自作の壁紙や泣きゲーレビュー公開しているブログ。チャットルームや自作小説もあります そんな鍵っ子小説家のブログです。
☆★☆★ 毎日0時の定期更新中。現在は壁紙制作・泣きゲーレビューが主活動 ★☆★☆





 


魔法使いの夜 のレビュー
2013-02-28 Thu 00:00
<作品名>    魔法使いの夜
<製作会社名>  TYPE-MOON

mahoyoru.jpg

シナリオ
S++
本編に選択肢はなく、1本の物語。番外編(AFTER)等、本編以外のおまけも含めると、
1√といえど、シナリオ量は普通の作品より、多く感じるほど。

CG
S
文句なしに綺麗、見せ方の工夫等のレベルも数段あがっている。
枚数も予想以上に多く、見せ方が工夫されているのでそれ以上に多く感じるだろう。
何を語っても足りない、本編を見る方が分かりやすいほどの凝り方。
このCGを見たいがためだけに、買うのも十分ありだろう。

音楽
S++
Vo曲OPが無いものの、BGM55曲、VoED曲1曲の大ボリューム。
とにかく雰囲気が重視されるこのゲームを支えた良曲ばかり。
BGMはクラッシクのアレンジ等も含み層が厚く必聴。
特にOPにも使われた「魔法使いの夜(メインテーマ)」は何かの始まりを期待させる良曲。
また、その唯一のED曲の出来は、まさに感嘆の一言に尽きる出来。

お勧め度
S++
型月好きにはもちろん、燃えゲー好き等にもお勧めできる1品。
ただ、初見でこれをやるのは難しいところも多いというのは正直なところ。
まずは関連作品や、知識を蓄えてから挑戦すれば真価が見える。

総合評価
S++

公式ホームページ
↑クリックすると公式HPに飛びます。

主人公的扱いが青子と草十朗の二人なこの作品。
また、ボイスが全く存在せず、効果音とBGM、そして文字とCGだけの世界となる。
(そういったものをノベルゲームというのだが)
そういった特徴もちつつ、非常に独特な雰囲気で始まるが、
独特のイベントCG・立ち絵の見せ方の工夫や層の厚いBGMのおかげで、
雰囲気はかなり良く、序盤から世界観にかなり引き込まれて行く。
その雰囲気の良さは、他のゲームを軽々と凌駕するほどで、
特にOP曲が流れたわけではないが、OPシーンでは
まるで今からアニメが始まるのか、という期待と、
もう、そのアニメを見ているという錯覚を起こすほど仔細に風景が想像できた。
また、序盤は意味が分からない戦闘シーンや、描写などが多めだが、
中盤手前の章まで進むと、大筋を理解してきて、再び得意の戦闘シーンが開始されると、
息をつく暇もない展開の数々を、得意のCG等でしっかりと描き出している。
文章も、視点をところどころ変えていき、心理描写をしっかり描きだされて、
非常に読みやすく、かつ、臨場感あふれた書き方は他の燃えゲーの祖先ともいえる。
しかしながら、内容がもともと原作があり、それが初期の頃のものなので、
他のゲームの設定などを多分に含んでいる。
「月姫」や「空の境界」などの登場人物や関連人物、世界観などを共有しているので、
そういった事を理解してからプレイすると、その面白さは2倍にも3倍にもなり、
他のゲームをプレイ後にプレイすると分かる部分も増えるだろう。
また、複数の謎を残しており、原作が3部作であることから、
続きがあるのではないだろうかという予想も。
ED「星が瞬くこんな夜に」が流れた後、続きを求めてしまうのは自然な事だろう。
評価には少々迷ったが、高評価を付ける事に迷いはない。
個人的にも次作が気になる作品である。

