自作の壁紙や泣きゲーレビュー公開しているブログ。チャットルームや自作小説もあります そんな鍵っ子小説家のブログです。
☆★☆★ 毎日0時の定期更新中。現在は壁紙制作・泣きゲーレビューが主活動 ★☆★☆





 


[レビュー]キミトユメミシの感想
2016-10-28 Fri 00:00
<作品名>    キミトユメミシ
<製作会社名>  Laplacian

キミトユメミシ
シナリオ構成
S+
攻略ヒロインは4人。
おまけとして一人も加わって、√としては7つ用意されている。
共通の量は比較的短く、各ルートも2h程度なので全体的なボリュームは一般的と言えるだろう。

【推奨攻略順 : 時雨→真里奈→七ノ羽→由依1→由依2→特殊END→みこと 】
みこと√以外に攻略順の固定はないため、基本的には好きなように攻略するのがよいだろう。

CG
S
線は細く、塗りは少し濃いめの絵。
しっかりとした絵の中に柔らかさを感じることが多い。
ハッとする絵も少なくなく、1枚1枚に気合が感じられるイベントCGが多い印象。
基本的には見ていて違和感の感じることは少なく、立ち絵~イベントCGにおいて質・量ともに十二分なレベルに達しているだろう。

音楽
S+
BGM21曲、Vo曲7曲(OP1/ED5/挿入歌1)という構成。
BGMは当たり障りのないものを集めているイメージだが、各ED用Vo曲をそろえておりそのどれもが名曲。
また挿入歌の「時雨Dictionary」等のギャグテイストな歌(+動画)も用意するなど気合の入っていそうな部分でもある。

お勧め度
S+
処女作ということで各部分に不安定な要素は見られるが、ストーリー自体やその本質的な内容に目を向けると良作に入る部類の学園物。
エンジン系にトラブルがあったので、そのあたりに注意は必要。
全体的にギャグテイストで読みやすいのも魅力の一つで、玄人~初心者まで楽しめる作品となっていることを保証しつつ、次回作への期待も高い。

総合評価
S+

公式ホームページ
↑クリックすると公式HPに飛びます。

とある事故に巻き込まれ1年前から続く頭痛とある少女の夢。
自分の登場した夢なら他人の夢に潜り込むことができる主人公。
悪友との約束を果たすため、1年遅れで転入することになった学園で出会ったのは…。

舞台は学園…といっても、病院と併設された付属校という特殊な環境であり、主人公の主な活動場所は学園の他にその病院の屋上の”プレハブ”も重要になっている。

今回の作品でヒロインとなっているのは4人だが、各々の活動場所が割と離れており、みんなで何かをするというのは共通ルートまでになっている。
どうしても世界が閉じがちなのだが、そこですくってくれているのがモモケンという人物。

モモケンとはよくある主人公の親友ポジションの男キャラなのだが、今回はかなり多くの役目を果たしてくれていた。
基本的に日常的なギャグの多くを担っているほか、各ルート分岐後に狭くなりがちな人間関係においてもモモケンだけは毎日「どうなんてんだ?」と声をかけてくれている。
だからこそ主人公が悩んだ時にはいち早く気づき、時には背中を押し、時には勇気づけることで物語を転がしてしまうこともあるほど。
ヒロインに魂が入っていると感じることは多かったが、ここまで生きていると感じることができた親友キャラは久しぶりであり、個人的に高く評価している。

上記にもあるが、基本的に物語のテイストはギャグ中心。主にモモケンがふざけているシーンが目立つものの、シモネタカタパルトと名高い時雨の動画を含め、夢を使った動物(犬)のシーン等など、全力でふざけられるところはふざけている印象。
そのへんで無理な雰囲気が出なかったのも、モモケンを含む登場キャラクターたちが事前に空気を作ってくれていたおかげなのかな、と感じた。
そんな雰囲気の中、物語の終盤での最も重要な部分で占めるべき部分は締めており、物語のメリハリは感じられた。
少し残念だったのは泣きシーン等への導入がかなり雑で急だったこと。
心情描写の不器用さ、少なさが大きく響いた結果となっている。
展開に緩急はもちろん必要だが、しっかりと中身を作らなければいけないところはめんどくさがらずに肉付けをすることで最後の感動が増えるとは思うので、もう少し根気よく書いてほしかったところ。

