自作の壁紙や泣きゲーレビュー公開しているブログ。チャットルームや自作小説もあります そんな鍵っ子小説家のブログです。
☆★☆★ 毎日0時の定期更新中。現在は壁紙制作・泣きゲーレビューが主活動 ★☆★☆





 


[レビュー]花咲ワークスプリング!の感想
2015-04-25 Sat 00:00
<作品名>    花咲ワークスプリング!
<製作会社名>  SAGA PLANETS

花咲ワークスプリング!

【さわり】
何事もやる気が無く「グータライフ」を体現している主人公。
そんな主人公がひょんなことから未練のあるものが集う「幽霊部」の部長に。
なぜか始まってしまった新生活だけれど、今日も変わらずグータラしに行く主人公だった。

シナリオ構成
S+
攻略キャラは6キャラ、ノーマルとTRUEENDを含めると、ルートの数は8本にもなる。
共通や個別ルートの長さはは一般的な量であるものの、キャラ数が多いことからボリュームとしては十二分だろう。

【推奨攻略順 : ノーマル→若葉→ヒカリ→彩乃→祈→柑南→ののか→TRUE】
攻略順は少しだけ決まっており、柑南・ののか√は他の4キャラ攻略後、TRUE√はさらに全キャラ攻略後に出現する。そこを守っていれば問題はない。

CG
S
線が細く淡い塗の絵。
全般的に美麗で、文句のつけどころはない安定な質で、枚数も十分。
SD絵も多く存在している。

音楽
S+
BGM36曲(Vo曲のinst除)、Vo曲3曲(OP/ED/グランドED)という構成。
大量にあるBGMだが、明るいもの、悲しい曲、綺麗なものから、展開を感じさせる曲等そのどれもが色のある良い良曲。
音楽に私の好きな水月陵さんが参加されており「My Little Lady」あたりがすごくらしい曲になっていてお気に入りだったりする。

お勧め度
S+
今までのサガプラ作品とは毛色の違う萌えゲー風味の一般的な作品。
何の不思議なことも出てこないただの学園物なので、その辺りにサガプラらしさを求めてた人にはおすすめしにくい。
ただ、全体的な質は間違いなく高く、だからこそ初めて触れる人や初心者にはお勧めしやすい作品となっていた。

総合評価
S+

公式ホームページ
↑クリックすると公式HPに飛びます。

「幽霊部」という未練のある人が集まった部である事、部則の最後の「桜の木の下で~」のワードや主人公の過去、各ヒロインの秘密等など、一般的な作品にしては序盤からかなりの伏線が敷かれている。

読みやすいテキストやテンポの良い笑いによって世界観に引き込まれつつ、さぞや大層な裏設定があるのだろうと予測していたが、意外にも堅実な恋愛学園物に収まっていた。

ネタバレというほどのこともあまりないのだが、そこに触れないようにこの作品について書いていく。

まず、作品はあくまで一般的な学園物だったという事。
そこにはただのちょっと特殊な男の子と女の子がいて、悩みがあって、それを解決していくお話。
悩みの内容も、探せば他の作品で出てくるようなものばっかりで、基本的に全部の√でこの筋は変わらない。
主人公の抱えてる闇に関しても、ほとんどの√で触れることなく終わってしまう。

無論、それが悪いというわけではなく、あくまで王道であったという事。
そして、それが質の高いレベルで再現できている事。
ただそれらの√から何を伝えたいのか、何が書きたいのかまでは伝わってこなかったように思う。

唯一、主人公の抱えている闇に触れられるTRUE√。
ここに関しては正直な話、個人的にも多大な期待を寄せていた。
しかしながら、実際の話の展開はかなりこじんまりしたもの。
そもそもが主人公の心の話で、現実は一切変わらないのだから仕方が無いのかもしれない。
ただ、それでももう少し、感情移入できるように入念な伏線や描写を増やす等の工夫は必要だったかもしれない。

