自作の壁紙や泣きゲーレビュー公開しているブログ。チャットルームや自作小説もあります そんな鍵っ子小説家のブログです。
☆★☆★ 毎日0時の定期更新中。現在は壁紙制作・泣きゲーレビューが主活動 ★☆★☆





 


[レビュー]茜色の境界線の感想
2017-09-28 Thu 00:00
<作品名>     茜色の境界線
<製作会社名>   ALcot Honey Comb



茜色の境界線
公式ホームページ
↑クリックすると公式HPに飛びます。

キャラクター・シナリオ : 【 S- 】


共通√ 【 S- 】  3h
巴との出会いからタタリ討伐あたりまでが描かれている。
戦闘シーンというより、襲われるシーンと一瞬で撃退するシーンがある。
ヒロインとのエピソードもかなり少なく、本当に短いこのシナリオの中に作品の「起」「承」が詰まっている。
ある程度はテンプレのような展開が多いのだが、主人公の友人たちの存在やアドバイザー的役割の人物が複数人おり、それらに対するエピソード等がかなり不足しているため、どうしても上滑りした内容になっていることが多い。

茜色の境界線|Character|ALcotハニカム
巴1√ 【 S 】  1.5h
狐の妖怪で神様になるために400年の間タタリを狩り続けており、ある日戦闘で弱っていた巴を見つけた主人公が家につれて帰ったことから同姓生活が始まる。
つかみどころの無い性格をしており、多くのことを語らないが知っていることを匂わせることが多く、個別√では巴が神になるために私心を捨てなければならないという設定の基で展開してゆく。
戦闘シーンもあるにはあるが一瞬で終わる。


茜色の境界線|Character|ALcotハニカム (1)
尼崎 霞√ 【 S 】  1.5h
悪霊につかれていた主人公を安綱で切り捨て、助けてくれた女の子。
人と妖怪の間に生まれた半妖であり、生きるためにタタリを狩り続けている。
非常にストイックで気を許した相手以外には冷たく接するが、主人公に対しては出会いの負い目からか態度が非常に軟化し、クーデレキャラになった。


茜色の境界線|Character|ALcotハニカム (2)
姫路 紫苑√ 【 S 】  1.5h
主人公に恋する後輩。
主人公に猛烈なアタックを仕掛けるも、綺麗に躱されている。
タタリの標的になったこと以外は最も妖怪関係の話から遠い人物ではあるが、個別ルートではしっかりと関連した話になっている。
なぜ主人公のことを好きなのか、というファクターが重要になっているキャラであり、話としても非常によくできているのだが、文章の描写力が追い付いていない印象がある。



巴2(TRUE)√ 【 S- 】  1.5h
巴√のその後にあたる√。
全キャラクターが協力して問題の解決に当たる。
この√で隠されていた伏線はすべて暴かれることになるのだが正直な所重要度は高くなく、戦闘シーンが少しあるくらい。
TRUE√の展開としては予想できるレベルのもので平凡。



[ 主人公 ] 夢前 柊
すこし前に両親を亡くしている。

【推奨攻略順 : 霞→紫苑→巴1→巴2(TRUE) 】
3キャラ攻略するとTRUE√が解放される
巴√のアフターに当たるので、上記の順番が安定。


CG : 【 S 】
立ち絵では描く人によっての差が大きく感じられ統一感はない。
全体的にしっかりとした絵ではあるものの、いくつか幼さをかなり感じてしまうものもあり、CG間でのイメージの差が大きいほか、いくつかでは質の優劣も見受けられる


音楽 : 【 S 】
BGM20曲、Vo曲2曲(OP/ED1)という構成
BGMでは比較的明るいものが多いイメージでVo曲に関してはOP、EDのどちらもが和テイストの曲となっている。
特筆すべき点がないのが少し悲しいところ。


お勧め度 : 【 S-- 】
萌えと燃えを前面に押し出した作品――という意味でなら全くおすすめはしない。
特に燃えに関してはほとんど感じられる部分がない。
シナリオ自体に加えて文章の描写自体も拙い部分が多く、ミドルプライスという事を考慮しても評価は揺るがない。


