自作の壁紙や泣きゲーレビュー公開しているブログ。チャットルームや自作小説もあります そんな鍵っ子小説家のブログです。
☆★☆★ 毎日0時の定期更新中。現在は壁紙制作・泣きゲーレビューが主活動 ★☆★☆





 


さくらテイル のレビュー
2010-02-26 Fri 00:00
<作品名>    さくらテイル
<製作会社名>  Fizz

さくらテイル

シナリオ
S--
タイトルの通り、春から5月くらいにかけての物語。
全6人だが、END数は倍以上ある。
しかし、前代未聞なほど長いわけではなく、いくつかのENDはBADみたいなもので、共通ルートも長い。

CG
S--
構図的な問題は少ないが、いくつかのCGで顔のバランスが崩れていたり、体のラインがおかしかったりしている。
若干目立つ部分もあるので大幅に減点している。

音楽
S-
BGMやOP、ED、挿入歌などもあり種類は豊富。
質についてどうこう言えるレベルではないが、聞き流す文には問題のないBGMが多い。

お勧め度
S--
この会社の作品には全体的に後一歩足りないところが多い。
平均に届きすらしてないのはいたいところなので、後回しでもいいかと思う。

総合評価
S--
入学を機に一人暮らしをすることにした主人公、新條正宗。
貴族も通うという桜に抱かれた『王立春宵学園』で彼を待っていたのはさまざまな部活の強引な勧誘。
窮地の彼を救ってくれたのは奇妙ないでたちの上級生と思わしき女騎士。
その半日後、その対極に位置する少女とであう――陽と陰。
学園で数年ぶりに会った幼馴染は見る影もないほど地味になっていた。
新しい学園、新しい生活、そして個性的なヒロインとの出会いで物語は回り始める。

今回の物語のテーマは「恋する乙女は2度変わる」というもの。
キャラを攻略するとD.D.S(デレ・デレ・システム)というものが使用でき、桜の木に花びらがついている間はそのキャラが無条件にデレるという目新しいシステムがある。
もちろん、作中ではそれ以外にも劇的な変化をヒロインたちが見せるのだが、なぜだがストーリーに薄さを感じる。
要所要所でセンスを見せる展開があるのだが、それ以上踏み込んでこず、中途半端に設定を残している。
ぼかしたというよりは、手に余って何も出来なかった感じがうかがえ、朋乃ルートに救済パッチが当てられることから多少のばたばた感も伝わる。
ギャグも時々笑うのだが長続きせず、物語り全体にリズムが少ない。
絵やBGMの質とも絡めて全体的な出力不足といえる。
明るい物語をやりたいだけならと目はしないが、ストーリーなど他のものを求めるなら期待しないほうが良い。
全ての分野に課題が残るので、次回作ではぜひ改善して言ってほしい。
それと、何か一つ「これは!」と思える光るものを持っておきたい。

(追記あらためぶっちゃけコーナー)
どうも未完成品と言う印象が強かった。
バトルシーンなどもあるが、本当にイマイチ。
一部ルートなど、打つ成分が強すぎ(また未完成)なため、修正パッチが配布されている。
それを使用すれば大分マシにはなるが、それでも低評価。
スポンサーサイト
拍手する
別窓で開く | ゲームのレビュー | この記事へコメントをする:2 | トラックバック:0 | top↑
朝凪のアクアノーツ のレビュー
2009-10-14 Wed 12:00
<作品名>     朝凪のアクアノーツ
<製作会社名>  Fizz

朝凪のアクアノーツ

シナリオ
S--
ルート数はBAD(?)2本を含めると6本で、共通は案外長く、個人ルートに別れた後もBAD以外は長さがある。
共通を抜いて考えると、普通か、ほんの少し少ないくらい。
少し荒い文章のような気がする。

CG
S--
基本的に綺麗な構図&CGが多く、枚数も多い。
しかしながら、数人の立ち絵とCGで大きく失敗しているので減点している。

音楽
S--
OPは榊原ゆいさん(ヒロイン声優も担当)なので、万人に好まれると思う。
BGMが平均的か、それを少し下回っているくらいの出来。
泣きシーンでのBGMはもう少し頑張ってほしかった。

お勧め度
S--
予想できる展開が多いが、ある意味それは安定しているということである。
名作と紹介できるわけではないが、設定は新鮮で、失敗はないとも言えるので、お勧め度はこれくらい。

総合評価
S--
物語の主人公・慧本亜樹(えもと あき)は夏休みも差し迫ったある夜――テトラポットの上で歌う少女を見かける。
その少女、クラスメートの朝凪深緒が「人魚(セイレン)」という衝撃の真実を知った主人公。
今までは、彼女の持つ『トリトンハンマー』で記憶を消すことが出来ていたが、どうやら壊れてしまったようで一方的に責任を取らされることに。
こうして、ワガママ人魚姫・深緒とのいつもと違う生活が始まる。
『白浜学園』を舞台とした、1学期後半から2学期前半までの夏の物語。

なかなか見ない人魚伝説をモチーフにした物語。
安定した物語はその逆、先を読まれるので、泣きシーンで泣くまでには至れなかった。
若干、文章の表現の拙さと、無駄にコアな知識を入れてくるのが玉に瑕。
設定を十分に生かせていないものもあり、ストーリーの評価などは低めにしてある。
しかし、BADは案外秀逸なものも見て取れる…。
ただ、悪い所ばかりではなく、物語後半のあるシーンで複雑に混ざり合う複数人の主人公へ感情を、それぞれのルートから再びそれぞれの立場で省みることでさらに物語への理解を深めていたりするのもよい。
また、おまけも4話分存在しており、さらに、キャラへの愛情――もとい、理解を深められるだろう。
BGMにはもう少し頑張ってほしいところもあったが、キャラや物語自体の設定はよかっただけに、高評価が取れなかったことが悔やまれる。

(追記あらためぶっちゃけコーナー)
人魚がでてくる、少々珍しいお話。
ただ、その部分以外で引きつけられる部分、と言うのが無いのが痛手。
設定を活かした泣ける話を作ってほしかった所。
設定が気になっている人は素直にプレイしてみるのもよいかも。
拍手する
別窓で開く | ゲームのレビュー | この記事へコメントをする:0 | トラックバック:0 | top↑
| 青空の翼と過去の十字架 |