自作の壁紙や泣きゲーレビュー公開しているブログ。チャットルームや自作小説もあります そんな鍵っ子小説家のブログです。
☆★☆★ 毎日0時の定期更新中。現在は壁紙制作・泣きゲーレビューが主活動 ★☆★☆





 


Magus Tale Infinity のレビュー
2008-12-31 Wed 18:35
<作品名>    Magus Tale Infinity
<製作会社名>  Whirl pool

Magus Tale Infinity

シナリオ
A+
ファンディスク。短い。物語の続きとその他の物語の集まり。

CG
S-
変わらず綺麗。今回は量は少ない。

音楽
S--
前作と変わりなし

お勧め度
A++
気に入ったんならやればいいと思うだけ。単体のすごさはない。

総合評価
A++
個人的にエマルートがぐらっときたが…それ以外に注目したい物語としては、
前作であやふやだった大樹の魔法無効化体質の真相が語られる大樹ルート。
これ見てて思ったが、きっと戦闘描写書くの苦手なんだなぁ・・・と。
壁紙とか、システムボイスとか…特典はいろいろ。
前作からの繋がりがないとまったくもってわからないので注意。

(追記あらためぶっちゃけコーナー)
ファンディスクということで、前作をプレイしていないと全く分からない。
前作と比べると、キャラの萌え成分をかなり強くし、シナリオ部分を薄くした感じだろうか。
あったとしても伏線の回収が主に、ただ一部いいシーンもあった。
スポンサーサイト
拍手する
別窓で開く | ゲームのレビュー | この記事へコメントをする:0 | トラックバック:0 | top↑
FORTUNE ARTERIAL のレビュー
2008-12-30 Tue 18:57
<作品名>    FORTUNE ARTERIAL
<製作会社名>  オーガスト

FORTUNE ARTERIAL

シナリオ
S+
始まり方も好きだなぁ。結構長い。
しかし、それを長く感じさせないシナリオ。

CG
S
気持ち的にはS+をあげたい。数も多く、綺麗。

音楽
S+
ひきつけられた曲はないが、量も多く、すべて質が高い。

お勧め度
S++
自信を持ってお勧めしよう。
すべてにおいて、クオリティの高さは自分が経験した中でトップクラスに食い込めるものだと思う。

総合評価
S+
泣き要素と燃え要素、しっかり入っている。久しぶりの名作と出会えた。
なんといってもこのゲームで評価したいのは「雰囲気」だろう。
この、やっている人を引き込むような感覚は、本当に久しぶりだった。
設定的にも厳しいし、大丈夫か? という一抹の不安を吹き飛ばすシナリオには感服。
各ヒロインの話も十分に描けているし、何より、この物語のトゥルールートはすべてを締めるのに十分な質と長さだった。
今回は絵で泣いたわけでも、音楽などの演出などで泣いたのではなく、シナリオによって、感極まって泣いてしまった。
それでも、号泣というわけではなく、一筋の涙…といった感じか? 後は鳥肌も多かった…。
笑うところでは笑わせて、締めるときには締めて、泣かせるところでは泣かせる。
一見完成した作品のようにも見えるが、まだまだレベルの上がる作品である。
年々レベルが上がっているこの会社の次回作にもかなり期待している。

(追記あらためぶっちゃけコーナー)
とにかくOPからの雰囲気がよく、その後も文章のテンポや展開も早いので、飽きずにプレイできる。
しっかりとギャグもあったしなぁ。
キャラもしっかりとしてたからこそらへんもよかったのかも。
それだけにとどまらず、ちゃんとストーリーも作りこんであるし、良作だと思います。
拍手する
別窓で開く | ゲームのレビュー | この記事へコメントをする:0 | トラックバック:0 | top↑
MagusTale~世界樹と恋する魔法使い~ のレビュー
2008-12-28 Sun 17:39
<作品名>    MagusTale~世界樹と恋する魔法使い~
<製作会社名>  Whirlpool