全体的にみると、話は面白いし展開も気になる。
だれることなく最後まで続けてプレイ出来たし、キャラもよく作られており、どのキャラもきちんと役割を果たしている。
√によって異なるが、男の親友キャラもきちんと使っていた辺りは好感が持てる。
しかし、どこか物足りなかったのも事実で、思った以上に物語の起伏が無かった事が原因かもしれない。

コンフィグに関しては十分だった。
システムボイスも前キャラ好きに流すことができる。

【総括】
全体的な質は高いため、この評価になっている。ただ、求めていたものがもう少し上だったので、どことなく物足りない気分にはなっている。

(追記あらためぶっちゃけコーナー)
プレイしている最中は十分に楽しいし、プレイし終わった後も「楽しかった~」と言える作品ではあるのだけれど、なんというか平均の上の作品をやった感じで、それ以下でもそれ以上でも無い。
この作品だからこそ得られるものというのが無かったからなのか。
泣きシーンについて書き忘れていたけれど、きちんと泣けるシーンもある。
ボロボロ行くレベルではないけれど、そういうシーンもあっただけになんとなく全体的に物足りない仕上がりになってしまっているのが不思議。
強烈な個性が今までの作品にはあった為に、その辺りが問題なのかもしれん。
スポンサーサイト
拍手する
別窓で開く | ゲームのレビュー | この記事へコメントをする:0 | トラックバック:0 | top↑
[レビュー]レーシャル・マージの感想
2015-04-19 Sun 00:00
<作品名>    レーシャル・マージ
<製作会社名>  AXL

レーシャル・マージ

【さわり】
ファンタジーな世界が舞台の作品。
田舎で育った主人公ウィルは難しい試験を合格し、王都にある学院に入学することになった。同級生には同じ平民だけではなく、王妹や大貴族の三男坊のような貴族もいる学院でウィルは持ち前の親切心を発揮しながら様々な問題にぶち当たってゆく。

シナリオ構成
S+
攻略キャラは5キャラ。
共通は比較的ボリュームがあるが、個別ルートは一般的な長さで総じての分量としては一般的な作品の範疇に収まるだろう。

【推奨攻略順 : エルル→モリー→アリシア→フィリス→メリル】
攻略順は特に指定は無く重大なネタバレもほとんど存在しないため、好きな順番でもよいだろう。

CG
S
AXLらしいクセのある、線のしっかりとしたCG。
量に関しても質に関しても十二分な安定感があり、特に光と草の入ったCGは美麗。

SD絵も多く存在。

音楽
S+
BGM28曲、Vo曲6曲(OP1/ED5)という豪華な構成。
BGMに関してはかなりバランスよく制作されており、同様の雰囲気に使えるものが3~4曲存在している。
Vo曲もそれぞれのキャラEDに付けられている等、基本的には豪勢。
個人的には、本当に心に響く曲が無かったのが残念ではある。

お勧め度
S+
魔法などがちょっと出てくるファンタジーが舞台の王道作品で、シナリオも深い設定や驚きの展開などは少ない。
主人公やヒロインたちを中心として、発生した問題にみんなで力を合わせてどんどん解決していく形式の作品で、底抜けに明るい展開が多い。
そのため明るい気分になりたい方や初心者にはかなりお勧めしやすい内容になっている上、今までの作品とは違ってある程度の雰囲気作りもなされているため、玄人にも楽しめる作品となっている。

総合評価
S+

公式ホームページ
↑クリックすると公式HPに飛びます。

今回の作品は、魔法が”あった”という設定のファンタジー世界を背景とした作品で、特に舞台となっている学院には貴族と成績優秀な平民が通っている。

今回の主人公はとても田舎物で一言で言えばとても「良い人」。
都会の常識を知らないことはもちろん、「家に病気の娘が…」と乞食から騙されてお金を取られたと知って「良かった、病気の娘はいなかったんだ」という大部の底抜けに前向きな明るい性格の主人公。

作品を始めた当初は世界観の把握や主人公の性格等に驚かされながらも、次々と登場するキャラクターに困惑を覚えるかもしれない。
しかし、安定してぶれないシナリオによって徐々に把握が追いつくと、驚くほどに作品の世界に引き込まれることとなる。

