自作の壁紙や泣きゲーレビュー公開しているブログ。チャットルームや自作小説もあります そんな鍵っ子小説家のブログです。
☆★☆★ 毎日0時の定期更新中。現在は壁紙制作・泣きゲーレビューが主活動 ★☆★☆





 


[レビュー]時を紡ぐ約束の感想
2016-04-30 Sat 00:00
<作品名>    時を紡ぐ約束
<製作会社名>  あっぷりけ

時を紡ぐ約束

シナリオ構成
S-
攻略キャラは4キャラ、共通ルートは一般的な長さだが共通は若干長め。
キャラ数とかんがみるとボリュームは平均的と言える。

【推奨攻略順 : 心春→穂乃香→唯依→美咲】
美咲√のみ、3キャラ攻略後。
他のキャラに関しては自由ではあるのだが、若干のネタバレ等を防ぐためにこの順番が望ましいかも。

CG
S
細い線に淡い色使い、髪には妙なてかりがあるイベントCG。
キャラ数が少ないこともあって、1キャラに対する枚数は割と多め。
立ち絵にはどことなく全体的にバランスの違和感を感じる事もあるかも。
長時間のプレイで慣れるほか、プレイするのに気になるレベルではない。

音楽
S++
BGM31曲、Vo曲4曲(OP1/ED2/挿入歌1)という構成。
※BGMの中には一部Vo曲アレンジBGMも含んでいる。
全体的に舞台に併せたゆったりして落ち着けるものが多いBGM。
Vo曲は作中の挿入歌として祭り用の歌が入っていたりと突飛なものも存在。
物語をリードできるほどではないけれど、十分に役割を果たす、全体的に堅実には作られているイメージ。

お勧め度
S-
要素として「温泉宿」「孤児院育ち」「魔法使い」「疑似親子」という複数の要素を持っている。非常に魅力的ではあるが、だからこそ全体的に主軸となるべき部分があいまいになっており上記のような要素が好きな方でも、思った以上にすべてを活かし切れていないので、注意が必要。

総合評価
S-

公式ホームページ
↑クリックすると公式HPに飛びます。

今回の作品の舞台は湯ノ原、名前の通り少し田舎の温泉町。
その町にある一軒の温泉宿に住み込みでバイトをすることになった主人公。
"娘"のみりあを連れての新しい生活を始める、というのが今回の作品。

実は主人公は時間を消費することで魔法が使えたり、過去にはとある劣悪な施設で育ったという背景をもち、そこで大切な人と別れた過去を持っていたり、他にも途中から学園に通うことになったり、と設定には事欠かない。
もちろん、一つ一つは物語を形作るうえで大切なものだということは言うまでもないが、いささかこの短い作品の中に込めすぎたな~というのが正直な印象。

基本的にこの作品は奇を衒ったものではなく、あくまでも「ヒューマンドラマ」を押している作品で「魔法使い」の設定などは正直なところあまり活かせていない。
娘役であるみりあに関しても、最初こそ「自分の娘だ」とかなりの世話を焼いているが、√によってはかなり放置が進み、結局は旅館の女将さんに甘えてしまっているのが現状。
みりあの存在がある程度メイン(?)になるような√でも、設定をうまく使いきれず、消火不十分のまま物語がハッピーエンドで終わるのを眺めることになるのは、物語としてすこしつまらなく感じてしまう。
やはり、繊細な子供を物語に登場させて主軸の一つとして取り入れていくのならば、心理描写を含めて細かい気配りが必要になるであろう。

関連があるのかはわからないが、一点が悪くなっていったため、他の部分にまで問題は波及しており、みりあだけではなく各ヒロインについても√間の補正が取れていなかったり、キャラクターがぶれたり(みりあの面倒を一切見ないと言った女将がすぐに面倒をよく見てくれていたり…)と、シナリオ自体もだがそういった物語の大切な構成要素の一部が崩れているためにどうしても評価の下がる作品となっている。

