自作の壁紙や泣きゲーレビュー公開しているブログ。チャットルームや自作小説もあります そんな鍵っ子小説家のブログです。
☆★☆★ 毎日0時の定期更新中。現在は壁紙制作・泣きゲーレビューが主活動 ★☆★☆





 


[レビュー]乙女理論とその後の周辺 -Belle Epoque-の感想
2016-07-29 Fri 00:00
<作品名>    乙女理論とその後の周辺 -Belle Epoque-
<製作会社名>  Navel

乙女理論とその後の周辺

シナリオ構成
S+
ANOTHER√としてブリュエット√が1本(2-3h)
そのほかりそな、メリル、ブリュエットの各After√が1本ずつ(1-2h)用意されている。
ファンディスクなので全体的なボリュームは少ない。

【推奨攻略順 : ブリュエットANOTHER→ブリュエット→メリル→りそな 】
ブリュエットafterのみ、another√攻略後のロックがかかっているが、それ以外の攻略は自由のため、好きなキャラからのプレイで問題ないだろう。

CG
S
安定の硬い質感の絵で、HCGにいつも通りエロさもない。
各キャラの枚数は少ないものの、ブリュエットやアンソニーのイベントCGが多いのが特徴だろうか。

音楽
S
新規追加はVo2曲(OP/挿入歌)、、BGM4曲となっている。
OPは今までのメロディを少し含めたものとなっているので、どことなく懐かしい。
BGMではやはりコレクション時に流れるものが目を引くだろうか、こういったとがった音楽はほかではあまり流れないので、特に新鮮と言える。
もう一つ特徴的なのはBGMの長さが長いところ、基本的にBGMといえば2-3分というのが多いのだが、今回作られているBGMはどれも5分超。曲数の関係もあり正確な評価を下すことはできないが、最後までしっかりと作りこまれたBGMは一聴の価値があるだろう。

お勧め度
S+
このシリーズが好きな人はもちろんプレイをお勧めできるが、あくまでファンディスク。
感動できる部分も多いものの、逆にこのシリーズを続けることはそろそろ無理じゃないだろうか、と感じられる内容でもあり、ある意味シリーズ最後の作品として受け入れるためのものとなるだろう。

総合評価
S

公式ホームページ
↑クリックすると公式HPに飛びます。

シリーズ関連ではなんと4作目になる今回の作品。
見どころである各キャラクターの軽快な掛け合いは健在。

再度確認したのは、特徴的なキャラクターを作るのが本当に上手であるという事。
今回だと「難儀ですね」と繰り返し言ってくるあの方でしょうか。
ルビを使ったりと様々な手法によって掛け合いの方法を工夫してくるあたりには一種の尊敬すら覚えてしまうだろう。

もう一つ評価する点といえば、ある意味これがファンディスクの役目の一つだといってもいいかもしれないが、スポットの当たらなかったキャラにスポットを当てるという事。
今回だとアンソニーにスポットが当てられており、今まで語られなかった彼の事をもう少しだけよく知ることができるようになっている。
彼だけではなく当然ではあるが大蔵の親類に関しての話はどのルートでも多く出てきており、ここまでくるといわゆる乙女ゲーに近くなってしまってしまっているかもしれないが、主人公があんな感じなのでさもありなん。
どちらにしろ、サブキャラクターを大切にするというのは、作品をしっかりと形作るうえでおろそかにすることはできないだろう。

少しややこしいのが、√によって明らかになっている事実が異なっていることであり、それによって同じキャラクターであっても、√間で大きく正確(見える部分が)変わっているという事。
作りこみ、という意味でそのあたりをきっちりと仕上げていることには交換を覚える一方で、どうしても気になってしまう裏の顔が見えるところもあるので注意が必要。

