自作の壁紙や泣きゲーレビュー公開しているブログ。チャットルームや自作小説もあります そんな鍵っ子小説家のブログです。
☆★☆★ 毎日0時の定期更新中。現在は壁紙制作・泣きゲーレビューが主活動 ★☆★☆





 


[レビュー]ソーサリージョーカーズの感想
2015-10-01 Thu 00:00
<作品名>    ソーサリージョーカーズ
<製作会社名>  3rdEye

ソーサリージョーカーズ

シナリオ構成
S++
二人の主人公を主軸にした一本道の物語。
本編はもちろん、各キャラのエピローグを含めると全体的なボリュームは十分にある。

【推奨攻略順 : なし】
途中選択肢が出てくるが、読む順番が変わるだけなので大差ない。

CG
S
男性キャラを含めて、立ち絵からイベントCGまで全体的な質が高い。
枚数に関しても十分量。

音楽
S+
BGM34曲、Vo曲3曲(OP2/ED1)という構成。
Vo曲に関しては意外と落ち着いた極が多い印象。
BGMの多くはどちらかというと暗いイメージの戦闘用またはそれに類するシーンに使用するもの。他にもバリエーションが豊富はで「ひとつの真実」などの、異質でありつつ涙腺にくるBGMもいくつか存在している。

お勧め度
S++
3rdeyeのファンはもちろん、「厨二」「異能バトル」等を含む燃えゲー好きには安心してお勧めできる作品。
シナリオのある燃えゲーという意味では2015年で現状一番いい作品といえる。

総合評価
S++

公式ホームページ
↑クリックすると公式HPに飛びます。

今回の作品の舞台は魔法が急に使えるようになった近未来。
前作と同様に「陽斗」「センリ」、二人の主人公を主軸とした作品。

第一部は主人公やヒロインを含む各人物の視点から一連の物語を約1週間ほど期間で表現しており、ここで各キャラの関係性や舞台の説明にいたるまでの役割を担っている。
この後、2ndOPが流れ物語は1年後の世界へとつながって行く。

やはり面白いのは複数主人公というところ。
熱くやさしい正義の陽斗に対し冷静沈着で目的のためなら手段を選ばないセンリは同時に子供と大人という対比も加えられており、それぞれの戦闘スタイルや仲間への思いやり方、物語の展開のさせ方等、物語の終盤に至るまで旨く描かれていた。

とにかくこの作品で感じたのは、キャラクターの「言葉が強い」ということ。
言い方がきついということではなくて、キャラクターの中にしっかりとした中身ができているからこそ、そのキャラの発する言葉に重みができておりその一言一言が心に響く。
前作からそういった兆候はあったのだが、今回の作品ではその傾向がさらに強くなった。
ヒロインのあさひを筆頭にキラキラと輝く言葉は時に心を鼓舞し、時に心を癒す重要な役割を果たしており、この作品でもっとも特徴的な部分だったとも言える。

そしてこのゲームにとって何よりも大切な部分である戦闘シーン。
先ほど上げた言葉もそうだが、なによりも戦闘描写・演出の技術力向上が目覚しい。
手に汗握る展開、クセになる描写、声優の力の入った演技、ウィンドウに表示されるセリフ以外の効果音のように挿入するセリフなどもかなり高く評価したい。

こういった作品で割と問題になるのは終盤、戦いのインフレや物語の収め方などがかなりキーになってくるが、今回の作品は「収め方」に関しては割りと上手だったのではないかな、と思う。
少なくとも、道中が面白くそして最後のシーンまでプレイすれば気持ちよく終われる作品というのはやはり評価が高くなるのも必然だろう。

コンフィグに不足はない。

【総括】
燃えゲーとしてはもちろんシナリオに関しても目を見張る部分がある優秀な作品であり、この評価を迷いなくつけることができる。

(ぶっちゃけコーナー)
厨二っぽい燃えゲーは好きなんだけど、3rdeye作品はそれだけにとどまらないからなおすき。所々でシナリオがいい、と書いてあるが物語自体がいいかどうかと問われると好き嫌いが出そう。
ただ個人的に強くお勧めしたいのはその物語を十二分に光らせたテキストと演出。
上記までの部分で多くを語りつくしてはいるが、ヒロイン以外はもちろん敵も味方もも含めてキャラの魅力をしっかりと伝え切れている作品はあまりないので、そういった意味でも個人的に好き。
あと、最後にセンリが「おれはこれかな」とつぶやいてリノンを思い出した、そういう小ネタも嫌いじゃない。エピローグでも前作関連の話がちょっと出てるし、そういうのは結構好きだったりする。
スポンサーサイト
拍手する
別窓で開く | ゲームのレビュー | この記事へコメントをする:0 | トラックバック:0 | top↑
幻創のイデア ~Oratorio Phantasm Historia~ の感想
2013-08-01 Thu 12:00
<作品名>    幻創のイデア ~Oratorio Phantasm Historia~
<製作会社名>  3rdEye

zasa.jpg

シナリオ構成
S+
詳しくは下記で説明するが、この作品は1本の話となっている。そのため、各選択肢による変化は話の順序だけで、最終的には全部みることになる。
長さとしては10-15hと十分量といえるだろう。

