【総括】
ある種のオーソドックス差はあるのだが、他のゲームとの差を付ける「これ」というものがなかった痛い作品で、ともすると他の作品に埋もれてしまうかも。
設定等は面白かったのでもう少し頑張ってほしかった。

(追記あらためぶっちゃけコーナー)
気体のし過ぎ感はあったな…各ルートの話が結構互換性無かったりするし。
なにより、先を読めちゃったのがなぁ…。
舞台設定・能力説明は結構省かれてた(と言うより簡単になってた?)が、その部分を除いてはすごく簡単に書いてて分かり易いよ、だからこそ先が読めたんだけど。
あと、各人の大罪がやっぱなぁ…先輩とか絶対怠惰もちだし、能力自体も慢=記憶操作もちょっと…と、言いだすと切りがないかも。
七つの大罪と聞くと、11eyes思い出しちゃうのはおれだけか。
関連記事
スポンサーサイト
拍手する
別窓で開く | ゲームのレビュー | この記事へコメントをする:0 | トラックバック:0 | top↑
<<カルマルカ*サークル の壁紙(乙音ニコル/高坂夕姫羽/成海杏) | 青空の翼と過去の十字架 | カルマルカ*サークル の壁紙(天ヶ瀬奈月/朝比奈晴/夏目暦)>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 青空の翼と過去の十字架 |