自作の壁紙や泣きゲーレビュー公開しているブログ。チャットルームや自作小説もあります そんな鍵っ子小説家のブログです。
☆★☆★ 毎日0時の定期更新中。現在は壁紙制作・泣きゲーレビューが主活動 ★☆★☆





 


[レビュー]Liber_7 永劫の終わりを待つ君への感想
2017-02-25 Sat 00:00
<作品名>    Liber_7 永劫の終わりを待つ君へ
<製作会社名>  Lass

Liber7.png

シナリオ構成
S-
攻略キャラは4キャラ。
共通ルートは比較的長く4-5h程度となっているが、各個別ルートはかなり短く1h程度。
例外として未來√とTRUEに関してはそれなりの分量があり、全体的なボリュームとしては一般程度と言える。

【推奨攻略順 : 紅愛BAD3種→紅愛→萌生→沙綾→未來1(BAD)→未來2→TRUE 】
未來2END後にTRUEが出現する以外のロックはないので未來を最後に回す以外は好きな順番でよいだろう。

CG
S
作風的にバトル描写のCGが多く目立つ。
質の上下がかなりあり、物によってはかなりバランスの崩れたものも存在するのだが、中には目を引くようなきれいなCGもある。
流血CGも一部存在しているので注意。

音楽
S+
BGM38曲、Vo曲3曲(OP/ED/挿入歌)という構成。
そのボリュームに目を見張るBGMであるが、その内容として特筆しておきたいのが「Girls Talk」だろう。Voの入ったBGMというのは過去にも出会ったことがあるのだが、これほど自己主張の多いBGMに出会ったのは久しぶりである。
作品や場面に合っていたか、というのはBGMとして重要な評価ポイントではあるが、それを置いておいたとしても質の高い物であり、評価したい点である。
Voの入ったBGMはこれ以外にもあるので、作品をプレイして確認してみてほしい。
Vo曲として目を引くのは挿入歌の「Rebel Yell」だろうか、初めからトップギアで始まる今回の曲ではあるがシーンとして沙綾関連のシーン以外で使われなかったのが少し残念なところかもしれない。

お勧め度
S-
ループ系異能バトル作品。
過去作と同じ世界観で作られており、作品の端々に関係者等が出てくるほか、作中の用語にも大量の関係資料が載せられている。
作品自体は設定のつめが甘かったり展開も後出し設定のオンパレードなので、話の内容重視の方やループ設定等が好きだったりする方にもお勧めしずらい。

総合評価
S-

公式ホームページ
↑クリックすると公式HPに飛びます。

この作品を簡単に説明してしまうと、3日間のループする世界に巻き込まれた主人公が記憶の読み込み・書き込みをできる能力を使って味方を増やし、どうにかしてそのループを抜けようとするお話。

シナリオの主軸は悪くないというのが本音、特に後半はある意味驚きの事実もあり、そのあたりの明かし方等も悪くなかったのだが、いかんせん全体的に荒が目立つ。
以降の記事はネタバレを含む内容だが、未プレイの人が読んでも「つじつまが合わない」という事しかわからないようにしているつもりだが、プレイするつもりならぜひプレイ後に読んでほしい。

