自作の壁紙や泣きゲーレビュー公開しているブログ。チャットルームや自作小説もあります そんな鍵っ子小説家のブログです。
☆★☆★ 毎日0時の定期更新中。現在は壁紙制作・泣きゲーレビューが主活動 ★☆★☆





 


グリムガーデンの少女-witch in gleamgarden- の壁紙(和泉 桜子)
2013-08-23 Fri 00:00
こんばんは。
8月23日の定期更新です。

そろそろ8月も後半ですねぇ…。
お休みにやり残したことがあったりする方は悔いのないように、今からでも行動を起こしてみてくださいね。
私のやり残したことは…。
なんでしょう? 
ずっと言い続けてるけど、WA2の壁紙は作りたいなぁ…。
ホント、いつになったら作るんだろう。

夢は逃げない、逃げるのはいつも自分だ
出典:野原ひろし
まさかこの人が、こんな名言を残してるなんて、と思うでしょうか。
なかなかに、「クレヨンしんちゃん」には名言があるんですよ。
今回紹介した名言は、これまでに紹介した名言に似たものがあるかもしれませんね。
名言では多く語られる内容のものであり、それだけに大切なものでもあります。
夢を叶えた人間と、叶えられなかった人間がいますが、叶えた人間はどれも、夢をあきらめなかった人と言えるでしょう。
そういう意味では、夢を目指す際に最初に「夢から逃げ出さない事」が、第一の関門であり、かつ最低条件となるのかもしれません。
この名言についてはいろいろ思う方も居るかもしれませんが、叶えた側からすると、この名言のいうことはどうやら正しい一面は持っているようですね。

それでは今日の壁紙。

サイズ   : すべて1920×1080
(サイズ別のが欲しい方はコメントを。対応します)

配布形式  : JPG形式
(のちに、JPGとPNGをまとめた物をRAR形式で配布します)

grim (1) grim (2) gri (3)

何か気に入った壁紙等がありましたら、拍手、コメントお願いします

告知してなかったかもしれませんが、今日から新しい壁紙。
7月の新作、グリムガーデンの少女より、和泉桜子の壁紙です。
前作のLOVESICKからは遠く離れた感じの作品・絵ですよね。
そんな作品で、物語の始めから、特徴的な登場をするこの子。
一応ツンデレに入るのでしょうか…。

なかなかに使いにくい壁紙が多かった彼女、女の子らしいCGがあんまりなかったんだよなぁ…。
その分、戦闘シーンの物が多くて、2枚目の壁紙とかは作り易かったけどね。
くわしい壁紙の解説とかは明日以降ということで。

今日の定期更新はこれでおしまいです。
明日は、物静かなあの子です。
お楽しみに。

ではではまた明日、同じ時間の定期更新でお会いしましょう。
さようなら~。
関連記事
スポンサーサイト
拍手する
別窓で開く | 自作の壁紙 | この記事へコメントをする:2 | トラックバック:0 | top↑
<<グリムガーデンの少女-witch in gleamgarden- の壁紙(楠木 由真) | 青空の翼と過去の十字架 | 天色*アイルノーツ の壁紙(全員)>>
この記事のコメント
こんばんは。
お疲れ様です。


野原氏のコメント素晴らしいですね♪
子供のころにクレヨンしんちゃんの漫画も読んでました。アニメは言わずもがな・・・
惹かれるところが多いお父さんキャラです☆


さてグリムガーデンですが、私も気になっているタイトルです。
いずれいずれと言いますがいつになるか・・・w
いつもながら壁紙のクオリティには圧巻ですね♪


気になったのですが、たつたつさんが「このタイトルをプレイしよう!」と思う作品の基準と言いますか、きっかけは何なのでしょうか?
私は「好きな製作会社だから」、とか「可愛いキャラクター発見!→公式サイトへ飛ぶ→ストーリーやら世界観を確認」だったり様々ですが・・・
是非参考にさせてください。


最近涼しい日が続いてウハウハなTaGmでしたw
ではノシ
2013-08-23 Fri 00:13 | URL | TaGm #-[ 内容変更] | top↑
こんばんは。

最近は雰囲気的にドラえもんに負けていますし、下品な漫画だと思っている大人も(いや間違ってないけど)たくさんいますが、その実、中身は暖かさに溢れた良い作品だと思います。
映画では「青空侍」が一番好きでした…。
ちなみに私も、漫画、アニメどちらも見てましたよ。

しばらくはグリムガーデンばかりになってしまうので、知らない作品&興味が無い作品の場合は名言まで読んで後は無視してください(ぇ
かの作品についてはレビューを残したのでそこで確認しておいてほしいのですが、ほんとにおしい作品です。
もう少しペースや雰囲気作りが大切にできれいれば二段、三段あがった作品なのに。

基本的に私も、TaGmさんと同じような形になると思います。
有名会社の中でも気に入っている会社の物は殆どやりたいと思っているので、そこは割愛します。
それ以外だと最近は新作の有名会社の作品を一つ一つチェック、特にシナリオ重視していそうかどうか(エロ重視だとストーリー・ギャラリーでわかるので)を見ています。
特にギャラリーは重要で、自分にその絵が合うかどうかやそこで作品の全体を想像していたりもするので絵買いっぽい部分もあるかと思います。
ここで大まかに決まってしまいますが、シビアな場合やグレーゾーンな場合も多くあります。
その場合は体験版…なのですが、最近グレーゾーンに当たってないのでやってないのが実情かもしれません。
出来れば物語の内容・雰囲気といった楽しみは正規品までとっておきたいので、体験版はやりたくなかったり。
(出来れば公式サイトも見たくないくらい)

ただ、それでもできるかどうかは別問題、それはお金だったり、時期だったり、いろいろあるので割愛します。
選定する場合はとりあえずその基準でしょうか。

それ以外に友人からいきなり手渡される事もあります。
この作品…なんで選んだの?? というものが時々あるのはそういう場合です。
ポケ恋とか、ポケ恋とかとかとかとか…。
その他可愛い萌え系も、時折そんなのだったりします。
最近萌えゲーに洗脳されつつあるのが怖いです…。

大坂が大雨になったので喜んでエアコンを付け、涼しい日々を過ごすタツタツでした。

それではコメントありがとうございました。
2013-08-23 Fri 10:30 | URL | たつたつ #-[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 青空の翼と過去の十字架 |