自作の壁紙や泣きゲーレビュー公開しているブログ。チャットルームや自作小説もあります そんな鍵っ子小説家のブログです。
☆★☆★ 毎日0時の定期更新中。現在は壁紙制作・泣きゲーレビューが主活動 ★☆★☆





 


[レビュー]枯れない世界と終わる花の感想
2017-01-28 Sat 00:00
<作品名>    枯れない世界と終わる花
<製作会社名>  SWEET&TEA

枯れない世界と終わる花

シナリオ構成
S
攻略キャラは4キャラ。
大筋のシナリオが一本あり、クリア後にエピローグとして各ルートに分岐する形。
エピローグの分量は30分程度とかなり短いため、全体的なボリュームも少ない。

【推奨攻略順 : コトセ→ユキ→ハル→レン 】
差は基本的にエピローグのみなので好きなキャラからの攻略で問題ない。

CG
S
全体的に美麗といっても差し支えない質の絵。
時折見入ってしまうような美しい絵も数点存在し、綺麗な世界観を十二分に表現したこの作品の見どころの一つともいえる。SD絵も8枚ほど存在。

音楽
S
BGM23曲、Vo曲2曲。
BGMでは静かなピアノの曲が印象的で目立ってはいるが、中にはほんわかとした明るい曲も同じくらい存在しており、多様性はある。
Vo曲はやはり印象的なイントロで始まるOPに注目だろうか。

お勧め度
S
綺麗な世界観で描かれる作品。
話の作り自体も良く泣きゲー寄りの作品ではあるのだが、いかんせん話が短くかつ単調でルート間での差もないため、各人へのお勧めを特にする事はない。

総合評価
S

公式ホームページ
↑クリックすると公式HPに飛びます。

いつもならば作中のあらすじや舞台を書くのだが、
その点で言えばこの作品はかなり特殊。
作中で語られる世界観は綺麗ではあるものの、説明はかなり曖昧。
ぶっちゃけ

どうやら他人を犠牲にする事で生きながらえる『天使』というものが周知されている世界であり、作品の主な舞台は小さな町であることがうかがえる。
主人公が行動の拠点とするのは、ヒロインの3姉妹が経営する喫茶店。
3姉妹はそれぞれ天使の役割を持っており、限界を迎えた住人を花に変え、世界に還元させることで世界を持続させているようだが、その役割自体のおかげで姉妹も生きながらえている・・・? しかしながら、その力を使えば使うほど天使の力に犯されて、いわゆる『死』にも近づいている。

作中ではこの力を「他人を犠牲にする」と表記しているが、上の要素を一つ一つ見て行くと、どうにもこのあたりの矛盾が激しい。
こういうところを見ると作者の「こうしたい!」という強烈な設定の強要が見て取れてしまい上手くない。

作品では、コトセ→ユキ→ハル(→レン)の順でヒロインを助けるのだが、各キャラを助ける際に選択肢が出現し、その選択によって個別ルートに入る事が決まる。
個別ルートに入る事が決まった場合、そのキャラクターの救済後に短い個別シーンが描かれ、その後は一般ルートと合流しすべてのエンディングが終わった後のエピローグとして、1h足らずのシナリオを見る事ができる。

物語の構造上、共通となるルートの話をしっかりと書ききらねば良い作品になりえないのだが、この作品はその共通部分に関しても少し手抜きを行っている。

各キャラの救済はたしかにお涙頂戴の設定を作ってはいるのだが、いかんせん登場キャラクターへの書き込みが足りない。
各ヒロインキャラに対してはもちろんなのだが、ルートに関連した重要なサブキャラクターも多く登場しており、それらのキャラクターを生かしきれていないのも、作品としての質を大きく下げる原因となっているだろう。
せめて個別ルートがない分、ここにシナリオの重点を置かなかったのは痛手。
分量的に無理という話であれば、各ヒロインのエピローグを削ってでも書くべきだった。
ポッと出のキャラが死んで、ヒロインが泣いて、主人公が助けて…というのを繰り返したところで、感動するわけがない。

また、シナリオとして主人公が助ける際に「どうにかこうにか」というのを使いすぎ。
たしかに、そういった作品が有るには有るが、それは「そうなるだろうな」という前提(努力)を書いているからこそ使える技である。
デウス・エクス・マキナはやはり批判されるべき演出だろう。