せっかくなきシーンのようなものもいくつか用意されているのだが、いかんせん感情移入度が低くどうしても泣けない作品になってしまっているのが残念なところ。

コンフィグに関しては問題なし。

【総括】
シナリオが完全に足を引っ張っており、いろいろなところを取り入れすぎて、最終的に平均より下の作品になってしまった典型であり、厳しいがこの評価。

(ぶっちゃけコーナー)
やっぱどうしても、いろいろ設定詰め込みすぎた印象が強すぎた。
うまい作品はこれらの条件でも上等な名作を生み出すのかもしれないが、とりあえずはどこか一つ本当に伝えたかったことをしっかりと伝えられるような作品というのを作ってほしいというのがホンネ。
スポンサーサイト
拍手する
別窓で開く | ゲームのレビュー | この記事へコメントをする:0 | トラックバック:0 | top↑
[レビュー]あけいろ怪奇譚の感想
2016-04-21 Thu 00:00
<作品名>    あけいろ怪奇譚
<製作会社名>  シルキーズプラス_WASABI

あけいろ怪奇譚

シナリオ構成
S++
攻略キャラは5キャラ。
キャラによっては共通する話は多く、個別√は割と短めの作品で、全体的なボリュームは一般的といえる。

【推奨攻略順 : 美里→葉子→るり&るか→ベルベット→佳奈→TRUE】
攻略順にはある程度指定があり、TRUE√は最後に攻略可能。
基本的に内容はこの順番に深くなっていくが、前のほうは入れ替え可能。

CG
S
妖艶という言葉がよく似合う独特の丸みがある絵は健在。
扱っている内容が内容なのだが、かなり抑えられている。
前作同様一部グロいものも。。。

音楽
S++
BGMは47曲、Vo曲は6曲(OP1/ED5)という構成。
BGMは47曲と記しているが、実際はInstやMusicBoxなどが前作のVo曲もあわせて数曲存在している。多彩なものがそろっていることは言うまでもないが、意外なのは穏やかな曲が数多く存在していることで、もちろん同程度の怖い曲なども存在している。
Vo曲に関しては前作と比較するとあまり破壊力はなく、OPなどは特に作品に合わせしっとりしつつもどこか妖しいものとなっている。

お勧め度
S++
タイトルからは予想しにくいが、前作「なないろリンカネーション」からの続編。
これ単体でも楽しむことはできそうだが、前作の登場人物などがよく出てくるため、十分に楽しむためにはやはりプレイは必須だろう。
前作が好きだった方には特におすすめしやすい作品となっている。

総合評価
S++

公式ホームページ
↑クリックすると公式HPに飛びます。

今回の作品は公式的には同シリーズの新作と言われているが、実質的には「なないろリンカネーション」の続編にあたる作品で、作品自体のテーマもほぼ同様となっているが今回の舞台は学校ということもあり怪談、中でも七不思議等がメインになっている。

前作から2年後が舞台の隣町にて、飛び降り自殺で4人が死んだ。
霊感の全くなかった主人公はその事件に巻き込まれることとなり、吸血鬼や霊感のある少女(前作関係者)等と一緒に謎を解くことになるという作品。

扱っているテーマが怪談ということもありホラーシーンや悲しい話ががあるのは確かだが、ホラー作品としての「恐怖」ではなく「不思議」のほうにスポットを当てており、全員が協力して物語を進めていくその姿や、テンポよく挟まれるギャグ等に助けられて、全体を通して明るい気分でプレイでき、全体を通しての読後感もどちらかというと良い部類に入るだろう。
ストーリー中にはもちろん感動できるシーンも存在している。しかし、テーマ的な問題やBGM等を含め前作には劣る事も含めて感動度としては少し低い。その代り、しっかりと描かれているシーンが多いのでどの場面も安心して見ることができ、完成度の高さを感じる。中には前作同様に衝撃的なシーン(グロCG)等もいくつか存在しているため苦手な方にはその部分に関してのみ注意が必要。