この作品の最も素晴らしい見どころは共通√である。
登場する人物は当初、主人公に対してよい印象を持っていなかったり、自信に問題を抱えていたりと良い状態であるとは言い難かったが、主人公がそんな一癖も二癖もある登場人物たちに影響を与え、変わっていく様子はこの作品の最大の見どころと言える。

愚直なまでも素直で王道な展開は、分かってはいても思わず涙してしまうシーンもあるほどで、この点に関してはとても評価している。

良くも悪くも「本当の悪人」が出てこない作品だからこそ、常に作品は前向きで諦めない姿勢を教えてくれているような気がする。

なので、プレイ後の読後感もかなり総会で良いものとなるだろう。

惜しい点を挙げるとするならば、シナリオの作りこみがまだ足りてないという所。
(というより、説明がなされていないという事)
主人公の過去やある登場人物との関係性等、とくに過去の方面に関して、ある√では少し触れられることもあるのだが、それでも事実を全て知るには足りない。
かなり深い設定がありそうだからこそ気になってしまう。

もう一つは、個別ルートに入ってから物語が失速してしまうという事。
共通√では登場するキャラクターが一致団結して問題を解決していく。
この点に関しては個別ルートでも大きな変化はないのだが、それでも共通であおられた期待感にこたえるほどの展開や物語が無かったということに関しては少々惜しいと感じざるを得ない。

ただ、それでも共通ルートから個別ルートに至るまできちんとキャラをないがしろにせずにいたことに関してはかなり評価している。

コンフィグに関してはスキップ機能なども充実しており十分と言える。

【総括】
AXLらしい前向きな作品で、以前よりもよくシナリオが作りこまれており、万人に勧められる作品であることから、評価として平均以上の物を付けることに一切の抵抗はなかった。

(追記あらためぶっちゃけコーナー)
個人的にすごく主人公が好きだなぁ…。
だからこそ、彼の過去は本当に気になっていたわ。
今回の主人公は完全に恋愛に対して受け身だったということも特徴の一つかも。
まぁ、設定上そういうことに疎い主人公なのだから仕方が無いとは思うけどな。ただやっぱり、決断した後の行動力なんかは見ていて爽快だし、その辺の展開も安定してよかったと思うわ。
特に泣けたのはメリルルートかなぁ…まぁ、当初からあいつが関わってくる√があるのは分かってたけど、それでも感動せずにはいられないな。
全体的に前向きで、大きく躍進することはないけれど、どのルートも大きくこけることが無い本当に安定したいい作品だった。
拍手する
別窓で開く | ゲームのレビュー | この記事へコメントをする:0 | トラックバック:0 | top↑
[レビュー]へんこい 変恋≒黒歴史の感想
2015-04-13 Mon 00:00
<作品名>    へんこい 変恋≒黒歴史
<製作会社名>  あかねそふと

変恋 ≒ 黒歴史(へんこい ≒ くろれきし)

【さわり】
主人公が過去に書いた「黒歴史ノート」、自分の妄想を詰め込んだそのヤバイ物が誰かによって盗まれたらしい。
犯人はおそらく文芸部の誰か、主人公は自分のリア充生活を目指し、スパイとして文芸部に侵入することになる。

シナリオ構成
S
攻略キャラは4人。
共通√や個別ルートは一般的な長さで、キャラ数の関係によりボリュームは一般的な作品の8割程度。

【推奨攻略順 : 千鶴→樹里→あずさ→美菜子】
攻略順は自由。
あずさと美菜子の√が物語の秘密に多くふれてるかな。

CG
S
線画細く濃い塗。
時々、バランスの気になるCGも存在はするものの、総じて高品質。

物語に合わせてエロ方面に強く、数が多い。
SD絵も多数存在。

音楽
S-
BGM15曲、Vo曲2曲(OP/ED)という少々さびしい構成。
全体的にさわがしい曲が多かった印象でそれ以外に特に触れる部分はない。

お勧め度
S-
シナリオに関してはアブノーマルな恋愛展開で、純愛好きやシナリオ重視の方にはお勧めしにくい作品。ただ、アブノーマルなエロ方面という意味ならある程度需要があるのかもしれない。

