自作の壁紙や泣きゲーレビュー公開しているブログ。チャットルームや自作小説もあります そんな鍵っ子小説家のブログです。
☆★☆★ 毎日0時の定期更新中。現在は壁紙制作・泣きゲーレビューが主活動 ★☆★☆





 


晴れときどきお天気雨 のレビュー
2012-03-08 Thu 00:00
<作品名>    晴れときどきお天気雨
<製作会社名>  ぱれっと



シナリオ
S++
ルートは4つ。枝分かれ方式となっており、メインヒロインである香奈恵ルートにいたるまでに3つのルートの分岐点がある。
さらにその香奈恵ENDはBADENDみたいなもので、その後現れる「お天気雨の章」がトゥルールートとなる。
長さは一般的なものと変わらぬ長さ。

CG
S
くすくすさんの絵は非常に人気があり、今回も「もしらば」、「さくらシュトラッセ」のようなやわらかくも美しいタッチで描かれている。
作品の雰囲気とも非常にマッチしており、非のつけどころはない。

音楽
S++
BGM・Vo曲合わせて、37曲ほど。量も比較的多めだが、質も悪くない。破壊力があるOP・EDをはじめ、
作品を邪魔しない&雰囲気を作るBGMという意味で、不足感はない。
厳しいことを言うならプラスアルファがあれば、、、、と思ってしまう。

お勧め度
S++
EX-レベルのお勧め度。レベル的には「もしらば」の再来とでも言うだろうか、
個人的に最近のゲームについて、疑問を持っていたが、このゲームをやって考え直した。
サブキャラクターとして「もしらば」のキャラも出てくるため、そちらができるならやってみてもよい。
(やらなくても十二分に理解できる)

総合評価
S+

ストーリー
↑クリックすると公式HPに飛びます。

世界観は「もしらば」と同じで、若干のSF要素である、「神様」というものが存在する学園物。
まずこの作品の魅力を語るなら、女の子がまるで生きているかのような魅力的、かつ躍動感。
文字もさることながら、CG,BGMすべてがそろってこの演出ができているんだと思う。
少し笑えて、そしてしっとりとなく。
このゲームのだいご味はそれの繰り返し。緩急があるから飽きが来ない。
そして、全キャラをちゃんと活かしきっている。
フったらそれで終わり、というわけでもなくて、それぞれちゃんと生きて、考えている一人の女の子なんだ、ということを意識させられる。
だれかを選んだということは、だれか選ばなかったということである。
特に、ネタばれにもなりそうだが、2つ目の選択肢の後、OP曲が流れるところは何度見ても涙が出る。一番の泣き所である。
さらに個人的に言わせてもらえば、もうひとつ大きな要素として、事故で足が動かなくなった「妹」の問題である。
全ルートで彼女の問題、そして彼女自身ルートも、もちろんからんでくる「介護」というもの。
すごく深いテーマで、ある意味これを取り上げたのは、このゲームが初めてではないだろうか、
そして、そんな状況でシナリオを成功させていることは感服せざる負えない。
物語全体が優しく、それでいて、切ない、忘れかけていた感情を思い出してしまう。
そして終わった後の、この続いてほしい、と切望する心。こんな感覚が出るのは、良作ならではのものだろう。
すべての設定、キャラクターなどを含めたうえでのシナリオは最善のものを進んでいる、そんな気までしてくる作品であった。
どうしてこれだけの批評ができてEXではないのか…。
それは主人公のヘタレさ…だろう。今回の主人公はダメな子だったと思う…。そこがいいところでもあるのだが…。
このこさえしっかりしていれば!!
と、作中で思わず突っ込んでしまった。
それはさておき…ひとつ、これは歴史に残しておきたいゲームであり、さらなる次回作を期待できるものであると断言したい。

(追記あらためぶっちゃけコーナー)
一言に集約されるのは、主人公のだめさ…。
これさえなかったら強くお勧めする作品なのに…。
ただ、それ抜きで気にしなかったら、普通に泣ける作品なので、
ぱれっとファンや泣きゲーファンの方はプレイしていただきたい作品。
スポンサーサイト
拍手する
別窓で開く | ゲームのレビュー | この記事へコメントをする:0 | トラックバック:1 | top↑
AQUA のレビュー
2012-03-07 Wed 00:00
<作品名>    AQUA
<製作会社名>  SORAHANE