この物語のメインコンテンツとして挙げられるのが「ループ物」という事。
この事実は最初こそ隠されているものの、7月7日の0時(3日目)でループするということはすぐにわかり、その状況で主人公以外は記憶持ちこせない(ただし主人公が書き込むことで主人公が知っていることのみ更新可能)というもの。
この特に他の作品の多くでも問題となっているのが「人の死」について。
作品の特性上、物語を振興していくと多くの人の死を目撃することになる。
序盤に関して主人公を含む登場人物は、たとえループであろうとも人をむやみに殺すべきではないし、そもそも「ループするから」という前提で動くべきではないと語っている。
なのに3週目を超えるあたりから無駄なループが増えてきているのが事実。
ヒロインとの関係を深めるために…とは体のいい逃げ口上だろう、最終日にエコー音が聞こえるのに全く外に出ないのは不自然と言わざる負えない。
ここですべてを語る事は出来ないのだが、この辺りを含めて主人公やヒロインの行動に一貫性と言えるものがなく、各キャラクターへの魂が全くこもっていないように思えてしまった。
また作中に出てくる能力について。
とある絶対防御についてだが、物理現象を防ぐ盾なのは分かるが、光と音が通ってしまう=波が通る→衝撃波が通る…となると波の性質をすべての物質は持っているのでは…という部分に言及すると、いろいろつじつまが合わない。
太陽光を集光した疑似レーザーについても、通してしまうという説明があったのに終盤で防げるシーンが多い。これはとある効果全無効化の能力についても同様。
能力自体の無効化は可能だが、それによって及ぼされた物理現象は防げないのなら、レーザー光は通してしまうはずなのに…?
というよりそもそも、爆弾に関しても爆発しているのは能力のせいだが、爆発自体は物理現象であるため、能力部分は変換しかしていないのでは…?
と、いろいろと突っ込み部分がある。
作中に出てくる用語辞典についても「無駄な部分」が多すぎる。
不必要に与えられた用語をすべて見てみたが、作品として関連しているのは一握りといえ、結局この作品だけで分かることはほとんどない

以上、シナリオとしての作りこみ度は他のSF作品や科学系作品とは比べるまでもなく、各キャラの作りこみにおいてはほとんどの作品に負けてるといってもよい。

展開の一部に後付けのようなデウスエクスマキナを使ってしまうなど、シナリオの主軸自体はよくても細部がボロボロで評価しずらいというのが正直な干渉。

コンフィグは一通りそろっており、プレイ自体は普通にできる。

【総括】
作りこみが甘く、平均以下の作品と言って問題ないだろう。

(ぶっちゃけコーナー)
ん~厳しいような気もするけど、たくさんあった”つまらない”用語辞典には誤字がいっぱいだし、展開には付いて行けないし(内容は理解できるけど、ココロが付いて行かない)、戦闘シーンは微妙だし、設定はツッコミどころ沢山だし、あれこれはどこ評価すればいいの?ってなる作品。
音楽とかは結構悪くないんだけどなぁ…。
Lassは少し前から質の悪い作品を連打しているイメージが強い。まぁ11eyesのころからツッコミどころは多かったけどなぁ…、あの頃はまだ勢いがあったのに、それすらなくしてるような気が…。
結構ボリューミーで主軸は悪くないんだからちゃんと丁寧に作りこんでほしかった…延期してもこれじゃ…ってなるよ!
スポンサーサイト
拍手する
別窓で開く | ゲームのレビュー | この記事へコメントをする:0 | トラックバック:0 | top↑
[レビュー]迷える2人とセカイのすべての感想
2014-12-24 Wed 00:00
<作品名>    迷える2人とセカイのすべて
<製作会社名>  Lass

迷える2人とセカイのすべて

【さわり】
幼いころのエルフとの約束を守るために奮闘する少年の話。
ちいさなエルフと出会い、そして彼女を狙う組織や黒幕に仲間と力を合わせて戦うことになるが、その先にはさらに驚きの展開が。

シナリオ構成
S--
シナリオは6ルートある。前半の共通√で中には少しだけ各選択肢のキャラ話が挿入されている。後半の個別ルートの長さはまちまちだが2-3hというところ。
フィア√に関してのみ、単体でもう少し長さがある。
全体的なボリュームという意味では十分か。

【推奨攻略順 : 鈴蘭→那由他→奈々→桃華→乙羽→フィア】
フィアルートのみ5キャラ攻略後。

CG
S-
塗は濃く、特徴の硬い特徴のある絵。
正直なところ違和感のある絵もちらほら存在する。
しかしながら、全体的な完成度という意味では十分だろう。
前半と後半ででてくるキャラが大分違うが、イメージの使い回しなどで大分稼いでる印象。
流血CGもいくつかあるので注意が必要。
数が少ないがSD絵も存在。

音楽
S
Vo曲3曲(OP1/ED2)BGM32曲という構成。
どこかに目を引く、という物が無いのが少し残念か。
BGMに関しては戦闘用等もあったのだがやはりタイトル画面でも流れる「迷える2人」のような少しほの暗いBGMが作品には非常に合っていた印象を受けた。