全体的に感動できるシーンも多かったのだが、それでも革新的なものという意味では目新しさがないのも事実で、テーマとしてはやり切った感がある。

コンフィグに問題はなく、使いやすかった。

【総括】
ファンディスクということもあり、その中で新しい事があったかどうかを鑑みても、今回はどうしても評価は抑えてしまう。

(ぶっちゃけコーナー)
さすがに4作目ということもあって、残弾が少なくなってきているような気がするわ。
まぁ、今まで以上にいろいろなキャラについて踏み込んでくれたのはうれしいけど、もうそろそろ終わりにしなきゃな、とは思う。
どこかのD.C.みたいなことだけはしてほしくないんだけどなぁ…。
別にあれがすべて悪いとまではいわないけど、新しいものを愛す人間としては、この作品があったうえでまた新しい物を見てみたい、というのが正直な感想。
スポンサーサイト
拍手する
別窓で開く | ゲームのレビュー | この記事へコメントをする:0 | トラックバック:0 | top↑
[レビュー]月に寄りそう乙女の作法2の感想
2015-01-07 Wed 00:00
<作品名>    月に寄りそう乙女の作法2
<製作会社名>  Navel

月に寄りそう乙女の作法2

【さわり】
『月に寄りそう乙女の作法』の世界から約十数年後の同舞台で繰り広げられる、全主人公とヒロインルナの間に生まれた息子のお話。前作とほぼ同様のシナリオ作りになっており、主人公は女装をしつつ、メイドとして服飾をフィリア日本学校にて学ぶことになる。

シナリオ構成
S++
本編の攻略キャラは4キャラ。合わせてノーマル√としてBADENDのようなもの物を合わせた計5ルートの構成。
個別ルートの長さも十二分にあるのだが、個別ルートに至るまでの共通の量も多い。
決して長くは無いのだがアペンドとしてルナアフターアフターストーリー(以下AAS)やエイプリルフールに話題になった作品なども追加できる。

【推奨攻略順 : 春心→朔莉→ルミネ→エスト→(ルナAAS)】
攻略順に関して指定は無い。
ルナAASは一番最初にやってもよさそう。

CG
S-
ある種いつも通りの出来。
ただ、二人の方が絵を描いているのでその差に少し違和感を覚えることもある。
特にあるイベントCGではかなり違和感を覚える絵が複数あった為、そういった所には注意が必要。枚数としては各キャラに十二分な枚数が用意されていた。

音楽
S+
BGM30曲、Vo曲3曲(OP/ED/挿入歌)という構成。
このほかにも同シリーズ作品のBGMなどは作中に登場している。
今回のBGMの雰囲気は同シリーズの流れをよく組んでおり、「歓びの詩」に始まり多くの曲で華やかさと上品さがあらわせていたように思える。
その他にも、破壊力こそないもののストーリーと合わせることにより反応する曲も存在しており、そのバリエーションや全体の質に関しては他の作品に全く引けを取らない。

お勧め度
S++
前シリーズ作品である「月に寄りそう乙女の作法」や「乙女理論とその周辺」をプレイした人になら十二分にお勧めできる作品。
ただ、まったくプレイしていない方となると少々お勧めするハードルという物は高くなる。扱っているテーマが服飾であり、舞台として「女装」等が出てくる今回の作品に興味を持ったのなら、先にそちらをプレイすることを推奨したい。
無論、それらをプレイしなくてもある程度は楽しめるように出来てはいる。

総合評価
S++

公式ホームページ
↑クリックすると公式HPに飛びます。

プレイして最初に思ったのは懐かしい「つり乙」の世界がきちんと表現されていた事。
それは前作まででも使用された背景から始まり、同系統のBGMやギャグが多くテンポの良いテキスト等、各部分に現れていた。

背景などはあまり改変が見られないものの、前シリーズでの登場人物などはサブキャラから立ち絵の無いモブキャラまで一部アレンジを加えられて登場している。ただ、ほとんどのメインキャラクターは容姿の関係もあり存在のみが伝えられることが多い。
ただし、関係者や親せきなどが数多く出てきてはいる。

前作「月に寄りそう乙女の作法」がかなり良い部類に入る作品だっただけにその「2」となると容赦なくハードルが上がり、なおかつ舞台設定もそれに喧嘩を売るようにかなり似たようなものになっていた。
しかしながら、そういった期待や不安をすべて吹き飛ばしてくれる良い作品だったとシナリオの面からは素直に褒めることができる。

全体的にかなり長めのシナリオではあるのだが、それでも退屈さを感じさせないテンポの良いギャグや展開はさすがというほかなく、前作の雰囲気を継いだままという事が猶の事そのすごさを際立てている。