物語のキーワードとなる「夢」に関してだが、多くの場合はヒロインたちの隠れた性癖とその悩み(心情)を聞き出すことに使われることが多く、基本的に√自体と夢が最もかかわっているのは由依√。またその由依√においても夢自体の本質には迫っていない。
この辺りに関してもみこと√と合わせてもうすこし掘り下げても重しかったのかなーとも思わなくはない。

コンフィグに関してはシーンスキップ・ジャンプ等の機能が不足。
動作ももっさりしている(※続き下記)

【総括】
各部不足はあるものの、ストーリーの中身やCG・音楽等は十二分に評価でき、平均以上のこの評価を付けることに迷いはなかった。

(ぶっちゃけコーナー)
モモケンはほんとにいいキャラしてたなぁ、発言も面白いけど割といいこともサラリというから、個人的には注目してほしい。
民安が声を当てている時雨もギャグとしては面白かったな、特に挿入歌(?)が流れたのは彼女だけだったし。
あのルートももう少しブラッシュアップすれば泣けそうだったし、
いろいろと不具合があったのも確か、誤字脱字も結構目立ってたし、ボイスの大きさが変に大きいところ(特に吐息)や各キャラでの音質の違いなどがかなり目立っていた。他に全体的にもっさりとした動作なのはMacOSに対応したせいとかなんとか、新規のブランド作品なので、そのあたりは試行錯誤してしまうのは仕方がないのかなぁ。
ストーリーとか作品の中身自体はとても面白かったし、次回作を含めて強く期待している。
スポンサーサイト
拍手する
別窓で開く | ゲームのレビュー | この記事へコメントをする:0 | トラックバック:0 | top↑
[レビュー]アイドル魔法少女ちるちる☆みちる(後編)の感想
2016-10-21 Fri 00:00
<作品名>    アイドル魔法少女ちるちる☆みちる(後編)
<製作会社名>  フロントウィング

アイドル魔法少女ちるちる☆みちる(後編)
シナリオ構成
S
全体のプレイ時間は3-4h程度。

【推奨攻略順 : 選択肢無 】

CG
S
いつもの品質の絵。
全体的に安定しており、前作からのCGも何枚か存在。
長さに併せた分量しかないが、決して少ないわけではない。

音楽
S+BGM32曲、Vo曲3曲(OP1/ED2)という構成。
BGMに関してはグリザイアシリーズや前作からのものが数多くあるため、オリジナルがどれだけあるのかは未調査。
Vo曲に関しても前作からの者OP/ED)があるが、グランドEDは今回が初登場。
基本的にノリやテンポがよく良曲。

お勧め度
S
グリザイアシリーズからキャラのみを引っ張ってきた作品。
前編をプレイした人のみの攻略を推奨したい。

総合評価
S

公式ホームページ
↑クリックすると公式HPに飛びます。

アイドル魔法少女ちるちる☆みちる(前編)の続きの作品。
基本的にノリなどは前作と同様。

内容的には最終話まで行くのだが、テーマとして結構重そうなものもあるのだが、ギャグテイストなのであまり深く考えることにはならないだろう。
あくまでもギャグゲーの範疇。

