自作の壁紙や泣きゲーレビュー公開しているブログ。チャットルームや自作小説もあります そんな鍵っ子小説家のブログです。
☆★☆★ 毎日0時の定期更新中。現在は壁紙制作・泣きゲーレビューが主活動 ★☆★☆





 


[レビュー]カノジョ*ステップの感想
2016-12-17 Sat 00:00
<作品名>    カノジョ*ステップ
<製作会社名>  SMEE

カノジョ*ステップ

シナリオ構成
S+
攻略キャラは4キャラ+モブ1キャラ。
モブとはいえ普通のヒロイン程度の長さはあり、共通は短いものの個別シナリオと言える部分が多く、またその個別シナリオも差分があるため全体的なボリュームは十二分と言えるだろう。

【推奨攻略順 : 明日香→のえ→椎名→とみ子→久遠 】
攻略順に指定はない、攻略は簡単だが選択肢を選ぶのはネック。
個人的な好みだがとみ子と久遠は最後に回してほしい。

CG
S
淡い塗りの絵。
全体的にどこか拙い部分があるイベントCGが多く完璧とはいいがたい。しかしながら出すタイミングがうまく思わず引き込まれてしまう魅力がある。
個人的に魅力なのは攻略ヒロインの私服の立ち絵でしっかりと雰囲気を変えてきているところ。普段見えない姿に心を奪われた人も多いはず。
あと久遠のイベントCGで1枚だけ目の色が全く別だったのが、ミスなのかそれとも光の加減を表しているのかどうか気になるところ。
立ち絵は地味に瞬き機能アリ。

音楽
S+
BGM25曲、Vo曲2曲という構成
OPの「ハレノヒステップ」は神曲といっても過言ではない、OP動画と合わせてみた瞬間より、久遠√でその本領が発揮される。
BGMではタイトル画面でも流れる「草木の匂い」がかなり高品質なものとなっており、作品を現す代表的な一曲ともいえる。
ピアノの美しい旋律で始まる曲ではあるものの、後半はやさしい田舎の雰囲気をヴァイオリンでゆったりと表現しており、他のヴァリエーションの物もあわせて作中では非常に多く使用されていた。

お勧め度
S+
田舎を舞台とした純粋な恋愛学園物。
主人公がけっこうぶっ飛んでおり、日常にギャグが多い作品でもあるので、プレイしていて飽きも来ず、いろいろとひねっている部分はあるものの、王道の恋愛物を現した作品なので多くの方に楽しんでもらえるはず。
あまりにも直球勝負なので今までのSMEEが好きな人には少し新鮮に感じてしまうかも?

総合評価
S+

公式ホームページ
↑クリックすると公式HPに飛びます。

両親を失い、姉とともに昔から転校を繰り返してきた主人公。今回初めて田舎の町に転校することになったのだが、虫が苦手な主人公は大きな不安と少しの諦めをもって新生活になじんでゆくのだが――。

田舎を舞台にした作品ということもあって、作品中のヒロインとの触れ合いは本当におだやかでのんびりとしたものになっている。
あまり変化がないのでどうしても飽き飽きしてしまうが、主人公を含め今回はギャグで多くの場面を乗り切っているイメージが多かった。
最初こそあまり笑えなかったのだが、作品になじんでからはおなかを抱えて笑ってしまうシーンもあり、いつの間にか作品にのめりこんでいる自分がいた。

少し残念なのが毎日のシナリオ選択のわずらわしさだろう。
一昔前の作品をイメージさせる選択方法だったのだが、選択内容自体がこうはんのシナリオと絡むことがなかったのも少し残念なところ。
昔のシステムを組み込むのならばもう少しだけ変化がほしかったところ。

シナリオ自体はそれぞれのヒロインが少し悩みを持っており、主人公との付き合いを通していくことで解決していく…という王道シナリオを採用。
正直なところ話の内容自体に面白さはなく、あくまでメインは「イチャラブ」というところに重きを置いている。そのあたりを楽しめない方にはあまり楽しくない作品かもしれない。
証拠というわけではないが、個別ルート開始時に二人の関係を公表するかしないかで後半の√の大部分が変わってしまう。(話の筋は変わらない)そのため、しっかりと全シナリオを堪能したい人は同じキャラを2回攻略することになるはず。

