自作の壁紙や泣きゲーレビュー公開しているブログ。チャットルームや自作小説もあります そんな鍵っ子小説家のブログです。
☆★☆★ 毎日0時の定期更新中。現在は壁紙制作・泣きゲーレビューが主活動 ★☆★☆





 


あ~…一人称何にすればいいんだ?
2008-11-25 Tue 00:11
そろそろ町行く人も模様替えの季節です。遅せぇ!
ということでブログも模様替えしてみました。
だから驚かないでください。
∑( ̄ロ ̄;)まぁ見てる人少ないけどね…。

なんか、意味もなく…暇だったんで姓名判断の占いを見てました。
結果↓↓↓
◇優秀でシャープ、人によってはカリスマ性があり、盛大な運を招くことができますが、その反面、急転落下や不慮の事故、遭難などに見舞われる凶運となります。
◇中途挫折の悲運となることも多いです。
◇野望を抱き、空想理想を抱くも、現実と相違します。
◇神経が細かく、直感が鋭い偏屈強情な直情型です。頭は良いですが、金運は弱く、また、配偶者、実子に縁が薄く、病難になりやすいです。
◇発達運ですが、自我心強く、負傷あるいは大手術をなすの暗示があれば戒心を要します。
◇人一倍勤勉な努力家で、親の信頼は大きいです。頭も良く、周囲の期待を裏切りません。
○激流の水の如く、全ての物を押し流す陽水が基本的性格であり、熱すれば蒸気となり、冷やせば氷となり、静かに小さな器に治まるかと思えば、洪水となるように、千変万化の趣がありますので、他人にはその性格は窺い知れません。
○ 直感力にすぐれ、かけひきが巧みで、世渡り上手であるので、勝負師タイプであります。長所としては、怒っても根に持たず、あっさり忘れて拘泥しない。欠点を言えば、仕事も対人関係も非常に移り気なため、周囲と協調しにくく、また、何事も竜頭蛇尾に終わりやすい。ギャンブルは好きで大胆な勝負をします。
○ 責任感が強く、常に社会の中での自分の立場を考えて行動する、堅実タイプであるので、恋愛は結婚の前段階と考え、真面目な姿勢で取り組みます。地味な性格のためか、恋愛のチャンスはあまり多いほうではなく、たとえチャンスに恵まれても、持ちまえの慎重さと、自分の心の中に他人が侵入するのを恐れることが原因となって、晩婚になりやすい。 しかし、いったん理想に叶った女性が現れると、俄然バイタリティーと忍耐強さを発揮して、プロポーズを成功させるという一面もある。
○ 性的な面では、外見に似合わず相当の好奇心と情熱を抱いており、非常にタフであると同時に、女性を喜ばせることで自分も満足できるという、奉仕精神の持ち主でもあります。    
・知性的で気まぐれなところが同居したよう人で、企画、アイディア、センスを必要とし、流行に敏感なところも特徴です。
・人間関係の複雑なところより、企画、アイディアで勝負できる世界に適性があります。
・作家やマスコミ関係、水商売、諸芸師匠といわれる分野、ホテル、温泉などのサービス業、あるいは化学、哲学等の分野にも適性があります。


等等…まぁ、ぶっちゃけ…。

∑( ̄ロ ̄;)適当な奴ってことですか!

微妙にこの類の物はあたりそうに見えて恐いんだよなぁ…。なんかリアリティ在るし・・・。これが占いの魔力か…。

職業適性に作家が来たのはうれしいなぁ…
嫁さんは…まぁ、グッっとくるのがいれば捕まえるかもしれませんが…今はどうでもいいですね…。(ぉぃぉぃ

なんちゅーか、実現したら嬉しいような、そんな感じの結果でした。
また、皆さんもたまには占いしてみては?

