自作の壁紙や泣きゲーレビュー公開しているブログ。チャットルームや自作小説もあります そんな鍵っ子小説家のブログです。
☆★☆★ 毎日0時の定期更新中。現在は壁紙制作・泣きゲーレビューが主活動 ★☆★☆





 


アストラエアの白き永遠の壁紙(雪々/橘落葉)
2014-08-31 Sun 00:00
8月31日の定期更新です。

8月最後の更新ということで!
…特に何もないんですけど8月らしく理系の私から飛行機に関する豆知識を一つ。
最近の飛行機は早く、マッハ数の速度に達する者も多いみたいです。
このよく聞く「マッハ」というのは有名なオーストリアの学者の名前から来ています。
簡単に言うとこのマッハ1というのが音速の速度なんですけれども、マッハは音の速度に依存しているのでその時その状態での気温や高度によって速度が変わるのが面白いところですね。
さて、飛行機がそのマッハ1に到達した時「ソニック・ブーム」という爆音が発生します。
なんだかアニメ見たいですよね。
このあたりの理論は少し短いので割愛しておきましょう。
飛行機にはいろいろと面白い理論が隠れていますよね。

それでは本日のゲームをご紹介いたします。

かみのゆ 初回版かみのゆ 初回版
(2012/02/24)
Windows

商品詳細を見る
本日はlightよりこちらの作品をご紹介。
「温泉」を舞台とした少し面白い作品。
バトルっぽくないlightなので泣きゲーなのかな、と思ってプレイしてみるとギャグゲーでした。
ただそこまで面白いわけでもなく、独特の優しい雰囲気の流れている作品。
ただどうしてもシナリオは空っぽのような気がしてしまう。

ゲームレビューを見に行く。
システム的には結構面白いところも見られたのだけど、どうしても評価は低い。
あえてお勧めとかはしていないですよ。

それでは今日の壁紙です。

サイズ   : すべて1920×1080
(サイズ別のが欲しい方はコメントを。対応します)

配布形式  : JPG形式
(のちに、JPGとPNGをまとめた物をRAR形式で配布します)

ast (43) ast (44)
何か気に入った壁紙等がありましたら、拍手、コメントお願いします。
壁紙のリクエストについてはこちら

本日は雪々と橘落葉の壁紙です。

昨日の記事を見てくれている方は気付くかと思いますが、構図がかなり似ていますがカラーになっており大胆に印象が変えられています。
この壁紙は本当に偶然できたものだったりします。
ちょっとにぎやか過ぎる気もしなくはないですが、今の私のツイッターのTOP画面になるくらい気に入っていたり。
落葉だけCGを変えているのも特徴です。

昨日の壁紙もそうなのですが、今回の壁紙で雪々と落葉だけをピックアップしたのは、能力使用Verの壁紙を作れなかったというのが大きな理由ではありますが、それ以外にも少しだけ考えがありました。
というのも、雪々がメインヒロインではあるのですが、彼女が本格的に登場するのはりんね√くらいから。それまでの流れで言うと、メインヒロインは確実に落葉なんですよね。
彼女が好きというのもありましたし、そういった気持ちもあったので制作していました。

それでは以上で本日の定期更新は終了です。
明日の壁紙はついにシリーズ最後。全員系の壁紙2枚となっております。
お楽しみに~。

それではまた明日、同じ時間の定期更新でお会いしましょう。
さようなら~。
スポンサーサイト
拍手する
別窓で開く | 自作の壁紙 | この記事へコメントをする:0 | トラックバック:0 | top↑
[レビュー]ギャングスタ・アルカディアの感想
2014-08-30 Sat 12:00
<作品名>    ギャングスタ・アルカディア
<製作会社名>  WHITESOFT

ギャングスタ・アルカディア

シナリオ構成
S
本編以外のルートはショートアフターストーリーとなっている。
本編自体の長さもかなり短めで、FDという感覚がかなり強めになっている。

【推奨攻略順 : (禊・こおり√&ゆとり・希√)→本編】
たびたび選択肢は出るものの多くが1個なので迷うことはないはず。

CG
S
前回同様の質で、綺麗なものとそうでないものにかなりの差が出ている。
イベントCGはメインヒロインとして置かれているシャールカのものが中心。
それ以外はHシーンCGが大多数である。
ちなみにSD絵も存在している。