お勧め度
S-
いままでのLassっぽさは無いのかなぁ…。
少し安っぽさを感じた所が多かった為(特にシナリオでは)個人的にはお勧めをしていない作品に分類。エルフが出てきたりとい世界を扱った作品ではあるので、そういうのが好きな人はプレイするのもありなのかもしれない。

総合評価
S-

公式ホームページ
↑クリックすると公式HPに飛びます。

かなり唐突に物語が始まる印象を受ける。
しかしながら、特に読みにくいテキストというわけではないのだが、手序盤の展開が速すぎたせいなのか、そもそもの流れが妖しいのか理由は定かではないが、世界観に引き込まれるかというとそういうわけではなく、特に序盤の違和感は拭えず(主人公の行動理由や周りの反応)、どうにも置いていかれる展開というのが目立った。
ただ、物語の設定等が難しいと言うわけではなく、純粋に登場人物の心理が読めないという点において不器用さを感じる。

テンポの良い所も無論あるのだが、そういった所は場面をはしょってる印象の方が強く印象を受けてしまい、どうしても演出の下手さや描写の不器用さが全体に目立つ。
そのせいで、せっかく存在している感動シーンでもサクッと終わらせられてしまい、到底感動には至らない。
特に後半では気持ちも乗りきらないことからそういった傾向が強くなる。

物語ではちいさなエルフを保護することになるのだが、そのために障害を乗り越えたり、少女を狙う組織と戦ったりと意外とバトルは満載。
戦闘描写自体はかなり稚拙だが、ヴィジュアル面ではワンカットの動画を使用する等頑張りがなされている。

エルフに始まり、魔術や魔法などバトルに絡められて序盤からもでてきてはいたのだが、とくに後半(個別ルート)になると一気に物語が異世界物に変化し全体の雰囲気はかなり変わる。

この作品の最も大きな問題点がその後半部分にあると言える。
後半では異世界編に突入し、世界を救うために行動することになるのだが、その際の登場人物の設定や地形などが地味にすべて変化している。そういった点にフィア√で説明があるのかと思いきやそういう部分もなく、理由は不明のまま。
(世界線等の話になればさらにややこしくなるし…)

そういった原因もあり、幸か不幸か後半の展開は大分√によって展開が変わっている。ただ、頼るアイテムが全く同じだったりと、そういう部分すらも活かせておらず、結果として予想しやすい展開に帰着する。

全√のまとめとなるフィア√でも大まかにそういった線を外れることはできなかった。特筆するとすると全ルートで完全にHAPPYENDと言えなかった部分が、解消されていた程度だろう。

コンフィグに関しては通常程度だろう。
ただ文中にかなりミスがあった為、洗練されていないことはうかがえる。

【総括】
バトル要素満載の異世界物作品ではあるが、魅力が上手い具合に潰されており、どうにも評価するのは難しい作品。

(追記あらためぶっちゃけコーナー)
戦闘シーンはCG準備して音鳴らして終わり…というのがざっくりとした感想。
メインじゃないならそれでもよかったんだけどなぁ…。
後半の異世界編は好きな人は好きなんだろうけど、それでも展開が読めすぎると言うのはつらい。結局頼るのはい世界樹の実というね…万能すぎるだろ…。
デウス・エクス・マキナかよ…。
後半の登場キャラの設定の違いや異世界樹への道のりの長さ等が違うのも気になるし…。
もう少しルート間の話し合いと文章自体を洗練させる必要があるな…そういった点についてはおそらく製品レベルとは言い難いかも。
拍手する
別窓で開く | ゲームのレビュー | この記事へコメントをする:0 | トラックバック:0 | top↑
少女神域∽少女天獄 -The Garden of Fifth Zoa- の感想
2013-05-10 Fri 12:00
<作品名>    少女神域∽少女天獄 -The Garden of Fifth Zoa-
<製作会社名>  Lass

少女 (1)

シナリオ
S
ルートは4本。共通が比較的に長い事もあり、1週目は多少時間がかかる。
だが、その他個別ルートは、合間に個別のシーンが挿入されているので、全体では1hほどの長さとなっており、全体としては少々ボリューム不足を感じるだろう。
攻略順にロックはかかっていないが、お勧めの攻略順は存在する。
その推奨攻略順は「迪希→愛莉→碧織→祥那」がおそらく安定。