世界観や設定なんかは割と悪くないだけに、各キャラのスポットが当たるシーンをしっかりと書ききり、キャラクターエピソードを交えて、そのキャラの魅力はもちろん、プレイヤーの愛着をしっかりと定着させるべきだった。
BAD気味の各個別ルートを作る事で世界観の説明(天使の力を行使しなかったら・・・などのIF)を行う事もできただろうし、発展性はまだまだ有る作品だったはず。

それだけに、書き手によってつぶされて作品として少し悲しくも有る。

コンフィグに関しては問題ない。

【総括】
ミドルプライス作品として、という不名誉なセーフティーを使ってこの評価。
シナリオ以外は十二分に良作。

(ぶっちゃけコーナー)
今回は上でほとんどぶっちゃけてるからあんまりなかったり。
泣きゲーに見せかけてぜんぜんなけないしすぐ終わるし…。
ミドルプライスだから…という言い訳をしていいなら、この作品のシナリオを使うべきではないと言う話になるので、やっぱり書き手の問題なんだろうな。
スポンサーサイト
拍手する
別窓で開く | ゲームのレビュー | この記事へコメントをする:0 | トラックバック:0 | top↑
[レビュー]スキとスキとでサンカク恋愛の感想
2017-01-21 Sat 00:00
<作品名>    スキとスキとでサンカク恋愛
<製作会社名>  ASa Project

スキとスキとでサンカク恋愛

シナリオ構成
S
メインヒロインは4人で、各ルートの攻略時間は2時間程度。
サブヒロインも二人存在しており、それぞれ1h程度のシナリオが存在。
全体的なボリュームは平均か少し少ない程度。

【推奨攻略順 : 志衣菜→真帆→茜→カーラ→七瑠→すず 】
攻略順に指定はないため、好きなキャラからの攻略で問題ない。

CG
S
今までの作品のようなビビットな印象はなく、一般的な作品に近づいたイメージ。
特に色使いは全体的に淡くなっており、よく言えばこなれており、悪く言えば個性が失われた。

音楽
S
Vo曲2曲、BGM24曲という構成。
BGMはまんべんなく、各キャラテーマを含め各場面用のものがそろっている。Vo曲としてはOPの佐咲紗花さんが歌う「Heart beat」は爽快感のある良曲で、独特のメロディが心地よい。

お勧め度
S+
三角関係成分も入っている学園物だが、やはりメインはギャグ。
今までのASaProjectのギャグ成分が好きだった方は十二分に楽しめるだろう。
いつも通り、多分野の作品やメタネタなど笑いに関してはタブーがなく、スタートから終わりまで一貫してネタを多用している。

総合評価
S

公式ホームページ
↑クリックすると公式HPに飛びます。

親の再婚からずっと一緒にいる義理の妹と幼い頃に一緒にいた実妹。
ずっと一緒にいる幼馴染と一目ぼれをしてきた先輩。
それぞれの三角関係の頂点として主人公を置き描かれる今回の作品。

舞台はB研というオタクたちの集まる部活で、主人公を含め登場人物はそれぞれ何かしらのオタクである。

上記の事からわかる通り、登場キャラクターたちは一人ひとりがとても『濃い』存在であり、作中を所狭しと暴れまわる。
もちろん、恒例ともいえるネタキャラ枠も存在しているが、今回に関してはどのキャラクターもギャグ成分が深くなってる気もしなくはない。

この各キャラオタク設定はこの作品のメインともいえるギャグ成分にも深くかかわっており、オタク的な言動をネタとして扱うことがかなり多く、それに次いで他作品からの引用ギャグ、その次にメタネタというギャグの比率になっている。

作品のメインともいえるギャグ事態については、数うちゃ当たる戦法でもあるのでどこかでは引っかかり笑える部分はある。
しかしながら過去のASaPro作品とくらべるとその質が落ちてきているような気もしなくはない。もう一歩踏み込んで笑いが取れるところで踏み込むのをやめてしまった印象である。

作品の要素の一つとして入っている三角関係についてはおまけ程度に考えておくとよいだろう。恋愛描写ではヒロインの個別ルートにおいて各キャラを対比させてシナリオを進めているがあくまでその点に限った部分であり、内容自体について何か踏み込むということはなく、失恋シーンを描く程度にとどめている。
(例えば、実妹問題とかを深く掘り下げてはいない)