「つり乙」た「乙りろ」あたりでもメインとなっていた服飾というテーマについて、これまた違う雰囲気の主人公が新しい服を作ると言うことへの考えやそれに絡めた人生観を皆と協力して見つけていく過程は涙なしでは語る事が出来ない。

正直なところ、主人公の性格は前作の主人公+ルナというものだったので一癖も二癖もあるものとなっており、そこに関してはかなり好き嫌いの分かれるのだが、それでもストーリーに関して特にルミネ√とエスト√に関しては非常によくできており、感動して涙を流してしまったシーンもある。
共通ルートでも泣きそうになってしまうシーンはいくつかあったのだが、各ルートの後半部分、上記であげたようなキャラは特に非常によくBGMとシナリオがマッチングしており、最大限の力を発揮できていたと言える。

コンフィグに関しては特に言うこともなく、十分だったと言える。
システムボイスも各キャラのものがクリア後に使えるようになっていた。

【総括】
前作からの流れをくんだ評価にはなるものの、その前シリーズを超えてくる勢いの作品であり、単体として評価しても十二分に素晴らしい作品であることを保証できる。

(追記あらためぶっちゃけコーナー)
全体的に質が高かったけど、やっぱまずはBGMの統一感がいいよなぁ。
もちろん、全体的にいろいろな種類があるんだけど、シリーズを通してみるときちんと同系統になってるのが不思議。だから混ぜても違和感が無いんだろうな。
そのあたりはCGとかも一緒だろうけど。
読後感の良さという意味でも押しておきたい作品だなぁ。
朝日やルナが好きな人にとってもルナAAFでちゃんと出てくるし(朝日声入り)、前シリーズのキャラもほとんど出てくるし、そのうえつり乙、乙りろと今回の作品がどのようにつながっているかという説明なんかもされる。なので、先にこちらをプレイするのは全然ありかなぁ…。
ギャグゲーとしても推せるし、やっぱり全体的に高評価のいい作品だと思う。
拍手する
別窓で開く | ゲームのレビュー | この記事へコメントをする:0 | トラックバック:0 | top↑
乙女理論とその周辺-Ecole de Paris- の感想
2013-08-28 Wed 12:00
<作品名>    乙女理論とその周辺-Ecole de Paris-
<製作会社名>  Navel

111.png

シナリオ構成
S++
前作BADENDからの続きとなっており、おまけのようなEND2つを含めると、全5ルートの構成。
各ルートの長さにはばらつきがあり、りそなルートが比較的長い。その他は2-3hと中程度のながさ。共通ルートは長く、OPまでの道のりも長く、全体的なボリュームは一般程度かそれ以上といえるだろう。

【おすすめ攻略順 : ブリュエット→メリル→(デートリンデ→衣遠&駿河)→りそな→前作各ルートアフター】
※( )でくくられているものは、おまけみたいなルートなので好きなところで攻略推奨。

CG
S
前作同様線は細く、色は淡い、しかし独特の癖のある曲線のCG・立ち絵。
メインヒロインが少ないことから、一人一人のCGの枚数は多いもののCG総数を考えると一般程度の枠に収まってしまう。
どうしてもCGには癖があるので慣れないかもしれない。

音楽
S++
今回新たに追加されたのはBGM15曲、Vo曲3曲(OP・ED・挿入歌)。無論作中では前作のBGMも流れるが、鑑賞できるのはこの18曲のみ。
どれも質が高いのだが、特に今回はBGMが素晴らしい。
好転のイメージを受ける「光を」もお気に入りなのだが、前作OPのBGMアレンジ「DESIR」が今回特に涙腺を破壊するほどの威力を持っている。
ぜひ作中で流れるシーンを期待してほしい。

お勧め度
S++
むろん、前作を気に入った人にとって、という前提が付くため、万人にこの評価というわけではない。ただ、前作の雰囲気が気に入った方なら、この作品をかなり気に入るだろうことは予想できる。
前作の設定等も明かされ、物語としての完成度も高くなるため、ぜひプレイしてほしい。