CG
S
線はかなり細く、塗は濃い、特に髪に特徴のある絵。
少々バランスの崩れている立ち絵やCGがあるものの、総じて合格レベル。
背景等は綺麗で数も多く、評価したい。
話の構成上、流血・グロCGが数枚あり注意が必要。

音楽
S+
BGM25曲、Vo曲3曲(OP1-ED2)の一般的といえる構成。
OPの妖しさは作品の雰囲気にあっており、高評価。
その他のVo曲も寂の部分が素晴らしく、単体でも問題ない良曲である。。
BGMついては作風に合わせて、戦闘用の物や暗い雰囲気のものが多く扱われている。

お勧め度
S
古き良き日本の田舎が舞台の、猟奇的儀式をテーマにした作品。
含有成分としては「暗め」「流血&グロ(微)」「戦闘」「異能(?)」「田舎」「日本伝奇物」等々。
ストーリー自体は面白いが、見せ方などには賛否が分かれそう。
個人的にはやらなくても問題はないだろうレベルの作品。

総合評価
S

公式ホームページ
↑クリックすると公式HPに飛びます。

「え…?」というのがこの作品をすべて終わらせたときの私の発言。

お勧めにも書いたような作風の作品で、やはり全体を通して暗い。

序盤、特に目につくのは地の文の多さだろう。
登場キャラも多く、その中で土着のしきたりや風習の説明、地名、人名また各家のつながりがわんさか入っており、それらを一気に羅列するため、相当な能力がなければ場面の完全な把握は不可能であり、立ち絵の内サブキャラの名前の把握は最後まで不可能であった。
これらは物語中盤まで続く。
決して説明が下手なわけではないのだろうが、独特な雰囲気に合わせてしまったせいか、多用される他の視点から得られる情報や、登場人物全員の「ひとつ捻ったような」意味深なセリフ、文章中の傍点(文字の横の点)に意識を向け出すと迷宮にはまる。
ただ、実際は深く考えずに1つ√終わらせてしまった方がよいだろう。
というのも、全部終わった今でも謎は謎のままだったうえ、分かる範囲で裏に隠されていた物はそこまで予想外でもなく、難しいものでもなかった。
そう言った深い意味を持たせるような表現は、計算しつくされた物語のみで生きる物なので肩透かしもよいところである。

そんな中、ある種「無駄」ともいえる日常シーン――街を歩いているときに思い返す昔の話だとか、料理を食べてる時はかなり微細に描かれており、ゆったりした田舎の物語が好きな人にはなかなかいい雰囲気ではないのかな、というのが中盤当たりの評価である。

ただ、それは「無駄」といえるシーンに限ったことであり、個別ルートに入ってからの各ヒロインとの恋に落ちるまでの描写はかなり投げやり。
展開も急なうえ、「祥那」を除く3キャラは始まりから終わり方まで全てそっくりで、評価にならないレベルといえるだろう。

物語後半にかけてからは速度が急に早くなる、妖しい雰囲気が漂い、絡み合う複雑な親の利権や、ホラーのような雰囲気やグロ描写等も少し入ってきて、中盤を超えてくると、戦闘描写も入っている。
雰囲気その物に関してはなかなかのものだが、戦闘シーンはお粗末、掛け声とCGの動かしで何とかなり立っているレベルでここに関しては期待しない方がよいだろう。

最終場面には各キャラ泣きシーンが用意されており、ここで最大の努力を見せるものの、上記にあげたとおりの壮大な準備不足で、熱演してくださる声優さんの頑張りも空しく、微妙な結果におわった。

裏に隠されている大筋のストーリー自体はかなり面白く、興味深いと言える。
しかしながら本当に「説明されない」設定が多すぎる、物語の発端や壁の意味、各家の能力等、推測に推測をかさねることでしか把握できない。
また、ピックアップする部分も間違っている。
今回、微細に描かれていた「無駄シーン」は他のものがすべて完ぺきな状態でやっと光るシーンである、まず他の部分を書いてから、がセオリーだろう。
それまでは無駄シーンは、省くor周回を重ねないと出ないようにしておかなくては、説明と重なりややこしくなる。