音楽
S-
BGMとして新しく追加されたものはない。
OPとED曲が各1曲新しいものとなっているが、音楽モードでの視聴は不可。

お勧め度
S
同会社作品「ギャングスタ・リパブリカ」のFD(続編)に当たる作品なので、前作のプレイは無論必須と言えるだろう。
その中で、前作の良さで合った論争が好きだった方やこの舞台の詳細をもっと知りたくなった方等にはお勧めしたい。
無論、シャールカが一番好きだった方にも。

総合評価
S

公式ホームページ
↑クリックすると公式HPに飛びます。

【物語について】
シャールカ先輩が主人公のお家へホームステイしていると言う設定のお話。
違いはそれだけではなく、前作で少し話がでた「天使」のアカネ等も登場する作品。

本編以外の√に関しては前作の続きと言うわけでもなく、時系列も不明なショートアフターストーリーとなっており、大将のキャラクターと絡むシーンを中心に構成されている。

物語の大部分と言えるのは本編。
設定は上記にあるとおりで、前作であまり深くまで書きこまれなかったループや天使などの話についても今回はかなり深いところまで書きこまれている。

基本的にこの作品は難しい話が多かったが、今作の説明などでは前作でついていけなかった人にとっては受け入れやすい文章になっていた印象を受ける。
最終的にはシャールカの考え方を中心として主人公の過去や天使、奥遷宮の話など各部分についての説明が比較的詳しく、そして優しくなされている。

作品としての大きな魅力としては、ヒロインのシャールカの存在だろう。
人気ではあったものの、前作で攻略不可能だったが故に今作は十二分に彼女とのシーンが描かれており、そういった意味では楽しめるFDとなっていた。

もう一つの魅力として前作で取り上げていた「舌戦」である。
今作は新しく「論戦」として少しルールなどが出来て、よりディベート二近いものとなっており過去のヒロイン同士の争いはもちろん、シャールカや真キャラである「アマネ」との舌戦はかなりの見物といっていい。
この作品の面白い所はそうして争うだけではなく、後半ではきちんと一丸となって戦うシーンが描かれていたと言うこと。
十二分に描かれていたかと言うとさすがに疑問視せざる負えないが、それでもこの項目に関しては評価してしかるべきだろう。

FDとしてはよい所がたくさんあるのも確かなのだが、やはり気になってしまう部分も多い。
全体的な完成度が不足しており、ミスや誤字、キャラの動きなど気になる部分が多々ある。
作品を楽しむのに障害となるレベルと言うほどではないが、CGや音楽、シナリオでも深く読み取っていくと気になる部分は数え切れないほどあり、どうしても高い評価を付けることは難しい。

【総括】
ギャングスタ・リパブリカのFDとして前作の雰囲気を継承はできていた。
しかしながら、全体的な完成度の低さが見え隠れするため全体的に抑えた評価。

(追記あらためぶっちゃけコーナー)
純粋に「面白かった!」と言える作品ではあるんだけどね。同時にシナリオライターはこれ書くの大変だっただろうなぁ…とおもうわ、特に論争シーンあたりとか。
あのあたりにゲーム性を組み込んだのは面白かったな。
手軽だし分かり易くなったけど、それでも全体的に難しい作品ではあるので考え込んでしまうシーンが多かったな。
あとFDだから仕方がないのかもしれないけれど、短いよね。

拍手する
別窓で開く | ゲームのレビュー | この記事へコメントをする:0 | トラックバック:0 | top↑
アストラエアの白き永遠の壁紙(雪々/橘落葉)
2014-08-30 Sat 00:00
8月30日の定期更新です。

夏ももう終わりというところでしょうか。
残暑が厳しすぎる気がしますけど。
夏休みの宿題の期限がそろそろ迫っています。
このあたりで生徒は選択を迫られるんですよね。
「全くやらないで行く」か「今から必死で全部終わらせる」
基本的に私は後者ですが、案外前者でも何とかなるらしいです。
さすが義務教育!
ゆとり教育が終わった今はどうなのでしょうね。