スポンサーサイト
拍手する
別窓で開く | 日記やその他 | この記事へコメントをする:0 | トラックバック:0 | top↑
壁紙 - ココロ@ファンクション!
2008-11-23 Sun 00:00
「ココロ@ファンクション!+Cocoro@Function!+」の壁紙がまとめられてあります。
最下部でまとめてダウンロードできますよ。

作成キャラ(蓮ヶ瀬水菜/譲葉聖/白草めばえ/白草いぶき/速水朝顔/ベル/速水太陽/遠藤智慧/春咲かすみ/野原花音/藤袴環)


coco (1) coco (2) coco (3)
coco (4) coco (5)
coco (6) coco (7)


coco (8) coco (9) coco (10)
coco (11) coco (12) coco (13)
coco (14) coco (15) coco (16)
coco (17) coco (18)


coco (19) coco (20) coco (21)
coco (22) coco (23) coco (24)
coco (25) coco (26)


coco (27) coco (28)
coco (29) coco (30)


coco (31) coco (32)coco (33)
coco (34) coco (35)


まとめてDL用
ダウンロード① ダウンロード② ダウンロード③
パスワード : life
サイズの関係で分割してあります。
1920×1080  PNG形式+JPG形式

当方のブログで紹介している壁紙は、
基本的にすべてゲーム会社様の画像をお借りして独自に加工したものであり、
それを「自作(加工)壁紙」として紹介しています。
壁紙は個人利用をメインとした非営利利用を目的としたもので、
壁紙に使用されている画像の権利自体は全て各ゲームメーカーにあります。
再配布などは禁止していますのでご注意ください。

拍手する
別窓で開く | まとめ | この記事へコメントをする:0 | トラックバック:0 | top↑
いつか、届く、あの空に。 のレビュー
2008-11-22 Sat 00:52
<作品名>    いつか、届く、あの空に。
<製作会社名>  Lump of Sugar

シナリオ
S--
悪くはない。
各ルートの辻褄もきちんと合っているところはすごい。
どっちかっていうと、SFに近い…妖怪やら北欧神話やらが話の中に組み込まれている。
ただ、流れが速すぎて、おいていかれている気がずっとした。

CG
S-
結構綺麗なほうだとおもう。

音楽
S
OP1&2ともにあまり好きな歌ではないが、悪くはない。
EDも気に入るほどではない。
注目すべきはBGM。
数曲、じっくり聞いても問題のない良曲がある。

お勧め度
S--
あまりお勧めしない。理由は下。

総合評価
S--
かなり低めなのは理由がある。
テーマは、少し壮絶すぎるが良し。曲、OP良し。絵良し。
という、ゲームとしては重要な部分が良いものをそろえているが…。
燃えにしては、戦闘描写が微妙すぎる…泣き所はわからない。
…さらに、文章に代名詞やら多くの意味を含ませる文が多いので展開においていかれて、わけもわからず終わってしまう。
文も何度も読み返さなければいけないほど難解である。
設定上ばれてはいけないところがあるが、そこをばらした後の説明を上手くするなどしないと、物語自体が理解されず、価値が下がる…。
文章に懲りすぎて、逆に評価を落としてしまった作品である。
おまけシナリオぐらいの軽さが作品全体にあれば言うことはなかったのだが・・・そのほかのところは良いから、上記の部分を我慢できるならやってみるといいし、はまればいい作品となりえる。

(追記あらためぶっちゃけコーナー)
ランプの不朽の名作。
今回、私はあまり合わなかったのだが、
ファンタジー・泣きげー要素の他にも少々のバトル等も入った多彩な作品。
ただ、じっくりと読みこまないと作品の良さが分かりにくいため注意が必要である。
拍手する
別窓で開く | ゲームのレビュー | この記事へコメントをする:0 | トラックバック:0 | top↑
CHAOS;HEAD のレビュー
2008-11-21 Fri 00:51
<作品名>    CHAOS;HEAD
<製作会社名>  Nitro+