前作で一番問題視されていた√間の差についてはだいぶ解消された印象があり、扱っているテーマは同じで、共通√も多いが、それでもかなり√間のシナリオの区別化が行われており、どのルートにもそれぞれの良さがあったように思う。
攻略順によってキャラに対して受ける印象が変わる作品というものがあるが、今回はどちらかというとそれに類する作品で、√によってはだいぶシナリオの核心部分に近いものをだすところもあるので、そこには注意が必要かもしれない。
むろん楽しみ方はいろいろだが。

コンフィグを含め、多くの機能が豊富にそろっており不便を感じることはないだろう。

【総括】
怪奇を扱った作品は多くなくその中でもさらに質のよい作品で、一部注意は必要だが多くの人にプレイしていただきたい作品なのでこの評価。

(ぶっちゃけコーナー)
前作は大好きだったけど、泣き成分は弱くなったかなぁ。そのかわりに怪談物の色を濃くしていっている感じ。どちらに進んでも面白くはなるのだと思う。
ぶっちゃけ曲に関してはそこまで…という感じもする。もともと戦闘シーンが豊富なわけでもないし、作品も明るいテーマのものとは言えないので、今回使用した「緋色の空」のようなしっとりとした曲が合うのだろうけど、作中にするっと流せる強い挿入歌とそれに合うシーンみたいなのはほしいのかも、完全に個人的な好みだけどね。。。
拍手する
別窓で開く | ゲームのレビュー | この記事へコメントをする:0 | トラックバック:0 | top↑
[レビュー]罪ノ光ランデヴーの感想
2016-04-14 Thu 00:00
<作品名>    罪ノ光ランデヴー
<製作会社名>  minori

罪ノ光ランデヴー

シナリオ構成
S
攻略キャラは3キャラ、共通√は一般的な分量で個別√が少し長い程度。
攻略キャラの少なさや選択肢の少なさから全体的なボリュームは少し乏しく感じるかもしれない。

【推奨攻略順 : 風香→円来→あい】
あい√のみ、他の2キャラクリア後に攻略可能、明かされる内容の観点からこの順番が妥当だろう。

CG
S
minoriの大きな魅力の一つはこのCGの分野だろう、もちろん立ち絵もあるのだけれど、3キャラとは思えないほどのイベントCGの豊富で多彩。そしてそのどれもが口、目が動くほか、並んで登校(歩く)シーンなどお得意の演出も。
キャラだけではなくて背景や桜の散るエフェクト等、物語の演出面を根幹から支えてくれているところであり、この部分だけでも客がつくのではないかというほどであり、かなりの高評価。

音楽
S++
BGM51曲、Vo曲4曲という構成。
Vo曲は物語への期待も高まりそうな勢いのあるOP、物語の終わりにふさわしいしっとりとしたEDなどなど質の高いものがそろっているほか、BGMもかなり豊富でいわゆる「雰囲気ゲー」としてのこの作品を支えている根幹的部分をしっかりと担えていた。

お勧め度
S
雰囲気げーとしてのminoriは変わらず。シナリオについては好みが分かれそう。
衝撃の真実…はあるのだが、どちらかというとマイナス方面のイメージが強く、作品自体も少し暗め。劇的な展開もないので、美麗なBGMとCGで演出される雰囲気や繊細な心理描写が好きな方にはお勧めしやすい。

総合評価
S

公式ホームページ
↑クリックすると公式HPに飛びます。

田舎の村が舞台となっている今回の作品。
トンネルの前で絵を描いている主人公とヒロインあいの出会いのシーンから始まる。
運命的な出会いをした二人は徐々に心を寄せ、そして付き合うようになる。
居候の風香や幼馴染の円来(つぶら)、セリカ、部長等、ユニークなキャラクターたちに囲まれながら幸せな日々を過ごす二人だったが、その終わりはあいの手によって唐突に訪れる。