総合評価 : 【 S- 】
作品の魅力というべきところがなく、全体的な完成度も低い。
値段的な部分を考慮してこの評価。


(ぶっちゃけコーナー)
物語の設定自体は結構テンプレだけど面白いものを持ってた。
だけど、本当に展開がひどい。
全部予想できてしまう上に、一瞬で読み終えてしまうから感想もない。
値段的なものもあって、こういう長さのシナリオになってしまったのかもしれないが、そうなってしまうのならば「いっそ作らなければいいのでは・・・」という感想が普通に出る、というか出した。
燃えシーンは見当たらないし、萌えゲーとしてもシナリオが薄すぎてキャラに魅力を感じにくい。
システム的にも最新のパッチを当てないとバックログが使えなかったり、文中には何度かミスのコマンドが残っていたりと完成度の低さがうかがえる。
せめて1度自身の手でクリアしてデバッグしてほしいところ。
スポンサーサイト
拍手する
別窓で開く | ゲームのレビュー | この記事へコメントをする:0 | トラックバック:0 | top↑
[レビュー]そして初恋が妹になるの感想
2016-07-15 Fri 00:00
<作品名>    そして初恋が妹になる
<製作会社名>  ALcot Honey Comb

そして初恋が妹になる

シナリオ構成
S++
攻略キャラは4キャラ。
共通ルートに比較的量はあるものの個別ルートは2-3h程度なので、全体的には平均より少し短い程度の作品となっている。

【推奨攻略順 : 遊花→寧々子→忍→翼 】
翼以外に攻略順の指定はないため自由な攻略順でよいだろう。
クリア後にExtraとしてアフター√が解放される。

CG
S
線が細く、とても淡い塗りの絵。
全体的に安定はしているものの、はっと驚くような絵は少なく、昨今の作品の中では評価をしにくい部類に入るのかもしれない。
個人的にはなるのだが、男性の書き方に関しては好き。

音楽
S++
BGM29曲、Vo曲2曲(OP/ED)という構成。
最初に言っておくが今回の評価は完全にBGMによるもので、残念なことにOPとEDにあまり強い印象を受けなかった。
対してのBGMは宝の山といってもいいほどで「Dreams and reality」や「二人の距離」「咲き誇れ!」など、一つ一つとってみれば意外と破壊力は高くないのだが、これが今回のじっくりと書かれる繊細な心理描写などのシナリオと完全にマッチングしていた。
純粋で素朴なBGMの数々はしっかりと世界観を持っており、作品としての質を格段に上げてくれていたように思う。

お勧め度
S++
「妹もの」というには本物の妹が存在作品ではあるものの、他の妹ものよりもよっぽど妹物らしい作品。
難しい設定等もほとんどなく、しっかりと物語が作られているので初心者から玄人まで誰であっても純粋に楽しめる作品で、泣きゲーとして久しぶりに自信をもっておすすめできる作品。

総合評価
S++

公式ホームページ
↑クリックすると公式HPに飛びます。

幼い頃、親にひどい扱いを受けた主人公は同じ境遇の忍を「妹」と偽り生きてきた。
学園の理事長の計らいもあり、学生寮に住まわせてもらい学校とバイトの繰り返しの日々だったが、とある事件からもう一人「妹」が増えることになり――。

タイトルに「妹」というキーワードが入っているものの、実妹はおらずいわゆる「偽妹」が二人出てくる作品。
主人公を含めてそれぞれの境遇には割と暗いものがあるものの、序盤はそこまで重く扱うこともなく、笑いとともに軽快なテンポでシナリオを展開する。
注意点としてはメタネタを扱うことが多いということで、「春季限定ポコ・ア・ポコ」との関連を深く感じることが多く、学園の名前やキャラクターの名前等も時折出てくるほか、理事長など関係者も登場している。(シナリオに深くかかわることはない)

全体的なシナリオの印象として緩急がはっきりしているという事、そしてサブキャラクターまでしっかりと作られていることが作品の質の向上につながっているように思える。
普段は軽く緩い学生寮の友人たちだが、しっかりと締めるところは締め、それぞれの立場から主人公やヒロインを助けてくれている。
それが如実に出てきていたのが忍√だろう。

個人的に一番評価しているのも忍√で、主人公の抱えた過去の闇を含めて、あえてほかの√ではあまり触れなかった部分にしっかりと触れ、何とかしようとするその姿にはBGMも含めて何度も涙を流してしまうシーンがあった。
主人公とは一番付き合いが長く純粋に一番「好き」だからこそ、ああいう話になったのだろうと思えるものになっている。