それでは本日のゲームをご紹介いたします。

波間の国のファウスト波間の国のファウスト
(2012/06/29)
Windows

商品詳細を見る
本日はbitterdropよりこちらの作品をご紹介。
経済、特にマネーゲームをテーマとした珍しい作品。
大きく5章にわかれており、それぞれの章が各キャラルートに当たるので少し短かった印象を受けます。
背景や立ち絵など古く同人のような雰囲気が感じられてしまう作品ではあります、しかしながらシナリオはその辺りのゲームと比べ物にならないほどの完成度。
マネーゲームという難しい(私にとっても未開の分野)コンテンツを扱った作品ですが、かなり分かり易く解説してくれているためある程度の理解力があれば十分に楽しめますし、その高度なやり取りは萌えゲーといっても差し支えないほど。
無論泣きゲー的要素も少し入っていたりします。
新しい刺激がほしい方や、マネーゲームなどが好きな方にはぜひれプレイしていただきたい作品ですね。

ゲームレビューを見に行く。
レビュー評価としてもシナリオに引き上げられて全体的に高め。
いまだに記憶に残るいい作品です。

それでは今日の壁紙です。

サイズ   : すべて1920×1080
(サイズ別のが欲しい方はコメントを。対応します)

配布形式  : JPG形式
(のちに、JPGとPNGをまとめた物をRAR形式で配布します)

ast (41) ast (42)
何か気に入った壁紙等がありましたら、拍手、コメントお願いします。
壁紙のリクエストについてはこちら

本日は雪々と橘落葉の壁紙ですね。

今回のコンセプトは「白い世界」でした。
以前魔女こいにっきで黒い壁紙(以前、私のツイッターのTOPになっていた物)の対比で制作しようと思い、このような形になりました。
…正直かなり制作時間をかけて、それでも以前のような出来に近づけなかったのが残念。
やはり白&目の色以外の脱色というのがどうしても合わないんですよね。
それ以外は結構頑張ったと思うのですが。

ちなみに雪々の壁紙には英文字が透かせて入れられています。
この前の壁紙で使用したこの作品のあらすじ英文ですね。

以前のものを意識しながらこの作品らしくアレンジを加えました。
雪の結晶はとくにちりばめるのに苦労したイメージがあります。
それにしても目の違和感が…。
あえて全部脱色してもよさそうですね。

以上で本日の定期更新は終了です。
明日の壁紙は類似構図2枚の壁紙となっております。
お楽しみに~。

それではまた明日、同じ時間の定期更新でお会いしましょう。
さようなら~。
拍手する
別窓で開く | 自作の壁紙 | この記事へコメントをする:0 | トラックバック:0 | top↑
アストラエアの白き永遠の壁紙(螢りんね/コロナ/水ノ瀬琴里)
2014-08-29 Fri 00:00
8月29日の定期更新です。

最近ビジネスマナー問題集みたいなものを少し読みました。
すごく難易度が高いと言うか、微妙な問題が多かった印象を受けます。
特にとあるシーンでの適切・不適切な行動を選ぶ問題とか…。
実際答えは分かるけど、その通り行動できるか疑問ではありますよね。
こういうのは学んでおいた方がいいのだと思いますが、なかなか手が出ないですよね。

それでは本日のゲームをご紹介いたします。

さくら、咲きました。 初回版さくら、咲きました。 初回版
(2012/08/24)
Windows

商品詳細を見る
本日はSORAHANEよりこちらの作品です。
世界終末系作品になるのですが、どうもそういった類の作品とは違う印象。
ちょっとギャグっぽいと言うと誤解を受けるかもしれませんが、どうにも現実離れしすぎているのですよね…。感情がついていかないシーンが多かった印象を受けます。
ソラハネ作品は少し肌が合わない事が多いのもあるとは思うんですけど、やはりシナリオ自体の質もあまり高くないような気がします。
背景とかはすごくきれいなんだけどなぁ…。

ゲームレビューを見に行く。
レビューは一応平均程度にとどまってはいますが、正直なところもう少し下げたいのが本音。

それでは今日の壁紙です。

サイズ   : すべて1920×1080
(サイズ別のが欲しい方はコメントを。対応します)

