自作の壁紙や泣きゲーレビュー公開しているブログ。チャットルームや自作小説もあります そんな鍵っ子小説家のブログです。
☆★☆★ 毎日0時の定期更新中。現在は壁紙制作・泣きゲーレビューが主活動 ★☆★☆





 


[レビュー]空のつくりかた -under the same sky,over the rainbow-の感想
2017-05-23 Tue 00:00
<作品名>    空のつくりかた -under the same sky,over the rainbow-
<製作会社名>  COSMIC CUTE

空のつくりかた

シナリオ構成
S+
攻略可能キャラは4キャラで、オマケ程度のノーマルEDを含めるとED数は5つ。
ハル√へ向けて各キャラ分岐が発生する形のシナリオ。
キャラ数は少ないものの、各ルートの長さや本編自体の長さも十二分であり、全体的なボリュームも相応のものとなっている。

【推奨攻略順 : 和葉→ユリカ→ノア→ノーマル→ハル 】
攻略順に指定はないものの、シナリオの構造的に上記の攻略順が一番きれいに攻略できるはず。

CG
S
線がしっかりとした、塗りの濃い絵。
質に関しては多少の乱れはあるものの、総じての完成度は非常に高い。
また、立ち絵・イベントCGの両方において目パチ機能が付いているのも特徴的だろう。
SD絵もいくつか存在している。

音楽
S+
BGM25曲、Vo曲2曲(OP1/ED1)という構成。
今回使用されているBGMのイメージは舞台にあせて基本的にジャズテイストに統一されているが、「Majestic trip」や「刹那ライフル」のような明るく豪華なイメージのものや、泣きシーンで主に使われた「果てのない世界」のような思わずグッとくるものなど非常に多種多様であり、世界観をしっかりと作ってくれていた。
Vo曲で目を引くのはやはりOPの「JACK KEEPER」だろう。
様々あるシナリオ中であっても明るく突き抜けるような曲であり、非常に素晴らしい楽曲となっている。

お勧め度
S+
『便利屋』のような探偵が主人公が助手の魔法使いハルや仲間によって持ち込まれる事件に巻き込まれる魔法・科学アリアリのドタバタ作品。
少々作りこみ度が甘くはあるものの、読み物として十二分に作りこまれている作品であり、特に初心者にお勧めしやすい作品。
特に舞台や絵・音楽の雰囲気などが気に入った方には安心して楽しんでもらえるだろう。

総合評価
S+

公式ページ
↑クリックすると公式HPに飛びます。

地方都市『ナオカ』の『ミッドリア』で探偵事務所を開く主人公はある日交通事故に巻き込まれて、魔法使いの少女「ハル」と出会うことになるのだが、彼女との出会いもそこそこに事件に巻き込まれることとなり――。

と、以下でシナリオの話(や評価)をしてしまいたいところだが、少し特殊な主人公について説明の補足を加えておく。
探偵業の――実際は『便利屋』と呼ばれるが――なんでも請け負う今作の主人公。
作中の主人公CGにヒゲがあるため30-40代のように見えるが、序盤のユリカのセリフ曰く20台後半くらいの年齢であり、厳密にはおじさん主人公ではない。

そんな主人公が主に”巻き込まれる”事件の数々が作品部分となっている。
シナリオは助手である魔法使い『ハルとの出会い』となる話から始まり、『数葉の話』、『ユリカの話』、『ノアの話』、そして最後に再び『ハルの話』という順番で進行していき、各話で各キャラ√が分岐する形となっている。
一つ一つの話にはきっちりと起承転結があり、話自体も独立しているので舞台の特殊性も相まってマフィアや魔法、錬金術に…と要素だけの混沌さならほとんどの作品に負けない。

学園物でないとい点だけではなく、主人公や舞台等を鑑みても作品として非常に珍しいものであることは言うまでもないだろう。
それだけに表現として難しい部分があったようには思えるが、プレイしていて違和感等を感じることはほとんどなかったといえる。

探偵業ということで謎解き部分があるのかと思いきや、基本的には巻き込まれた物語を何とかかんとか解決していく『便利屋』成分が強くサスペンス成分はかなり薄い。
作中の序盤ではいろいろと伏線等もあるのだが、他の作品と比べるとあくまで『秘密にしているだけ』という印象を受けるものが多い。
各キャラ話に関しても、関連している部分があるのは確かであり、そのあたり巧いとは思うものの、全体を通して…というものでもないので過度な期待は禁物。

