自作の壁紙や泣きゲーレビュー公開しているブログ。チャットルームや自作小説もあります そんな鍵っ子小説家のブログです。
☆★☆★ 毎日0時の定期更新中。現在は壁紙制作・泣きゲーレビューが主活動 ★☆★☆





 


[レビュー]ソレヨリノ前奏詩の感想
2015-06-30 Tue 00:00
<作品名>    ソレヨリノ前奏詩
<製作会社名>  minori

ソレヨリノ前奏詩

【冒頭】
他人の心が分かってしまう、強制エンパシーに悩まされる主人公の終(しゅう)。
この夏に彼は心に厚い壁を持つ永遠(とわ)と運命的な出会いをしてしまう。
お互いに惹かれ、愛し合うようになる二人だったが、それは幸せな物語は壮絶な悲しみのプロローグにすぎなかった。

シナリオ構成
S+
ルートは三本と少なめだが、分岐部分までかなりの分量があり、各ルートにもそれぞれ十分なほど内容があるため、全体的にみると平均より少し少ないくらいだろう。

【推奨攻略順 : はるか→真響→永遠】
選択肢は1度しか出てこないため好きなものを選べばよいのだが、基本的にはこの順番だろう。

CG
S
いつものごとく見事なもので、全体的に非常に美麗で質と量に関しては優秀。
CGから立ち絵まで、目パチ機能搭載。
CGの中に動きを取り入れるなどの工夫も多くこなされており、この分野に関しては手放しにほめて問題ないだろう。

音楽
S+
BGM48曲、Vo曲2曲(OP/ED)という構成。
「Ahead」「Together」等を代表とした静かで煌びやか、それでいて後半に至ると思いもよらない転調や勢いがあったりするものがあるBGMは物語をしっかりと味付けしていた。
Vo曲もいつも通りの勢いのある力強いもので特にEDの「Prologue」は物語の回想シーンと合わせて流されると、なかなかくるものがあった。

お勧め度
S+
少々重めなテキスト(内容も文体も)であることに注意さえすれば、あとは美麗なCGと壮大な音楽が素晴らしい学園恋愛ものの世界へ連れて行ってくれることを保証しよう。
特に今回は失恋シーンも多く描かれており、そういった点も見どころの一つ。

総合評価
S+

公式ホームページ
↑クリックすると公式HPに飛びます。

今回の作品は主人公が他人の心を”読んでしまう”という特殊能力の持ち主。
またメインヒロインである永遠も自分の心に壁を持っている。

このあたりがこの作品の根幹をなしている設定であり、人の感情を如実に描き出した作品であるように思った。

この作品は少数派の、失恋から始まる作品である。
ヒロインに振られて始まる作品はある程度あり、その中でも振られ方によって物語の方向性は大きく決まる。
大別してしまうとその点で考えると今回の作品は大きなマイナスから始まる作品であり、そこから永遠を目指して頑張るという作品に分類され、良くも悪くもこの作品はあくまで「永遠のため」のものであるという事に注意は必要だろう。

主人公の特性もあり、彼の世界はかなり狭いものとなっており登場する人物もかなり少なめで、ヒロインも3キャラしかいない。
しかしキャラが少ないからこそ一人一人のキャラを濃く描写することができていたように思う。特に物語序盤においてのそれぞれのキャラと物語中盤の2年後の登場人物たち。
それらの差の書き分けなどを考えて、どのルートにおいても非常によく動いてくれていたように思う。
特に最後となる永遠√では悲喜様々な感情を魅せてくれるキャラに、主人公と永遠すらかすんでしまうシーンもあったほど。

この作品の持ち味の一つとしてあげられるのは、負の状況での描写だろう。
実際にこの作品で主人公の感情がプラスだった場面というのはかなり少なく、その辺りにかなりいら立ちや気通りを感じる人もいるかもしれない。無論その辺りはもう個人の好き嫌いの範疇になってしまうので別段評価することはないが。
もう一つ、特色として挙げておくならば、この作品は人の「感情」という物に迫った作品だった。それは主人公や永遠の設定からも分かるとおりで、似たような作品は多くある。
それだけにハードルは高かったが、そんな中でも主人公を含め様々な登場人物たちが見せる感情をしっかりと描写できていたのは感服せざるを得ず、その中でも独自のストーリーを作りだしていたので、BGMなどと合わせて何度も引き込まれてしまった。