総合評価
S++

公式ホームページ
↑クリックすると公式HPに飛びます。

【物語について】
今作は、前作「月に寄りそう乙女の作法」のBADルート続編となっているため前作のプレイが必須となっているので注意してもらいたい。

前作同様、相変わらずの女装主人公・お嬢様・服飾学校もの。
その世界観は、さすがに2作目ということもあり、かなり作りこまれているため、しっかりとした世界観が確立されている。

前作もそうなのだが、今回は特に海外ということもあり国民性の違いや各国の言葉が飛び交うのだが、その辺りの作りこみ方も妥協しない所など、各部分から文章力を感じる。

作品の全体的な雰囲気もほとんど同じといってよいのだが、それに加えて、笑いも、話に引き込む力もある。物語自体はテンポ良く進む。
そして、登場する各キャラクターの確立の仕方も見事といっていいだろう。
1シーン1シーンにこだわりが見られ、それぞれ脇役まで愛すことができる。

さらに共通ルートに特に見られるのだが、今回、泣きはしないのだがホロリときてしまうシーンが多々ある。
これは前作からの積み重ねがあるため実現可能な雰囲気であり、そういった状況をうまく使えていたことにも高評価。
ただ、相変わらずそういったシーンでも容赦なく切るアイキャッチは健在。


ただ、物語後半にかけて各キャラクターの心境の変化や展開速度が粗雑になってくる(特にりそなルート以外)。各キャラクタールートの後半はかなり短くこれまでの展開とは打って変わった小さな展開しかないと言える。
まるでせかしたような展開には、そうなってしまっても仕方が無いボリュームがあるとはいえ、それまでの完成度と比べてしまうと、どうしても質の低下のようなものが感じられる。

ただ、それらの不満を一気に解消したのがりそなルート。
特に後半にかけて前作の登場キャラが出てきたあたりからは、評価を口にするのも馬鹿らしいほど素晴らしかったと言える。
また、その過程で明かされている主人公やその周辺の設定には驚きの連続であり、このゲームの世界観がさらに確立されて行くことと共に、前作の各場面の理解・印象の受け方まで変えていったことは非常に評価できる。
さらには終盤のショーのシーンの演出も前作同様の最高の出来である。
詳しく述べるとネタバレになるため、控えるが前作が好きだった人は期待していてほしい。

ここまで来ると、朝日(主人公)の声が無いのだけが残念である。

【総括】
前作の続きということもありしっかりと雰囲気の継承が出来ていた事、泣きシーンが強化により、じんわりと来るものから強い泣きまで、複数の感動があったのは今作の中で一番評価したところ。
全体的な完成度をとってみても、その他の作品とは一線を画す出来であることに加え、伏線等を前作から仕込んでいたという事を考えるとこの評価を付けることに迷いはない。

単体ではなく前作プレイ済みということを前提の評価であることは忘れないでほしい。

ちなみに…
付属のパッチにより前作の主人公の声が追加+各ルートアフターも増える。
これらはこの作品をプレイ後にやることを推奨する。
ちなみに今作に朝日の声はない。

(追記あらためぶっちゃけコーナー)
ルナ様はもうあれだな…神だな…。
彼女のシーンで涙を流すとは思ってなかった、本当に。
残念な部分が各ルートの最後の方なんだけど、それもりそなルートで払拭してくれたなぁ…。このゲームの後前作を再プレイしたんだけど、ホント受ける印象が全然違う。
(なのでレビューも書き換えました)
特に変わったのが衣遠への印象だな…嫌いだったけど、今は大好きだわ。
BGMの質もすごくいいし、何処を褒めてもほめ足りない。
知らない人は前作からぜひプレイしてほしいなぁ…。
拍手する
別窓で開く | ゲームのレビュー | この記事へコメントをする:2 | トラックバック:0 | top↑
月に寄りそう乙女の作法 のレビュー
2013-01-25 Fri 00:00
<作品名>    月に寄りそう乙女の作法
<製作会社名>  Navel

turiotu.jpg

シナリオ
S++
ルートはBAD1本を含めて5本。共通までもそこそこの長さがあり、OPも結構後にある。
各ルートは3~4hというところで、一般より少し長く、ルナルートは他よりも少し長い印象。
それでもルート数の事もあり、他のゲームより少し長い程度。
推奨攻略順は瑞穂or湊→ユルシュール→ルナ。
ちなみに続編があり、そこに付属されているパッチによりアペンド版となり、アフターストーリが増える。

