自作の壁紙や泣きゲーレビュー公開しているブログ。チャットルームや自作小説もあります そんな鍵っ子小説家のブログです。
☆★☆★ 毎日0時の定期更新中。現在は壁紙制作・泣きゲーレビューが主活動 ★☆★☆





 


グリザイアの迷宮の壁紙(風見 一姫・風見 雄二)
2013-06-30 Sun 00:00
こんばんは。
6月30日の定期更新です。

昔どこかで読んだ(?)見た(?)のですが、ヤクルトとかマミーとかは何か一定以上は飲めないらしいな。
その実験ではヤクルトだったかなぁ…それを30本くらい飲む~みたいな実験だったけど、20本超えたあたりで吐いてた。
今考えるとひどい内容だなぁ…。
しかし、ヤクルトでなくともそんなに大量にのめねぇよ…って思うのはおれだけなんだろうか…。

ではでは今日の名言。
物事ってものはみんなとてもあいまいなものよ。
まさにそのことが私を安心させるんだけれどもね

出典:おしゃまさん 『ムーミン谷の冬』
それが楽なのかどうか、場合にもよりけりだと思います。今回の名言について、どういうことなのか分かりにくかったので、○○は○○という風にきっちりすべてが決定された世界を考えてみたんです。
すべてに答えがあるということは、行動や思想(考え方)の1つ1つに正解と不正解あるわけで、それを守っていると、発生するのがみんな一緒の行動、考え方をする画一的な人間。
さて、そんな人間に皆さんはなりたいでしょうか?
それがいいことか悪いことかはおいといて、ある意味楽な世界なんだとは思います。
ただ自由が全くなくなっていると言える世界でもあるので、柔軟性に欠けるとも言えそうです。
なんにせよ、私としては曖昧な世界の方が楽ですし楽しいですね。

そこら辺は人によるのかもなぁ…というわけで今日の壁紙。

サイズ   : すべて1920×1080
(サイズ別のが欲しい方はコメントで~対応するかもしれません)

配布形式  : JPG形式
(のちに、JPGとBMPをまとめた物をZIP形式で配布します)

g2_x (1)_R g2_x (2)_R g2_x (3)_R
何か気に入った壁紙等がありましたら、拍手、コメントお願いします


予告通りの風見姉弟の壁紙3枚です。
一姫の初単独CGなんですが、これ、ユウジを見た時の驚愕の顔しかなかったんだよな。
楽園でもあまりいいのなかっただけに残念だわ…。
その変わりといってはなんだが、ユウジに関してはかなりいいCGがおおいね。
まぁ、狙撃中の物がほとんどだけど。

この主人公、ユウジの性格…どこかで見た事あるなぁと思ってたんだが、あれだ。
暁の護衛の主人公…海斗に似てるんだわ…。
最近作品やって気がついた。
根本的にはちがうとはおもうんだけど、似た部分あるよなぁ。
単体での異常な強さとか特にさ…。
そこらへんの描写の書き方ではグリザイアの方が上手いか…。

まぁ、そんなこんなで、今日の壁紙更新もおしまい。
明日はサブヒロイン…じゃないな、脇役をまとめて4枚紹介。
まぁまぁ、誰が出るかはお楽しみに。

ではではまた明日同じ時間の定期更新でお会いできるといいですね。
さようなら~。
スポンサーサイト
拍手する
別窓で開く | 自作の壁紙 | この記事へコメントをする:0 | トラックバック:0 | top↑
グリザイアの迷宮の壁紙(榊 由美子)
2013-06-29 Sat 00:00
こんばんは。
6月29日の定期更新です。

お風呂の入浴剤がいくつか置いてあるんですが、
…混ぜたくなるのはおれだけか。
むしろ、少しずつとって、洗面器の中で混ぜてるけどねっ!
最終的にひどいにおい&いろになって終わると言う遊び。
…あんまりいいことじゃないよねw