ただ、だからこそ泣けるシーンが一切なかったのが不思議。
無論感動できるシーンはたくさんあったし、泣いた人もいるのだろうけど、メインともいえるシーンで個人的に涙は溢れてこなかった。
個人的に後から考えてみてのだが、どこで感情を発露させていいのか、そのトリガーが分かりにくかったと言える。
人が泣けるシーンというのは何かとキーとなるセリフや音楽等があったりするものだが、今回の作品はリアルな描写にこだわった為か、全体的に淡々としているシーンが多かった(悪い意味ではなく)。そのため、深く感情を揺さぶられることが無かったのではないかと考えている。

深く考えず、泣いて、笑って――なんて、青春的な恋愛作品とはすこし違うベクトルの作品ではあるが、ストーリー部分では十二分に楽しめる作品だろう。

コンフィグで設定できる部分はかなり少なく、システム的ももう少し工夫を凝らしてほしい所。

【総括】
ストーリー部分ではかなり深く作りこまれており、その他のレベルでも高い品質で完成されている作品で、好みは分かれるところだが十二分に良作と言える作品である。

(ぶっちゃけコーナー)
一時期minori作品ってefから落ちてるなぁと思ってたけど、12月のイヴあたりから大分ストーリーが深くなってきた気がする。
ただ、個人的にはシステム面が悪かった所が気になるなぁ。
まぁこっちのPCの問題もあるんだろうけど、とにかく重いんだよなぁ…特に、となりで歩いているシーンとか、イベントCGで動く場面でかなり重かった気がする…。
バックログも少し見にくいし…。その辺の操作性を上げて、もう少しストーリーに注視しやすい作品になってるとありがたい。
スポンサーサイト
拍手する
別窓で開く | ゲームのレビュー | この記事へコメントをする:0 | トラックバック:0 | top↑
約束の依頼品(いもこ 様)
2015-06-28 Sun 02:33
依頼していた壁紙を製作しました。

002_20150628022945e4c.jpg 001_20150628022943a39.jpg
JPEG形式
1280*720

胸を隠す処理を行っております。

大きさもある程度の拡大には耐えられますので、ご確認ください。
(比が違った場合も、ある程度の拡大orリサイズで対処できるかとは思います)

依頼者様以外の方もどうぞお使いください。
[タグ未指定]
拍手する
別窓で開く | 依頼 | この記事へコメントをする:0 | トラックバック:0 | top↑
[レビュー]春風センセーション!の感想
2015-06-24 Wed 00:00
<作品名>    春風センセーション!
<製作会社名>  ういんどみるOasis

春風センセーション!

【さわり】
人間界、精霊界、そして魔界の三界が存在する世界。
主人公は魔界の王の三男である事を隠しつつ、嫁を探すため、人間界へと留学をすることになった。初めての出会いや出来事に驚き戸惑いつつも、素直に楽しんで過ごすその姿に、周囲もだんだん惹かれてゆく。

シナリオ構成
S-
攻略キャラは4キャラだが、EXTRAとして3キャラのおまけストーリーもある。
個別ルートのボリュームは少し乏しいものの、共通やおまけルート分のボリュームも考えると一般的と言えるだろう。

【推奨攻略順 : 伊織→彩女(→麗緒奈)→五十鈴(→小鉄)→ハルカ(→ミオ)】
攻略順に指定はないので自由に攻略するとよい。
ちなみに(   )内はおまけルートである。

CG
S
線が細く淡い塗で、全体的に柔らかな質感の絵。
少々癖のある物もあるが、概ね合格くレベルといって問題はないだろう。
おまけキャラに関してもCG数は少ないがきちんと存在はしている。
SD絵も比較的豊富。

HシーンにE-moteを導入するなどして、かなりの力を入れている。
ストーリー上での演出に関しても頑張っており、その努力を垣間見ることはできるが完璧とは言い難い

音楽
S
BGM23曲、Vo曲2曲(OP/ED)という構成。
全体的に柔らかく、そして明るいBGMが多かった印象を受ける。
OPとEDについて少し印象が薄かったのが以外でもあり残念。

お勧め度
S
一応ジャンル的には異世界物…に近い部分がある萌えゲー。
ただ、萌えゲーと言いつつもやはりもうひとひねり何かがほしかった所。
システム的には凝っている部分があるため、ストーリー部分以外ならある程度お勧めはしやすいのかもしれない。