この作品で評価したい部分はいろいろあるのだが、先に語った物語の『異常性』意外の部分で上げるなら各キャラクターについてだろう。
登場するキャラクターの多くは、マフィアの跋扈するような舞台に似合わず柔らかい印象のキャラクターが多く、例外的なユリカに関してもギャップ的に可愛い部分が多く、暗くなりがちな(?)シナリオでは何度も彼女たちに癒されることになる。
また個別ルートであっても、二人だけの世界にこもらずきちんと各ヒロインが登場しているので、物語としての多様性が小さくなっていないのも魅力。
ヒロインだけではなく、サブキャラクターにおいても一癖も二癖もある人物ばかりで、物語においても各話で重要な役割を担うことが多いので注目しておきたい部分でもあり、又評価している部分でもある。

演出自体に甘さがあり、どうしても号泣とはいかなかったが、シナリオ自体がしっかりしているせいか、泣き部分も後半につれ増えてくるので、泣きゲーが好きな人にも手に取ってほしい作品である。

コンフィグは少しもっさりしているものの、基本的には問題ない。
どちらかというと、インターフェイス系がかなり特殊で慣れるまではつらい。

【総括】
特殊な世界感で描いた作品であり、そういう意味では他の作品にはない魅力をいかんなく発揮した作品といえ、この評価とした。

(ぶっちゃけコーナー)
今回は本当に感想が書きにくい…。
なんだろう、特殊な舞台ってのもあるんだけどこの作品の魅力ってのが結構複雑なんだよな…。
ぶっちゃけ書く能力がないだけなんだとは思うけれど…各キャラの魅力等々書き切れていない部分はあるから、やっぱりプレイして楽しんでほしいかも。
体験版やってその雰囲気が好きになった人は終盤まで楽しめるし、最初でダメな人はきっと最後までダメ。
スポンサーサイト
拍手する
別窓で開く | ゲームのレビュー | この記事へコメントをする:0 | トラックバック:0 | top↑
グリムガーデンの少女-witch in gleamgarden- の感想
2013-08-15 Thu 12:08
<作品名>    グリムガーデンの少女-witch in gleamgarden-
<製作会社名>  COSMIC CUTE

001_20130815120825eca.jpg

シナリオ構成
S+
ルートは全5本。
各ルートの長さは大体等しく3h程度。共通も一般程度の長さであり、全体的なボリュームは平均程度と言えるだろう。
若干だが攻略順に指定があるので、それさえ守っていればよいが、今回もより楽しむための個人的推奨攻略順を示す。

【おすすめ攻略順 : 千歳→由真→桜子→白雪→TRUE】

CG
S
線画細く塗りは濃い。独特のキレがある、特に特徴的なのはイベントCGだろうか。
1キャラに対するイベントCGの枚数は平均より少し上と言うところ。SD絵も多数あり、全体的にみるとそのボリュームとしては十分だろう。
シーン展開時など、細かいところの演出もなかなかのもので、高評価。

音楽
S+
Vo曲1曲、BGM33曲(OPのアレンジBGM含む)と言う構成。
riyaさんの歌うOPはさすがに綺麗さがあり、BGMもコーラスが入っているものがあったりとなかなか高レベルの物がそろっている。
しかし、今一歩物足りないものがあるのも確か。

お勧め度
S+
特殊能力、学園物、主人公教師、異能バトル・格闘…が、作品の成分となっている。
(正確には違うものがいくつかあるが)
設定がかなり特殊である事や完成度が若干低く、メタ発言、流血シーン等も多くあるため、初心者にはなかなかお勧めしにくい作品となっている。

泣きシーン等もありかなりがんばっているのだが、今一歩物語としては完成しておらず

総合評価
S

公式ホームページ
↑クリックすると公式HPに飛びます。

【物語について】
グリムという、謎の病気により人間にはありえない特殊能力が発現してしまう。
そうした少女たちを集め、その力が暴走しないように訓練する場所ガーデン、そこに監督官(兼教師)としてやってきた主人公――。