それでは今日の名言です。
そうだな。何でも自分のものにして、持って帰ろうとすると、難しいものなんだよ。ぼくは、見るだけにしてるんだ。そして、立ち去るときには、それを頭の中へしまっておくのさ
出典:スナフキン
独占欲…でしょうか。何でもかんでも自分のものにしたいという人はいます。というよりも、それは自分自身はもちろん、誰でも持っている基本的性質の内の1つみたいなものでしょう。
それ自身はむろん、悪いことでも、良いことでもないのですが、広い世の中、完全に自分のものになり得るというものは数えるほどしかありません。特にお金で変えないものなどは、そうですよね。
手に入れられないけど、手に入れたいものに出会ったとき、そういうときに自分なりにそのジレンマを解決する方法を持っておくことは、心の平静のためにも良いことなんだと思います。
名言の内容とは少しそれてはいますが、今日はこの事について考えてみてくださいね。

ではでは頭を使った後は壁紙です。

サイズ   : すべて1920×1080
(サイズ別のが欲しい方はコメントで~対応するかもしれません)

配布形式  : JPG形式
(のちに、JPGとBMPをまとめた物をZIP形式で配布します)

g2_saka (1)_R g2_saka (2)_R g2_saka (3)_R
何か気に入った壁紙等がありましたら、拍手、コメントお願いします


今日は予告通りの榊由美子の壁紙です。
まぁ、最後だけあって、一番うまく作れた…よな?
そう信じたい。
ヒロインの中でもメインっぽい立場の彼女、今回もCGは使いやすいものが多かった印象。
まぁ、だってデレただけだしなぁ…。

壁紙の構図については新しいものは特になし。
2枚目が少し構図変えてあるけど、こうやってCG毎に変化付けれるのがいいよなぁ。
余裕があればもう少し遊んでみたい構図ではある。
というか、今までに結構似た壁紙作ってるけどな。

そんな訳で今日の定期更新もこれでおしまい。
明日はあの姉弟の壁紙です。
というか、もうこう書いちゃったら、二人しかいねぇよ…。
枚数が少ないので、同時に発表。
おたのしみに~。

ではではまた明日も同じ時間の定期更新でお会いしましょう。
またあした~。
拍手する
別窓で開く | 自作の壁紙 | この記事へコメントをする:0 | トラックバック:0 | top↑
暁の護衛~プリンシパルたちの休日~ の感想
2013-06-28 Fri 12:00
<作品名>    暁の護衛~プリンシパルたちの休日~
<製作会社名>  しゃんぐりら

ppk.jpg

シナリオ
S
暁の護衛シリーズの二作目で、内容は一般的なアフター話のつまったFD構成になっている。
話は大筋で6つありそれぞれにEND数がいくつかあるので、実際の攻略キャラは7人。
そのうち5人は前作品のヒロインである。
どのルートも同じ程度で、短く1~2hでおわるものが多い。
スタート画面でどのキャラのアフターをするかえらべる形になっているため、推奨攻略順は存在しないが、「杏子ルート」のみ、前キャラクリア後でないと攻略は不可能。

CG
S
少々硬質で濃い塗のCG。
いくつかのCGに違和感を感じる事があるものの、総じて安定はしている。
ただ、枚数についてはキャラごとに差があり、エロCGを抜くと単体CGのないヒロインも居るため、その辺りには注意。

音楽
S
ゲームではBGM35曲、Vo曲3(OP、ED&前作OP)が視聴可能。
BGMに関しては前作からの物が多いため、評価はしづらい。
Vo曲についても、特筆するべき点はない。

お勧め度
S
無論、1作目となる「暁の護衛」をクリアしていなければ楽しめない。
また、設定もある程度覚えておかなければついていきにくい仕様となっているため、内容を忘れた人は前作を軽くでもよいのでプレイした方がよい。
3作目へのつなぎとして、特に主人公の過去に触れる「杏子ルート」が重要になってくるので、そういう意味では重要。
前作同様「メタネタ」「凌辱・虐殺・暴力」「グロ(描写のみ、CG無)」や幼少期の主人公が大人の男に襲われたりするので、ある程度の体制は必要。

総合評価
S

公式ホームページ
↑クリックすると公式HPに飛びます。

暁の護衛シリーズ2作目、1作目のFD的存在であり、3作目へのつなぎでもあるこの作品。
作品の形態については上記まででほとんど語ってしまっている。
作品の雰囲気自体はあまり劣化しておらず、個性的なキャラがしっかりと物語を作っている印象を受ける。しかしながら、ほとんどの各話は笑い中心の中身のないアフターやIFとなっている。そのため、問題解決→Hシーンまでの流れはほとんど差が無く、一般的なFDの域から飛び出ているとは言い難いので、「暁の護衛」がそこまで好きではなかった人にとっては少々苦しい時間となるかもしれない。

