自作の壁紙や泣きゲーレビュー公開しているブログ。チャットルームや自作小説もあります そんな鍵っ子小説家のブログです。
☆★☆★ 毎日0時の定期更新中。現在は壁紙制作・泣きゲーレビューが主活動 ★☆★☆





 


[レビュー]蒼の彼方のフォーリズムの感想
2015-01-17 Sat 00:00
<作品名>    蒼の彼方のフォーリズム
<製作会社名>  Sprite

蒼の彼方のフォーリズム

【さわり】
フライングサーカス(通称FC)という架空の飛行競技、とある理由からその世界から引退していた主人公のもとに転校生の明日香がやってくる。
選手としてではなくコーチとしてFCに関わることを決めた主人公は試合を通してFCだけではなく選手たちとも深くかかわる事になる――。

シナリオ構成
S++
攻略キャラは4キャラ。
共通√は比較的長く、個別も十分な量が用意されているため全体的な分量は十分。
FINALEについてはかなり短いため、あくまでメインは4人のシナリオ。

【推奨攻略順 : 莉佳→真白→みさき→明日香→FINALE】
FINALEは前キャラクリアすると勝手に始まる。
それ以外の攻略指定順は無いものの、この順番がおそらく一番きれい。

CG
S
線画細く淡い色の非常に美麗な絵。
全体的な質は近年まれに見るほど高レベル。
各キャラの枚数もさることながらFC中の絵等も多く、さらに分かり易いように解説用の絵や図等も用意されていた所にも好感。SD絵も数多く存在している。

音楽
S++
鑑賞モードが無いためBGMの曲数不明。Vo曲7曲(OP/挿入歌/ED×5)という構成。
BGMも確実に量は多く、聞いていて久しぶりに「雰囲気を作っている」と感じられる曲が多く、流れるだけで物語自体の流れを変えれるレベルのものがそろっていた。
EDにも各√用のものが用意されていたりと注力具合がうかがえる。
何より絶妙なタイミングで入る挿入歌だろう。
流れた時の涙腺の破壊力はシナリオとあわさった時にかなりのものとなる。

お勧め度
EX--
笑って、泣けて、そしてやっぱり楽しい、そんなスポーツの世界をテーマにした作品。
読後感も爽快な青春学園物、部活物が好きな方には強くお勧めしたい。
ただ、この作品は主人公が試合をして強くなる作品ではなく、あくまでサポートとしてヒロインたちを強くしていく作品なので、その点だけ注意が必要。

総合評価
S++

公式ホームページ
↑クリックすると公式HPに飛びます。

上記までにも説明したが、人間が靴をはくだけで空を飛べるようになった世界の話。
フライングサーカス(以下FC)という空中でのレース+鬼ごっこのようなスポーツをテーマとした作品。

ある意味オーソドックスともいえる回想シーンを挿入して始まったこの作品だが、その後の展開を含めて物語へと引き込む力はかなりあったように思う。

それでも世界観も少し違う上に、新しいスポーツをテーマとした作品なのでその辺りの説明等に厳しさを感じるかと思ったが、退屈になりそうなルール等の説明も絵等を駆使して簡単に説明したうえ詳しい部分は実践を含めて学んでいけたのでスルリとなじむ事が出来き、ルールや概念が分からなくなるという事はまず無い。

そうやってサクサクと物語は順調に青春の部活物の展開へと向かっていき、まさしく好敵手と言いたくなるキャラが次々と登場してくる。
メインキャラがしっかりと作られているのはもちろんなのだが、サブキャラ達もかなり重要だと言える。どのキャラも愛すべき存在であり、脇役だからと手を抜かずしっかりと中身が作られていた。
各ルートによってメインとなって関わってくるキャラに差はあるが、どのルートにおいてもそれらの脇役が大切で無かった事は無い。

時に助け合い、そして試合では真剣にぶつかりあう。泣いて笑ってを繰り返して友情を深める。そんな風に繰り返される選手たちの交流をしっかりと見れるからこそ、試合ではこちらも手に汗握る事も少なくない。

形は違えと、努力・友情・勝利という青春学園物の三大要素をあまさず描ききったのはさすがというほかない。しかしながらそれでとどまらなかったのがこの作品のすごい所。
勝つということは敗者がいる。そして敗者から勝者へ向けられる嫉妬や絶望といた綺麗とは言い難い感情もこの作品は取り扱った。
誰もが持つ黒い感情に勝つにはどうすればよいか。「試合に勝つ」とは何なのか。「真剣にやることの意味」や「試合をする楽しさ」といったものはどのルートにおいてもテーマとして定義されており、プラスだけではなくマイナスの面も見つめていたのはかなりの高評価を加えたい。

部活だからこそ楽しく、そしてだからこそ真剣に取り組む大切さ。
誰もが忘れていた学園生活での大切なもの、みたいなのを描いていたように思う。

付け加えて言いたいのはテーマとなったFCについて。
ルールを理解しそしてストーリーを進めると分かるのだが、このFCという競技は思った以上に深く作られている。
だからこそ、その枠内で成長していくキャラの様子を見た時は主人公と同じく時に鳥肌が立ち、歓喜した記憶がある。
それ以上に何かを言うつもりはないのだが、後で振り返ってみると良くこの競技を思いついたなぁ…すごく楽しそうだな、というのが正直な感想。

