自作の壁紙や泣きゲーレビュー公開しているブログ。チャットルームや自作小説もあります そんな鍵っ子小説家のブログです。
☆★☆★ 毎日0時の定期更新中。現在は壁紙制作・泣きゲーレビューが主活動 ★☆★☆





 


マブラヴ オルタネイティヴ のレビュー
2008-10-18 Sat 00:19
<作品名>    マブラヴ オルタネイティヴ
<製作会社名>  age

シナリオ
EX--
ここまで大きなつながりを持った作品を見るのは初めて。
前作で準備したものを完全に活かし、爆発させる。
泣きでも、燃えでも光る。

CG
S--
前作と同じ。
前作もそうだが、口などが動く。

音楽
S+
前作のものに加えて、OP「未来への咆哮」!!
これは高揚してしまう。

お勧め度
EX--
グロイのが苦手でもどうしても見て欲しい。
価値観が変わると思う。

総合評価
EX--
前作の「マブラヴ」をプレイしていないと、かなり感情移入&理解が難しいので、
まずはそのプレイ推奨する。

ルートという考えはほとんどなく、一つの物語となっている。
複雑な部分もあるが、十分理解できる範囲。
泣きゲーでもあるのだが、どちらかというと戦争を通して女性の強さを思い知らされる作品で、非常に熱い燃えゲー。
そして、そういった背景もあり、多量のグロCGが出てくる。
最初こそ、嫌悪感を感じるかもしれないが、時間がたつにつれて多少のグロさが平気になっていくかもしれない。
燃えゲーとしても秀逸だが、場面によっては初見でぼろ泣きしてしまうような所も。
その密度は高く、1時間に4回くらいなくことも…。
主人公のことを考えて泣くのはこの作品くらいだろうか?
戦闘シーンではあの燃えゲーの「Fate」にも引けを取らず、動画などを駆使して、臨場感を上げていく手法は見事といえる。
宇宙規模の壮絶さは、何作やっても心に残る作品へと評価を押し上げた。

(追記あらためぶっちゃけコーナー)
前半と比べると、その雰囲気は一転。
泣いて燃えてのロボバトル物。
その内容の完成度は確かなもので、いまだに各々の評価のトップ付近に君臨するレベルである。
スポンサーサイト
拍手する
別窓で開く | ゲームのレビュー | この記事へコメントをする:0 | トラックバック:0 | top↑
マブラヴ のレビュー
2008-10-17 Fri 00:18
<作品名>    マブラヴ
<製作会社名>  age

シナリオ
A++
大きく分けてふたつの物語があり、前者は普通の学園物。
後者は自作への伏線となる。
しかし、どちらも少し物足りない。

CG
S--
学園物としてならこの髪質の硬そうな絵はマイナスなのだが、後半アンリミテッドが主なのでプラス。

音楽
S
OP曲が好き。
「夕焼け」「抱擁」「告白」など、同じリズムのBGMをいろいろとアレンジしており、平均ほどのレベル。

お勧め度
A++
次回作と含めるともっと高くなるのだが、単体ならこの程度。
グロイのが苦手なら、全年齢対象版を推奨。

総合評価
A++
「マブラヴ オルタネイティヴ 」という作品の前身になっているため、
この作品単体では物足りなく思える。

ただ、この自作がかなりの作品なため、この作品が面白くなくてもすべてやるべきではある。
この作品でキャラへの理解、親睦を深めることにより次回作への準備をする、という形になっているためどうしても単体で見ると、泣きとしても燃えとしても平均より少し下。
主人公の心の動きは次回とも合わせてすごく激しい。
その描写がまた、リアルではある。

(追記あらためぶっちゃけコーナー)
何度も言うことになるが、作品単体としての印象はかなり低い。
ただ、この作品をプレイしないと次に進めないのは確か。
次作だけでいける、と思う方も居るかもしれないが、
もともとこの作品は、ひとつの大きな作品を二つに分けた経緯を持っている。
そのため、やはり本当に楽しむためにはプレイしてほしい作品。
拍手する
別窓で開く | ゲームのレビュー | この記事へコメントをする:0 | トラックバック:0 | top↑
| 青空の翼と過去の十字架 |