総合評価
S

公式ホームページ
↑クリックすると公式HPに飛びます。

設定としては魔界からの留学ということであるが、雰囲気だけなら海外からの留学でしかも超大金持ちだった~という物と同意。
しかしながらきちんと設定を活かした特殊なイベントや展開をするルート(共通も含)が多く、そういう意味では新鮮味のある内容となっている。

しかしあくまでも、世間知らずの素直な青年と少女の学園恋愛物の範疇。
萌えゲーということで、あまりストーリーとして濃い部分は無く、流し読みができる程度のものしかそろってはいない。

メインとなる女の子の魅力(とその描写)についてが最も勝負どころと言えるが、E-mote等の技術に頼りすぎたせいなのか、ストーリー同様中身としては少々薄さを感じてしまう。

どちらかというと共通√までの話は勢いもあり、ある程度の密度もあったのだが、それ以降は一転ゆったりとした作品になってしまっている。
萌えゲーとしてはある意味正解なのかもしれないが、全体的に中だるみが多く、容易に展開が予想できてしまうため、少々つまらない物となってしまっている。

やはり、より良くするためにはもう少し世界観をしっかりと作り、キャラクターにしっかりと命を吹き込む作業を行わなければならないのだろう。

コンフィグには問題ないが、Emote等を導入すると著しくスキップ機能は落ちる

【総括】
全体的な完成度は確かにあるのだが、どうも魅力に欠けるものが多く、総評してこの評価となっている。

(ぶっちゃけコーナー)
ぶっちゃけちゃうと、やっぱストーリーはつまらんよな。
主人公の性格とかは好きだったんだけど、どうもうまく動かせていないというか、閉塞感を感じるというか…。
物語の舞台がしっかりと説明なされていない(細かい所とか)せいも一端を担っているのだろう。
ストーリー内容を気にしないコンセプトというのはままあるのかもしれないが、それでももう少し力を入れてもよかったのかもしれない。
拍手する
別窓で開く | ゲームのレビュー | この記事へコメントをする:0 | トラックバック:0 | top↑
[レビュー]クロノクロックの感想
2015-06-11 Thu 00:00
<作品名>    クロノクロック
<製作会社名>  Purplesoftware

クロノクロック

【さわり?】
5分間だけ過去に戻ることができる懐中時計を手にした主人公。
その力を人生を楽しく生きるために使うことを決め、手始めに彼女を探すことにした。
そして出会ったのは、親友への告白の最中屋上から誤って転落した女生徒。
彼女の極度の上がり症を治す訓練に付き合ううちに、段々惹かれていき――。

シナリオ構成
S++
攻略キャラは6キャラ。
共通・個別√共に一般的な量でキャラ数が多いのだが、短い√もあるため、全体的なボリュームを考えると平均的。

【推奨攻略順 : 真琴→美咲→D・D→満→クロ→みう】
後半2キャラに関してはこの順番でしか攻略できないが、それ以外は自由。
個人的にはこの順番がお勧め。

CG
S
一部気になる立ち絵が存在するが、イベントCGについては総じて非常に美麗という評価以外を受け付けないほどの質であり、枚数に関しても申し分ない。
そんな中で今回は演出がかなり光っていた。
前作からもあったがイベントCGにエフェクトをかけての場面転換も十分に評価できるが、何よりも評価したいのは背景。
波打ち際の様子だけではなく、モノレール車内の細かな動きまで再現されていたことには驚くほかない。

SD絵も存在している。

音楽
S+
BGM27曲、Vo曲2曲(OP/ED)という構成。
BGMに関しては全体的に質が高いのだが、目立つ曲という意味では乏しい分野。
全体的にやさしい曲が多く、積極的に涙腺を刺激する曲はなく、あくまで物語のサポートという立ち居地であった。
現状でも十分ではあるが、個人的にはもう少し涙腺に来る曲や挿入歌などがほしかったところ。

お勧め度
S++
魅力的なキャラクターが豊富なことはいうまでもなく、万人に勧めやすい。
時間を扱った作品ではあるが、テーマはそれだけに限らず多岐にわたっていおり、じっくり考えられるほどの内容こそないものの、どの√も飽きずにプレイでき十二分に感動し楽しめる作品といえる。

総合評価
S++

公式ホームページ
↑クリックすると公式HPに飛びます。

唐突な回想シーンから始まる今回の作品。
実は印象的な失恋(?)シーンからスタートする作品。

物語り全体を通してなんとなく感じたのは、テーマとして「未来と過去」だけではなく未来に進む「勇気」のようなものも含まれているということ。
無論それだけではなく「生・死」というテーマも√や場面によって少々関連しているが、やはり最もメインといえる部分はそこだろう。
だからこそ、序盤から中盤にかけて登場するキャラクターたちに対する「やり直せるとしたら~」という質問は、なかなかに考えていくと深いものがあるように思える。