CG
S
全体的に非常によくできていたという印象を受ける。
独特の癖のある絵だが、それを踏まえたうえで、立ち絵、CGともにぶれずにきれいだった。

音楽
S+
BGM30曲、Vo曲はOP、ED、挿入歌の3曲。
質も量も十分だが、感動シーンで涙腺を破壊するほど、とまではいかないのは残念なところ。
しかしながら、Vo曲の質の高さは確かで、BGMとしてはそれぞれ質も高かく「愛と追憶のなにか」や「Philia X'mas Collection」、「ああ、楽しかった!」が個人的にはお好み。
もうワンランク上でもよいと思っている。
ちなみに全キャラクリアしないとBGMは見えないようになっている。

お勧め度
S++
Navel設立10周年を記念して造られており、非常に期待され、その期待に十分こたえられるほどの完成度の作品。
女装(メイド)、女子学園物、お嬢様、服飾…等々の要素を含む。
笑い、キャラ、ストーリー、世界観、どれをとっても、その特色は如実に表れているといえる。

総合評価
S++

公式ホームページ
↑クリックすると公式HPに飛びます。

上記にも書いたとおり、記念作品ともいえるこの作品。
その参加者を見ただけで、十二分に期待できる事はたしか。

ちなみに、今作のBADEND後の続編「乙女理論とその周辺-Ecole de Paris-」が発売されており、こちらを見ることでこの作品はかなり完成度や受ける印象も変わってくるほか、付属のパッチにより、本作においてのみ、主人公「朝日」の声&各キャラアフターストーリーが追加されるため、雰囲気が気に入った方は購入をぜひ考えてほしいところ。

今回の内容は公式を見ればわかるが「女装物」+「女子学園潜入」
さらに、そこにお嬢様属性や「服飾制作」という、一味違ったエッセンスを加える事によって、雰囲気は殆ど、今まである王道の流れでありつつ、本質は自分の夢に向かって走るそれぞれのヒロインを見ると言う作品。
お嬢様ということもあり、各ヒロインを含めサブキャラも、非常にアクがつよく、それでいてキャラがたっている。
その辺りを含めての世界観の確立の仕方も素晴らしいと言えるだろう。

そんな人々が、軽快なトークとテンポで日常を彩るものだから、面白くないわけがない。
ただ、「笑い」という点では、過去の同会社の作品に少し及ばなかったかな、というところはある。
(それはまぁ、過去作品がすごすぎるだけで、一般としてみれば面白いのだが)

笑いだけではなく、泣きシーンも各ルートに用意されてあり、ところどころ目が潤むシーンもあった。
ただ、BGMとしての手伝いが一歩及ばずだった所や、あの独特のシーン転換のアイキャッチ(?)の音がバッサリ雰囲気を切るため、感動が長続きしないのは、いい意味でも、悪い意味でも独特。
ルナルートは特に力が入れられており、挿入歌もここで流れる事になっている。
そのシーンに関しての演出はかなり上等なものだったと言える。

泣きシーンとしてはあいまいだったと言わざるを得ないが、
お互いを思い続ける…、主従の関係として、そして、それを超えた信頼の形は必見。
泣き、笑い、ではなく、この作品は物語として”おもしろい”作品だったと言える。

コンフィグに関しては十分だったと言える。

(追記あらためぶっちゃけコーナー)
思いっきり泣けなかったし、思いっきり笑ったわけじゃない。
普通に面白かった。けど、これと言って何かを押せるわけじゃないから、
ちょっと評価を抑え目にしてあるんだよな。(期待しすぎ?)
ただ、笑いの質は確実に他社よりも上。