今回は本編での大きな2つの選択の順序とエピローグの参考を乗せている。
【おすすめ攻略順 : 優真→赫→ココロ→美月→リノン→ノエル→なる】

CG
S
イベントCGは総じて硬質のある絵だが、それに比べると立ち絵には線の細さと若干の柔らかさがみられるものも。
差分も含め、イベントCGの量は多く、量としては満点。しかし、質としては気になる構図の物などがあったのはたしか。しかし、設定を鑑みると十分な質ではある。
また、グロシーンとまでは言わないものの、流血CGは多い。

音楽
S+
全31曲中、4曲がVo曲(OP1、ED3)となっており、ボリュームとしてはまずまず。
BGMには作品に合わせて戦闘用の物が多めに起用されている、特に覚醒系等のテンションが上がるものが目につくのも特徴か。
Vo曲はOP二は明るめの物を、各EDにはしっとり系の物を用意している。
ただ、それらの紹介を抑えて、個人的に一番評価したいBGMが「守りたい場所」。
しっとりしたピアノ調のこのBGMに何度涙腺をやられそうになったかは分からない。

お勧め度
S++
厨二系異能バトル物。
厨二に抵抗のある方、突飛な設定やバトルモノが嫌いな方には一切お勧めできない。
ただ、それらに心そそられる方々には、その要素だけではない良さのある作品なのでぜひプレイしていただきたい1品。

グロシーンまではないものの、流血CG、その他効果音はあるので注意。

総合評価
S+

公式ホームページ
↑クリックすると公式HPに飛びます。

【物語について】
厨二要素全開の異能バトルである今作。
序盤は現状不明なシーンが挿入されているが、そこからでもかなり飛ばしており、その後の展開もそのテンションは落とさない。

この作品は主人公格となる人物が二人おり、どちらもなかなかに類を見ない性格。
序盤はその二人の視点を交互しながら物語を進めていくことになる。
そのため、シーンによっては主人公のボイスが入っている。
中盤以降に選択肢が現れ、片方を選ぶ事になるのだが、一定期間を過ぎた後に結局もう片方を選択することになり、最終的に1本のルートに集約されている。

異能バトルモノということもあり、舞台は特殊なのだが、説明が上手だった事やある程度単純な仕組みや設定・理論になっているため、理解はしやすい。
そのわりに、深く設定が作りこまれているのでなかなかに感情移入度が高くなり、評価としては高評価。

また、物語のテンポもよく、事件発生と穏やかな日常やヒロインとの会話などが丁度よく合わさっており、特にキャラ達の発するセリフの言い回しの良さには好感がもてる。
覚醒シーンに始まり、厨二な展開・内容こそ多いものの、だからこそドキドキ出来るの王道の良さのようなものはあり、読み物として十分に楽しめるレベルものといえる。
ただ、ところどころに勢い任せな展開や、荒い描写、無理やりな超展開などがあり、完成度の高さという意味ではもう一歩足りず。

バトルシーンは効果音・エフェクト中心で、地の文での説明は少なく、能力だよりな部分も多々見られることから甘さは少しあるが、厨二度・派手さは十分で、レベルとしては及第点といったところ。

また、熱い(痛い)シーンだけではなく泣きシーンも各所用意されている。
特にBGM「守りたい場所」と合わせて語られる、ヒロインの熱いセリフシーン等はなかなかに見どころがある。

【総括】
厨二系バトル物としてだけではなく、泣きの部分もしっかりしてくれていたのが意外なところ。まだまだ荒い部分や設定を活かしきれていない部分、終盤の展開等に不備はあるため最高の評価こそ出せない物の、この分野の作品としては十分以上の評価を加えてよいと判断し、この評価にした。