なにはともあれ今作の主人公。
お金持ち属性ではあるものの金銭感覚は一般的で俗物的で、5分の過去へ戻れる懐中時計を手に入れた際、最初に考えたことは童貞を卒業するというものだった。
現に序盤は女性に対する高感度をあげるため(確認するため)にその能力を使用している。
ボケも突込みも担当できる彼は、日常シーンではヒロインたちをいじったり、逆にいじられたりして、ニヤリと笑ってしまうようなギャグをかます。
このゆるさが、重くなりがちな物語全体を軽くさせ、読感をよくさせていた。

この作品の面白い部分は、個別分岐からの展開が√によって大きく変わることだろう。
明かされるキャラや設定についての情報についてはもちろんだが、扱われるテーマまでかわり、物語自体の様相を大きく変えている。

モノレールが通る街を舞台として繰り広げられる話は難しいものやひどく悲しい話は殆どなく、基本的には全てハッピーエンドを目指している。
とくにD・D√や満√では涙腺が刺激されるシーンもあり泣きゲーとしても十二分に戦えるものであった。

基本的にこれらの話において「時間逆行」は5分という制限があってか物語の展開のさせ方の一部として使われているのみで、「過去へ戻る事」へ言及するルートは全体を通してほとんど無く、関連している部分に関しては真琴とクロ√がのみとなっている。

物語の一番核心的な部分に迫るクロ√について少しだけ触れておく。
他の時間を扱うSF作品のように綿密な説明というのは期待しない方がよい。
展開のさせ方についても特徴的で、他の√に比べてかなり説明が少なく軽く読み流すだけでは理解が及ばず、せっかくの感動シーンでおいていかれる危険性があった。

そういう意味では最後のみう√もかなり立ち位置の難しい部分。
ある意味物語の執着は最初からここではあったのだが、ここを蛇足と感じてしまう人ももしかしたらいるのかもしれない。

コンフィグに関しては昨日も豊富で、使いこなせばかなり使い易いものとなっている。

【総括】
全体的な質はいうまでもなく高く、シナリオに関してもしっかりとできていた良作で高く評価している。

(ぶっちゃけコーナー)
モノレールがあるこの街はすごくきれいだよなぁ…。
社内の描写がすごくいいなぁとおもってたら、すごく印象的なシーンだった。

上で書きにくかったからここに書くけど、最初に攻略できるキャラ4人に関しては雰囲気がそれぞれ違って、しかもいくつかはちゃんと泣ける話になってるという所が個人的にはお気に入り。
クリア後に印象が変わるあたりも好きだしなぁ。
(そういう意味ではクリア順大切)
ただ後半の2キャラに関してはちょい説明が難しく感じた…というか、言わなくても分かるよね? 感がひどかった。
いや、分かる人もいるかもしれないけど、あえてそこは書いてほしいというか…まぁ物語に幅を持たせるという意味ではいいのかもしれないけれどさ…せっかくの泣きシーンで頭を使うのはしんどかったし、勿体なかった。
クロ√のクライマックスはテキスト次第ではもっといけると思うんだよなぁ…。
頭を使う…とは少し違うけど、みう√はすごく意味があると思うんだよな。
物語の伏線…じゃないけどテーマ的な伏線みたいなのがずっとあって、それを回収したというかなんというか…。
だけど、なんで戻ったの ?とか、その辺りの細かい説明は難しい所だなぁ。
拍手する
別窓で開く | ゲームのレビュー | この記事へコメントをする:0 | トラックバック:0 | top↑
[レビュー]プラマイウォーズの感想
2015-06-04 Thu 00:00
<作品名>    プラマイウォーズ
<製作会社名>  ASa Project

プラマイウォーズ

【さわり】
品行方正な主人公たち喜多家と、正反対の神宮寺家が同居することに。
最初こそお互いがお互いをいがみ合う関係だったが、時間がたつごとに良くも悪くも影響しあい、仲がいいのか悪いのか…不思議な関係を築いていく。

