自作の壁紙や泣きゲーレビュー公開しているブログ。チャットルームや自作小説もあります そんな鍵っ子小説家のブログです。
☆★☆★ 毎日0時の定期更新中。現在は壁紙制作・泣きゲーレビューが主活動 ★☆★☆





 


[レビュー]ここから夏のイノセンス!の感想
2016-06-24 Fri 00:00
<作品名>    ここから夏のイノセンス!
<製作会社名>  クロシェット

ここから夏のイノセンス!

シナリオ構成
S+
攻略キャラは4キャラ、他にEXTRAとしてサブキャラ二人を攻略できる。
共通ルートのボリュームはたっぷりで、個別は2-3h程度なので、全体的なボリュームは一般的と言えるだろう。

【推奨攻略順 : 寿→ユノ→アリカ→いろは 】
攻略順に指定はない上、どのルートでも開示される情報はほぼ同等なため好きなキャラから攻略することが可能。

CG
S
御敷仁さんから変わったため、前作よりも塗りが薄くなった。
基本的に枚数・質に関して私が言及できるレベルのものではなく、高品質。
特に田舎の背景なども美麗。
あえて言うのならば、イベントCGのいくつかにバランスのミスと立ち絵とイベントCGとの間に受けるキャラのイメージに差があったということくらいだろうか。

音楽
S++
BGM28曲(OPのinst含)、Vo曲3曲(OP/ED2)という構成。
田舎と未来の二つの要素を含んだBGMが多く、前者としては静かな後者としてはハイソな印象を受けるものが多い。BGMでは「胸が自然と高鳴るように」など、恋愛物ではある種一般的ともいえるものの質も高く、どの曲ももう一度聞きたくなってしまうシロモノ。
Vo曲に関しても同様でクリアでいてテンションの上がるOPや勢いがありつつもしっかりと歌い上げられているED等、どれも必聴。

お勧め度
S+
萌え・エロ重視の作品としてはストーリーも十二分に作りこまれており、田舎を舞台とした恋愛物として幅広い層にお勧めしやすい。
田舎のまったりとした雰囲気を感じつつ、SF要素も入っている作品なので、過度な期待は禁物だが要素として気にいるところがあるならプレイしてみるべきかも。

総合評価
S+

公式ホームページ
↑クリックすると公式HPに飛びます。

無駄な事が極力省かれた未来の世界、そこで落ちこぼれだった主人公はひょんなことから行く予定のなかった過去の世界へ転送されてしまった。夜の山中に飛ばされ困っていた主人公だが、一匹の蛍が一人の少女へと導いてくれた――

舞台は陸の孤島ともいえる蛍の里「晶生村」と対比として話に上がる「未来の世界」。
未来の世界ではすべての無駄が省かれ、いわゆる娯楽のようなものが一切排除されてしまっている。そういった失われた要素を内包した晶生村の描写は、現在忘れかけている”そのまま”の良さというものを作中の未来人に対してだけではなく、プレイヤーの私たちにも教えてくれているような気がした。

この作品が伝えている魅力としていくつか挙げられるものがある。もちろん上記であげた時間の流れの違いというのがメインではあるが、未来では失われてしまったものがたくさんあるそれは自然だったり、助け合いだったり、恋や結婚や出産…人間が生きる上で失ってはいけないような多くのものに再度触れ感動する未来の人々の反応を楽しみつつも、一歩立ち止まると自分自身の世界にも訪れて不思議ではない展開であることを自覚し、そして主人公やヒロインたちの繰り広げる純粋な「恋」というものに再度そのすばらしさを感じさせてくれる。
作品としては恋だけにはとどまらず次の世代、つまり子供を産むというところまで描写していることが多い、そのあたりにも一本の主張を感じる。

テーマとしても素晴らしい作品ではあったが、物語の作りこみも良い。
この作品では蛍と絡めて「誉問(ほまとい)様」という過去の伝承が登場する。よくある田舎の昔話に当たるものなのだが、物語の趣旨に「過去の調査」という部分があるためか実によく作りこまれたものとなっており、田舎の過疎化問題と絡めて各ルートに程よく絡んでくる。

全体的にシナリオとして実に素晴らしい作品なのだが、いかんせん山と谷の起伏が少ないのが寂しいところ。驚きの展開ももちろんあるのだが、それが後半まで影響することは少なく、ある程度予想できる展開が多いのでどうしても物語が進んでいくうちに飽きが来ることもある。
この作品はあくまでメインが萌えやエロといった部分ではあり、シナリオ自体を主軸とした作品というわけではないので仕方がないのかもしれないが、そういう意味で泣き所も少なく、上記までの要素は十二分に評価したとしてもある程度抑えた物になってしまっている。
しかしながら、前作までとは違いサブキャラにもきちんとシーンを作ったり、サブヒロイン√を用意したりとシナリオ方面の強化がすさまじく、同様の方向への改良を今後も頼みたい。