【コンフィグ等について】
コンフィグは一般程度の詳細さでいじれる。
また、キャラのセリフが漫画のような袋で囲われているのも特徴的か。
地味に用語説明欄あり。

(追記あらためぶっちゃけコーナー)
熱さと痛さは紙一重、を地で行くこの作品。
ほんと、バトルシーンをはじめ、厨二シーンは見てるこっちが辛くなるほどだが、だからこそ熱いセリフや展開など、良いシーンが多いな。
だからこそ、終盤あたりのゴタゴタはもったいなかったし、活かしきれてない設定とかが多かったなぁ…まとめるのが大変なのはわかるんだが。
泣きシーンに関してはほんと意外、なる関連の話は泣かざる負えない…。特にエピローグの破壊力がまずかった。
分かってても、あれはせこいな。
あと、主人公の前向きさも結構好きだったかも。なかなかに意外ないい作品だった。
キーワードは「なんとかなる!」
拍手する
別窓で開く | ゲームのレビュー | この記事へコメントをする:0 | トラックバック:0 | top↑
死神のテスタメント~menuet of epistula~ のレビュー
2012-10-12 Fri 00:00
<作品名>    死神のテスタメント~menuet of epistula~
<製作会社名>  3rdEye

sinigamitesuta.jpg

シナリオ
S+
攻略ヒロインは5キャラで、最後にTRUEがある。形としてはTRUEに向かっての1本道にヒロイン√が分岐している形。
攻略推奨順は歩or夏奈→結愛→イリーナ→ヴィヴィ→TRUEがほぼ鉄則の決まり。
各ルートの長さもしっかりと2hほどあり、全体の長さとしては長すぎるわけではないが十分すぎる量となっている。

CG
S
問題なく綺麗。CGの量も多く、立ち絵もしっかりしてる。
線の強い、しっかりとしたCGで戦闘シーンの物もなかなかのもの。
流血CGは作品傾向により多め。

音楽
S+
曲は35曲でそのうち4曲はVo曲(実質3曲)。
曲質はゲームの雰囲気に合わせて、戦闘用緊迫シーンや壮大なものが多め。
目を引くほどのBGMなどもなく、破壊力には欠けるがバランスは良い。

お勧め度
S+
お勧め、という意味ではかなりのレベル。むろん、バトル物・流血物を好まない人には全くお勧めできないが。
事前の有名度や期待値を鑑みると高得点をつけたくなるものである。
バトル物として、泣けて、燃えて、(そして中二)という作品は数あるようであまり多くない。

総合評価
S+

ストーリー
↑クリックすると公式HPに飛びます。

この作品は異能バトル物に分類される。
ただ、本物のバトルモノには届かない戦闘シーンには合う、合わないがあるかもしれない。
ただ、中二成分を多量に含んでいるので、好きな人にはたまらない戦闘。
戦闘のつらさ、壮絶さに対比して、日常シーンの笑いやヒロインとの接触は
うまく物語に緩急をつけられていて、読んでいて飽きがこない素晴らしい流れだった。
物語の運び方、各ルートの完成度などを鑑みて、S++の評価にしている。
特に設定を生かした物語の運び方はなかなか王道でいて、これ以上ない運び方だったと感じられる。
もっともよかったシーンは最後の方だろうか…そのシーンはテキストだけではなく
それまでの物語の流れ、演出、テキスト、BGM、声優の力が合わさってかなりいいシーンができたかな、と感じられる。
強いて言うなら、戦闘シーンの描写強化。
BGMの感動部門の強化だろう、他にもテキストに関しては全体的にもう少し向上させられるだろうが、
現状ではこの2点をまず、強化すればかなりの作品になっただろう。

ここで全般に関係のないところを。
物語の中に良くアイキャッチが挿入されるが(声なし画像のみ)これは好き嫌いが分かれそうである。
頻度が多めなので、読者の気を引き締めなおすという意味では自分は高評価にしたい。
前作の物語の舞台に近いことや、前作のキャラも若干(?)出るが、知らなくても十分楽しめる。
用語集や設定、セーブロードなど、間違えてしまうシステムや見落としそうなものもあるが、
きちんと扱えれば、問題はないだろう。ただ、少し扱いにくい。

総括として、決して評価を高めに見積もってからやる作品ではない事は確かだ。
ただ、埋もれさせておくにはもったいなさすぎる名作である。

(追記あらためぶっちゃけコーナー)
一応バトルモノなんだが、戦闘描写とかは一部を除き拙い。
中二的な面白いところもあり、そう言ったところは評価したい。
ただ、終盤からの流れなどが泣きゲー的にも結構良かったので、評価は少し高くなっている。
ビジュアルも悪くないので、気になった方はプレイするといいかも。
拍手する
別窓で開く | ゲームのレビュー | この記事へコメントをする:0 | トラックバック:0 | top↑
| 青空の翼と過去の十字架 |