もちろん、登場するキャラクターはいずれも可愛く、魅力的なキャラクターばかりで、攻略対象となった後も少しづつ印象を変えてくれているので、飽きずに最後まで攻略することができる。

登場するキャラクターといえば、忘れてはいけないのはモブ代表の「とみ子」だろう。
毎度のことながらネタバレ防止のためにあまり多くは語れないが、公式HPにすら存在が載っていない生粋のモブであり、サブヒロインですらない。
その存在は攻略ヒロイン達を避けに避けてたどり着けるキャラクターであり、その言動もあわせてかなりのネタキャラと言ってしまって差し支えないはず…なのだが、彼女のBGM「モブだって恋をする」をはじめとして、シナリオの長さもかなりの分量があてられており、少ないがHシーンも2つあり、力の入れようは相当。
このMobという存在にスポットを当てたのは少し印象的で、今まで空気のように扱っていたキャラもスポットが当たることでヒロインのように扱われる。彼らはどんな作品にも出てくるが、その時どんな思いでどんな考えで行動していたのか。
改めて考えて思うと少し深いキャラクターなのではないかと思う。

再び戻って本編シナリオについてだが、シナリオとして全体的にもう少し頑張ってほしいなと思ってしまったのは久遠√を私が最初に攻略してしまったからだろう。
シナリオとして一番深く泣けてしまったのは実は彼女の√。
それまでのシーンでも多くの部分で泣けるシーンはあったのだが、最も大きな山と言えるのは主人公の昔の部分に一番言及したシーン。そこで流れる挿入歌(OP)に思わず涙したのは私だけではないはず。
破壊力がでかかっただけに、他の√が少しかすんでしまったのが残念。

コンフィグを含む操作性自体は悪くないのだが、選択肢が多いなどの不満点はある。

【総括】
全体的にしっかりと作られた作品であり、大きな見どころもある作品なのでこの評価。

(ぶっちゃけコーナー)
この作品はとりあえずヒロインと主人公のやり取りがすごく魅力的で、そのあたりがかなり前作からパワーアップされていた。ギャグも多いから自然と感情移入しちゃうし。
ただ、付き合いの公開or秘密っていう選択肢は微妙だったな。
確かに魅力がなくはないのだが、どうしても片方の√は不自然(基本的には隠してるのが不自然だった気がする?)になってしまっており、今回のシナリオでは十分にシナリオが発揮できてなかったかも。
ヒロインといえばやっぱり印象的だったのはとみ子と久遠だな。
とみ子は主人公よりもぶっ飛んでるから、二人は本当に見てて飽きない。久遠√はほかのキャラとも絡めてて、家族の話もしっかりと解決してたり、心理描写が丁寧だったりと他の√と比べて質が数段違う。
全部この√の質で作られたら神作になってたかもしれぬ…。
スポンサーサイト
拍手する
別窓で開く | ゲームのレビュー | この記事へコメントをする:0 | トラックバック:0 | top↑
[レビュー]ピュア×コネクトの感想
2015-07-28 Tue 00:00
<作品名>    ピュア×コネクト
<製作会社名>  SMEE

ピュア×コネクト

シナリオ構成
S+
攻略キャラは5キャラ。共通√が比較的に長く、個別も十分な量があるため全体的なボリュームは平均より若干多く感じるかもしれない。

【推奨攻略順 : 萌美→志帆→彩里沙→空→あゆみ】
攻略順は無いので好きな順番で良い。

CG
S
線は細いが、しっかりとした印象を受ける絵。数量は一般的で質も良い。
同ヒロインの立ち絵の種類も豊富だったのも驚いた所。
一番印象的だったのはやはり告白シーン用のイベントCG。
立ち絵に近い全キャラクター共通の背景&構図であったが、潤む瞳など細かい所に趣向が凝らされいる事には驚いた。まさに流れるBGMの曲名のごとく、雰囲気を変えるワンシーンにふさわしいものだったと言える。

音楽
S++
BGM26曲、Vo曲2曲(OP/E)という構成。
Vo曲の恋を歌った歌詞はどちらも瑞々しく、リズムもよい良曲で一聴の価値あり。
特に評価しているのはBGM、件の告白シーンで使われる「ここから始めよう」やエピローグ部分で使われる「幸せを紡ぎながら……」などは、作品としての価値を大きく上げた良曲として特筆しておきたい。