コンフィグは自分には使いやすかったと言え、十分量ではないだろうか。

(追記あらためぶっちゃけコーナー)
続きまだ!? ってなるわ。
青子良いなぁ…番外編とかで少しアフターみれたけど、まじきになるわwww
ED曲もよかったし…草十朗の過去とかも気になるし…。
次作が出たら絶対やろう! うん。
スポンサーサイト
拍手する
別窓で開く | ゲームのレビュー | この記事へコメントをする:2 | トラックバック:0 | top↑
君の名残は静かに揺れてのレビュー
2013-02-26 Tue 00:00
<作品名>    君の名残は静かに揺れて
<製作会社名>  ユニゾンシフト

kiminago.jpg

シナリオ
S+
選択肢は1つのみなので、ルートは2つ。(片方はBADEND)
全体の総量としては普通のゲームの半分と少し、といったところだろうか。

CG
S
安定の絵、だが、『FlyableHreart』と比べるとどことなく大人っぽくなっている。
シナリオの長さとくらべると、枚数は多いと言えるだろう。
それも1キャラに対してなのだから、文句はない。

音楽
S++
『FlyableHreart』から新たに追加されたのはOP、EDの2曲。BGMは6曲+OPのinst1曲。
相変わらず、安定の高品質。綺麗で、繊細な曲が多い、と思いきや追加されたBGMには面白いものも。
とにかく作品の雰囲気とも完全にマッチしており、この分野の評価は高い。
OPは特にこのゲームをやっていなくても破壊力は高い、やっているとすさまじい…。
無論、前作の物も含めて、という事を忘れないでほしい。

お勧め度
S++
同会社『FlyableHreart』をプレイ後でなければ楽しめないのは確か。
前作品のキャラも登場はするものの、皇(兄)と主人公、茉百合の3人が目立つ。
ドロドロとしたドラマのような作品で、旧家の抱える伝統、そして秘密が絡むちょっと悲しいお話。

総合評価
S+

公式ホームページ
↑クリックすると公式HPに飛びます。

『Flyable Hreart』のIFストーリーとして作られた作品。
序盤は上記の作品と同じ流れなのだが、入学してから、茉百合√に入るまでが、
改良&簡略化されているため、前作をやっていないと真からは楽しめないだろう
また、システム上出てこないキャラも居る。
本編は、基本的にはかなり暗めの流れとなっている。
無論、前半にはヒロインとのイチャラブや、各キャラとのドタバタも少しはあるが、
テーマが「私は愛する為に生れてきたのか」という事に在り、
それに迫る後半につれて、受け入れられない行為、避けられない現実、やるせない真実に常に悩まされる。
そういった要素も入りつつ、白鷺家のルールに縛られた生活は常にプレイヤーを締めつける。
そこに挿入される切ないBGMは、涙腺を破壊はしないものの、確実に世界へ引き込むのに一役買っている。
展開も爆発的な物はないものの、しっとりと濡れるような悲しみがあり。
「相手に対して『愛する』という気持ちを向けること」を再度じっくりと考えさせる。
作品自体は短いものの、大きな1ルートといえるので満足感もあり、
終わり方にも賛否両論はあろうが、下手にやっつけなENDを持ってこなかったところは好感がもてる。
作品自体が、昼ドラのような静かで、それでいでじっくりツ締めつけるような作品なので、そういった類に耐えられる人、
さらには、前作で茉百合が好きだった人には、補完している部分が多々あるので、ぜひプレイを推奨したい。
過大な期待をしなければ、もしかすると思わぬ広いものだと思えるかも?

コンフィグに関しては、少し不足点もあり、もう少し機能が欲しいところ。

(追記あらためぶっちゃけコーナー)
巷では本作を超えたと言われるほど、その真実は曖昧なところだ。
深さ、という意味では、本作も及ばないほどの深度。
ただ、如何して本作にこれ入れなかった!?ってなるのは分かる。
入れてたらずば抜けての作品となっていただろう。
拍手する
別窓で開く | ゲームのレビュー | この記事へコメントをする:2 | トラックバック:0 | top↑
時計仕掛けのレイライン-残影の夜が明ける時-のレビュー
2013-02-24 Sun 00:00
<作品名>    時計仕掛けのレイライン-残影の夜が明ける時-
<製作会社名>  ユニゾンシフト

Lay-Line2.jpg

シナリオ
S++
攻略キャラは3人、前作同様の攻略公式となっており、憂緒は安定のメイン。
各キャラ1章、憂緒ルートまでに6章ほどのシナリオがあり、全体的な量は少なめ。
推奨攻略順としてはハイジ→二人→憂緒だろう。