作品自体のテンポがよく笑いも多いので飽きることなくプレイすることはできる。
この会社の作品をプレイしたのが初めての人ならば十分に楽しめるだろう。
しかしながら恋愛0キロメートルからプレイを続けている人にとってはどこか物足りなく感じる作品であるのも確かで、このまま同じような作品を作る場合にどこかテコ入れを入れる必要性を感じる作品でもあった。

甘利かこの作品と比べるということをしたくはないけれど、ただ笑える作品というだけではなく、この作品だからこそ表せる、という確たるテーマ等を見せてほしかったというのが正直なところ。


コンフィグに関して大部分は問題ないのだが、セーブ機能がかなり特殊で慣れるまでプレイしずらいという問題はある。

【総括】
ギャグメインの作品で、シナリオ自体が深いというわけではないのでこの程度。

(ぶっちゃけコーナー)
昔より笑いのレベルは確実に落ちてる気がするんだよね…まぁ面白いんだけど。
それだけで終わっちゃうってのが今回の作品な気がする。
昔のは「面白かった!」という気持ちがもう少し強かったのかも?
笑いだけにするには余計な成分が多かったのか、キャラが動かしにくかったのか…。
原因が定かでないのが気になるなぁ。
拍手する
別窓で開く | ゲームのレビュー | この記事へコメントをする:0 | トラックバック:0 | top↑
ここから夏のイノセンス! の壁紙
2017-01-15 Sun 14:01
春さんより壁紙の作成依頼がありましたので、「ここから夏のイノセンス!」の壁紙を制作
いろは中心の壁紙となっております。

サイズ : 1920×1080
画像形式 : JPEG

innocence1_R.jpg innocence2_R.jpg
innocence3_R.jpg innocence4_R.jpg

依頼通り、前景には指定4枚のCGを仕様。
追加指定として、背景に昼の星ヶ淵の背景CGを使用しました。
4枚目、夜のいろはと蛍のCGのみ、夜の星ヶ淵のCGを使用しています。
(わからないと思いますが)

追加で素材を組み合わせて2枚を作製

innocence5_R.jpg innocence6_R.jpg

こちらは私が適当に作りました。

以上です。
お待たせいたしました。

なお、依頼者はできれば使用している様子等を写真(スクリーンショット等)でお知らせしていただけるとやる気になります。
拍手する
別窓で開く | 自作の壁紙 | この記事へコメントをする:2 | トラックバック:0 | top↑
[レビュー]よめがみ My Sweet Goddess!の感想
2017-01-14 Sat 00:00
<作品名>    よめがみ My Sweet Goddess!
<製作会社名>  Alcot

よめがみ My Sweet Goddess!

シナリオ構成
S+
攻略キャラは4キャラ。共通ルートは少し短めで、個別ルートも2-3h。
全体的には平均よりはやや下回る、コンパクトなボリュームと言える。

【推奨攻略順 : 真理→美命→リコ→アイリス 】
攻略順に特に指定はない。
どちらかというとリコとアイリス√は物語の革新により迫ったものとなっているが、どのルートでもベクトルは違うもののある程度のネタバレはある。

CG
S
細い線、淡い塗りのALcotらしいかわいい絵。
全体的な質は安定しており、立ち絵、イベントCG共に大きな崩れなどがない。ボリュームに対しての枚数も一般程度と言えるだろう。
クリア後のCGビューワーでは男のイベントCGが見当たらないことだけ謎。
SD絵も多数存在。

音楽
S+
BGM34曲、Vo曲2曲という構成。
もちろん、いつものタイトル差分BGMを含めた数となっている。
各キャラ用テーマはもちろん各場面用のBGMを幅広く取り揃えており、その中でもBGMでは「愛しているから苦しくて」等、少し悲しい旋律の曲が特に光っていた。
Vo曲としては、わりとネタっぽい雰囲気のOPだったのだが、EDは思った以上にしっとりとしたEDソングとなっており、物語の最後に流れるものとして十分にふさわしいものとなっている。

お勧め度
S+
基本は軽いラブコメ作品。
キャラのかわいさは言わずもがな、絵等も含めて全体的なレベルは高いといえる。
付け加えて意外と中身も作りこまれており、物語の中身がないとはとても言えない。

