自作の壁紙や泣きゲーレビュー公開しているブログ。チャットルームや自作小説もあります そんな鍵っ子小説家のブログです。
☆★☆★ 毎日0時の定期更新中。現在は壁紙制作・泣きゲーレビューが主活動 ★☆★☆





 


SuGirly Wish のレビュー
2012-11-19 Mon 00:00
<作品名>    SuGirly Wish
<製作会社名>  HOOKSOFT

syuga-.jpg

シナリオ
S
攻略キャラは5キャラ、√に縛りなどはなく、自由にやればよい。
分量は共通3h程度、各ルート2hほどと、一般的かそれより少し少なく感じるかも?

CG
S
基本的にはきれいなのだが、立ち絵やイベントCGなどでところどころバランスが悪い部分があったりでおしいところ。
しかしながら基本的にはきれいなのでこの評価に。
枚数は少し少なめなのかも、Hシーン含めると同じくらいだが。

音楽
S+
25曲のうち、OPと挿入歌があり、ED曲はない。
OPは疾走感のある明るい曲なのに対し、挿入歌はしっとりとした良曲。
BGMでは「私から貴方まで、私から貴方の為に」がかなり光っていた。

お勧め度
S+
萌えげーとしてやるなら不通にお勧め。
泣きゲーとしてはお勧めはしないかなぁ…と、いいつつ、実は曲の効果で2度ほど目がうるんだ。

総合評価
S

ストーリー
↑クリックすると公式HPに飛びます。

特殊な設定のほとんどない一般的な学園物。
この会社の良さはよく出ていて、今回も女の子の気持ちを様々な部分からアプローチして描いていた。
視点が女の子へ移る「GirLY Talking」は特に「等身大の女の子」を描くのに役にたってたかな。
物語の展開的には本当にどのルートも一般的な流れが多かった。
予想外の展開や、必要以上の鬱などもなく、
ほんとにただ、女の子とイチャイチャして終わる作品。
しかしながら今回光ったのは演出だろうか…。
可愛い女の子を丁寧に描けたからこそ
場面で流れる挿入歌、Ritaさんの「いつかここで」は破壊力高い…。
また、「私から貴方まで、私から貴方の為に」も効果的に使えてたなぁ…。
これはほんとにプレイしてみないと分からない良曲…。
プレイしていて、特に「朱音√」「ひな√」はうるっときてしまった。
あらためて、この2曲を聞いて俺が思ったのは
「もったいねええええええええええええええええええええええええええ」の一言に尽きる。
ストーリーをもっと攻めて、泣きゲーっぽくすればかなり評価上がったのにっ!!
と、まぁ、しかしこの会社の求めるものはそれではなくて、萌えゲーなんだろうな、と納得したが。
ということで、ストーリ的な部分に関しては評価的にはあまり高くしていない。

システムについては、ジャンプがほしかったかなぁ…ほかは充実していた。
キャラの魅力、という意味では萌えゲーらしく十分。
おまけシナリオやロマンチックモードなど、追記的なシナリオもあり、
普通に楽しむ分には十分。
これといった決め手が無いのに悩まされるが、それもまぁ良さとして、この評価。
少し泣かされたので、お勧め度だけオマケした。

(追記あらためぶっちゃけコーナー)
萌えゲーにしておくにはもったいないくらい良いBGM・音楽を持っている作品。
普通にキャラ達も可愛いから、キャラゲーと言う事も出来そう。
もう、女の子たちをいかに可愛く見せるかに作品としては注力している。

この学校の先生変なの多すぎだろう…。
あと杏奈のキャラが新鮮&よすぎて、このキャラの為だけに他のルートやってたと言っても過言では…。
スポンサーサイト
拍手する
別窓で開く | ゲームのレビュー | この記事へコメントをする:0 | トラックバック:0 | top↑
| 青空の翼と過去の十字架 |