新キャラなどもほとんど出てこず、驚くべき展開というものもあんまり存在しないため、前編ほどの驚きや新鮮味を感じることはできないので、その点だけ注意。

コンフィグに関しては特に問題なし。

【総括】
好きな人は好き…という内容で評価しにくいため、平均評価。

(ぶっちゃけコーナー)
とりあえず最初から最後まで爆笑はしてた。
真面目に作れる部分はまじめモードに入っても良かったとは思うんだけどなぁ…。
戦闘シーンも少しあったりして、普通に楽しめるのは楽しめる。
作品自体がすごく短いのでそれだけが残念です。
クリア後はおまけボイス等がdownload可能。
拍手する
別窓で開く | ゲームのレビュー | この記事へコメントをする:0 | トラックバック:0 | top↑
[レビュー]フローラル・フローラブの感想
2016-10-14 Fri 00:00
<作品名>    フローラル・フローラブ
<製作会社名>  SAGA PLANETS

フローラル・フローラブ
シナリオ構成
S++
攻略キャラは6キャラ。
共通ルートもしっかりとしたボリュームがあり、各個別ルートも2-3h程度の長さがあるため全体的なボリュームとしては十二分と言えるだろう。

【推奨攻略順 : アーデルハイト→こはね→愁→七緒→夏乃→Informalnote 】
全キャラ攻略後にInformalnoteが出現するほかに攻略順に指定はないものの、おそらくこの順番の攻略が最もシナリオを楽しむことに向いているだろう。

CG
S
線は細くはっきりとした塗りの絵。
全体的な質のレベルが上がっていることは言うまでもなく、枚数に関しても各キャラの構図数が非常に豊富。
スマホ画面用に独自のスタンプなども用意していたりと、細かいところにまで手を加えている。他にSD絵も数多く存在している。

音楽
S+
BGM36曲(inst除)、Vo曲3曲(OP1/ED2)という構成。
今回のBGMには水月陵さんがかかわっていることもあり、説明するまでもなく安定の質と言える。作中に宗教的な話が入ってくる為か、そういったものをイメージした曲が多いのが印象的。単体として驚く曲というのはあまりないのだが、中でもBGM「キミを待つ夕暮れ」や「innocence song」は文章とよくマッチングできたためか涙腺を非常に刺激してくれる良曲となっていた。
Vo曲もノリのいいOPや「Let there be light」などのしっとりと歌われたEDも素晴らしく作品をプレイしてからもう一度よく聞いてほしいものとなっている。

お勧め度
S++
主軸の話にかなり変化球を含んだ学園恋愛物。
しかしながらその品質はさすがと言えるレベルで今までのファンはもちろん多くの人が楽しめる作品となっている。
なお、シナリオには「天使」等キリスト系の宗教話が多く絡んでくるため、そういった話が苦手な人だけ注意が必要ではあるものの、特に知識を必要することはない。

総合評価
S++

公式ホームページ
↑クリックすると公式HPに飛びます。

人の善なる心と悪なる心を羽の色として見極めることができる主人公。
その力は、幼き日「天使」を見た時から手に入れたものだった――。

上記にもある通り主人公は特殊な力を持つ設定で、ほかにも忍者のような修行を積んでいるため様々な特技を持つが、幼少期の体験により自身を卑下する癖を持つ。
そんな主人公が様々な経験を経て、悩みを抱えるヒロインとともに問題にぶつかっていく…というのが今回の作品。

今作の見どころの一つとして挙げられるのは序盤の夏乃救出時の展開だろう。
しかし残念というべきか、戦闘関連のシーンは作中にはあまり多くなく、ああいったシーンは以降の展開ではかなり少なくなっている。
むしろ作品としてのメインは心情描写を中心としたものであり、とくに主人公の能力もあってか「善」と「悪」を意識するシーンが多くなっている。
そういったテーマと合わせて(対比させて)宗教話が挿入されていることも多く、そういった話が好みな人にはたまらないだろう。