総合評価
S

公式ホームページ
↑クリックすると公式HPに飛びます。

物語は魔神アンゴルモアが封印されるシーンから始まる。
主人公、隼人は魔神アンゴルモアの転生として女神アイリスから生まれた半神。前世の罪により天界から追放され、人間界で善行を積み重ね使途に戻るのが目的なのだが――。

Alcotといえばやはり一番の魅力はキャラのかわいさだろう。
今回も御多分に漏れず非常に魅力的なキャラクターがそろっている。先でも述べたように今回の作品では天界等の神の世界のお話がかなり詰まった半分ファンタジーな世界が舞台となっている。
そのためもちろん登場するヒロインたちも割と特殊で、だからこそ「かわいさ」という部分においては非常に変化球になりがちでともすれば失敗もあり得るほど難しいはずなのだが、そのあたりに関してはさすが大御所と言いたくなるほど安定して書き切れている。
特に今回はヒロインの一人「アイリス」に母親としての属性を持たせるなどの挑戦的な内容もあったことを含めて非常に評価はしている。

キャラゲーということもあり、シナリオはそこまで期待できないものが通説だが、今回に至ってはそう簡単に言い切ることもできない。
最初にシナリオに感じたイメージは「コンパクト」というものであり、あまり無駄なことはせず大切なことをサクサクサクと進めていく印象だったのだが、内容を振り返って考えてみると。過去・現在・未来といった時系列や展開といったいつもと違う要素をふんだんに使い自由に展開させていたイメージがある。
だからこそなかなか飽きが来なかったし、アイリス√の終盤では思いもよらない展開に持っていくなど、泣きはしなかったものの、見どころのある部分は確かにあった。
しかしながら同時に、物語の間でのつじつまが合わなかったり、疑問点が残っていたりとガチガチのシナリオゲーには今一歩踏み込めていない部分があるのも確かだろう。

泣きゲー(シナリオゲー)としての評価が中心的になってしまうの私のレビューなのでどうしても低めには鳴るのだが、キャラゲーとしてならば十二分に良作であると再度付け加えておきたい。

コンフィグに関してはプレイしやすく、十二分に機能がそろっている。

【総括】
全体的な完成度は高く、安定した作品と言えるがシナリオ的にもう少し頑張ってほしいところもありちょっと厳しめのこの評価か。

(ぶっちゃけコーナー)
個人的な話だけどEDの「メロディ」を何度も繰り返し聞くシーンがあって、思った以上に耳になじむことに気が付いた。
そういう意味もあって、音楽のランクを一つ上げてたりする。
シナリオとしてはやっぱりアイリスとネフェリスの関係が気になるよな…。あれはどうなってんだ…。
あと、リコ√他での歩とかね…
それでもまぁ、思った以上にシナリオでもがんばってたなぁ…。
でもAlcotっていつもそんな感じでシナリオにガチで取り組んではいないけど捨ててもいないよね。
拍手する
別窓で開く | ゲームのレビュー | この記事へコメントをする:0 | トラックバック:0 | top↑
[レビュー]Re:LieF ~親愛なるあなたへ~の感想
2017-01-07 Sat 00:00
<作品名>    Re:LieF ~親愛なるあなたへ~
<製作会社名>  RASK


ReLieF.png

シナリオ構成
S+
攻略キャラは4キャラ、アイ√は個別というよりはグランド√に近く、その他のルートより少し内容が厚め。
共通も個別ルートも比較的量は一般的なのだが、読ませる内容であるために


【推奨攻略順 : 流花→もも→日向子→アイ 】
アイ√は最後に固定されており、それ以外は攻略順にロックなし。
どのルートでもある程度ネタバレがあり、わかる人にはわかってしまうので好きな順番でよいだろう。

CG
S
純粋な”絵”として、これほどまでに他の作品から抜きんでた作品はない。
おもわず一つ上のランクを作ろうかと思ったほどで、一つ一つの絵のクオリティが非常に高く、立体感はもちろん、色感やエフェクトに至るまですこしの妥協もなく作りこまれていることがわかる。はっと目を止めてしまうCGが10枚や20枚ではきかないのがその証拠。
近年様々な方法で『見せる』技術は発展してきているが、平面での『魅せる』という技術の限界に挑戦しているといっても過言ではなく、文句なしで評価したい。
言うまでもなく立ち絵の質も高い。

