自作の壁紙や泣きゲーレビュー公開しているブログ。チャットルームや自作小説もあります そんな鍵っ子小説家のブログです。
☆★☆★ 毎日0時の定期更新中。現在は壁紙制作・泣きゲーレビューが主活動 ★☆★☆





 


your diary のレビュー
2012-11-23 Fri 00:00
<作品名>    your diary
<製作会社名>  CUBE

yurediary.jpg

シナリオ
S++
攻略キャラは4人、各ルートの長さは2hと少し短めで、全体的にも量は少ないのだが、
内容が充実しているため不足感は感じないかも。推奨攻略順は無し。

CG
S
ちょっと癖があるが、その点、ブレが無く、立ち絵やCGなど均一の出来に仕上がっており
1枚が気に入れば自動的に他の絵も気になるだろう。
イベントCGも決して多いわけではないのだが、シナリオの量のおかげか、それでも量は多く感じる。
複数キャラの映るCGが多いのは高評価、SD絵もいい。

音楽
S++
26曲中、2曲がVo曲で、その他BGMなのだが…どの曲の素晴らしさを伝えよう…!
困惑してしまうほどに素晴らしい曲、今回は2つ紹介。BGMからは「雨を待っている」
そして、EDの「カラフル instrumental.ver」ですね。
その他の曲も含めてなのですが、作品にあった雰囲気の優しさを纏い、その上綺麗で
思わず、そのまま聞き入っていつの間にか寝てしまいそうになる名曲ばかり。
初回特典のサントラ等でぜひ堪能してみてください!

お勧め度
S++
お勧め度、と言う意味では高め。
初心者にもやりやすい流れ・長さでもありつつ、長くプレイしている人でもきちんと楽しめる。
合う合わない、はあるんだろうけど、泣きゲー好きなら、これはプレイしてみよう。

総合評価
S++

ストーリー
↑クリックすると公式HPに飛びます。

神様、という存在はいろいろなゲームで見てきましたが。
こんかいの「ゆあ」ほどに、無力で、やさしくて、一生懸命で、
それでいて『神様』なキャラは珍しい。
「ゆあにまかせてください」は、作中でも出ましたが、本当に不思議と安心できるんですよね。
このキャラを生み出せた事にまずは称賛。
そしてそのキャラを中心に、主人公を取り巻く人間関係が非常に完成している。
キャラが少ないからこそ出来る業、各キャラへの愛が各ルートを通して伝わってきて、
ないがしろにされているキャラがほとんどいないのは見事。
関連して細微に描かれる人間関係や心情などと対比して、非常に綺麗な日常描写やほほえましい行動。
それらを総括して、作品全体には優しい雰囲気が漂うという完成度。
各ルート、確かにそこまで深くない話、納得できない所、甘いところ、いろいろ突っ込むところはあるにはある。
しかし、それを置いておいても、やっぱりホロリと泣かされてしまう。
ドバッと涙が出るわけではなくて、自分の弱いところにそっと寄り添う感じで「同情」し、傍にいてくれる。
そんな優しさに泣かされたこの作品でした。、
日常の雰囲気や、言葉のとらえ方など、素晴らしく学べるものも多々あり、
シナリオとしてダメなところも少しあったけど、その他を補ってBGMなども完備してこの評価に。
いろいろ批判的な意見もあるこの作品だが、自分としては声を大にして。
この作品は良かった!!!!
と、お知らせしておきたい。

コンフィグなどは十分で、一応立ち絵なども見られる。
音楽に関してはシナリオにしては多く感じたけど、もう少し聞きたい、と言う意味でもっとほしいなぁ…。
挿入歌があったら本当にヤバかっただろうな。

小さなシーン、ふとしたある瞬間、どうでもいい日常、そんな本当に小さなところ。
そんな隅々から優しさが感じられて、いつのまにか心があったかくなる。
全てが終わった後に、まだこの作品の世界にじっと使っていたいな、と
未練すら感じてしまう作品で、これを書いている今も、正直なところ寂寥感や、喪失感でいっぱいである。
自分では伝えられない魅力がまだまだあります、ぜひ自分で体感してほしいところ。
泣きたい作品を探してる方、泣ける作品はここにありますよ。
ゆあちゃんにまかせてみてはいかかでしょう?

(追記あらためぶっちゃけコーナー)
個人的にすごい大好きな優しい泣きゲーですよ。
激しい展開とか、そういうのはないんだけど、とにかく世界が優しい。
だから流れる涙も、そっと…って感じなんだよね。
あと、ゆあと紗雪先輩の関係はかなり理想形だwww
紗雪ルート以外での先輩の執着の仕方が大好きだった。
あと、夕陽もいい味出してたなぁ…。
あんな幼馴染いい。
スポンサーサイト
拍手する
別窓で開く | ゲームのレビュー | この記事へコメントをする:1 | トラックバック:0 | top↑
| 青空の翼と過去の十字架 |