もう一つの要素として、序盤から隠されている主人公の過去というものがある。
それは主人公の過去だけではなく、物語の真相と言い換えてもいいのだが、クリアをするごとに記憶のピースとしてそれらを手に入れることができ、以降の共通ルートでもすこしだけ話が変化する部分もあり、すべての√をクリアすることで真相へと迫る「Informalnote」が攻略可能になる。
作中では隠されたヒロインの話もそうなのだが、もう一人の主人公といってもいい利成の話がしっかりと描かれており、ヒロインの他にそのほかのサブキャラたちにもスポットが当てられしっかりと締められる最終√となっていた。

泣きシーンにおいても各ルートの各ポイントに存在している。
どちらかというと号泣するよりは、少し泣いてはまた物語に引き込まれて…というのを繰り返す作品であり、勢いこそないがシナリオとしては十分に深く作りこまれており、読ませるシナリオとなっているため、涙腺が緩い人は泣いて、それ以外の人でも読んでいて楽しめる作品となっている。
また読後感が非常に良かったのも評価のポイント

コンフィグに関しては十分に使いやすい物になっている。
しかしながら、右に出るセーブロードの使い方には注意が必要

【総括】
物語としてはかなり難しいジャンルの構造をした作品となっているが、さすがサガプラといったところか全体的に上手くまとめており、全体的に完成度の高い作品としてプレイすることができており、この評価となっている。

(ぶっちゃけコーナー)
意外と話としては突拍子もない物なんだけど、めずらしく? というべきなのか、ほとんど意識せず物語の中に溶け込めた印象がある。
出てくるキャラは特殊で慣れるのに時間がかかるかな…と思いきや、意外とそうでもなかった当たり、全体的な描写の自然さ等のレベルが高かったのだろう。
今回は特に主人公の背負っているものの重さが結構なものだったので、そのあたりをもう少し重点的に攻めれば泣けたのだろうなぁ…という想いもあったのだが、割とそのあたりは流すところは流していた印象。
食器の当りは結構使ってたけど…ネズミは簡単すぎたな。
七緒でしか使わないのならもう少し攻めてもよかったのかも? なんて、全体が高いからこそもっとを求めてしまって、今更ながらにおもったりもする。
拍手する
別窓で開く | ゲームのレビュー | この記事へコメントをする:0 | トラックバック:0 | top↑
[レビュー]千恋*万花の感想
2016-10-07 Fri 00:00
<作品名>    千恋*万花
<製作会社名>  ゆずソフト

千恋*万花
シナリオ構成
S+
メインヒロイン4人の4√、加えてサブヒロイン2人の合計6√。
共通ルートは比較的量があり、各個人√は2h程度となっており、全体的なボリュームは十二分といえるだろう。
サブキャラ√も比較的量があるのが特徴的だろう。

【推奨攻略順 : 茉子→レナ(→小春→芦花)→ムラサメ→芳乃 】
( )内のサブキャラのみ1ヒロインクリア後に攻略可能な他に攻略順にほぼ指定はないため好きなキャラから攻略するとよいだろう。

CG
S
線が細く淡い塗りの全体的に柔らかい安定した絵。
背景、立ち絵、イベントCGに至るまで全体的に質が安定しており、枚数もキャラが少ないがその代りに一人に対する構図の数は多くなっている。
そのほかSD絵などもかなり豊富に用意されている。

音楽
S++
BGM46曲、Vo曲7曲(OP1/ED6)という構成。
BGMの多くにはVo曲メロディを仕様したものも多く特にOPの「恋ひ恋う縁」は和風でいてアップテンポのリズムの新旧が混ざった象徴的なものとなっている。
この曲はBGMとしてもピアノバージョンや琴バージョンなどがあり、シナリオを大いに盛り上げてくれていた。
この曲を含めてBGMではVo曲のアレンジ曲が目立つのも印象的。

お勧め度
S+
もはや盤石ともいえるレベルにまで到達した萌えゲー会社からの作品。
小京都とも呼ばれる風情ある温泉町を舞台とした少し不思議な恋愛学園物で要素として伝奇的要素が多いに含まれている作品となっている。
シナリオも難しすぎず簡単すぎず、絵も美麗、キャラも可愛く…と広く多くの方にプレイしやすいレベルの作品となっている。

