自作の壁紙や泣きゲーレビュー公開しているブログ。チャットルームや自作小説もあります そんな鍵っ子小説家のブログです。
☆★☆★ 毎日0時の定期更新中。現在は壁紙制作・泣きゲーレビューが主活動 ★☆★☆





 


[レビュー]星織ユメミライの感想
2014-08-26 Tue 12:00
<作品名>    [レビュー]星織ユメミライの感想
<製作会社名>  tone work's

星織ユメミライ

シナリオ構成
S++
共通ルートはOPまでなのでかなり短いが、個別ルートの長さは異常ともいえるほど。
個別ルートは大まかに「school」編と「After」編に分かれており、各ルートで差はあるものの両者を合わせて6hほど。それが6キャラ分なので、40h近い作品となっている。
ボリュームとしては一般的な作品の2倍と思ってもらえればよいだろう。

【推奨攻略順 : 夏希→透子→美砂→そら→律佳→真里花】
攻略順に指定が無いため好きな準での攻略を推奨する。どれを最後にするかによって各ルートの印象が変わるので自分だけの正解を見つけてほしい所。

CG
S
線のしっかりとしたある程度標準的な綺麗なCGがそろっている。
ある程度一般的な量と言えるが、シナリオの長さと比べるとどうしても少なく感じる所も。
また、HCGの分量がかなり多くなっていることも注目すべきところだろう。

音楽
S++
BGM30曲、Vo曲13曲(OP1曲/挿入歌6曲/ED6曲)と言う大ボリューム構成。
BGMはある程度一般的なものを幅広く綺麗に取りそろえた印象で、作品の雰囲気をか不足なく作れていたように思えるが、少し綺麗に収まりすぎた部分が多いと言うのが正直な感想で、その詳細は総合評価にて述べる。
Vo曲に関しては各キャラにSchool編ED(挿入歌)とED曲がそれぞれ用意されている。

お勧め度
S++
青春学園物としてではなく、恋愛もののゲームとしての一つの終着点を描いた作品。
雑多な「恋愛学園物」に飽きてしまった人にはこの王道作品をプレイをお勧めしたい。
内容はともかくシナリオボリューム等を考えると、正直なところ初心者には強くお勧めできないゲームで中級~玄人当たりに強くお勧めしたい作品。

総合評価
S++

公式ホームページ
↑クリックすると公式HPに飛びます。

【物語について】
数年ぶりに帰ってきた汐凪市。さまざまな人との出会いや再会を経験しつつ「学校生活をもっと楽しく」するために「行事運営委員会」として新たな一歩を踏み出す。


転校したその日から物語が始まるが、テキストにクセも無くすごく自然な滑り出しでBGMや演出の爽快感もあってかここからOPまでの間はサクサクと進む。
また、ヒロイン以外の交友関係も思った以上に狭いので登場人物の把握も楽。

上でも述べたが、物語は大きく2編「スクール」と「アフター」の2つに分かれている。
OP以後の序盤、スクール編では共通して「行事運営委員会」と言う物に主人公は所属しており「天文学部」と「自然科学部」の学園祭準備から学園祭当日あたりまでを描いていて、主にヒロインへ恋をする部分から付き合いだしてからの話を同時に描いている。
アフター編では各キャラのアフターとも言える部分を詳細にイチャラブ成分多めで描き出しており、ルートによって差はあるものの、「同棲生活」や「結婚式」「出産」といったアフターにありがちなシーンから、主人公とヒロインが夢を現実にしていく様子などが描かれており、全体を通してほぼ「半生」を描いているといってよいだろう。

全体的に明るく楽しめる作品になっており、前作(初恋1/1)と比べるとスクール・アフターを通して沈み込むようなシーンが無いのが特徴的で、さらにエロ成分もかなり強めの作品となっている。

物語としての主軸はタイトルにもなっている「夢」や「未来」といったものであり、どのルートでもかなり深くかかわってきている。その他にも「人と人とのつながり」や「自分の居場所」など各√によってテーマとしているのが少し違ってきており、それによって描かれているアフターの時期が違うのも面白いところだろう。

アフターではあまり見られなかったのだが、スクール編ではヒロイン同士のつながりがよく見れたと言うのも良い点で√によって少しずつその形も変わっておりバリエーションがあったのも面白い所だった。

