自作の壁紙や泣きゲーレビュー公開しているブログ。チャットルームや自作小説もあります そんな鍵っ子小説家のブログです。
☆★☆★ 毎日0時の定期更新中。現在は壁紙制作・泣きゲーレビューが主活動 ★☆★☆





 


九十九の奏~欠け月の夜想曲~ のレビュー
2013-01-07 Mon 00:00
<作品名>    九十九の奏~欠け月の夜想曲~
<製作会社名>  SkyFish

tukumo.jpg
シナリオ
S-
ルートという考えはあまりないが、ENDは17個。
最初の選択肢次第では一瞬で終わることもあるほどBADENDもふんだんにある。
しかしながら根幹となる話は1本なので量はさほどない。
お勧め攻略順というのはないが、エンディングに番号があるのでその順番なら問題ない。

CG
S
硬質の絵で、立ち絵やイベントCGともに安定しており、演出などでの見せ方など言う事はない。
強いて言うなら、少し枚数が少ない事があげられる。

音楽
S+
OP,EDとBGM15曲の構成。
OPとEDはかなりの高評価で、これがあるからこの評価にしている。
BGMに関しては伝記物に合わせた雰囲気のものが多いが、それにしても目立たない。
作品の雰囲気を壊さなかったという意味では普及台点か。

お勧め度
S-
とりあえず修正ファイルは未だか・・・?。
日本伝記物が好きな人はどうぞ…。だけどあまりお勧めしたくないです。詳しくは下欄で。

総合評価
S-

公式ホームページ
↑クリックすると公式HPに飛びます。

日本の伝奇物ということで、妖怪(九十九神)等が出てくるバトル物。
――のはずなのだが。
全編を通して、上記でも述べたとおり、個別ルートという考えはあまりなく、
途中で終わるBADか、GOODENDでも、途中少しキャラとの絡みが入って、その後はずっと共通。
最後にまたエピローグ部分で絡みが入るだけとなっている。
もろもろの問題は置いておいて、設定はかなり良い、展開や個人のいろいろな関係などもなかなか悪くなかった。
だが…
これは文章力が無い!!
まず、説明が微妙に下手、わざとらしいものを含め、説明しきれなかったり、飛ばしてあったり、余計であったり。
また文章自体も荒く、漢字の不統一、変換ミス、タイプミス等が多々見られる。
声と文章の不一致、声の中におそらく編集できれてなかった声優さんの堰なども入っていたり、
未完成もいいところ。チェックはしたのだろうか。
八房等の絵の見せ方はいいが、戦闘シーンでの文章がいまいちだったり、
各キャラも、あまりキャラ自体が不安定で(キャラの設定などはいいのに)
キャラ的に無理のあるセリフなども目立っており、キャラのセリフが入れ替わっているものもある。
さらに、各キャラのいろいろな行動への動機の理由付けが甘い。
だからこそ物語に入りきれず、最後までシラけた雰囲気で終わってしまう。
と…絵も、OPも設定まで良かったのに、これは書き手の問題がすべてである。
もう少し細部まで作りこみ、不自然のない流れ、場面をもう少し盛り上げたりなど、
いろいろなところを工夫すれば、2段3段も化けるかなり良作と慣れたはずなのにもったいない。
戒めの意味を込めて平均以下とさせてもらう。

システムにも若干の不備があり、使いにくいものも多々ある。

(追記あらためぶっちゃけコーナー)
未完成もいいところだな…。よく出そうと思った、あらさがししてないのにミスがすぐ見つけられた。
後主人公「仮説其の一」の使い方間違ってるよ…たぶん、そんなに繰り返したら正直…
うぜえええええええええええええええええええってなったわ…。
いろいろ問題のある作品だわ…悪い事ばっか言ってごめんね。
スポンサーサイト
拍手する
別窓で開く | ゲームのレビュー | この記事へコメントをする:0 | トラックバック:0 | top↑
| 青空の翼と過去の十字架 |