総合評価
S-

公式ホームページ
↑クリックすると公式HPに飛びます。

スパイとして文芸部に入り、敵対視や疑惑の眼差しを向けられるので一般的な萌えゲーのような高好感度状態から始まる作品ではない。

シナリオというよりはエロ方面に強い作品で、展開も一般的な「告白→行為」ではなく「行為→告白」のような流れも多くあり、その辺りはかなり特殊と言える。
物語の展開の仕方だけではなく、全体的にアブノーマルな雰囲気があるため、そういった意味での新鮮味はあるのかもしれない。

上記のような理由もあり、文章に関してはあまり期待する意味はないだろう。
メイントなるキャラを見せる部分に関しても設定を曖昧にぼかしたまま放置されてしまっていたり、ぶれてしまっていたりすることも。
他にも展開のつながりが無かったり、物語の矛盾などは√間を見てみるとたくさんあるので、シナリオ的な要素に関してはかなり詰めが甘いのだろう。
複数ライターが関わっている事が原因の一つにあるのだろう。
しかしながら、あからさまな誤字脱字などが無かった点に関しては褒めたい。

この物語の中心になるのは主人公が過去に執筆した、自身の変態的な妄想を書き記した「黒歴史ノート」なのだが、ただこれだけの存在で物語を1本作ったということに関してはある意味ほめるべきなのかもしれない。
(無論、他にも中心になる話はあるのだけれど)

コンフィグはかなり簡素で、今のゲームに一般的についているような機能が無かったりする。

【総括】
シナリオという面でみるとボロボロの作品で、あくまでエロゲーな作品。

(追記あらためぶっちゃけコーナー)
アブノーマルなシーン多すぎだろ。
まぁシナリオ重視じゃなくて、萌え要素も少ないエロゲーとなるとこんなものなのかなぁ…。
何というか全体的に不自然さがぬぐえないというか…。
まぁ、そういうゲームだと思っておくしかないな。
拍手する
別窓で開く | ゲームのレビュー | この記事へコメントをする:0 | トラックバック:0 | top↑
[レビュー]紙の上の魔法使いの感想
2015-04-07 Tue 00:00
<作品名>    紙の上の魔法使い
<製作会社名>  ウグイスカグラ

紙の上の魔法使い

【さわり】
「幻想図書館」とよばれる場所を舞台とした作品で、物語には「魔法の本」と呼ばれる開くと本の内容が現実に起こってしまう本が登場する。
魔法の本に巻き込まれ、関わっていく主人公たちの悲劇。

シナリオ構成
S++
一本の大きな話筋への途中、各個別ルートへの選択が出てくる形式の作品。
攻略キャラは5人(4人?)だが、上記の理由もあり、個別ルートの長さは短い。
しかし、大筋となる物語自体にかなりのボリュームがあるため、全体的には一般的な作品と同程度のプレイ時間になるだろう。

【推奨攻略順 : 理央→妃→夜子→かなた→クリソベリル】
攻略順に指定はないものの、物語の構造上でこの順番の攻略が望ましい。
また、クリア後にタイトルから予約特典のシナリオを観覧することが可能。

CG
S
線は細く、淡い塗で、全体的に幼く見えてしまう柔らかい絵。
質も全体的に高いのだが、量が少し少ない気がしてしまうのは気のせいだろうか。

修正パッチを入れないと、CGモードを見れなくなるバグが発生している。

音楽
S
BGM20曲という構成。
OPもEDもないためにVo曲が存在しておらず、少しさびしい構成。
しかしながらそろっているBGMはかなり高品質で「eden of birdcage」のような高貴で気品あふれる美しい曲がそろっている。
その中でも異質なのは「静かな決意」で、このBGMの中では一番評価している1曲で思わず手を握ってしまうほど。