配布形式  : JPG形式
(のちに、JPGとPNGをまとめた物をRAR形式で配布します)

ast (38) ast (39) ast (40)

何か気に入った壁紙等がありましたら、拍手、コメントお願いします。
壁紙のリクエストについてはこちら

本日は螢りんねとコロナと水ノ瀬琴里の壁紙になります。

一応テーマとしてそれぞれの「らしい瞬間」というのをイメージして選んでいます。
拡大解釈すると、感情の発露とも取れますよね。
前半3枚はとくに「らしい瞬間」、後半3枚は「感情の発露」というイメージでしょうか。

そうすると、りんねがこのCGってのはただのエロイ奴みたいになりそうですが。

琴里とコロナのシーンに関しては本当に心が現れた瞬間だと思います。
無論それまでにもそういうシーンがあったんですが、自分に心があると気が付いたのがこのシーンかな…と妄想してみたり。
いろいろと反論は受けそうですね。

あとテーマカラーを選ぶのは本当にしんどいです。
全体を通して結構ランダムになっている印象。
一応2色くらいに定めてはいるのですが…。
琴里のみ紫固定ですね。

以上で本日の定期更新は終了です。
明日の壁紙は別構図2枚の壁紙となっております。
お楽しみに~。

それではまた明日、同じ時間の定期更新でお会いしましょう。
さようなら~。
拍手する
別窓で開く | 自作の壁紙 | この記事へコメントをする:0 | トラックバック:0 | top↑
アストラエアの白き永遠の壁紙(雪々/橘落葉/夕凪一夏/橘葉月)
2014-08-28 Thu 00:00
8月28日の定期更新です。

最近てんで本を読まなくなったたつたつです。
思わず
「本を読まなくなった小説家(自称)に意味はあるんでしょうか」
と、美凪風に呟いてしまいそうです。

…わかりにくいAIRネタ通じるのかなぁ。
というかもう自分は小説家ではなく、限りなく壁紙製造機ですよね。

それでは本日のゲームをご紹介いたします。

ものべの 初回版ものべの 初回版
(2012/04/27)
Windows

商品詳細を見る
本日はLoseよりこちらの作品をご紹介。
多くの人がご存じかと思われるロリゲー。
ただこの作品に精神的ショックを受けるシーンもあり、(NTRとかではなく)プレイヤーには印象に残っている人もいるのではないでしょうか。
人気だったためか続編っぽいFDなんかもでていますね。
さすがのLoseといったところか、美麗なCGで枚数も他社と比較できないほどです。
ちなみに日本の妖怪などが出てくる懐かしい作品でもあります。

ゲームレビューを見に行く。
珍しいジャンルの作品ではあるのですが、どうしてもシナリオの薄さが気になり私の評価では低めになっています。
絵で評価した場合はかなりのランクになることは間違いないですね。

それでは今日の壁紙です。

サイズ   : すべて1920×1080
(サイズ別のが欲しい方はコメントを。対応します)

配布形式  : JPG形式
(のちに、JPGとPNGをまとめた物をRAR形式で配布します)

ast (35) ast (36) ast (37)
何か気に入った壁紙等がありましたら、拍手、コメントお願いします。
壁紙のリクエストについてはこちら

本日は雪々と橘落葉&葉月と夕凪一夏の壁紙ですね。

先日まで紹介していた能力系の壁紙に雪々と落葉の壁紙が無かったのでそれを埋めるために制作していたのですが、思った以上に汎用性の高い、いい構図になったので他のキャラも制作しました。
ある意味これも偶然と言えるのかもしれません。

個人的には字体を苦労して選んだ覚えがあります。

そしてこの長文はこの作品の紹介文だったりします。
どこかで拾ってきたものなので、間違ってる危険性は高そうです。
ただ、全部訳すのは面倒だったので…(ぉぃ

以上で本日の定期更新は終了です。
明日の壁紙は同構図3枚の壁紙となっております。
お楽しみに~。

それではまた明日、同じ時間の定期更新でお会いしましょう。
さようなら~。
拍手する
別窓で開く | 自作の壁紙 | この記事へコメントをする:0 | トラックバック:0 | top↑
| 青空の翼と過去の十字架 | NEXT