コンフィグに関しては殆ど不満は無い。
ただ、音楽鑑賞が無かったのは少しさびしいかも。

【総括】
絵・シナリオ・音楽・演出、全ての点においてうまくかみ合った高レベルな作品で、この評価でも少し厳しめにつけたと言えるほど。

(追記あらためぶっちゃけコーナー)
もっとこの世界に浸っていたい。
主人公がもっと空をかけるシーンも見たかった。
正直なところ、感想として書くにしてもほとんど子供みたいなことしか書けなかった。
だっていい作品だからほめるしかないよね…。
青春学園物ならここ最近で一番だったかも。部活というのがすごく輝いて見えたわ。
泣きシーンもたくさんあって、挿入歌ではかなり泣いていた気がする。
ただ、強く泣くというよりは少し涙が流れてしまう、という感じでどちらかというと興奮していたシーンとかの方が印象としては強いんだよな。
それでも十分に泣きゲーだと言えるけどね。
うん、ここ最近では一番のお勧めと言えるのはコメントの長さでも分かると思う。
スポンサーサイト
拍手する
別窓で開く | ゲームのレビュー | この記事へコメントをする:0 | トラックバック:0 | top↑
恋と選挙とチョコレート のレビュー
2012-08-12 Sun 00:00
<作品名>    恋と選挙とチョコレート
<製作会社名>  Sprite

恋と選挙とチョコレート

シナリオ
S
ルートは5本。千里のみ固定で最初にやらされるほかは自由となっているが
未散ルートに関しては最後に回した方がよいと思われる。
共通ルートは全体比率で比べると長く、各ルートの長さはほとんど同じだが、短く感じる。

CG
S
線が細く、少しラフ画に近いようなタッチ。水彩画っぽい。
特色としてはいい雰囲気を出している。
CG・立ち絵ともに不備のあるものは少なかった。

音楽
S+
OPのほかにEDは各ルートの声優が歌ったもの。それとは別に挿入歌もある。
それぞれの完成度は高く、OPの完成度は非常に高いものといえる。
が、作品にあってたか、と聞かれると素直にうなづけないのが本音。
挿入歌・BGM等質のいいものはそろっているが今一破壊力が足りない。

お勧め度
S+
ある意味この分野の初心者にはお勧めのゲームかもしれない。
代表的な学園物+王道をいくつか抑えている。
また、「選挙」という新しい要素も絡むので、多くの作品をこなした人でも楽しめる要素はある。

総合評価
S

ストーリー
↑クリックすると公式HPに飛びます。

アニメ化もしている作品。
上記にも書き、タイトルからしてもわかるが一般的な学園物に「選挙」が絡んだ物語である。
OP・ED・プロローグ・挿入歌部分はスキップ不可。システム系は比較的簡素。
題名の「チョコレート」部分だがこれは千里の存在に他ならない。これ以外の要素はまったく0である。
立ち位置からして千里は最初にクリアをするメインヒロイン的役割を担っているが、
物語の根幹(?)という部分に関しては未散ルートをクリアすることによって、物語の伏線・全貌を見ることができる。
選挙が深く物語にかかわっており、それは全ルートほとんど変わらないため、個別ルート内でも既読文がよく出てくる。
しかしながら、細かいところは修正されており、ルート間の矛盾などはかなり少ない。
また「選挙」という面白い題材を使ったのもこの作品の特徴であろう。
この点に関しては非常にうまくシナリオを構築できていたように思う。
しかしながら、いかんせん各ルートどれも破壊力にかける。
物語の展開自体はいいのだが、そのタイミングや文章、演出がどうもしっくりこない。
人によってはしっくりくるのかもしれないが、、、、
挿入歌などもかなりいれてくるのだが(このときクリックスキップ不可)どうもくどい印象を受ける。
挿入歌を流して、泣きを得るゲームで成功したものが多々あるが、このゲームは珍しくそれができてない気がする。
個人的には「衣更」ルートは地味に泣ける。
日常のシーンはうまく笑いを取り入れており、脇役のキャラなどもかなり光っている。
素直に高評価は付けれないのだが、かといってダメな部分、といわれてはっきり言えない、もやもやした部分がある作品である。
全部がだめなわけではなく、ところどころいい部分があるだけにかなり惜しい評価である。

(追記あらためぶっちゃけコーナー)
部活存続のために、選挙に出ると言う作品。
人気があったのか、アニメ化もされている。
演出面でかなりの努力が見られるのだが、ちょっと失敗してるかも。
設定も結構良くて、泣きゲーとしてかなり期待はしていたのだが、それに完全にこたえることは出来なかった。
ただ、普通によい√もあるので、期待しすぎないでプレイすれば楽しめるはず。
拍手する
別窓で開く | ゲームのレビュー | この記事へコメントをする:0 | トラックバック:0 | top↑
| 青空の翼と過去の十字架 |