CG
S
立ち絵、イベントCGともに安定しており、前回同様の品質といえる。SD絵も豊富。
ただ、全体的な量で言うと、少々少ないか。(前作のCGもあるから気にはならないだろうが)

音楽
S++
全体的には綺麗なピアノ曲が目立つがところどころヴァイオリンも。破壊力には欠けるが、そこには確かな質がある。
新BGMがどのくらい追加されたのかは不明、自分で確認してほしい。
残念なのは、Vo曲(OP)が1つという事。やはり量不足が目立つ。
毎度ながら、コメント付きの解説は好印象。

お勧め度
S++
前作が気に入ったなら、という方にのみこの評価。
この作品から楽しむこともできない事はないが、やはり前作からのプレイ推奨。
作風も前回同様、推理物、学園、魔法、にプラス感動、怒涛の展開等の要素あり。

総合評価
S++

公式ホームページ
↑クリックすると公式HPに飛びます。

最初に注意しておかなければならないが、
この一連の評価が前作からのプレイの人、にとってのものだと言うことである。
無論、作品自体、前作からプレイしてないと、面白さが半分以下になることは確かである。
ちなみにTopに前作のおさらいもあるので、プレイしていて、内容を忘れた方には安心の設計。
というわけで、前作からの謎を引き継ぎつつ、真キャラ等も加えて、始まる今作。
新たに攻略できるようになったのは2人だが、やはり各ルートおまけ感を抜け出せていないのは難点といえる。
というわけで、メインヒロインの憂緒が好きになれない方は、全体の評価もやはり下がってしまうかも。
ほとんどの雰囲気は前作同様なので、前作のような作品を求めてた方にはお勧めしやすい作品である。

いろいろな事件が解決され、人も増えた特査。そこに舞いこむ新しい問題を解決していく方式は変わらない。
そうして、物語を進めていくうちに、1作目から謎だった「夜の世界」に踏み込む大きな謎が浮上。
さらに関連して、多くの謎を抱える事になるが――。
最後の怒涛の展開で明らかになる設定や真実はは、何を言ってもネタバレになりそうなほど巧妙。
あわや置いていかれるほどのスピードで、世界に引き込まれ、一気に最後まで進めてしまうほど。
そこには、驚き、納得、そして耐えられないほどの悲しみ、そうして幕を閉じる事になる。
しかし! まだあきらめない!! ――そして3作目へ。

前作同様の流れである事はこれを見れば明らかであろう。
各所足りない所があるのは否定しない。
けれども、やはり巧妙なシナリオの作り、特に1作目から残した謎や2作目の最初の布石等、
それらの謎が複雑に絡み合って、予想困難であったが、きちんとヒントもだされていたのに、
気付けなかったのは、シナリオ担当に感服するほかない。
そして、明らかになった真実のはての結果。最後には悲しくて涙が止まらなかった。
かなり個人的な評価も混じっているが、現状最上の結果といえる。
満足するとともに、次作が気になる作品であった。

コンフィグ等に関しては前作同様使いやすく感じる。

(追記あらためぶっちゃけコーナー)
正直なところ、めっさひいきしてる作品なので、ちょっとオーバーに書いてる。
BGMの水月さんのコメントと曲風大好きだしw
ただ、最後の展開だけは、本当に本物で泣ける、三作目が気になるわ。
後微妙に今回の最後の背景、あれ「Flyable Heart」のやつだな…。
拍手する
別窓で開く | ゲームのレビュー | この記事へコメントをする:2 | トラックバック:0 | top↑
ルートダブル -Before Crime * After Days- のレビュー
2013-02-22 Fri 00:00
<作品名>    ルートダブル -Before Crime * After Days-
<製作会社名>  イエティ

ru-todaburu.jpg

シナリオ
S++
ストーリーは大まかに√A、√B、√C、√Dの4つに分かれており、
AorB→C→Dという風にロックがかかっている。
ENDもBADENDを含め、37個存在しており(BAD多)、分量は他のゲームの1,5倍ほどだろうか。
またそのほか、文章などALLコンプリートを目指すなら、手間もかかり、体感は2倍以上となる。