物語設定はかなり特殊であるが、その説明等はうまくなされており、あまり設定の混乱はなく物語を読み進めることは出来るだろう。

しかしながら、物語全体…特に前半~中盤にかけてのテンポが早く、理解できないほどではない物の、物語に深く入れない状態で、一番盛り上がる泣きシーンがやってくる。
心の準備がこちらに出来ていないため、心だけが半分置いて行かれた状態でシーンが展開していくシーンが多々あり、そういった点を改善するためにも、やはりもう少しじっくり書いてほしかったと言える。

戦闘シーンについては、基本的にあるにはあるがメインにしてないと言える程度のものであり、この作品に異能バトルを目当てにするのは正直間違い。
どちらかと言うと、「異能」が現れることによる、人と人の心の変化、特に心の闇の部分を追う作品となっている。

急いで作っているためなのかどうか、文字と絵に食い違いがあるシーン等や、細かい世界の設定、各キャラ(各ルート間)での性格の細かい違いなどが現れており、細かい意味での物語全体としての完成度は低い。

しかしながら、評価したい部分もきちんとある。
先ほども言った、泣きシーン(盛り上がりシーン)の多さがこの作品の魅力の一つだろう。
各ルートに1つ以上は存在しているだけではなく、共通ルートにも多く存在している。
その中でBGMとあわせ、涙腺に来そうなシーンはいくつかあり、もう少し事前の雰囲気やBGM、文章、演出等の連携・頑張りがあれば数段上の評価を下していただろう。

また物語終盤、TRUEルートでの伏線明かし等はなかなかに見事。
これまで少しずつ溜まっていた謎である部分が一気に明かされて行く。そしてそのテンションを落とすことなく、一番盛り上がる最終シーンへの突入。
この部分の評価だけは高くしてあげたい。
その分だけ、あまり動かせていない脇役キャラ(集団)がいたのは少し残念。
意外な展開などはもちろんあったのだが、最後のルートであるからこそ、燃える(泣ける)挿入歌や全ての設定を使いきるような展開を期待していた。
そういう意味では少々期待を下回ってしまっただろう。

【総括】
泣きシーンに類似した盛り上がりシーンが多々見られるものの、テンポが早く到底受け入れられるものではなく、もう少し丁寧に作る必要があるシーンも多々見られる。
ただ、それでも努力の後はしっかりと見られるので、シナリオ部分だけ評価を少し高くして、全体評価としては低めのこの評価を付けさせてもらった。

(追記あらためぶっちゃけコーナー)
まぁ、上でさんざん書いたことだけど…ほんとおしいわ。
いや、頑張ったのは認めるけど、泣きシーンとか唐突過ぎるだろ…。
もう少し事前にあっためないと、さすがに泣きたくても泣けないわ…。
後場面展開結構下手なところあるしなぁ…。
もうすこし、そういう細かい所に気を配る必要があるかも。
それでも泣けるシーンのようなものはたくさんあったのは嬉しかったかなぁ…もう少し努力して、ダメなところを一つ一つつぶせば、数段上の評価は出せるな。
というか、地力持ってる分本当に惜しいわ…。
拍手する
別窓で開く | ゲームのレビュー | この記事へコメントをする:4 | トラックバック:0 | top↑
LOVE SICK PUPPIES -僕らは恋するために生まれてきた- の感想
2013-04-23 Tue 12:00
<作品名>    LOVE SICK PUPPIES -僕らは恋するために生まれてきた-
<製作会社名>  COSMIC CUTE

LOVESICK PUPPIES

シナリオ
S
ルートは5本、各個別の長さは2-3h程度。共通の量もそこそこあるので、全体的なボリュームは平均以上といえる。
推奨攻略順に指定がないが、おすすめ攻略順は
ソーニャ→まるな→勇→有希→織江が一番分かりやすいだろう。

CG
S
塗は濃く、線は細い。はっきり、つややかな印象を受ける絵。
立ち絵は高レベルの質だが、CGはいくつか雰囲気を変えバランスの悪い物も見られるので不安はある。
立ち絵に目パチのみあり。
ゲーム屋背景に「車輪の国、向日葵の少女」があったのは印象的。