お勧め度
S++
純粋な恋愛作品として広くお勧めしやすい作品。
シナリオ自体に深さこそないものの、共通√はメタネタ抜きのギャグテイストで面白く読みやすい。さらに共通から個別ルートに至るまで、きちんとキャラとのやり取りや魅力が描かれており、終始楽しくプレイすることができる。

総合評価
S+

公式ホームページ
↑クリックすると公式HPに飛びます。

今回の作品は冬のシーズンがメインの恋愛物。
主人公はまだ学生ではあるものの、活動場所のメインはバイト先である「ピヴォワーヌ」というパン屋&レストランのお店。

ヒロインを含めこのお店の関係者はやらたとキャラの濃い人が多く、主人公のノリのいい性格と非常に相性が良く感じた。
共通から個別ルートに至るまで(特にヒロイン以外のシーンが絡むものについても)、あの手この手で笑わせてくれる。
シモネタこそ多いが、メタネタが無い等好感のもてる所もあった。

ヒロイン達ももちろん笑いに使われているのだが、それでいてしっかりと魅力をアピールできている所も良いところだろう。
今回の作品で攻略対象となるヒロインは幼馴染や後輩、バイト先の同僚にはじまり、支配人や従姉妹まで、現在のゲームとしては立ち位置としてほんの少し特殊な方に属する人も。
そんな中で各キャラクターの抱える問題というのが本当に些細なことはポイントだろう、例えば当たり前すぎて異性としてみれなかったり、恋愛という物が分からなかったり、忙しすぎて恋愛が出来なかったり…etc。
そういった状況からみせてくれるのは本当にに当たり前と言える幸せ。
個別ルートに入ってから、大きな変動や展開という物は殆どないといっていい。
ただ順当に愛を深めていく二人を見る作品であり、それがまた何ともいえず癒される。
こんな日常があればいいな、と思わず思ってしまうことだろう。

この作品で最も評価する所としてあげたいのはやはり告白シーン。
それまで選んできた選択肢などによって、主人公は告白するかされるかを選ぶことができる。それ以降の流れは基本的に同じなので、差があるのはここだけなのだが、それを考えてもニクイ演出だった。
詳しくはプレイをして体感してほしいのだが、思わずタイトルの意味に納得してしまうほど純なシーンであり、BGMや潤んだ瞳の演出等等…その力の入れ具合に感服し、√によっては思わず涙ぐんでしまうほど。
自信を持って恋愛物として勧められるのはこのシーンがあるからこそである。

作中では選択肢として誰にメールを送るか、どのようなメールを送るかを選ぶことができる。その内容如何によってどのルートへ行くことになるか決まるというもので、システム的にまったく新しいものではないのだが、この作品の雰囲気にはとってもあっていたと思う。なにげない日常のやり取りから深まっていく興味や好意という物を自然と理解させてくれた良システムだろう。
付け加えて、特定のタイミングで好きな相手にメールを送ることができる。こちらは主に笑い等がメインであり、シナリオの流れには関係なかったが少々会話が変動したりと細かいところも見せており、上記と合わせて評価したい部分は多い。
しかしだからこそ、そのポイントを見逃してしまう事が多かった。
質の高いシナリオだからこそ、そちらに集中してしまい他の部分に気が回らなくなり、いつの間にか通過してしまっているという事が多々あった…。
せっかくの良コンテンツであるため過去の履歴等を見れるようにする等、もう少し工夫をすることで見やすい内容にしてほしい所。

コンフィグについては十分に使い易く不便に感じることは殆どなかった。

【総括】
萌え・ギャグゲーとしてだけではなく、恋愛物としても素晴らしい評価を与えたい作品であり、とくにその演出に関しては目を見張るものがあり、このジャンルの作品としてはかなり高い評価を与えた。