CG
S
長いストーリーに見合い、枚数はそこそこ用意されている。
全体的にCGと立ち絵は安定している。少々適当なものの、口パクシステム搭載。
流血CGはあるものの直接なグロはない。

音楽
S+
音楽はBGM28、OPとEDの2曲にそれぞれinstがあり、合計32曲。
作品の雰囲気上緊迫したBGM等が多いが、基本的にはバランスよく作られている。
ただ破壊力があったかといわれると疑問ののこる分野。
特筆すべきはED曲。OP曲に隠れがちだが、こちらも良曲。

お勧め度
S+
周りがお勧めするほどのものではなかった、というのが正直なところ。
学園物、超能力、密室での殺し会い、陰謀、脱出物、等の特徴があげられる。
注意は流血CGと音がある事。

総合評価
S+

公式ホームページ
↑クリックすると公式HPに飛びます。

全年齢対象、主人公声ありのこのゲーム。
最初は√Bと√Aの2つのルートが選べ、それぞれ視点が違い、
物語の発端がその二つでようやく分かるようになってからが本腰、
√Cで謎を掘り進め、√Dで解決となる。
極限状況からの脱出もの、ということで、序盤は各所に布石と謎が用意されている。
このゲームは選択肢というものが無く、
それぞれのキャラに対応した高感度表「シセンズ」を用いて、ゲーム展開をしていく。
チュートリアルなどもあるので、そういった新しい点になじむには問題ないだろう。
しかしながら、この作品かなりの処理能力を要するようで、生半可なPCではかなり重い。
また演出、EDなどを全く飛ばせないため、分量を上記に明記したものの、時間はそれ以上にかかる。
新しい選択肢の使用方法や、コンフィグ等の状況を踏まえると、
かなりプレイしづらい状況といっても過言ではなく、これが大きく評価を下げている部分の一つ。
快適なプレイ環境の用意はあって当然のものであり、作品の出来にも大きく左右する。
(PCによってはデスクトップでのコンポジションを無視することにより解決も可能)
また、作品の売りとしている謎、特に√Dでの解決だが、
(これ以降は、正式な評価とは言い難く、完璧に個人の感想だと理解してほしい)
やはり、インパクト不足というほかないだろう、この分野で先人達が残したゲーム。
それに類似するものとして「Ever17」と類似するシーンが多々見られた。
そういったものを意識してしまったからなのかもしれないが、正直なところ、
ほとんどは√Cで謎が解けてしまい、後半の流れはダラダラにしか見えない。
(以上で、個人の感想を終える)
やはり、メインを成すには不十分だったと言うほかない。
さらには、各キャラの魅力を伝える日常シーン。
ここも不器用さが表れたのだろうか、イマイチというほかなかった。
無論描くキャラが多すぎて、各キャラのほりこみが低くなったのは言うまでもないが、
展開にも意外性はなく、だからと言って王道を綺麗に進んでいるわけでもなく、
展開に頼りすぎた印象が強い。また泣きシーンでも、音楽の活躍はあまりなく、
そもそもキャラへの感情移入や、その場の盛り上がりも足りない、プレイ状況も劣悪なため、
やはり、本来の力を発揮できていないと言える。
と、シナリオ重視の謎解き分野に踏み込んで評価すると、全体的にこのような厳しい評価を受けるだろう。
むろん、私、個人と合わなかったことも否定はしない。
ただ、やはりシナリオ(物語の大まかな流れ)に関しては優秀だったので、
シナリオにはS++をつけさせてもらい、その他を踏まえて、お勧め度と総合評価を下げる事になった。

コンフィグ等は各所、不十分。あとMAPは必要だったのだろうか?
またTIPSには作品に触れた部分も多いので、必見。

(追記あらためぶっちゃけコーナー)
個人的に、「Ever17」という作品には劣るなぁ(状況がすげぇ似てるし、比べちゃうわそら)という感想。
あれやってからこれやると、やっぱ二番煎じ…しかも劣ってる…って感じるなぁ。
無論、違う部分もたくさんあるから評価はしてるけどさ。
まぁ、シュタゲでもあんまり感動しなかったので、そういう人にはいいのかもしれないが…?
√Dに関してはTrueENDより、ノーマル(BAD?)ENDの方が良い書き方してた気がする。
GOODEND好きな俺が言うんだから、よっぽど、TRUEは「逃げ」って気がしたんだろうな…。
拍手する
別窓で開く | ゲームのレビュー | この記事へコメントをする:0 | トラックバック:0 | top↑
ガンナイトガール のレビュー
2013-02-20 Wed 00:00
<作品名>    ガンナイトガール
<製作会社名>  きゃんでぃそふと