また、シナリオはかなり長いのだがその分の展開があると言うわけではなく、どちらかと言うと全体的に丁寧に描写されているため長くなっている。特に恋愛に至るまでの描写が光っており、LIME(LINEのパクリ)を使ったやり取りなどが挟まれるのははこの会社らしく、リアルな体験としてこちらに伝わってきていた。それらの丁寧な描写はもちろんよい部分ではあるのだが常にだれてしまう危険性を持ち合わせている。

王道学園物らしく驚くような展開や設定は無くあくまで予想できる範囲なのだが、だからこそ大切な部分がより光るようになっており、他の作品等の複雑な設定等で今まで忘れがちだった大切な部分を再度教えてくれる作品となっている。

演出に関しては特に節々の導入部に関して高い評価を加えたい。長いシナリオ中では中だるみが発生しがちだが、物語を少しずつ分けていきその冒頭でテンポのよいBGMに合わせ初速ある演出を加えることでテンションが高いまま全体をプレイすることができた。
また、目立たないが背景にぼかしを入れるなど細かい技も光っていた。

ただ、全体の流れがいいからこそ細かい部分で気になる所が多々ある。
この部分に関しては泣きゲー的な部分から眺めるから出てしまう文句ではあるので、作品自体の批難ではない事を最初に付け加えておく。

前作では等身大の恋愛ということで各所に様々な工夫がみられたが、今回はそういったこともなく、どちらかと言うと「青春学園物」の体で物語は進んでいる。
そういった”物語”だからこそ、もうすこし展開に起伏を付けてもよかったのかもしれない。どうしてもなんとなく上手くいくみたいなものが分かってしまうので、物語としての「恋愛」を描き出すならプラスの面だけではなく、辛く苦しい部分や危うい部分も同時に描き出し、それらを乗り越えるというシーンがほしかった所である。
このあたりは音楽にも出ていて、どうしても涙腺を破壊するほどのBGMがみつからなかった。
各Vo曲のオルゴールバージョンなどでもいいから、そうしたシーンの雰囲気を高め、物語としての山を作れるモノが欲しかった所。

以上のような文章を出したが、けして泣けなかったわけではない。
むしろ、各ルートの各部分においてにじみ出すような涙が何度も出てしまった。
特に気に入っているのは真里花√で、恋愛と言う物を当人同士だけのものではなく家族全体を通して描き出したのは見事というほかない。
その他にも劣等感に満ち自分を押し殺していた律佳のわがままや主人公の事を大切だからと思うからこそ行動に出たそらなど、言いつくせないほどよい√があり、複数の√で泣けることは間違いない。

コンフィグは少し機能が少なく感じる部分もあるが、基本的な部分はそろっており十分。

【総括】
全体的にかなり高いレベルで作られた青春学園物であり、どの分野をとってみても他の作品と比べても頭が一つも二つも飛びぬけた作品。
純粋に次の作品が楽しみになる出来であった。

(追記あらためぶっちゃけコーナー)
個人的には前作の方が好きだったんだよな。どうしてもあれと比べちゃうから少し下げてる部分もある。
キャラから設定に至るまで、どこかで見た用のものが多い中で、王道的な展開の身で泣かせる手法はもう見事というほかない。
でもやっぱり、物語としての盛り上げがもう少し欲しかった所だよな。
あと作中で時々「ピザムーン」が出てきてすごく笑う。
スポンサーサイト
拍手する
別窓で開く | ゲームのレビュー | この記事へコメントをする:0 | トラックバック:0 | top↑
初恋1/1 のレビュー
2012-09-15 Sat 00:00
<作品名>    初恋1/1
<製作会社名>  tone work's

初恋1-1

シナリオ
S++
ルートは5本。選択肢は多め、でルートの長さも共通、個別合わせてかなり長い。
バランスも良く、容量は十分といえる
攻略純に指定はないが、碧ルートは最後の方をお勧め。
また雪乃と瑠奈のルートはどちらが先でもいいがセットでやるとよい。

CG
S
手放しで文句が無かった項目。正確には気になった立ち絵などはあるのだが、それを含めてもイベントCGは綺麗で下手な小細工なしで勝負していた。
枚数は容量を見ると当然ともいえる量。