しかしながら、量的な問題もあり評価は抑えている。

お勧め度
S+
お勧め度と言われてしまうと、正直評価に困る作品。
喜劇でも、青春恋愛譚でもなく、どこまで言っても悲劇のこの作品。
ミステリー要素のような頭を使う展開もあるため、サラサラと読めてしまう物語ではなく、心を削りながらじっくりと作品を読み進める必要があるだろう。

総合評価
S+

公式ホームページ
↑クリックすると公式HPに飛びます。

ネタバレ抜きでこの作品を語るのは非常に難しいのだが、それでも感想は書く必要があるために、曖昧な表現が多く、また不透明な感想を許していただきたい。

特殊な舞台である事もだが、作品自体も少し異質でOPはおろかEDの動画すら存在していないあたり、作品が作品だけにこだわりを感じてしまう。

文体はかなり特殊でクセがあり、状況も終始錯綜しているために物語をスラスラと読み流すことはできず、一つ一つ噛み砕いていく必要がある。

物語は上記で説明した宝石の名を冠する「魔法の本」が1冊開くごとに章が分かれ、物語の状況を大きく変えてゆく。
その中で二転三転していく物語の設定に翻弄されることになる。いわゆるミステリ物に非常に近い作品であり、最後の最後まで本当の物語がかたられることはない。
しかしながら、伏線などはしっかりと張られており物語として丁寧に作られている印象は受けた。

状況が変わる、というのはなにも主人公だけのことではない。
むしろ、主人公が変わらず周りキャラクターにのみ変化が起きることもあり、どの登場キャラクターも展開を見ていくうえでは見逃せないものとなっており、その作り込みもかなり良い。
ある話で出てきた「ミステリ」の定番(約束)として「犯人は最初から登場している」という物があったように、しっかりと伏線はあるのでたどり着けないというわけではない。
それでも、全てが終わり謎が解けた今、猶のこる謎もいくつかはある。
しかしながら、そのほとんどがしっかりと関連していた事にはやはり感心するほかなく、また攻略後の特典シナリオにて別視点から~という物に関しても、物語自体の理解の役に立ったように思える。

しかしながら気になるのは作品の完成度である。
これだけきれいに作られていながら誤字脱字が激しく、また作品のシステム上のミス(音声系等)も見られた。
登場キャラクターはみなよく本を読む設定であり、セリフも地の文もかなり文調が硬いだけに難しい作業だったのかもしれないと、その辺りに関しては少し同情をしてしまう。

何度もいったかと思うが、これは悲劇の作品である。

物語の主人公は『瑠璃』なのだが、ともするとこれは別のキャラクターがヒロインとも考えることができる。それほどに、今回の話は主人公にとって残酷でそしてただひたすらに悲しい作品なのである。
そういう意味では後味もあまりよくない作品なのかもしれない。

しかしながら最後の方のシーン「静かな決意」がBGMとして流れるあのシーン等を見てみると、「物語」でありながら「物語」をテーマとした今回の作品ではあるが、伝えたかったのは意外と単純な物だったのかもしれない。

【総括】
読んでいて個人的には非常によくできており、かなり気に入った作品。
ジャンル分けこそ難しいがミステリとして楽しむにも十分な良作だったと言えるだろう。

(追記あらためぶっちゃけコーナー)
語れば語るほど、別の作品みたいに見える。
ミステリのような、こういう事実がよくわからなくてそのまま進む作品~ってのは結構評価が分かれるけど、個人的にはすごくきれいに思えるんだよなぁ。
あと、最後の方のシーン、上でも語ってたけど「静かな決意」が流れるあのシーンだけは泣いてしまったわ…。
狂気なのかもしれないけれど、あの時煌めくものはあったのかもしれない。
というか、事実は本当に悲しすぎるわ…。
やるせないしなぁ…。
予約特典の最後のシーンとかも、なぁなぁで終わらせないあの気持ちはどうしてもわかってしまうわ。
拍手する
別窓で開く | ゲームのレビュー | この記事へコメントをする:0 | トラックバック:0 | top↑
| 青空の翼と過去の十字架 |