自作の壁紙や泣きゲーレビュー公開しているブログ。チャットルームや自作小説もあります そんな鍵っ子小説家のブログです。
☆★☆★ 毎日0時の定期更新中。現在は壁紙制作・泣きゲーレビューが主活動 ★☆★☆





 


いますぐお兄ちゃんに妹だっていいたい! のレビュー
2013-01-31 Thu 00:00
<作品名>    いますぐお兄ちゃんに妹だっていいたい!
<製作会社名>  fairys

今すぐお兄ちゃんに妹だっていいたい

シナリオ
S++
ルートは4本、各ルート、2~3hほどの長さだが、歩夢ルートはメインということもあって他より1hほどながい。
攻略順は特にないが一番出来の良い歩夢ルートを最後にするのが一番いいかもしれない。

CG
S
CGはアニメのような淡い塗りで、どれも美麗というほかない。
バランスなど、若干おかしい部分も見受けられるが、気にするほどでもなく、CGの枚数も平均を超えており
特筆して、背景の細やかさやカットイン等もほめたい。総じて、文句なくこの評価。

音楽
EX--
Vo曲9曲、BGM40曲の大ボリューム。
BGMは、強大な破壊力こそないものの、一つ一つ綺麗で丁寧な印象を受ける。
そしてなんといっても、Vo曲だろう。
各キャラが歌うEDのほか、共通の挿入歌、2つのOP、歩夢専用の挿入歌など、どれも素晴らしい出来。
少し甘い評価かもしれないが、めったに出ないこのランクを付けた事を考えてほしい。

お勧め度
S++
十分にお勧めできる作品。基本的には甘酸っぱい青春をたどる学園物王道でありつつ、
固有の作品らしさもにじませていた。泣きに関しては歩夢だよりになってしまったのがつらいところか?

総合評価
S++

公式ホームページ
↑クリックすると公式HPに飛びます。

全年齢対象の作品。
前作「恋と選挙とチョコレート」から、大分腕を上げたな、と正直に感想を漏らしてしまう。
起動した瞬間にALLアニメのOPが流れ、期待を上昇させたまま、本編に入り、
甘酸っぱい青春を味わいつつ、物語の始まりに胸を高鳴らせ、物語を進めていき、
各キャラの性格や本作の設定などを理解してから、本当のOPが流れる。
この一連の流れも見事というほかない、作品に引き込まれて行き、
奇抜ではないものの、各キャラがしっかりと立っている魅力あるヒロインたちとの甘酸っぱい日々。
特に共通、日常の雰囲気は最高というほかない、ギャグも少々挟みつつやはり甘酸っぱい日々が続き、あるところでは挿入歌も流れ、とてもいい雰囲気。
さらに重要なところでは主人公に声が入るのもキーポイント。
賛否両論ありそうだが、個人的には感情移入に一役買っていたと思う。
個人ルートはキャラによっては前作の「恋チョコ」のキャラがしっかりとイベントCGもついて登場し、
かなり重要な役をこなすこともある。
(この作品は時系列的には、恋チョコの前に当たるらしい。先の作品を知らなくても問題はない)
共通をより一層深めた甘酸っぱいヒロインとの日々、そして巻き起こる障害と乗り越える展開。
ここら辺は王道というほかなく歩夢を除く3キャラは、出来は悪くない物の、涙腺破壊などもなく無難に終わったイメージ。

そしてタイトルにもなっているメインの歩夢に関してだが。
「恐れ入りました」の一言。
正直、このキャラからやると他のルートも期待してしまうため、最後の方がいいと言えるくらい、他とは一線を隔す出来。
主人公の過去にも深くかかわってくる歩夢ルートは、
再婚した家族間のそれぞれの立ち位置などが丁寧な心理描写と共にリアルに描き出されており、
一つ一つの問題に、如何する事も出来ずに、思わず涙を流すシーンが2度も3度もある。
これ以上無粋な事を掛けないので、これ以上は作品をやれば分かるだろう。
ただ、惜しむべくは、このレベルを他のルートでも実現できなかったのかということ。
そうすれば楽にEXをつけられただろうに、評価の大部分が1つのルートというのは痛いところ。
ただ、全体的に丁寧に作られていて、キャラへの愛も感じられ、
そして、前回とは比べ物にならないほど、1つのルートの成長は喜ばしいものだった。
よってこの評価は十分につけられる作品といえる。

コンフィグは少し不足もあるものの、そこ以外は十分なレベルがそろっている。

(追記あらためぶっちゃけコーナー)
Vo曲のレベルの高さがすげぇよな…それと合わせてみていってほしいけど。
皆と頑張るシーンも多いけど、全体的にはやっぱ甘酸っぱい青春の味が目立つ。
そういえば、未久は存在的にどういったものだったのか謎…もう少し使ってあげても良かったかも?
各キャラ結構過去を持っているので、上手く使えば歩夢クラスの話は作れたかな…?
スポンサーサイト
拍手する
別窓で開く | ゲームのレビュー | この記事へコメントをする:0 | トラックバック:0 | top↑
| 青空の翼と過去の十字架 |