コンフィグ等に使いにくい部分はなく、十二分な機能がそろっているといえる。

【総括】
シナリオ・絵・音楽すべての要素に対して高品質な作品で誰もが楽しめる作品となっており、平均以上の評価がふさわしい。

(ぶっちゃけコーナー)
とりあえず全部クリアした後にOPのFullを歌詞入りで聞いてほしい。この曲を聴いて、初めてこの作品に関して泣きそうになった。それくらい良い。
恋とかそういうものって確かに無駄なもので形成されてるって言っても問題ないくらいだけど、「無駄」と「いらない」ってのは確かに別なんだよな。
そういう「無駄」なものをギュッと詰め込んである作品だからこそ、今やる価値のあるものだと思うし、プレイ後に考えることも他の作品と少し違うのかも
スポンサーサイト
拍手する
別窓で開く | ゲームのレビュー | この記事へコメントをする:0 | トラックバック:0 | top↑
[レビュー]ウィザーズコンプレックスの感想
2016-06-17 Fri 00:00
<作品名>    ウィザーズコンプレックス
<製作会社名>  ういんどみるOasis

ウィザーズコンプレックス

シナリオ構成
S
攻略キャラは4キャラ、共通ルートの長さは一般的で、各キャラルートは割とボリューム豊富。
各キャラ攻略後におまけのシーンとサブキャラルートが解放される。

【推奨攻略順 : 鳴→一葉→ほのか→アイリス】
攻略順にロックはない。しいて言うならばほのかやアイリスルートは後半に回したほうがいいかも?

CG
S
線の細く、淡い塗りの絵。
質や量に関して特筆べきことはないが、ほのかルートでは少し、アイリスルートでは他と大きく違ってCG以外の演出面での工夫や頑張りが見えて個人的に高評価。
SD絵もいくつか存在。

音楽
S
BGM27曲(Inst含)、Vo曲2曲(OP/ED)という構成。
OPは意外と静かな曲かと思いきや、後半からテンションを挙げてくる曲で、作中に挿入歌代わりに使われていることが多く、流れるシーンはいい意味でニクイ演出である。
EDも最後を締めるにふさわしいしっとりとしつつも壮大な雰囲気を感じる良曲。
BGMは「Laugh and the world laughs with you: Weep, and you alone」という「笑えば人も一緒に笑ってくれるが、泣けば人は一緒に泣いてくれない」の意味を持つ曲がシリアスシーンで輝いていた。

お勧め度
S
一流魔法女学園への男子一人だけの転入、二つの生徒会による魔法大戦などなど、ある程度ひきつける要素はあるものの過度な期待は禁物。
良くも悪くも、全体的に平均レベルにとどまっている。
予想以上にいい作品ではないものの、ある程度予想できるレベルの良作のため、最終的に記憶に残りにくそうなのがつらいところ。
要素として気に入った部分があるなら、購入してのプレイで不満が出ることはないだろう。

総合評価
S

公式ホームページ
↑クリックすると公式HPに飛びます。

女性しか魔法が使えない世界でただ一人、魔法の力があることを確認された主人公。
姉の策略により、一流の魔法学園に入学することになるが――。

なんといっても今回の見どころは、日本人の学生が通う東棟と留学生の通う西棟の対立だろう。
HHGでも見たこのある今回の対立構造と、魔法を使ったゲームのような魔法大戦がシナリオのキーポイントとなっている。
さすがというべきか、物語への導入やそのほかヒロインたちとの触れ合い絆の深め方などは鉄板と評してもいいほど安定しており、特殊な舞台ではあるもののわからなくなることやつまらなくなることが少なく進めることができた。

全編を通してメインとなるのはおそらくアイリスルートとほのかルートなのだろうが、個人的に注目したのは鳴。
今回の作品は舞台が女子学園(正確には違うが)ということで、親友・悪友ポジションともいえる人物がおらず、また笑いに関してもそこまで強いボケやツッコミを入れる人間がいなかった中で、鳴はその手の分野を一手に引き受けたといえる。
ヒロインとしてのルートに関してはどうも評価をしにくいが、それ以外のルートにおいて彼女が果たした役割はでかいといえる。