ただ、そういう話とは一線を隔したのが杏子ルートだろう。
他のルートでも海斗の過去話にふみこむことはすこしあったが、海斗がいかにして今の海斗になったのか。そう言った事をここまで詳細に触れた事は初めてであり、多くの謎(設定)が明かされることとなった。
暁の護衛、という作品への理解を深めるとともに自作へのつなぎの話として、杏子ルートは非常に重要な役割を果たしたといっても過言ではない。

FD的存在という事もあり、評価としては非常に微妙な立ち位置にあるので、ランクはあまり頼りにせずに内容の身で審議してもらいたい。
といっても3作目をやるなら、やはりこの作品のプレイは必須であろうため、その出来不出来に関係なくやることにはなるだろうが。
3作目に興味がないなら、綺麗に締まった1作目だけで止めておくのも手の一つではある。

システムに関しては前作とほとんど変わらずといってよい。
少々音声系に不備があったが目立つ物ではなく、不問。

(追記あらためぶっちゃけコーナー)
1作目のようなドラマチック(1作目にそんなのがあったのかどうかは謎だが)は期待しない方がいいな、シリーズ2作目といっても、あくまでFD。
まぁ、各キャラの性格もしっかり確立してて、それでいて日常の空気感は変わらないから、変わらず、尊徳とかとの会話とか大好きだけどな。
杏子ルート>日常の笑い>その他イチャラブシーン みたいな重要度の分け方。
杏子ルートと言いつつもう海斗ルートだと思うけど、あの過去の話は…うむ、あの強さになったのも、頷けるなぁ…。
拍手する
別窓で開く | ゲームのレビュー | この記事へコメントをする:0 | トラックバック:0 | top↑
グリザイアの迷宮の壁紙(小嶺 幸)
2013-06-28 Fri 00:00
こんばんは。
6月28日の定期更新です。

さてさて、最近新しい靴を買いました。
前はいていた靴は1年ほど前に購入したものなんですが、通常5000円(?)くらいいしていたものが処分で1500円という破格の値段に。
そんな靴を購入したのですが、2年ほどでもうかなりボロボロに。
休日(というより放課後?)の合間を縫って靴屋さんに行き購入。
あまりデザインに違いはないものの、4000円程度の履き心地の良い靴を購入できました。
ついでに冬用の靴も半額くらいで購入しておいたり。
これでもう、1年くらいは靴屋さんに行かなくていいねっ!
(出来れば、数少ない余暇の時間を使っての買い物にはもう行きたくない…)

それでは今日の名言を紹介しましょう。
大切なのは、自分のしたいことを自分で知ってるってことだよ
出典:スナフキン
自分が今、何をなすべきか、それを意識しながら行動している人って、そう多いものではないと思うんです。
何をすべきかわからなくても、毎日朝はやって来る。そして何を考えなくても、気がつけばいつもと同じ行動をしている私たちがいます。
これは日々の繰り返しだからこそ、大きな変化はあり得ません。もちろん、こうした日々の積み重ねも大事なのですが、やはり何かをなそうと決心し、日々それを意識しながら行動できれば、その目標に確実に近づけることは明らかですよね。
いつもそうしなきゃいけないわけじゃなくて、大事な時にだけでも自身の目的を自覚する、という事が大切なんです。

まぁ、メリハリは大事ですよ~ってことだね(何
それでは今日の壁紙を紹介。

サイズ   : すべて1920×1080
(サイズ別のが欲しい方はコメントで~対応するかもしれません)

配布形式  : JPG形式
(のちに、JPGとBMPをまとめた物をZIP形式で配布します)

g2_sachi (1)_R g2_sachi (2)_R g2_sachi (3)_R
何か気に入った壁紙等がありましたら、拍手、コメントお願いします


さてさて今日は予想通り(?)小嶺幸の壁紙3枚です。
「お湿りなう」のセリフで有名な彼女ですが、今回は爆弾処理の話がメインでしたねぇ…。
というか、なんでグリザイアメンバーは微妙な特技が増えていくんだ…。
そんな彼女ですが、今回はほんと壁紙作りにくかった。
だって、ほとんどの服装がウェディングドレスだからなぁ…。
まぁ、話の構成上仕方がないわけだが。