上記の部分が共通√であり、全体的な物語の構成は前作『ソレヨリノ前奏詩』にかなり似てしまってりる。またヒロインもどことなく「12の月のイヴ」で見たような気がするキャラクターであるため、その点に関しては少し問題視している。

この作品の魅力といえばやはり「雰囲気」と「心理描写」にあるだろう。
前者に関してはもう完成されているといっても過言ではないほど作りこまれており、ゲームではなく映像を見ているのではないかと錯覚するほどで、『紙芝居』などと揶揄されるこの分野のゲームとは一線を画しており、だれが見ても非常に高評価を下すことは間違いない。

後者に関しては賛否両論。詳細な心理描写といえば聞こえはいいが、しつこいくらいの地の文は物語のテンポを悪くしている。
また、物語自体が明るいものではないことに加え、どうしてもウジウジと悩んでいるシーンをみてストレスがたまる人もいるかもしれない。ただ、そういった描写のおかげで、複雑な心と心のやり取りを描く今回の物語ではあったものの、おいて行かれるということはほとんどなくそういう意味では万人が受け取りやすい作品になっていたのではないだろうか。

今回テーマとして挙がっているのはタイトルにも入っている「罪」と「光」。
ここでいう「罪」の意味とは√ごとに違うが、例えばそれは「生きていくうえでだれかを傷つけることだったりする」、対しての「光」は大雑把に言えば「希望」である。
これらの二つをもとに各ルートで様々な答えを出すことになる。
その是非はともかくとして、BGMと合わせた物語の展開や美麗かつ多くの描写を演出してくれるCGは物語として一つの完成形と言ってしまってもよいのではないだろうか。

コンフィグに関して使いにくいところはなかった。

【総括】
まさしく雰囲気げーといったところ、描写の質はともかくシナリオに関しては評価しずらい部分もあり、若干抑えたこの評価となっている。

(ぶっちゃけコーナー)
minoriといえば「雰囲気ゲー」というのがここ最近の私の評価。
いつもシナリオ自体が薄い印象を受けることが多く、今回も物語の大まかな骨組み自体が前作と変わっていなかったこともあり、どうしても退屈なイメージを受けていた。
それを救ってくれたのはBGMとイベントCGという感じ。
いい作品を作ってくれることもあるだけに,振れ幅が大きいなというのが正直な感想で、今回はどちらかというとマイナスだったかも。
前作を見てなければまた感想は違っているのかもしれない。
拍手する
別窓で開く | ゲームのレビュー | この記事へコメントをする:0 | トラックバック:0 | top↑
[レビュー]恋する乙女と守護の楯~薔薇の聖母~の感想
2016-04-07 Thu 00:00
<作品名>    恋する乙女と守護の楯~薔薇の聖母~
<製作会社名>  AXL

恋する乙女と守護の楯 ~薔薇の聖母~

シナリオ構成
S+
攻略キャラは4キャラ、共通√は比較的長いものの個別√は割とあっさりとしている印象。
4キャラということもあわせて、ボリュームを考えると一般的か少し物足りない程度だろう。

【推奨攻略順 : 真愛→麻衣→ソーニャ→莉里→BAD→希望】
攻略順にロックはないものの、莉里と希望√は物語の核心に迫る部分が多く含まれているため、後半に回すのが良いだろう。

CG
S
いつものAXLらしい、塗りが濃く線の硬い絵。
4キャラのためか通常のイベントCGの枚数が豊富だったのか印象的。
他にはSD絵があり、こちらに関しても数は多い。

音楽
S++
BGM28曲、Vo曲6曲(OP1/ED4/挿入歌1)という構成。
驚くほどVo曲の充実した作品で、その質は言わずもがなで特に「Shield nine new overdrive ver.」は流れてきたときに全身の血が騒ぐほどだった、選曲を含めファインプレーだったと言わざる負えない。
BGMはどちらかというと暗めのものや、戦闘用のものが目に付く。
特筆するBGMがないことだけすこし寂しい。