…と思ってたんだけどね、続編クリアしてから書き直したわ。
久々に各ルート眺めるように再クリアしてみてかなり上方修正、特にルナ様信仰が強くなったからかもしれん。
それほど、続編はいい出来だったから、これが微妙でも、本音は挑戦してほしいところ。
アフターストーリーの出来も結構良かったし、続編も特に泣きに関してはいい働きしてたからなぁ…。
やっぱ気になるところもあるにはあるんだけど、全体的に話もよくできているし高評価を付けてもいい。
ちなみに、声に関しては追加CDになりますよ。
拍手する
別窓で開く | ゲームのレビュー | この記事へコメントをする:0 | トラックバック:0 | top↑
世界征服彼女 のレビュー
2012-10-17 Wed 00:00
<作品名>    世界征服彼女
<製作会社名>  Navel

世界征服彼女

シナリオ
S++
攻略キャラは5キャラ、そのうち夢子は4、その他のキャラは2個ENDがある。
共通は結構な長さだが、個別に入っても他のゲームより比較的長く、全体的なボリュームは多い。
攻略推奨順は亜子→菜子→桜子→椿子→夢子が鉄板。

CG
S
絵に癖があるが、それさえ慣れればきれいなもの。
特に評価したいのは立ち絵の多様さと、各所にちりばめられた演出だろう。
雲が流れるのもそうだが、こまかいCGでネタが挟まれていたり、綺麗さだけではない所でもポイントを稼いでいる。

音楽
S++
あまり音楽が良かった印象が無いこの会社、それでも「俺つば」よりよくなっているんじゃないかな、と思える。
曲数33のうち、Vo曲が4曲でどれも聞き入ってしまう安定した質の高さ。
BGMも多種多様、場面に即したものをちゃんと用意できていたので、少し甘くこの評価にした。

お勧め度
S++
お笑い青春ADVという感じだろうか。ちょいシリアスと萌えとかちょい燃えもあったり?
いろいろ複合的な要素があるけどやっぱ笑い。
だれがなんってったって笑いであるこの作品。

総合評価
S+

ストーリー
↑クリックすると公式HPに飛びます。

日本的な国が舞台のこの作品。
お勧めでも書いたとおりに、作品の随所(序盤からEND、シリアスシーン、泣きシーンにいたるまで)に
笑いがちりばめられている。
その笑いの方向性と言うのが、すでに他の作品と別のベクトルを向いているので
新感覚お笑いADVとでも言うべきなのだろうか。
もう、あの手この手で笑わせてくるので、はてはスルーも…どこかが絶対につぼにはまる自分がいる。
そしてなんといってもキャラの濃さ…。
ヒロインの夢子をはじめ、全てのキャラが濃い…。
突っ込みどころも満載(なんで全員○子なんだ・・・)
いや、他の作品でも濃いキャラはいるが、それを超えてなお濃い!!
そんなキャラが絡み合ってギャグを連発するのだから、もう収拾が付かない。
収拾がつかないはずなのに、物語はどんどん進めていくこの手法も圧巻。
すでに進め方すらギャグの域だしなぁ…。
そんなこんなで笑わせられながら気が付いたら泣きシーンで目頭が熱くなって…
そしてまたギャグで笑わせられる。
なんと言うか、笑い9:その他1くらいの要素で、それが耐えられる人はやってほしい。
2ndOP(?)があったり、笑いだけじゃない部分も見どころは十分。
システムも十分で、シーンスキップなんかもあるから、物語は進めやすい。
全体的には良くも悪くも夢子中心の作品で、でも最終的にそれでもよかったなって思える作品だから不思議。
この全体的な構成・物語の設定、展開、演出、テキスト、ネタ、音楽、CG…全てあわさっていい作品に仕上がっていたように感じられ、この評価を付けた。
これからもこのNavel的な会社には頑張ってほしいと期待をかけてしまう一作であった。

(追記あらためぶっちゃけコーナー)
いろいろと泣き・萌え・燃えの部分はあるのだが、それらを抑えて、笑いがとにかく凄い。
そのせいなのか設定もかなりぶっ飛んでいる。
やりごたえはあるはず。
同会社の作品と少し世界観を共有していることもあり、他の作品にこの作品のキャラっぽい人が出ることも。
一番可愛かったのは良子だと思うんだ…俺…。
拍手する
別窓で開く | ゲームのレビュー | この記事へコメントをする:0 | トラックバック:0 | top↑
| 青空の翼と過去の十字架 | NEXT