gannnaito_20130215121222.jpg

シナリオ
S++
ルートは計5本、2ルートのみ攻略順が固定されており、共通は各ルートと比べて短いものの、
各ルートの長さは平均して4-5hと、全体を通して見ても十分な分量といえる。
3キャラ(ましろ→志乃→恋歌)→環→小夜子がお勧め攻略順。

CG

表情(目元)にすこしクセがあり、全体的に固めのCG。
ところどころ、バランスのミスなど荒さも認められるが、総じて安定しており
終盤にはその独特のクセが良い味となっている。

音楽
S+
BGMが15曲、Vo曲3曲にそれぞれのinstがあり、計21曲の構成。
コンパクトな構成ながらも、BGMは作品に在ったものを選びつつ、緊迫・戦闘が多め。
歌は挿入歌を含め秀逸だったと言えるだろう。
減点する点はやはり、シナリオの長さに対するBGMの少なさ、もう少しバリエーションは欲しい。

お勧め度
S++
軍事物、学園物、ロボ、近未来、ギャグ、燃え、泣き、等々のお勧め要素ありで、
全体を通しても良い出来だったと言えるので十二分にお勧めしたい。

総合評価
S++

公式ホームページ
↑クリックすると公式HPに飛びます。

CG等からもわかるとおり、近未来軍事物。
序盤は物語に若干振り回されるものの、
軍事物に在りがちな、日常シーンの退屈さはまったくと言っていいほどなく。
幼馴染3人を中心とした、それぞれ個性のあるキャラがギャグを発揮していく。
その質は確かなものであり、その要素だけでも十二分に評価できる。
そうした日常のギャグを重ねつつ、現状を理解していき、物語が進む。
そうしてOPが流れるのが、かなり広範。
個別ルートに入ってからであり、飛ばしやすいことは留意しておかなくてはならない。
物語を進めるごとに、どのルートもかなり不可解な事がおこるが、
ルートを重ね、特に環ルートで輪郭が分かり、最後に小夜子√で全貌が分かる仕組みになっている。
(それでも不明な部分、曖昧な部分があるのは確かであり、不完全燃焼なところもある)
また、各ルート終盤の方に戦闘シーンがあり、動画がふんだんに使われているのは好印象。
挿入歌も手伝い、全体的に非常に燃える展開となっている。
おしいのは、テキストがあまり、戦闘に向いていなかったというところだろうか。
戦闘シーンにおいてのミスや描写の甘さなどが少し目立つ。
また、外せない要素として各ルートの泣きシーンがあげられるだろう。
無論それぞれ作りこまれているのだが、とくに志乃√においての、OPが始まる前のシーン。
ここに関しては筆舌に尽くしたい。
BGMやテキスト等、相互に高めあい、非常にいいシーンを演出出来ているなという感想。
また、各キャラ非常に役も立っていたし、どのキャラも個別ルートにて、ないがしろにされていないのもよかった所。
それに、泣きに限らず、この作品、場面演出に関しては、他の作品より抜きん出ている事は確か。
ただ、爆発的破壊力があるのは全ルート含めても数か所であり、
やはり、物語の面白さ自体が褒められるべき作品である。

コンフィグに関しては十分か?
各機の戦闘シーンの動画を見れるようにはしてほしかった所。

(追記あらためぶっちゃけコーナー)
志乃がものっそい、良かった。。。「友達に…なろうぜ…」うあああああああああ。
千歳さんもやっぱかっこいいわw
ただ、明らかにしてない所も多いよね…? 次作じゃなくてファンディスク?
拍手する
別窓で開く | ゲームのレビュー | この記事へコメントをする:0 | トラックバック:0 | top↑
| 青空の翼と過去の十字架 | NEXT