全体的に優等生のようにまとめた作品ではあるものの、だからこそ物語としてパンチの効いた部分がなかったのがこの物語の欠点ともいえる。
いくら舞台が特殊とはいえども同様の類似作品がないわけではなく、その作品たちとの大きな違いというのが見せられなかったところは痛い。
特に今回は主人公の立場が弱かったのもウィークポイントの一つ。
行動や主張のなさにも目が行くが、何より主人公としての厚みがないのは問題。
序盤の始まりで割と主人公に目が行くような作りになっているだけに、そこにシナリオとしての深みをつけなかったのは失敗ともいえる。
過去のしがらみのようなものも一部のルートでは割と簡単に解決してしまっているので、そのあたりの話としっかりからめてTRUE√のようなものを用意してほしかった、というのが個人的な希望。

コンフィグについては使いやすく問題ない。

【総括】
全体的にうまくまとまっているものの突出した部分のない作品で、評価としてはこの程度が妥当だろう。

(ぶっちゃけコーナー)
要素として魔法バトルが入ってはいたけど、あんまりうまいものではないんだよね。
そこをブラッシュアップするか、ほかのストーリー面をブラッシュアップするか、もちろんどっちも~っていうなら、それは大歓迎だけど。
とりあえずどこかほかの作品よりもすごいところを作らないと目に留まりにくい作品になってしまっているかも。
まったく感動しないわけじゃないし、ところどころにいいところはふんだんにあった。
それだけじゃ戦えないだけなので、評価としてはもう一つ何かプラスアルファがほしかったというところだけにとどめておきたい。
拍手する
別窓で開く | ゲームのレビュー | この記事へコメントをする:0 | トラックバック:0 | top↑
[レビュー]ワガママハイスペックの感想
2016-06-10 Fri 00:00
<作品名>    ワガママハイスペック
<製作会社名>  まどそふと

ワガママハイスペック

シナリオ構成
S+
攻略キャラは4キャラ。
共通ルートは比較的量があり、個別ルートは一般的な長さ。
全体的なボリュームは平均か少し少ないくらいだろう。

【推奨攻略順 : 未尋→兎亜→アーシェ→かおるこ 】
攻略順に指定はないため、好きなキャラから攻略するのが望ましい

CG
S
線は細く塗りの濃い、艶やかさのある絵。
質の高さは言うまでもなく、萌え・エロ重視のゲームということで、一般イベントCGが不足しがちだがそれでも4キャラそれぞれに10枚前後、SD絵もいくつか存在している。

音楽
S+
BGM28曲(inst含)、Vo曲2曲(OP/ED)という構成。
明るく、騒がしい曲が多く感じ、中でも「進む勇気をくれたのは」など物語の後半(エピローグ部分)で流れるBGMにも好印象。
Vo曲もOPはノリの良い良曲で高評価。

お勧め度
S+
萌えゲー・キャラゲーとしてはもちろんお勧めできるのだが、そこにシナリオを求めている人にもこのゲームを押しておきたい。
ベタな展開こそ多いものの、素直に書かれたシーンは受け入れやすく時に涙するほど。
キャラがしっかりとしており、笑いも多いので飽きが来ないのも評価の一つ。

総合評価
S+

公式ホームページ
↑クリックすると公式HPに飛びます。

舞台は元お嬢様学園。
ある日呼び出された生徒会室で主人公が漫画家だということがバレ、さらにヒロインのかおるこが作画担当だったと知る。
そして生徒会に入ることになった主人公はワガママな日々に身を投じていくことに――。

俗にいう生徒会系の恋愛学園物である今回の作品。
そのなかで主力を置いてるのはキャラクターの萌えとエロなのだろう。
そのおかげもあってか、キャラゲーといってもいいほど各ヒロインは完成されている。
なんといっても大切な要素である「ワガママ」で「ハイスペック」が各ヒロインの構成要素として表れている。
「ワガママ」というともすれば嫌われそうな成分であるが、これは作中で言い換えて「主人公に頼る・信頼」として描かれている。
そのせいもあって、各ルート後半は「ワガママ」に巻き込まれて主人公が苦戦する日々が描かれていることが多い。特にアーシェや兎亜√は今までの軽いノリに反して辛くなるシーンが多く、関連したシーンで思わず涙するほど。
もう一つの要素である「ハイスペック」はヒロインのキャラクター性を際立たせるという役割を担っていたほか、アーシェ√では少し違う使い方もされていて、そこも見どころ。

展開としてはどちらかというとベタで予想のしやすい物ではあったのだが、いわゆる王道は安定して書ければそれだけで力の出る効果を得られる。
今回は各キャラクターのキャラが立っていたことに加えて、日常シーンの笑いをしっかりと取れていたりと全体的にシナリオ面でのバランスが取れていたように思える。
そのため各キャラへの感情移入が高くなり、いい意味で「事実以上」の効果を得られたのではないだろうか。
漫画家×作画のペアのかおるこ√も最初こそ一抹の不安を感じたが、ニクイ演出(というよりも表現)である意味この設定の形になった事に納得。