Magus Tale

シナリオ
S--
名前の通り魔法が出てくるお話。
自分が思う普通より少し長め。けど、サクサク読める。

CG
S-
綺麗です。

音楽
S-
ん~、気になるのはなかった。一番最後のED曲もよかったけど、BGM「記憶のかけら」なんかはいい。結構平均的。

お勧め度
S--
優先的に…というレベルじゃない。
なんだかストーリーの中身があまりなくてつまらない。

総合評価
S--
各ルートすべて前半は同じつくり。後半から大きく変わる。
しかし、全物語あっけなく終わるのでそこが少し残念。
各ルートをもっと深く作れば、ランクは少し上がったかも?
しかし、逆に物語展開が早いので飽きることはないと思う。
この作品のシナリオで一番推せるのは、やはり、トゥルーだろう。
一番最後から出てくることも、このルートをみせたいのがひしひしと伝わってくるし、内容も良いものだった。
しかし、それなら通常のアリシアルートをGOODENDにするのはどうなんだろうと思ってしまった。
だからSランクまでは少し遠い。
グッっと来るシーンはあるけども、泣きまではしない。
魔法があるのだから、戦闘系を期待したのだが、その描写は少なくあっけない。
設定をいかして戦闘描写などを上手く入れれば、さらにランクアップを狙えたかも。
それにしても、トゥルールートの終わり方は素直に評価したい。

(追記あらためぶっちゃけコーナー)
魔法等のファンタジー要素がふんだんには言った作品。
バトルシーンもあったけど、主軸はキャラ萌え。
なので、キャラ周辺の設定や絵などは高評価。
だからこそ、ストーリーは若干薄くなりがちなのが残念なところ。
拍手する
別窓で開く | ゲームのレビュー | この記事へコメントをする:0 | トラックバック:0 | top↑
全レビュー更新完了!!
2008-12-27 Sat 00:25
ふぅ・・・さすがに全部打ち直すのは疲れたぜ…。

ランクの話を初めてしますが…。
ランク付けとしては
C<B<A<S<EXの順で高くなります。さらにその中でも細分化され、見たら解ると思いますが…。
A-- < A- < A < A+ < A++
みたいな感じに。
各校によって平均値は違いますが…基本平均はAです。
絵に関してはあまり自分もすごいことが言えないのでSがMAXになっています(いまのところ)
あまりに酷くなければCはとりません。

ここまでするなら点数つけろと言われそうですが、さすがにそんなに細かく決めれません(キッパリ
だから、これでもまだ曖昧さが…。

現在クリアすることに決めたのはMagusTale(マギウステイル)です。
頑張ってクリアしないと・・・。
拍手する
別窓で開く | 日記やその他 | この記事へコメントをする:0 | トラックバック:0 | top↑
ゆのはな のレビュー
2008-12-26 Fri 21:03
<作品名>    ゆのはな
<製作会社名>  PULLTOP

ゆのはな

シナリオ
S-
ルートは少なめだが、結構な長さ。
ルートによってストーリーが大きく変わることはない。

CG
A++
PULLUTOPらしい絵。綺麗なのもあれば雑なのもあり、平均よりした。

音楽
S
BGM「ゆのはな」やOP曲「冬だより」はかなりお勧めの曲。その他も上々。

お勧め度
S-
すぐにでも! という作品ではない。
それでも、やってみると案外心に残る作品かも。

総合評価
S-
各ルートを見ると、平均レベルがいいところなのだが、最終ゆのはなルートの秀逸さが光る。
終わり方には賛否両論あると思うが自分はこんな終わり方でもいいかと思いました。
椿ルートで主人公がそんなことを言ってますしね。
ギャグも、結構ふんだんに入っていて、面白い。
しかし、同じことの繰り返しが続くので、時々飽きそうになる。
あと、綺麗な絵もあれば、かなりバランスの壊れている絵もある…。
しかしまぁ、泣きシーンもあり・・・BGM「ゆのはな」に泣かされることはあるだろう。
自分的に結構印象的な作品だといえる。
お勧めのクリア順はわかば→椿→穂波。
穂波ルートが一番、物語の核心に近い。

(追記あらためぶっちゃけコーナー)
温泉がテーマの冬の物語。
読後感は比較的良いのだが、イマイチ全体的に印象は薄い。
作中の柔らかな雰囲気をよく楽しむとよい。
拍手する
別窓で開く | ゲームのレビュー | この記事へコメントをする:0 | トラックバック:0 | top↑
| 青空の翼と過去の十字架 | NEXT