総合評価
S+

公式ホームページ
↑クリックすると公式HPに飛びます。

祖父の旅館を手伝いに数年ぶりに帰って来た穂織の町。
ひょんなことから岩に刺さった御神刀を抜いてしまう。突然現れた刀の管理者と名乗る「ムラサメ」という少女や婚約者となる巫女、お手伝いのくノ一や同じく転校してきた留学生たちとの出会いで穂織での新しい生活が始まる――

テーマ(舞台)こそ和テイストにまとめられてはいるものの、作中には祟り神との闘いがあったりと、いつものゆずソフトらしい少し不思議な世界の恋愛学園物。

特に今回は数百年昔からの穂織の町と朝武の家への”呪い”というものが大筋にあり、昔の話がクロスオーバーする機会が多く。各ルートで分割して物語の真相が語られることとなる。
この作品の評価すべきところは、各ルート間で話のつじつまがよく合っていたという事。
テーマとして大きな話を用意している作品の多くは、各個別ルート間で話の祖語などが起きてしまう事が多いが、今作ではそのあたりの調整を巧く行っており、また断片的に語られる過去の出来事によって√順によってあるシーンでの感想が変わってきたり、真相がわかったりと非常によく考えて作られている印象を受けた。

ゆずソフトというとやはりヒロインのかわいさというのがメインのコンテンツとして挙げられるだろう。もちろん各ヒロインは非常に魅力的だが、設定として魅力的なだけで放置することはせず、しっかりとシナリオ中でその良さを描写することで「プレイしていて好きになる」というキャラクターをしっかりと作ってくれている。
特に今回はヒロインだけではなくサブキャラクター達もとても魅力的であり、それは女の子だけではなく、主人公の祖父の玄十郎などの男キャラクターたちも重要なポジションであり作中で本当に生きているように感じるシーンが多くあった。

シナリオにおいて泣きシーンが多かったのも印象的。
個人的にはゆずソフトの作品であまり泣くことはなかったのだが、今回はシナリオもかなり作りこまれており、とくに過去の話が多くわかり各ヒロイン達とも多く触れ合うことができるレナ√などは思わず涙してしまうシーンも一つや二つではなかった。

また作品としてエンディングまでしっかり作りこまれていたのも印象的。
各ルート専用のEDムービーとソングまで用意されており、文字通り作品の最後までがしっかり作品であるということを理解して作られているのだと感じ、非常に高い評価をしている。

どうしても主軸のシナリオはまだまだ書き込みと踏み込みが足りない部分(簡素な部分)が目立ってしまうが、これまでの作品と比べても着実にレベルが上がっているといえるだろう。

コンフィグに関してはかなり使いやすく、ほとんどの機能がそろっている。

【総括】
全体的なレベルの高さは言うまでもなく、細部にまで配慮の行き届いた作品でありこの評価。

(ぶっちゃけコーナー)
意外だったのはレナ√が結構真相に迫っていたという事かなぁ。
だからこそ、この子をクリアする場所で全体的な印象が変わるかも。
サブキャラの二人用の共通ルートがあったのも少し面白い。サブキャラとして適当に処理するだけではなくしっかりと描写してくれているので、メインヒロインとまでは言えないが十二分に満足できるシナリオ量と言えるだろう。
どうしても全ルートで泣ける! とまでは言えないが1ルートでもそういったルートがあり、キャラも可愛く、絵も可愛く…となると評価は高くなる。
あと、最後に…茉子の「あははぁ~♪」にハマったのは俺だけではないはず!
拍手する
別窓で開く | ゲームのレビュー | この記事へコメントをする:0 | トラックバック:0 | top↑
| 青空の翼と過去の十字架 |