音楽
S+
Vo曲4曲(OP1/ED2/挿入歌1)、BGM37曲という構成。
BGMでは作品の内容に併せているのかピアノの旋律を使っているものが多く、ピアノ曲以外も全体的に静かで綺麗めの曲が目立つ。
Vo曲では「DaisY BelL-AlphA-」など、聞く人が聞けば思わず鳥肌が立つ曲を使用するなどのニクイところも。
ただ、あくまで作品の内容をメインにしているため、あまり曲で泣かせるような演出や物を使用していない。

お勧め度
S++
「Deep learning」など最近の話題も取り入れたガッチガッチのSF作品。
読み込ませる内容でシナリオもしっかり組まれているため、特に矛盾点がない事からもその筋の人たちには好かれるだろう。
逆に深く考えず、かわいいキャラとイチャイチャしたいだけの人などは少々つらいかもしれない。

総合評価
S+

公式ホームページ
↑クリックすると公式HPに飛びます。

「もう一度やり直す」ということを可能にした『トライメント計画』。
それは離れ小島で、人生に行き詰った人などを集めてもう一度「学園生活のやり直し」を行わせる計画だった。

現代の社会問題として発生している様々な問題を受け止めるために、というような社会福祉的な設定で生まれた今回の舞台。
選ばれたのは仕事でうまくいかなかったり、とある事情で青春が過ごせなかったり、普通の学生生活が送りにくい人だったり…という人々。
そういった人たちが再び集まって小さな島でもう一度学園生活を送る…というのが今回の作品の舞台であり、物語の冒頭で語り部として選ばれていた日向子もそういった人物の一人だった。

物語の中盤までは彼女が立ち直る姿を描いたものになっている。
しかしながら真実の主人公は…。
あまり語るとなんでもネタバレになってしまうのであまり多くは語らず、この先は自分で確かめてほしい。

作品としての魅力を上げるのならば、最初に言うべきはやはりグラフィック素晴らしさだろう。
何も言わず公式HPを見ればわかるだろうが『美麗』『圧倒的描画力』という言葉がここまで似合う作品も珍しい。
特にCGに対して何か特別な演出をするということはないのだが、単体としてここまでの破壊力があるCGが、この枚数量産されているということ自体が称賛に値し、内容を置いておいたとしても十二分に購入者へのリターンはあるだろう。

もう一つ特徴的なのは、ヒロインとして登場しているのが一度学園生活を体験している『大人』であるという事。
キャラクターによっては一人でお酒を飲んでいたりと、普通の学園物とはすこし違う大人の女性というリアル(?)なキャラクター性が垣間見える。

そしてなんといてもシナリオの根幹にあるSF要素だろう。
ある意味これを言ってしまう事こそネタバレのような気がするが、作品の要素の一つとしてはしっかりと伝えておきたい。
泣かせるシナリオもあるにはあるのだが、基本的にはしっかりと物語として読ませるSF作品として受けたった方がよいだろう。

コンフィグに関しては基本的に問題はない。

【総括】
がっつりとしたSF作品としては最大限に評価したいのだが、ここまでくると何かもうひと押しほしかったというのが正直な感想であり、最終的な作品の総評となった。

(ぶっちゃけコーナー)

タイトルにもなっている「ReLieF」は救済という意味らしい。まぁ、この辺りは結構ストレートかも。
「Daisy Bell」の話が出てきたときに、「R.U.R.U.R.U」をやってた人は思わずあのシーンを思い出してしまったかもしれない。
さすがに曲としてはWHIET-LIPSさんの「誓いの言葉」には負けているような気がするが(勝ち負けの話じゃないけど)、それでもやっぱ少し鳥肌。
テーマとして最近こっち(伏せます)の方面での話題ってのも増えてきてるから、そういう意味では時代の流れに乗っている作品でもあるし、いろいろ考えていくと深い内容でもあるのかもな。物語の内容自体はそこまで難しい話でもないので、文系の人でもある程度楽しめるだろうし(時々整理しないときついかもだけど…)、広く楽しんでほしいというのが個人的な意見。
記憶には残るんだけど、最後が結構すんなり終わりすぎたのが悲しいかなぁ…。
拍手する
別窓で開く | ゲームのレビュー | この記事へコメントをする:0 | トラックバック:0 | top↑
| 青空の翼と過去の十字架 |