音楽
EX--
さて…このランクを付けたのは何年振りだろうか。
昔と比べて自分のランク付けはかなり緩くなっているがそれでもEXは出すつもりはなかった。今回も「S++」にしておこうかと思ったのだが、それでは我慢しきれない。
BGMは32曲とそこまで多くない、中には過去のクラッシックをアレンジしているものもある。しかしVocalソングが10曲という大容量(OP+挿入歌+ED3種+各キャラの持ち歌)しかもどれも質が高い!
さすがI'veサウンドというべきか、BGMも素晴らしい!
作風に合ってるのはもちろん、むしろBGMの方が作品を引っ張っていく勢いで、これが無ければこの作品はこのレベルまで評価していないだろう。
一つ他の作品より頭を飛びぬけていた、そんな作品である。

お勧め度
S++
正直初心者にこれはお勧めしたくない…! だって、これ最初だと他の作品かわいそうだわ…。と、言ってられないのでこの評価。
全体的には「昔」の作品といえるこの作品、初めての方はもちろん、むしろいろいろなゲームを今までやってきた人にやってほしい。
いろいろやっているからこそ学べるものがある、この作品はそういう部類のものだと思う。

総合評価
S++

ストーリー
↑クリックすると公式HPに飛びます。

ビジュアルアーツ20周年を記念して造られた作品だけあって、その容量からも気合が入っているのが伝わる。
作品のモチーフはタイトルにもある「初恋」…なのだが、この作品はそれだけで終わらせていない。
ルートにもよるが、「問題が起こる」→「仲直り」を何度か繰り返すのだがそれは1度限りではない。
これが扱っているのは本当に他の作品と比べると見劣りしてしまうようなシナリオで、いわゆる「王道」と呼ばれるもの。失敗すれば駄作となるテーマをここまでうまく使いこなせたのは手放しでほめていい。
どこにでもある恋を主人公の心情と合わせとても丁寧に描いていた。
ドキドキするほどその物語展開はもどかしいほどにゆったりとしている。
リアルな恋愛描写を助けるのはスマホの操作演出だろう。
分岐などに使われてはいないが、彼女からの電話やメールなどは物語の雰囲気づくりに大きな役割をこなしている。
こまめにチェックするとさらに良く楽しめるだろう。
泣きシーンはドッカリくるものもあればジワリ来るものもあり、ルートに何度も見え隠れする。
もう少し踏み込めた雰囲気はあるが、作品の雰囲気的にはあえてこのくらいでよかったかもしれない。
丁寧な描写は同時に物語の中だるみが多い事にもつながり、そこが難しい配分であったように思うが今回に関してはベストに近い配分なんではないだろうか、不安な日々が続き、そして物語が回転する瞬間、良い歌やBGMだけに頼り切らず、演出、CG、書き手、それぞれができることをやりきっていたのが感じられ、現状できる最高の物を見られた気がする。

この中から最も評価したいものはやはり歌だろう。
むろんVocalソングもいいものなのだが、BGMが引けを取らない質だった。
物語の流れを助けた功績は大きいだろう。
それをわかっているのか、作品中ではよく歌を使っていた。
うまく使っていたことでまるで一種の映像を見ているようで、この作品の一つの強みとして十分な働きをこなしていた。

これだけべた褒めした中でなぜランクが「S++」なのか、1つは設定を生かしきれてない部分がある。
主人公の過去の「バスケ」への物語叶ルートで少しは役に立ったが、誰とも付き合わないルートとして自分自身と向き合うNomalENDなんかもいいかなと思える。
それは「未来」への成長を期待してのことでもある。
贅沢な話かもしれないが、まだできる、これ以上の物が作れる、この業界に果て無い…そういった部分を見せてほしいからかもしれない。
いろいろといったが、いい作品であることは変わりなく、ぜひ手に取ってやってほしい作品の一つである。

(追記あらためぶっちゃけコーナー)
個人的には強くお勧めしたい泣きゲー。
近年には稀に見る、変なひねりを入れない完成度の高い純粋な泣きゲーである。
曲の良さが、シナリオを助けているのが印象的。
まだまだ改良点はあるものの、泣きゲー好きならばきっと気にいる作品。
拍手する
別窓で開く | ゲームのレビュー | この記事へコメントをする:0 | トラックバック:0 | top↑
| 青空の翼と過去の十字架 |