最終の翼√は主人公の過去のアプローチが少し違い「家族」を絡めてきていたが、主軸は忍√と一緒でここまでくると、この作品の本質が「妹」なのではなく「本当に大切な人のために出来ること」であるような気がした。
お互いがお互いを想い合う素朴でいて純粋な掛け合いや、時折挿入される他人視点を含めた繊細な心理描写はこの作品の魅力としてしまってもよいだろう。

少し残念なのは各ルートで少し話の祖語があったという事。
主人公の好きなコーヒーの種類等、細かいところは気が付いただけで2点あり、ここまでの完成度の作品だからこそ、もう少しだけ詰めてほしかったというのも正直な感想。

コンフィグに関しては十二分に使いやすい物となっている。

【総括】
特にシナリオとBGMの相互効果が高く、質の高い作品となっているためこの評価を付けることに迷いはなかった。妹だけではない家族を扱った作品として名作。

(ぶっちゃけコーナー)
いやぁ、忍√をやると翼が少し嫌いになりそうなくらい忍の愛がすごかった。
あの子は最後の最後まで主人公の事しか考えてなかったし、だからこそ幸せになってほしかったのに最後はああいう選択肢を選ぶんだからいじらしい。
完全にファンになったわ。。。
と言いつつ翼√はあれはあれでよかったしな、駄妹4代目襲名もしてるし。
それにしても作中はポコ・ア・ポコの出現率高かったなぁ…
拍手する
別窓で開く | ゲームのレビュー | この記事へコメントをする:0 | トラックバック:0 | top↑
[レビュー]キミのとなりで恋してる!の感想
2015-01-19 Mon 00:00
<作品名>    キミのとなりで恋してる!
<製作会社名>  ALcot Honey Comb

キミのとなりで恋してる!

【さわり】
ある日、祖母から結婚を急かされた主人公。どうにか、幼馴染に彼女の振りをしてもらえるようになったが、お見合い相手が既に家に来てしまった。
そうして始まる不思議な同棲生活――そんなハチャメチャな学園物。

シナリオ構成
S
攻略キャラは3キャラ。
共通√は量はあるものの比較的短く、各ルートの長さも2-3hというところ。
キャラ数の関係もあり、全体的な分量は一般的な作品と比較すると少し不足。

【推奨攻略順 : 涼香→莉奈→なぎさ】
攻略順は無いもののなぎさ√は最後にした方が良い。
各キャラプレイ後にサイドストーリーも追加される。

CG
S-
線は細く淡い塗。
珍しく、立ち絵に関しては少し質の悪いものがいくつか含まれており、いくつかのCGでもバランスが崩れていた。
枚数自体は少なくないのだが、このあたりで少し減点。
SD絵は存在しており、いつも通りのクオリティ。

音楽
S
BGM17曲、Vo曲2曲(OP/グランドED)という構成。
BGMに関しては全体的にありきたり…という印象だったのだが、ピアノ曲に関しては比較的破壊力のある曲が多くその点については評価。
ただ、量も少なく完成度という意味ではどうしても他の作品に見劣りするかも。

お勧め度
S+
ギャグが多くテンポの速い学園物で、内容は薄めなのだが、共通√の一部やなぎさ√の最後、サイドストーリーの中の一部など所々に良い部分があり、泣きゲーとしては一口に褒めることも貶すことも出来ない。
各分野、質の上下が激しい作品という事を理解しておいてほしい。

総合評価
S

公式ホームページ
↑クリックすると公式HPに飛びます。

抜きゲーのような設定の作品だが、雰囲気はどちらかというとギャグゲーに近い。
ポンポンと会話が続き、設定からセリフから笑わせようという気持ちは伝わってくる。

物語の展開自体も終始驚くほどの早さで展開していく。
このあたりの部分でどうにも違和感を感じてしまう人も多いかもしれないが、物語自体が簡単である事(設定が一般的な学園物であるため)やギャグテイストな作品のため物語自体においていかれてしまうということはない。
ただし、短くまとめようとしているためなのかどうしても展開にショートカットされたような違和感のでる部分や拙さを感じることも少なくない。

「となりで恋」という作品のテーマと主人公の「陸上部(マネージャー)」という要素のマッチングもあまり良くなかったのかなという感じが否めない。
どうしても伝えたい部分がぶれてしまい、結果として内容が薄くなってしまう事が多かった気がする。