シナリオ構成
S+
攻略キャラは5キャラ。
共通√も個別ルートも一般的な分量があり、全体的には平均的なボリュームと言える。

【推奨攻略順 : 実乃璃→メイ→藍咲→境子→巴】
攻略順に一切の制限が無いので、好きなキャラからの攻略で問題ないだろう。

CG
S
線が細く、塗の濃い絵。
画風のせいなのか体のバランス等で気になってしまう部分はあるものの総じて綺麗。
枚数に関しては一般的だろうか。

SD絵もいくつか存在している。

音楽
S+
BGM22曲、Vo曲2曲(OP/ED)という構成
全体的に笑いを出しているゲームなのでアップテンポの曲が目立つ一方で、落ち着いた旋律の曲も少なくない。
Vo曲の「Sweety wars」もノリのよい良曲で評価したい。

お勧め度
S+
全体的にこける所のない、ギャグと萌えを前面に押し出した作品。
前作までの同会社作品をプレイした方はもちろん、笑える作品が好きな方、可愛い女の子の出てくる難しくないお話が好きな方までお勧めしやすい作品となっています。

総合評価
S+

公式ホームページ
↑クリックすると公式HPに飛びます。

アサプロの作品らしく今回も笑い要素の強い作品となっている。
今回の舞台はシェアハウスであり、メインとなるのは実姉と実妹、そして同居することになった家族の3姉妹である。

品行方正な主人公一家に対して下品でだらしない同居人たち。
これだけだと意外と笑える要素は少なそうだと思ってしまったのだが、そこはやはりプロ。
主人公たちを基本の突っ込みに据えつつ、神宮寺家の面々をボケとして使い倒す。そしてスキがあれば攻守を逆転させ、隙の無い笑いを作りだしていた。
このあたりの「笑い」に関しては個人の印象の差の部分が大きいこともあるが、ほぼ言う事が無いほどによくできているので、その出来はプレイして確かめてみるとよい。

笑いに関してはどのキャラもすさまじいのだが特に次女の藍咲は前作で言う「りさ」のような扱いを受けるゲーム内のヨゴレ。
今回の作品ではどのキャラもある種のヨゴレ部分を持っているが、この藍咲はある種このゲームを支えてくれている笑いの要と言えるだろう。

ネタの中にはメタネタも多く含むため、その辺りは好き嫌いの注意が必要。

今回の作品で面白かったのは笑いの部分もなのだが、もう一つ特徴として主人公と恋に落ちるまで(恋を自覚してから)の反応がいい。
今までギャグばかりを連発していたキャラ達が一気に乙女へと変わる姿には思わずキュンとしてしまうシーンが多々あり、(もちろんギャグシーンを忘れることもないが)攻略中に印象の変わるキャラというのが非常に多かった。

個別ルートに入ってもキャラ二人だけの世界になってしまうこともなく、前キャラがきちんと最後まで動くいていたからこそ、キャラの魅力を引き出しつつ、笑いをとることができていたのだろう。

そういった点では今までの作品とは大きく違い、笑いだけではなくキャラの魅力としての部分を大きく打ち出してきた印象を受けた。

ただ、今回一つだけ要望を付け加えるとしたら、物語の盛り上がりというのが無かったという事だろうか。
正確に言うと、作品は常にトップギアの一歩手前で続いており、さらには終わる時が唐突に音連れるという事。
もちろん面白くないわけではないし、中だるみを感じることもないのだけれど、それでも笑いは置いといて、もう一歩踏み込んでほしいシーンはあったし、だからこそプレイし終わってももう少しみたいという気分が続く。
そういった点を考え、今後の発展性を鑑みてこの評価に落ちついている。

コンフィグに関しては十分。
システムボイスも好きに設定することが可能。

【総括】
笑いの強いギャグゲーとしてだけではなく、キャラの魅力も備わった萌えゲーとしても十二分にお勧めできる良質なゲームと言える。

(ぶっちゃけコーナー)
いやぁ、面白かったな。
上でも書いてるけど、恋に落ちた後のキャラが可愛かったわ。
特に神宮家の面々は年齢が上がるごとにすげぇ印象が変わって、特に巴はヤバかった。
実姉・妹シリーズに関しては倫理的な問題とかはあまり触れなかったな。
まぁ、作品として全体的に明るいものだし、その辺に触れるときついからかな。
無論テーマの一つではあったんだろうけど。
それにしても、もう少しだけでいいからボリュームを厚くしてほしい…。
いや、少ないわけじゃないんだけど、物足りない…。
拍手する
別窓で開く | ゲームのレビュー | この記事へコメントをする:0 | トラックバック:0 | top↑
| 青空の翼と過去の十字架 |