(ぶっちゃけコーナー)
ただの萌えゲーだと思ってやっていたら、思った以上に面白くて、どんどん世界に引き込まれていく。
そして気が付いたら告白シーンでウルっときて…個別√では可愛いなぁ…って思ってて、最後の方でまたちょっとウルっときて。
何というか特殊なことは殆どなくて、当たり前のことなんだけどそれが大事なんだなと思わせてくれるシナリオ運びだった。
たぶん、共通√を含め世界に引っ張る力が上手いんだと思う。
だから何でもないことでも一喜一憂してしまうんだろうなぁ…プレイし終わった後も少しの寂しさと共にいい作品だったと素直に言える。
拍手する
別窓で開く | ゲームのレビュー | この記事へコメントをする:0 | トラックバック:0 | top↑
フレラバ ~Friend to Lover~ の感想
2013-07-08 Mon 12:00
<作品名>    フレラバ ~Friend to Lover~
<製作会社名>  SMEE


シナリオ
S+
攻略キャラは4キャラ。友達から恋人になるまでを描き出す作品の為、どのキャラに関しても共通部分が比較的長い。対して、告白後は御褒美のようなものなので早ければ2-3hでおわるだろう。
攻略順に全く指定はないので自由にやってほしいが、
ここでは本当に個人的なお勧め攻略順として「岬→ゆずゆ→理奈→陽菜莉」を推奨。

CG
S-
線は細く、少々淡めの色使い。
キャラが少ないためか、イベントCGの枚数はは多い。特に選択肢によって女の子の外見が変わるため、その辺りは評価してもよいだろう。
しかしながら、バランス等の部分で書き込みが甘いCGが多々ある絵が多いため、減点。

音楽
S+
BGM25曲、OPとEDが各1曲の構成。
OPが個人的名曲だが、BGMも地味に頑張っており、作風に合わせた元気のある曲以外にも「オレンジ色の空」等のしっとりした曲もあり、好感が持てる。

お勧め度
S+
笑いながら本気で女の子に燃えたい! …や、難しく考えない燃えゲー。
という視点から見るならこの作品に関して不足点はまったくといっていいほどないだろう。
どっしりとしたシナリオこそないものの、学園物特有のの甘酸っぱい誰もが夢見るイチャラブワールドがしっかりと展開されているため、その部分の期待はしてよい。

総合評価
S+

公式ホームページ
↑クリックすると公式HPに飛びます。

一番最初に名前が変えられるこの作品。
主人公の性格は、良くも悪くも前向きな馬鹿。
しかしながら、真はしっかりとしており、多くの方に好感を持たせるのではないだろうか。

舞台はフランスの風景をイメージした町で清涼感がある。
(時代&場所ともに前作「ラブラブル」の町に近い場所にあり、作中にはかの店を含む、見知った背景が出てくる)
そこで出会う4人の少女と恋をしていくわけだが…。

この作品は友人(知り合い)から恋人になるまでの期間を重点的に描き出している。
そこで最も注目するべき点が「選択肢」の形式だろう。
その多くが、「キャラ→話題→方向性」という順序をふんで、主人公が気になっている女の子にアプローチをかけている過程を上手く描き出している。
多少質疑応答形式になっている部分があり、不自然な部分はあったものの、比較的自由度が高い選択肢は高評価。
そういったヒロインとの会話の合間に共通ルートとして、ヒロインを含むクラスメイトとの面白い掛け合いなども含まれており、作品自体はテンポ良く進める事が出来る。

笑いの質に関しては下手な鉄砲戦略で、レベルの高いものから、本当にくだらないものまでとにかく数が多い。これは個別に入ってからも同じなので、もしかすると気に入らない人もいるかもしれない。

そうして質問や会話を重ねていくうちに、親密度も上がってくる。
すると会話の内容も踏み込んだものになってくるという仕組みである。
そして、ある一定値を超えると告白へ。

作品のメインの部分が上記までの部分にあるといっても過言ではなく、その続きである告白後の展開はいわゆる「ご褒美」。
それはもう、考え付く限りのイチャラブを展開。
選択肢によってキャラの外観や髪形が変わるところなども特に評価したい。
ただ、それだけでおわるのかと思いきや、最後の方では少し心温まる展開もあり、BGMと合わせるとなかなかホロリときてしまいそうなシーンも。

勢いがある楽しい会話&最大の武器である萌えにより、作品にプレイヤーを引き込んだ、という点に関してはもう減点する場所はほとんどない。
強いて言うなら、イベントCGの質と少々文章中にミスがあったことくらいだろう。