ただ、これだけの不安要素が多い中で泣けるシーンがいくつかあったのも事実。
簡単なシナリオではあるのだが、人が泣けるポイントをうまくついており、なおかつ音楽によってより効果的に演出がなされているため、一口にシナリオ全体を否定することはできない。
ギャグテイストで軽い中身に対して、急に重い話を入れてくるために物語に緩急が出たためではないだろうかと考えている。
中でもなぎさ√のEDに関してはかなり作りこまれており、「何故このレベルが出せるのに…?」と他の部分について疑問を持ってしまうほど。
そういった各部分の破壊力については評価したい。

各キャラの設定(サブキャラ含)もある種遊びのようではあるもののプロフィールが作られていたり、各ルートで少しドラマが入っていたりときちんと魂の入れられたキャラが出てきている点も評価しておきたい。

コンフィグに関しては問題はない。
システムボイスも各種取りそろえられている。
ボリューム調節部分の小話などこういった所にも少し工夫が。

【総括】
いい所もあり悪い所もある評価の難しい作品。
ただし、そのいい点というのが他を補って余りあると言えるほどでもないため評価としてはだいぶ抑えたものにした。

(追記あらためぶっちゃけコーナー)
確かに泣けたんだけど「すごい泣けた!」というわけではない。
何というか物語を進めていて、ギャグの多い萌えゲーテイストのこの作品を正直馬鹿にしていた部分があったので、油断していた部分もある。
なので強い期待を寄せるのはマズイけど、油断してプレイする分には損した気分にならないかも。
いい意味でニクイ演出とかもあるし、そういう所はすごくいいのだけれど、、すごい作品というほどの作品でも無いんだよなぁ…全体的にもう少し真面目に作りこんでくれていたら変わっていたのかもしれないけれど。
拍手する
別窓で開く | ゲームのレビュー | この記事へコメントをする:0 | トラックバック:0 | top↑
[レビュー]サツコイ~悠久なる恋の歌~の感想
2014-09-23 Tue 12:00
<作品名>    サツコイ~悠久なる恋の歌~
<製作会社名>  ALcot Honey Comb

サツコイ~悠久なる恋の歌~

シナリオ構成
S-
攻略キャラはすくなく3キャラ。
OPまでのシーンは比較的長いが、選択肢が現れるキャラ分岐点までを考えると短く、各個別ルートの長さ自体も短いので、全体としてのボリュームがかなり乏しい作品。

【推奨攻略順 : 直→瑠璃→悠】
悠ルートのみ2キャラ攻略後。他2キャラは順番を入れ替えてもOK。

CG
S
線は細くやわらかい、塗の淡い絵。
全体的に美麗でその点のみは非常に評価できる。
枚数に関してはシナリオの量と比較すると一般的と言えるだろう。
SD絵もいくつか存在している。

音楽
S
BGM15曲、Vo曲2曲(OP/ED)と言う構成。
作品に合わせてBGMは静かな曲、悲しい曲調のものが目立っていた。
ただ、どうしても全体に押しの弱さがみられ、これと言う作品がなかったのは残念。

お勧め度
S
値段をみると納得できるものではあるのだが、そのせいで総じて中途半端になってしまっている印象も受けるので質を優先するならお勧めはしないかも。
ちなみに、微グロシーンもあるため注意。

総合評価
S

公式ホームページ
↑クリックすると公式HPに飛びます。

【物語について】
生きるのが苦手な主人公。自分を「人魚」だと語る彼女
『捕食するもの』と『捕食されるもの』の話。

物語には「人魚」という強靭な肉体と生命力を持つ種が登場する。
人魚はつがいで生まれ、そしてある時期になると雌は雄を捕食し成魚となる。
現実世界と設定として違うのは上記の点のみであり、ストーリーもこの設定から予想できる通りである意味ではひねりのない展開が続く。

テキストはさっぱりとした雰囲気を感じさせるもので、日常シーンではメタ的なギャグ等も挟みつつ軽快なテンポでサクサクと読み進むことができる。
しかしながらこういったシーンは序盤のワンシーンのみで終了してしまい、以降はテーマでもある生や死といったものを扱う、どちらかと言うと暗く重い話が続く。