コンフィグも使いやすい。
立ち絵鑑賞もついており、外部画像も読み込めるなど面白い演出もあったのも魅力。
動画やOPとEDは視聴不可。

【総括】
あくまでエロ・萌えゲーであることは否定しないが、シナリオにも十二分に魅力がある良作ということで今回の総評

(ぶっちゃけコーナー)
発売してアニメ化もされている作品ということで注目した人も多いのかも?
個人的にはキャラよし、笑いよし、ストーリーよし、と全体的に満足だったし。
アーシェ√と兎亜√での主人公の頑張りは本当に泣けた。
というか、無理する主人公に今回は泣かされたんだろうなぁ…。
この二つのルートで私は泣いてしまいましたよ。
拍手する
別窓で開く | ゲームのレビュー | この記事へコメントをする:0 | トラックバック:0 | top↑
[レビュー]はにかみCLOVERの感想
2016-06-03 Fri 00:00
<作品名>    はにかみCLOVER
<製作会社名>  すたじお緑茶

はにかみCLOVER

シナリオ構成
S--
攻略キャラは4キャラ。
共通ルートは一般的な長さで、各個別ルートは2h程度。エロ中心の作品なのでその部分を除くとボリュームとしては乏しい。

【推奨攻略順 : 真希奈→えみる→すみれ→莉緒 】
攻略順に指定はないため、好きなキャラからの攻略でいいだろう。

CG
S
線が細く、淡い塗りの絵で立ち絵・イベントCG共に全体的に美麗。
比較的抜きゲー要素の強い作品であるため、一般的なCGの枚数は少なく各キャラ2-3枚がいいところ。
SD絵も数少ないが存在している。

音楽
S
BGMが21曲、Vo曲は1曲(OP)という構成。
BGMに関しては割とどのジャンルもコミカルなイメージを受けるものが多く、曲数も少ないためどうしても演出のバリエーションには限界があったイメージ。
Vo曲についてはOPはノリのいい良曲なのだが、EDがBGMというのが少し寂しい。
OPは音楽鑑賞では聞けないので注意。

お勧め度
S
シナリオを求めない純粋なエロゲーとしては普通におすすめしやすい作品。
いわゆる萌えゲー・キャラゲーに分類される作品なので逆にシナリオに何かを期待しているのなら少しまったほうが良い。
キャラによってシーン数に結構差があるので注意。

総合評価
S--

公式ホームページ
↑クリックすると公式HPに飛びます。

持ち前の好奇心とおせっかいのせいで前の学院で問題を起こし転校となった主人公。
そこに真面目で融通の利かない自治会長の莉緒と出会う。
最初はその融通の利かない性格でぶつかることが多かった二人だが、とあることがきっかけで莉緒のある秘密を知ることになる――。

ネタバレ承知で言わせていただくと、ヒロインの二人は淫魔…つまりサキュバスという、少しSF要素の加わった作品。
ただ、そこに関して深くかかわっていくことはなくあくまでエロシーンのきっかけとして描かれている設定。
いかにそういう流れに持っていくか、というのが基本的にこの作品の名だ位とはなっているが、プレイしていて強引に流れに持って行かなかったのは好印象。
特にヒロインと付き合ってからも日常シーンを割と多めに描いてくれていた。
ただ、やはりあくまで抜きゲーに近い学園恋愛物で、シナリオの中身はほとんどないといってもよい。
OPで言われているような秘密を持つ人物は少なく(多く見積もっても2人)、主人公の過去の話に関しても触れられるのは、真希奈√のみでそれに関しても主人公の「ダメっぷり」を目立たせてしまうだけとなっていた。

サブキャラクターに関しても、よくキャラクターの立った人たちをきちんと作れてはいたのだが、シナリオと合わせて使うことはできていなかったな、というイメージ。
もう少し、シナリオに関して作りこんだ方がキャラクターへの感情移入も強くなり、いろいろ効果的な影響を得られたのではないだろうか。

コンフィグは少し慣れるまで時間がかかったが、プレイするのに問題はない。

【総括】
あくまで抜きゲー・萌えゲーとしては一般製品レベルではあるので、シナリオに関してのみこの評価に影響している。

(ぶっちゃけコーナー)
どうしてもジャンル的に分類しにくい作品なので深く語ることが難しいのだが、シナリオと音楽に関して以外は今までのすたじお緑茶の作品だなーと思える質だったのは。
エロを主体に置いた作品においても、シナリオも蔑ろにするべきではないと思うの、個人的にだけどね。
拍手する
別窓で開く | ゲームのレビュー | この記事へコメントをする:0 | トラックバック:0 | top↑
| 青空の翼と過去の十字架 |