自作の壁紙や泣きゲーレビュー公開しているブログ。チャットルームや自作小説もあります そんな鍵っ子小説家のブログです。
☆★☆★ 毎日0時の定期更新中。現在は壁紙制作・泣きゲーレビューが主活動 ★☆★☆





 


Re:birth colony -Lost azurite- のレビュー
2013-01-05 Sat 00:00
<作品名>    Re:birth colony -Lost azurite-
<製作会社名>  あっぷりけ


シナリオ
S+
ルートは4本。3本をクリアすると最後の1本が出現する。
どのルートも全7章仕立てで、OPは3章の終わりに挿入される。
アズライトを最後に回せば、基本的に攻略順はないが、推奨攻略順は
セルシア→瑠璃→ノイエ→アズライトであり、物語の真相への踏み込み具合もこの順番になっている。

CG
S
枚数としては一般的で、線質の堅い、丁寧に描かれたCGが特徴で、
立ち絵等、綺麗なものと汚いものの差がほとんどなく、質は総じて高い。
少ないながらもSD絵もある上、演出的な見せ方もしており、これに関しては高評価。

音楽
S+
BGM30曲、Vo曲4曲となっており、量としては十分。
BGMは作品の雰囲気上、電子的?なものが多い。少し破壊力は足りなかったか。
Vo曲のうちOP・ED以外の1曲は挿入歌、もう1曲は前作品OPのアレンジであり、こちらは十分な質である。

お勧め度
S++
前作をやっていなくても普通にプレイできるので安心を。(続編ではない)
すこし、コンピューター的話も多く、理解しにくい部分もあるかもしれないがあの手この手で説明はしている。
ある意味新鮮な一作なので、プレイしてみると見方が一気に変わる作品かも?

総合評価
S+

公式ホームページ
↑クリックすると公式HPに飛びます。

異様な雰囲気から始まるこの作品。
じつは同系列会社あっぷりけ妹の作品「フェイクアズール・アーコロジー」の同世界として描かれており、
設定は殆どそれをコピーしているので、前作をやっていればわかりやすくなるのは確か。
作品内には前作に関連したキャラがヒロインになってたり、多少前作の話・キャラなどが出てくる。
しかしながら、前作をプレイしなくてもTIPSや「3分ハッキング」(ショートストーリー)などで説明をしてくれるので、必要な知識という点では不足はないだろう。
他の作品でも見られるような、未来の話で、それに関連してコンピューター的な(作品内では形を変えているが)戦闘がこの物語のかなめとなっており。
クラッキング等、そういった分野の知識はあるとさらに理解しやすいかも?(なくてもTIPSがあるので通常程度あれば問題ない)
しかしながら、ここまで努力はしているものの、少し説明べたがあるところは否めなく、
また途中の他の選択肢で起こった事を説明したりするのも少し下手なところがある。
また、作品の雰囲気(特に日常)もすこし、普通の作品とは違う、クセみたいなものがある。
なので、前作をやっていない場合は、少し慣れるまでに時間がかかるかもしれない。
ただ、この作品のすごいところは6章までほとんど同じ流れなのに対し、7章からガラリと動きを変えるところ。
個人ルートに入るのが7章からなので、CG系もここからバンバン出てくる。
また安直にHAPPYENDにならないこともあるので、そういったところも評価。
起承転結の「転」の少し後からが評価できる物語、ということである。
ということで、各章1hほど、7章のみ3hほどとなっている。
泣きシーンについてはBGMはあまり手伝わなかっただろう。
なので、そういうシーンがある事については否定しないが(特にアズライト√や瑠璃ルート)
涙腺決壊というまでには至らなかったのは確か。
日常から感じていたところなのだが、
普通の作品とは少し別のテイストで終わらせるのが目を引くところ。
どう言えばこの作品が、正当な評価の言葉になるのか非常に迷いどころであるが。
最高の作品ではなかったが、一つベクトルの違う、見どころのある作品だった、というのは確か。
いろいろな部分を鑑みるとこのあたりの評価が、妥当だろうか。
おそらくこの作品に関しては、感想を求めるよりプレイした方がかなり速いだろう。

コンフィグに関して、ほとんど完璧なのだが、文字速度が変だった?(ノーウェイトにならない)
みたいな部分があった。

(追記あらためぶっちゃけコーナー)
全体的にみると、少しぱっとしないかもしれないけど、ところどころ光ってるんだよなぁ。
全体的にはうまくまとまっている感じはするんだけどね。
最後の方で前作のOPが流れるシーンがあるんだが、無駄に燃えてしまったwww
やってないんだけど、気になるから情報調べた…。ほんとこれの為だけにやりたくなったよ。
やって無くてもいいけど、やった方がすげぇ楽しめる!! とだけ、俺は言っておく。
スポンサーサイト
拍手する
別窓で開く | ゲームのレビュー | この記事へコメントをする:0 | トラックバック:0 | top↑
| 青空の翼と過去の十字架 |