CHAOS HEAD

シナリオ
S--
泣きゲーというわけでもない。
グロゲー:燃えゲーで2:5といったところか。個別ルートがなく短い。

CG
S--
普通というよりは少し綺麗。しかし、細かい構図などが適当なので減点。

音楽
S--
良い。しかし、この作品はあまりBGMがないのでこれは挿入歌+OPを重点的に見た評価。


お勧め度
S-
純粋にいい作品だと思っている。
合わない人は合わないだろうし、グロが苦手ならやらないほうがいいが、やってみてもいいと思う。

総合評価
S--
作品自体のレベルはいうほど高くない。
燃えゲーとしても決して最高ではない。
しかしまぁ、テーマ…着眼点が良かった。
こういうのもありかな・・・なんて思ってしまう。
いわゆる中二病設定。
だがしかし、作品の中でもそれを認める発言が何度もある上、それをゆるせるくらいの良シナリオ。
そもそもこの作品はOPを見て気に入ってやってみたからOPの良さはいうまでもない。
EDの数は少ない。
難しい言葉とかが出てきても大丈夫なように、辞典機能(?)をつけているのもこのゲームの特徴といえる。
また主人公にも声があった。・・・しかも結構いい感じにあってるし…。
細かいところのデザインなんかも良く考えられているけど…逆に重い…。
まぁ、いいPCでやったら問題ないんだろうけど。
作品中で多くの動画を使っており、ラストでOPが流れたときにはちょっとした鳥肌物。
本当の人類の平和を一人の好きな人のために壊すという、どう見ても悪役からの視点(本作品をやっているとそんな気はしないだろうけど・・・)は非常に不完全で、だからこそ人間的な物語だと思う
文句を言うようであれば、もう少し違う終わり方も用意して欲しかった。

(追記あらためぶっちゃけコーナー)
厨二系科学SF系作品。
武器等も出てくるが、あまりバトル要素もなく、泣き要素・燃え要素に関しては期待してほしくない。
基本的に設定の面白さで引きつける類の作品。
拍手する
別窓で開く | ゲームのレビュー | この記事へコメントをする:0 | トラックバック:0 | top↑
あやかしびと のレビュー
2008-11-20 Thu 00:48
<作品名>    あやかしびと
<製作会社名>  propeller

シナリオ
S++
燃えゲーとしてもいい作品だが、泣きゲーとしても十分な作品。

CG
S-
服が微妙だが、結構綺麗。

音楽
S
BGMの「五位鷺」は聞くだけで涙を誘う良曲。
OPもわるくない。
燃えるシーンなどでの雰囲気作りにも協力できている。

お勧め度
S++
自信を持って、泣きゲーとしても燃えゲーとしてもお勧めできる。
ぜひいつかやっていただきたい。

総合評価
S+
よくある燃えゲーにとどまることなく、作品の各シナリオに深みを持たすことで、泣きを入れることに成功している。
特に気に入ったのは刀子ルート。
しかし、減点すべきはすずの最後。
まぁ、不覚にもカッコイイし…そのシーンでOP曲を流す演出もかなり良いから、減点といわず、プラスマイナスゼロだが・・・。
長さは少し長め、物語をすすめて行くごとに明かされていく真実…そのじらし方も上手い。
ルートに大きく指定はないが、すずは最後にやるべきだろう。
普通の日常がすばらしいと思える作品でもあり、少し血の気の多いゲームだが、燃えに関しては十分だろう。
泣きという観点で見ると、たくさん泣けるわけではないが、しっとり…またはうるっっと来る場面は多いだろう。
燃えゲーのトップクラスと語っても恥ずかしくない。
贅沢を言うなら、もっと泣きと、意表をつくどんでん返しがあればよい。

(追記あらためぶっちゃけコーナー)
有名な学園異能バトル物の燃えゲー。
それだけではなく、泣きの部分も強かった。
主人公に声があったところも特徴か。
他作品と絡めたアフターストーリー(?)も存在。
ただ、少々オーバーな点もあり。
拍手する
別窓で開く | ゲームのレビュー | この記事へコメントをする:0 | トラックバック:0 | top↑
| 青空の翼と過去の十字架 | NEXT