シナリオ
S
ルートとしては3本あり、それぞれのヒロインの問題把握を各ルートでする感じ。
その後LUKAS(千沙アフター&トゥルーエンド準備)→AQUA(トゥルーエンド)となる。
共通部分と個別ルートは半々くらい。選択肢は実質1つ。

CG
S-
比較的きれいな部分が多い。ときどき、エフェクトのかけすぎにより、PCが重くなる場合がある。
最初のOPなど、飛ばしやすいから注意。
少し気になったのは立ち絵の顔と服の書き方の差。うまいが故に目立ち、残念。しかしそのうち慣れる。
CGは言うことない。

音楽
S+
比較的良曲が多いが、ゲームのなかで音楽がこなす役割が非常に大きいため、
これ以上を目指すならもうひと押しほしかった。
演出などが、十分にできている分残念というよりおしい。

お勧め度
S
近年まれにみる良作になりきれなかった作品。
何もかもがもう一歩足りない。
ほかの作品とともに埋もれさせてしまうのは惜しい一作。

総合評価
S

ストーリー
↑クリックすると公式HPに飛びます。

アクアという特殊で便利な端末が一般的に普及したこれから40年後くらいの物語。
その特殊な設定を生かした物語が進められるが、いかんせんPCの専用用語などがかなり出てくる(説明が微妙に下手)ので
一般人は理解しがたい部分があるかもしれない。
理解できればすごい流れなのかもしれないが、理解しきれず、流してしまう…なんていうこともしばしば(再度プレイすれば理解できるだろうが)
未知の領域の話なども入っているので、説明文にはさらなる配慮が必要であると感じた。
内容に関して言えば、もうすこし、個別ルートにも厚みがほしかったように思える。
全体的にも言えることではあるが、少しさっぱりしすぎていて逆に物足りない。いい脇役もたくさんいるので、そういった人たちの感情を表すシーン(CG・場面)を増やせば、
感情移入できて、最後のほうではさらなる感動が狙える。
過去の名だたる作品は、すべての登場キャラに個性があり、見せ場がある。
メインと言い難いところにもしっかりした話を作ってあげることが重要だったように思える。
と、批判が多めだが、完成度がある程度あるからこそここまでのことが言える。
(自分も我慢していたが1か所で涙を流してしまった)
名作に入るには至らないが、あともうひと押しのシナリオと音楽さえあれば、すごい人気の出た作品だと思う。
非常に王道な演出を心得ていて、演出に関しては基本的にいうことはない。

(追記あらためぶっちゃけコーナー)
一応泣きゲーに分類しても問題ないと思うのだが、
どちらかと言うと全体的に、PC系の近未来系SF作品。
もう一歩足りない部分が多く、少々残念なのだが、現状でもそこそこ読みごたえはある。
拍手する
別窓で開く | ゲームのレビュー | この記事へコメントをする:0 | トラックバック:0 | top↑
Worlds and World's end のレビュー
2012-03-06 Tue 00:00
<作品名>    Worlds and World's end
<製作会社名>  rootnuko

Worlds and Worlds end


シナリオ
S-
久しぶりの評価だから、周りとずれてるかも…。
プロローグを含む4部構成。3人の主人公の視点で進む。テキスト量としては多くはないはず。

CG
S-
絵の枚数が多いわけでもない。気になるものがあったわけではないが、最近の絵と比べるとが力負けはするかも?
優しさのあるタッチなので、気にいる人はいるはず。

音楽
S-
クリア後の音楽鑑賞ができなかったゲーム。
BGMの質も、曲も悪くなかったはずだが…聞けるようにしてほしかった。

お勧め度
S-
目新しさ…はあるのかもしれない。
普通の、イチャイチャや、ドバット泣ける。面白いという部分があるわけではないのがネック。
ただ扱ってる物は深い気がする。