お勧め度
S
恋する乙女と守護の楯ということで、言わずもがなぜんさくをやっていたほうが十二分に楽しめる作品となっている。もちろん未プレイでも楽しむことは出来ると思うが、割と密接に前回の話が出てくる部分が多く、そういった意味でお勧め度を控えめにしている。
要素として、お嬢様物(一部)、バトル、女装主人公等は引き続き入っている。

総合評価
S+

公式ホームページ
↑クリックすると公式HPに飛びます。

9年の時を経て発売された「恋する乙女と守護の楯」の続編に当たる作品。
物語の設定としては、すべての問題を解決した後、前作ヒロインとは誰とも結ばれず、設子はアイギスとして外国で活動している状態である。
作中には一部ルートで大人(?)になった雪乃のCGが出てくるほか、話にも若干のかかわりを見せている。

舞台は再びお嬢様学校、過去にはあのテレジアとも比べられた学校であるが、今は一般生徒も通っている学校であり、そこに「生徒会選挙をやめなければ~」という内容の脅迫状が届いたことにより、「妙子」として再び学園に潜入することになる主人公。

設定を含めて懐かしい雰囲気で送られる作品で、これでこそ「恋楯」と言わざるを得ないこんかいの作品、ただ女装主人公物としての醍醐味という意味では、潜入二回目ということもあり、主人公が女装慣れをしてきている部分があるため、その成分は前回よりだいぶ薄れている。シーン自体もカットされていたりするためどうしても、その要素をメインで楽しみにしていた人にとっては少しつまらない内容になっているかもしれない。

戦闘要素に関しては前回と同程度、そもそもがバトル描写のうまい会社ではないので、派手な演出こそないものの、前作のOPアレンジである挿入歌『shield nine new overdrive ver.』 を流すシーンなどは否応にも興奮させられる。

いいところもあるのだが、シナリオに関してはどうしても全体的にごたついたイメージがあった。脅迫状の差出人も然り因縁の人物や真犯人等々、全体的に行き当たりばったりなイメージがあり下地が作られていなかったため、どうしても真実が発覚した時の驚きよりも困惑のほうが勝ってしまっていた。
またどのルートも展開がワンパターンだったのもいただけない。
内容こそ違うのだが展開する物語の起伏の形が同じであるため、どうしても展開を予想しやす状態になっており、そういう意味ではTRUE扱いとなる希望√のみが変則的だったともいえる。

AXLの作品の良さは「わかりやすさ」「明るさ」の二点にあると個人的には考えているのだが、今回の作品はそういう意味では、良くも悪くもいつものAXLらしくない作品であり、続編ということで引っ張っているイメージもあるのだろうが、AXLとしての個性が少し薄れたイメージがある。

コンフィグに関して使いにくい部分はなく、問題はなかった。

【総括】
全体的に続編の要素は強いので、一見にはお勧めしにくいが、1度プレイして好きになっている人ならば十二分に楽しめる内容となっているためこの評価。

(ぶっちゃけコーナー)
恋盾って実は結構好きな作品だったけど、そもそも前作も最近のAXLの雰囲気とは少し違う作品だったようなきがする。燃え成分はわりとどのゲームにもある気がするけれど、まじめなバトルシーンや女装があるのはこの作品くらいではないだろうか。
なんにせよ、前作をプレイしている人にはお勧めしやすい作品ではあるが、この作品からプレイして前作へ…というのはネタバレも含まれているためお勧めしない。
作品を楽しめるかどうかは、どこまで後付け設定を許せるかどうかにゆだねられている。
拍手する
別窓で開く | ゲームのレビュー | この記事へコメントをする:0 | トラックバック:0 | top↑
| 青空の翼と過去の十字架 |