今回は2枚目の壁紙が少々新し眼の構図ですね。
といっても、今までのギザギザで使ってたような構図を少しいじった…というより簡素化させただけなんですが。
こちらの方が壁紙としては分かり易いのかなぁ…。
これはアレンジが加えやすいので、これからも使っていきそうです。

というわけで今日の3枚の更新もおしまい~。
明日はヒロイン最後の彼女ですね。
お楽しみに。

というわけで今日の定期更新はこれでおしまいです。
また明日も来てくださいね。
それではさようなら~。
拍手する
別窓で開く | 自作の壁紙 | この記事へコメントをする:0 | トラックバック:0 | top↑
グリザイアの迷宮の壁紙(松島 みちる)
2013-06-27 Thu 00:00
こんばんは。
6月27日の定期更新です。

夏といえばカルピスじゃないでしょうか(何
いえ、お中元でカルピスがよく載ってるので思い出しただけなのですが、
そんなカルピス。
私は実は原液で飲むのが好きだったりします。
といっても、コップ1杯飲むわけじゃなくて、ほんの少しをコクリと飲む程度なのですが。
やはり人に話すと理解されないですね。
あの濃厚な甘さはたまらないのに…。
皆さんも試してみてはいかがでしょうか?
…いやですか…そうですか。

それでは今日の名言。
同じものでも時間帯によって まったく違った顔を見せてくれたり
季節が変わることで 空気や色合いも移ろっていく
そして何より その時の その場に居合わせる自分の気持ちひとつで
見えてくる世界が まったく変わってしまう

出典:ARIA
以前、写真の話をしたとおもいますが、今回は別の切り口から。
小説の表現方法のなかに「風景の心理描写」というものがあります。これを習ったのは中学の国語の時間、芥川の「羅生門」でした。
内容はそのまま、登場人物の心を風景に投影するという手法なのですが(気分が優れないときに空が曇ったり)、こうした現象は小説のなかだけではなくて、実際に起こり得る現象なのです。もしかしたら、思い当たることがないでしょうか。悲しいことに限らず、嬉しいことがあったときに回りが輝いて見えたり、木々が揺れるのを見て楽しそうと思うこともありますよね。
日の当たりや、季節の変化、そして自分の気持ち。そういうことを考えていくと、今あるこの目の前の風景は今しか訪れない、本当に貴重なものかもしれません。
外を見てください、朝日、青空、夕焼け、月、何が見えますか?
貴方にとってその風景はどう見えますか?
出来ることならば、良い気持ちで見られることを願っています。

それでは今日の壁紙~

サイズ   : すべて1920×1080
(サイズ別のが欲しい方はコメントで~対応するかもしれません)

配布形式  : JPG形式
(のちに、JPGとBMPをまとめた物をZIP形式で配布します)

g2_michi (1)_R g2_michi (3)_R g2_michi (2)_R

何か気に入った壁紙等がありましたら、拍手、コメントお願いします

本日は松島 みちるの壁紙ですね。
前回同様のウザイツンデレなみちるさんですが、今回は完全にデレということで、ユウジのために髪を黒く染めたりもしていましたね。
そういうCGもあったのですが、今回は使用せず。
楽園でも黒髪のCGがあれば考えたのですが、やっぱみちる=金髪だと思うの。
そんなみちるですが、今回も使いやすい壁紙は多かった。

2枚目はプレゼントをかかえるみちるですが、なにやら思案していますね。
構図自体は一応、楽園の時のものと対比させて、
今回は黒い背景での浸食をイメージしての制作をしました。
かなりシンプルなものなのですが、迷宮は名前の通り全体的に少々影を落としたイメージ。
やっぱり最後のヒースオスロが出てきたあたりと関連しているのかなぁ…。
ユウジの過去重すぎだろ…。

そんな訳で今日の壁紙更新もおしまいです。
あしたは例のあの子ですね。
また同じ時間に更新したいと思いますので、良ければまた訪ねてきてくださいね。
それではまたあした!
拍手する
別窓で開く | 自作の壁紙 | この記事へコメントをする:0 | トラックバック:0 | top↑
| 青空の翼と過去の十字架 | NEXT