私の評価は泣きを重点に置いているので、この評価に落ちついているものの、「難しく考えずに楽しく、そして萌える作品」ということではかなりの高評価である。

システムに関しては十分といえる。

(追記あらためぶっちゃけコーナー)
笑いに関しては少々ついていけなくなる部分もあったけど、あの手この手で笑わせてくれるし、イチャラブシーンは自分も恋人がほしくなるくらいいいものだった。
何より最後の方のちょっとした温かい話がいいんだよなぁ…あそこらへんもっと重点的に書かれてたら泣いてたかもしれん…。
OPもいいしなぁ…。
こういう萌え重視の作品でも、ここまで頑張れる! っていうのを見れた気がして個人的にはかなりの高評価を与えてるつもりだわ。
拍手する
別窓で開く | ゲームのレビュー | この記事へコメントをする:2 | トラックバック:0 | top↑
ラブラブルのレビュー
2013-04-02 Tue 00:00
<作品名>    ラブラブル
<製作会社名>  SMEE

ラブラブル

シナリオ
S
攻略キャラは5キャラ。共通ルートはチャプター5まであり、長さも一般程度。
個別ルートはキャラによって7~12と長さにばらつきがあり、平均2h程度。
全体的には一般程度か少し短いくらい。
推奨攻略順は特にないので好きなキャラで良いが、どうしても迷うなら、
千夏→さつき→つぐみ→奈々子→花穂がよいかと。

CG
S-
線は細く、色も淡めの塗。
立ち絵はそうでもないが、CGはバランスが悪いものが少々多く、目立っている。
下記に詳しく書いてあるが、システムの関係上CGの差分は多いが、
構図自体の数はそこまで多くない。(Hシーンの物も含めれば多い方)

音楽
S
BGM27曲、Vo曲2曲の構成なのだが、実はOPと挿入歌がVo曲でEDはBGMのみ。
Vo曲は安定の茶太曲で、明るくポップな曲。
平均的なBGMが多いもののBGM「そして始まるふたりの物語」等は良曲。

お勧め度
S
頭をからにして、ギャグと萌えを楽しみたい方にお勧めの1品。

総合評価
S

公式ホームページ
↑クリックすると公式HPに飛びます。

頭のネジが数本足りないのではないか、と疑いたくなる人物が主人公のこの作品。
一番最初に名前を変更できる上、
個別ルートでは、選択肢により二通りの髪型と私服を選ぶ事が出来る。
カスタム性の高いゲームで、萌えゲーとしてはそこは評価したい。
そういった原因もあり、立ち絵の種類やCGの差分はかなり多くなっている。

シナリオ自体はかなり軽いもので、展開が早くテンポ良く進む。
各キャラの魅力を引き出すシーンも多々見られるが、それよりも、
基本的には主人公をはじめとするネジの外れたキャラ達がボケ倒すというギャグが主流。
タケやヒロシ、店長などのサブキャラもも面白いが、
やはり主人公が一番はっちゃけていて面白い。
それが時には空回り気味に見える事もあるものの、
基本的に頭をからっぽにして楽しめば、十二分に楽しむ事が出来るだろう。

個別ルート終盤で小さな問題が1つでてくる。
それがとても自然で、その問題に対する、とらえ方も良かった。
ルートによってはBGMも合わさり良い雰囲気を少しだけ醸し出しており、
ところどころ、光るところが見られるシナリオだったと言える。
それだけに、しっかり作りこむ事が出来れば、もしかしたのかもしれない。

コンフィグに関しては最低限をそろえていた感じだろうか。
ショートカット、画面系など、少々足りない所もあった。

(追記あらためぶっちゃけコーナー)
奈々子√でちょい鳥肌来たな…。
頑張って作ればもっといけそうな気がする。主人公が壊れてる理由もちゃんとあるし…。
まぁ、笑って、萌えて、を目指して作られている作品なので、
シナリオに関して突っ込むのは野暮か…。
そこに関して言えば、キャラも立ってたし優秀だったのかも。
拍手する
別窓で開く | ゲームのレビュー | この記事へコメントをする:0 | トラックバック:0 | top↑
| 青空の翼と過去の十字架 |