自作の壁紙や泣きゲーレビュー公開しているブログ。チャットルームや自作小説もあります そんな鍵っ子小説家のブログです。
☆★☆★ 毎日0時の定期更新中。現在は壁紙制作・泣きゲーレビューが主活動 ★☆★☆





 


D.C.II P.C. ~ダ・カーポII~プラスコミュニケーション のレビュー
2010-05-27 Thu 00:00
<作品名>    D.C.II P.C.
    ~ダ・カーポII~プラスコミュニケーション
<製作会社名>  CIRCUS

シナリオ
S+
数え方にもよるが、作りに作り直されているだけあって、シナリオは長く、攻略キャラは実に14キャラ…。
日常ルートも大まかに2通りくらいあり、個別に入ってからも長さはかなりある。
隠しキャラなども存在していてその場合、通常ルートから外れたりもしなければならないので、
全て攻略するには攻略サイト必須のゲームだと個人的には思う。

CG
S-
シナリオが長いだけあって、CGの枚数が多い!
およそ普通のゲームの3~4倍だろうか。
作り直されている所為もあってか、その質にはばらつきがあり、細かいところに気になる点が見出せるので
評価は最高とはならず。

音楽
S++
BGM、歌入りソング共に多し!
ゲーム外のものもあわせるならそれはものすごいことになるのだろう…。
質も、ゲーム内外含めてよいものが多いから、この点はかなり評価が高い。

お勧め度
S+
長い所為もあってか、初心者にはオススメしない。
KEY作品で言うONEのような歴史的産物…か、コアなファンにはなまらないのだろうケド…。

総合評価
S+
ストーリー(クリックすれば公式に飛びます)


Ⅰのころからこよなく愛され、Ⅱで本領を発揮したこの作品。
やはり、いうまでも泣くここまで作り直されているわけだから、いい作品なのはいうまでもない。
ダカーポの第2作目、不思議な桜の咲く島を舞台としているので、現象に縛りがなく、
比較的自由どの高い作品となっている。
SF的な内容が多かったりもするが、基本は学園を中心に進めていく…。
案外Ⅰ(D.C.)をやらなくてもⅡはかなり理解できたりするが、
Ⅰをやってからの方がⅡのなかで起こるこまごまとしたエピソードが理解できたり、
そういうところで、感動や共感が深まるのかもしれない。
14キャラもいるので、おそらくどれか好きなキャラは出来るといえるだろう・・・。
また、これだけルートを作っておきながら、キャラはあまりかぶらせず、
展開もほとんど違い、質はそこそこいい物を用意しているのが驚くところ。
評価ではあまり高くないが、これは終らすまでにだれるから…。
爆発的な感動シーンも一応用意されてあり、各ルートでも泣かせてはくれるので
かなり良作だといえる。
アニメが個人的にはただのネタバレになってしまう恐れがあるので、
それを十分考えた上で是非プレイしてほしい。
歴史的にも、泣くゲー的にも非常に大きな役割を持った作品といえる。

(追記あらためぶっちゃけコーナー)
少し不思議な舞台の学園物泣きゲーで、Ⅰ~Ⅲまである人気タイトル。
その評価の目玉となる音楽に関してはかなりのもの。
また、Ⅱのシナリオは中でもかなり良く、泣きゲーとしての評価も十分。
Ⅰから通してプレイすれば、Ⅲもかなり泣ける作品といううわさなので、世界観が気に入った方はぜひプレイを。
スポンサーサイト
拍手する
別窓で開く | ゲームのレビュー | この記事へコメントをする:0 | トラックバック:0 | top↑
水夏A.S+ のレビュー
2009-04-02 Thu 12:00
<作品名>    水夏A.S+
<製作会社名>  CIRCUS

水夏A.S+

シナリオ
S--
全体的にルートというものが存在せず、1章~4章までの別々の物語とおまけストーリーからなる。
どちらかというと、ルートがないのですぐに終わる。

CG
A+
綺麗な絵とだめな絵が混在。あるCGでは体のバランスや目の形がおかしすぎたりする。
あとは、適当似かかれたような絵もある。
いい構図のものもあるので、それで少しカバーしているが…。時代的なものか?

音楽
S--
「夏の終わりに」というピアノのBGMが好きでした。
あとは、OPもEDも好きじゃなかったな…他のBGMも平均下。

お勧め度
S--
昔の名作という意味ではそうなのかもしれないが…。自分の肌には合わなかったな…。
お勧めしないけど、好きな人は好きになるんじゃないだろうか?
OPだけでは決めずに体験版や(あるのか?)あらすじなんかを読んで決めてみるといい。

総合評価
S--
田舎(?)の常盤村を舞台とした夏の物語。
大きく4章に変われており、主人公・登場人物は章ごとに異なっている。
時々、他の物語に影響を与えたり与えなかったり…。
ルートはあまりなく、章の終わり方が違うだけ。
正直、理解力がないと辛い作品だし…書き方にも問題がある。
いきなり過去に戻るし…しかも過去って途中までわからないし…。
初めてやる人はかなり戸惑うと思う。
そんなこの作品だがテーマはずばり「死」です。
豊富な言葉でこのテーマをいろんな角度(物語)で見ていく…。
そして、各章で疑問だったことが第4章で解けていく様…。
これがこの作品のセールスポイント。
まぁ、俺はこの作品の言い回しがあまり好きではなかったけど…。
おまけシナリオは、まったく違う視点のものや、『名無しの少女』や『アルキメデス』の出会いなどを描いている。
まぁ、作品自体すきでない俺にはあまりぱっとしなかったが…。
BGM鑑賞コーナーではBGMを押すと作者のコメントが見れたり…。
あらすじ機能はあったが、普通に既読スキップとか欲しかったな。。。

(追記あらためぶっちゃけコーナー)
過去の泣きげーで、根強いファンはいる。
ただ少々難解なため、はっきりと好みの差が出る。
拍手する
別窓で開く | ゲームのレビュー | この記事へコメントをする:0 | トラックバック:0 | top↑
| 青空の翼と過去の十字架 |