個人的に苦手な雰囲気の作品でもあった為、どうにも全体的にしっくりこない感じが続いており、普段は気にしないような所でも目についてしまう部分が多かった。そのため評価としてはどうしても低くしてしまいがちなのだが、中でも残念なのはテキスト量だろう。値段的にも仕方がない所ではあるものの、短い文章では伝えきれないほどの重いテーマであったため、結果として主題が十二分に伝わってこない作品となってしまっている。
これはテーマを伝える、と言う事だけに限らず「感情移入」という点においてもマイナスに働いている。
ただでさえ特殊な状況下にある主人公やヒロイン達であるため、各キャラの性格やその心理の描写はいくらあってもたりないほどで、特にこういった重いテーマを扱う作品は猶の事その傾向が強い。
無論この作品にもそういった心理描写がなされてはいたものの、やはり量不足感は否めない。

コンフィグに関しては十分使い易かったと言える。

【総括】
よく言えば短くまとまった、悪く言えば少し物足りない作品。
鬱ゲーに近く、泣きゲーとはまた違う作品なのでそういう意味でも評価は抑え目。

(追記あらためぶっちゃけコーナー)
完全に個人的な話をすると、やっぱり山の無い作品ってのはつらいんだよな。
この作品は個別に入ってからがずっと鬱状態だから、程度の差はあれど盛り上がりができにくかったんだろうなぁ。
あと、細かいところではあるんだけど、微妙なバトルシーンとか声優の泣き叫ぶ演技がちょっと気になってしまったかなぁ…。
短いながらもちゃんとヒロインの特徴を出したり設定を飲みこませたりと、評価したい部分があるのも確かなんだけどね。
拍手する
別窓で開く | ゲームのレビュー | この記事へコメントをする:0 | トラックバック:0 | top↑
赤さんと吸血鬼。の壁紙(全員)
2014-01-02 Thu 00:00
こんばんは。
1月2日の定期更新です。

さてさて、皆さんの初夢はいかがだったでしょうか。
1月1日0時0分を過ぎて初めて見た夢が初夢のはずですので、
これをリアルタイムで見た方はもう見てるはず…ですよね。

しかしまぁなかなか夢というのは忘れやすいもの。
これを機に、枕元に夢をメモするノートなどおいてはいかがでしょう。
…確かこれ結構危ない行為でしたよね。

それでは今日の名言です。
過去に囚われている限り、決して新しい道は拓けない

出典:英雄伝説Ⅵ 空の軌跡SC メイベル市長
過去にとらわれる、という言い方があれですが、
確かに過去を気にし続けていて、新しいことはできません。
新しく見えたとしても、それは過去からの発展…。
本当に新しいものというのは、現在とそして未来への思いからしか生まれない。
ただ、過去から出てくる物全てが開くなわけではないと思います。
過去から学び、発展させることも重要な行動の一つですよ。
反省だって時には必要というものです。

それでは今日の壁紙です。

サイズ   : すべて1920×1080
(サイズ別のが欲しい方はコメントを。対応します)

配布形式  : JPG形式
(のちに、JPGとPNGをまとめた物をRAR形式で配布します)

akasan (18) akasan (19)
何か気に入った壁紙等がありましたら、拍手、コメントお願いします。
壁紙のリクエストについてはこちら

シリーズ最後の壁紙ですね。
出来るだけそれっぽいのを残しました。

1枚目。
このCGを見た方は全部をクリアした方ですよね。
ちょっと枠にロザリオっぽい雰囲気を持った物を入れてます。
実は「暁の護衛」で同じ枠を使ってたり…。

2枚目。
これはクリアした方なら分かるはず。
このCGを使うにはこの構図くらいしか浮かばなかったんですよね。

ちなみに書いてある文字の内容は私も忘れました。
確かこの作品のあらすじだったはず…。

というわけでこれでこのシリーズの壁紙は全部紹介終了!
いつも通りまとめてありますよ。

ここをクリックで飛べます。

さてさて以上で今日の定期更新は終了です。
明日は年明け初の新シリーズ壁紙の予定となっています。
お楽しみに!

それではまた明日、同じ時間の定期更新でお会いしましょう。
さようなら~。
拍手する
別窓で開く | 自作の壁紙 | この記事へコメントをする:0 | トラックバック:0 | top↑
| 青空の翼と過去の十字架 | NEXT