総合評価
S-
ストーリー
↑クリックすると公式HPに飛びます。


あけるはずだった夜が明けない。目覚めるはずの人が起きない…。
少しSF要素(?)の入った物語。
常夜の世界で物語は進む。人々は戸惑い、悲しむが、その中で救いを求める。
明けない夜。来ない明日を前にあなたはどうするか。
そういう内容を扱います。
共通部分が比較的長く、そこまでは3人の主人公も同じ場所をともにしますが、ある選択肢を期に3人の道が分かれます。
それぞれに二人のヒロインが残りますが――。
決して、明るいハッピーエンドがあるわけじゃないんだけど
すべてがすべて鬱展開でもない。
繰り返すことで異常は日常になる…。
謎として残されたままの部分もあります。
そういうところも含めてもっと深い話を書いてもよかったかも。
最後のほうは、泣ける人は泣けるかもしれません。

(追記あらためぶっちゃけコーナー)
一応世界終末系の作品の一つ。
ただ、かなり不思議な世界設定なのだが、いかんせん説明が足りなかったり、
展開があいまいだったりと、評価しづらい部分が多い。
泣きゲーに分類してもよいのだが、あまりお勧めはしてないので、今回は見送っている。
拍手する
別窓で開く | ゲームのレビュー | この記事へコメントをする:0 | トラックバック:0 | top↑
天使の羽根を踏まないでっ のレビュー
2012-03-05 Mon 00:00
<作品名>    天使の羽根を踏まないでっ
<製作会社名>  MEPHISTO

天使はね


シナリオ
S
大きく2筋、太陽の学園に2ルート。月の学園に4ルート(TURE含)となっており、それぞれ共通部分はそこそこ多いが、個人ルートもしっかりとした量で、
全体的には結構な量となっている。

CG
S
多少気になるたち絵も存在するが、戦闘シーンのCGなど非常にきれいな物が多い。
枚数は物語の長さの量にしてはそこまで多くない。

音楽
S+
全曲30曲後半で特筆するほどの目玉もないが、OPやEDの完成度は高い。
泣きシーンの曲も悪くはない。

お勧め度
S
泣きげーと燃えげーの成分どちらも持ち合わせている作品。
比較的には燃え部分のほうが多いだろうか、しかし、どちらにしてもそこそこはお勧めできる作品。

総合評価
S
ストーリー
↑クリックすると公式HPに飛びます。

主人公がずっと女装している物語。
物語は「太陽の学園」と「月の学園」で大きく変わっており、
どちらにもμという存在と、それぞれ「奇跡」と「魔術」が存在している。
過去の伏線から、驚きの展開、燃える戦闘に泣ける話まで各種そこそこのものをそろえている。
しかしながら、泣けるシーンにおいてはそこまで泣かせようとはせず、切り上げるときは一瞬で切り上げており、
ナチュラルにエロシーンも入れてくるが、メインはやはり戦闘シーンであるように思う。
特に月の学園側ではその戦闘シーンが光っており、太陽の学園に比べると内容も深いので、月の学園をやるまでは全体の判断を保留にしておいてほしい。
物語の真相部分などで、難しい部分などもあるが、全体的に話は一応どのルートであっても矛盾はなく、よくできたシナリオ。
設定はうまく使いこなされており、燃えげーの確たる部分である設定もなかなかのものだが、
他の過去の作品と比べると、そこまでの燃え成分があるわけでもない。
挿入歌を入れながら、戦うようなシーンがあってもよかったのかもしれない。
よくいえば、悪い点はなく、悪くいえばそれ以上に特筆して評価できる事がないということ。

(追記あらためぶっちゃけコーナー)
声ありの女装した人物が主人公のこの作品、大きく2つの物語に分かれており、
片方にはふんだんにバトルシーンが入っている。
設定をかなりうまく使いこなしていた印象はあるのだが、どうしてもあと一歩が足りなくなる展開が多かった。
そのため評価はかなり抑え気味になっている。
拍手する
別窓で開く | ゲームのレビュー | この記事へコメントをする:0 | トラックバック:0 | top↑
| 青空の翼と過去の十字架 |