…と、直すべきところが沢山ある作品なのは間違いなく、好き嫌いが分かれる作品なんだろうなとの感想が漏れる。

重ねて、ストーリー自体は面白かったので、甘めの評価でSを付けさせてもらった。

コンフィグに関してはなかなかそろっていると言える。
設定画面ではなく、↑部分にある設定で細かく設定が可能。

(追記あらためぶっちゃけコーナー)
ん~まぁ、Lassっぽい、設定がいつも通り抜けてる作品でしたね。
FDか後編がある事を前提して、ならいいんだけど…ほんとあの会社これで大丈夫なの…?
それでも根幹にある物語は結構面白いんだよなぁ…。
あと、「え…」でおわったという話ですが、祥那√は最後本当に超展開です僕には理解しきれませんでした。しかも碌な説明もなく終わりやがった…。
本当にほとんど謎だったし…。
完全なGOODENDは0に等しいし、各キャラの作りこみ、ヒロインとのやり取りなど短かったのがかなり今回痛いだろうということだけ、言っておこう。
拍手する
別窓で開く | ゲームのレビュー | この記事へコメントをする:0 | トラックバック:0 | top↑
11eyes-罪と罰と贖いの少女- のレビュー
2009-08-13 Thu 12:00
<作品名>    11eyes-罪と罰と贖いの少女-
<製作会社名>  Lass

11eyes.jpg

シナリオ
S++
秀逸な燃えゲー。
多くのBADENDがあり、ルートは全部で5本だが、ほとんど各ルートでほとんど物語が変わらない。
1週目は長いが、2週目からはスキップの時間の方が長い。
菊理ルートは最後に回したほうが無難。

CG
S
枚数は多いが、同じ構図の物も多々ある。
基本的には綺麗で、立ち絵にも文句はない。
戦闘描写で使われるCGは少ないが、エフェクトなどをかけてまるで動いて見せるようにする技術はFateを思わせる。
気になるところも数点あったが、以上を考慮し現在での最高ランクをつけさせてもらった。

音楽
S+
OPの曲はいかにも燃えゲーらしくてかなりのお気に入り。
BGMはその場の雰囲気を盛り上げるものが多く、BGMとして秀逸なものが多々ある。
挿入歌の曲自体も非常によく、挿入シーンもきちんと見極められていた。
それでももう一足欲しかった。

お勧め度
S++
このレベルが全部揃ったゲームは非常に少なく、燃ゲーとしてお勧めしよう。

総合評価
S++
姉の死を抱えて、幼馴染のゆかと生きていた駆。
そんな二人が何の前触れもなく恐怖の世界に叩き落される。
突如赤く染まる世界、そこから始まる新しい出会いは、駆をどう変えていくのか。

燃ゲーに必要な要素としての「燃」の部分は十分すぎるほどだが、それだけではこのランクは出ない。
動画のように動くキャラや戦闘シーン、「クロスビジョン」によって書かれる各キャラの深い心の部分などまで作りこまれたこの物語。
欠点を挙げるなら、各キャラで物語にあまり変化がないことといえる。
しかしながら、これだけ大掛かりな物語ならキャラ別の物語を作れなかったことも許せるだろう。
文章自体も非常にテンポがよく読みやすい。
演出などもしっかり力を入れていて、数箇所泣かされそうなところもあるくらい。
普通の燃ゲーとは一味違う、しかし「燃」一筋なこの作品は非常に心に残る名作となった。

(追記あらためぶっちゃけコーナー)
正直な話、少し時間がたってから考えるとそこまでの評価はしてないかも。
上にもいろいろ書いてるけど、やっぱり詰めの甘い部分が多かった。
ただ、燃えゲーの中ではやっぱり名作だと思う。
その証拠に、続編的な物も出てるしね。
拍手する
別窓で開く | ゲームのレビュー | この記事へコメントをする:0 | トラックバック:0 | top↑
| 青空の翼と過去の十字架 |