音楽
S
BGM62曲、OPとED各1曲。の大ボリュームとなっているが。
個人的な意見では完全にBGMは空気と言えた。
ある意味BGMらしいBGMで、層も厚く作品の邪魔はしないのだが、印象に残らず、作品に全く影響を与えなかった。
数が少なくてもいいので、もう少し踏み込んだBGMや挿入歌がほしいところ。

お勧め度
S+
一言で言うと「内容のあるギャグ・萌えゲー」という感じだろうか。
含有成分は「ギャグ」「青い青春(恋愛)」「アパート(寮)」
シナリオはしっかりしてるし、日常は面白い、誰にでも勧めやすい、普通に飽きずに楽しめる作品といえる。

総合評価
S

公式ホームページ
↑クリックすると公式HPに飛びます。

学生寮「ニーシェ」の管理人のような事をやっている主人公、学園では何でも屋のような事も、そうして次第にトラブルを拾――巻き込まれて行き、寮に住む人が増えていく話。

作品的には唐突に始まる印象のこの作品、しかしながらギャグ、伏線の点でつかみはばっちりだったと言える。(ある意味誇大しすぎだが)
舞台設定が少々特殊な地域――学生が社会人のまねごとのような事をしている地域なのだが、バイトしているようなものだと思えばリアルに即した世界といえる。
登場人物も序盤に一気に登場するが、雰囲気をつかむまでのOP、そのOPまでにそれらを把握する事になるのだが、結構なボリュームがあるため楽しみながら見られた印象。

全体的な流れとしては、日常に愉快なギャグを混ぜながら、ヒロインたちの魅力を引き出しつつ問題を解決していくというスタンス。
特にギャグは何度か重ねていくので、なかなかに面白く、無論ヒロインたちの魅力も相乗効果で高まってきていたと言え、しっかりと各ヒロインの内面が作りこまれていた印象を受ける。

起こる問題自体は安定路線の物が多めと思いきや予想もつかない冒険的な流れの物もあり、
見ている方をあきさせない程度の展開は望めるだろう。

各個別ルートでは視点変換を使い、各キャラの心情を綺麗に描き出し、また別のヒロインや脇役とも絡めることで上手く物語を動かしていたように思える。
シナリオライターが複数いるのか、作品ごとの出来に上下があったのは懸念すべきところ。

ただ、この作品の大きな問題点は次の1点といえる。
「見せ場で盛り上がらない!」
いや、正確には盛り上がるはずなのだ、物事のとらえ方もよく、新鮮かつ斬新な考え方で、それに対するヒロインや主人公の動き、セリフもかなりいい。
ただ、「盛り上がらない」…これは演出の問題もあるだろうが、やはりBGMが完全に空気となっていたところだろう。
それこそシナリオ+音声のみのゲームのようなレベルで、シナリオ自体もあまり踏み込んだものを書いていないので、BGMがキーだったが、完全に消えていた。
重要シーンで、もう少し丁寧に&BGMは踏み込んだ涙腺に響く物を用意していればかなり泣ける作品になれたのではないかと個人的には思っている。

結果、全体的にギャグ・萌えのみが目立ち、そこそこシナリオのある安定系ゲームとしてこの評価に収まった。

コンフィグに関してはよく考えられているのではないだろうか。
PDAに関しては、あまりシステムに絡んでくる事はないし。
起動日にちによって、タイトル画面が変わる等の細かい芸もちらほら見られる。

(追記あらためぶっちゃけコーナー)
おしいよなぁ…。
泣ける要素自体はあったよ、まるなとか有希√最後とか、織江序盤とかとかとか…。
ただ、活かせてなかったなぁ…。
盛り上げ方が下手なのか、シナリオや展開は悪くないはずなのに、涙は一滴も出ない…。
BGMのせいにしたけど、(いや、そのせいなんだろうけど)それ以外にも原因はあるな。
たぶん、きっと?
キャラとかも全員よかったし、主人公・ヒロインズも青い青春まっしぐらで良い雰囲気だった分だけ、泣けなかったのが惜しい。
拍手する
別窓で開く | ゲームのレビュー | この記事へコメントをする:2 | トラックバック:0 | top↑
| 青空の翼と過去の十字架 |