自作の壁紙や泣きゲーレビュー公開しているブログ。チャットルームや自作小説もあります そんな鍵っ子小説家のブログです。
☆★☆★ 毎日0時の定期更新中。現在は壁紙制作・泣きゲーレビューが主活動 ★☆★☆





 


翠の海のレビュー
2013-03-24 Sun 00:00
<作品名>    翠の海
<製作会社名>  cabbit

midorinoumi.jpg

シナリオ
S+
END数は総数16個。その多くはBADENDになるが、どちらとも言えないENDも多数存在。
ルートの長さはそれぞれでまちまちだが、30分以内のものが多く、長くても2h程度。
なので、全体の長さとしては一般作品の8割程度で、短いと言えるだろう。
各ルートに少々複雑にロック等がかかっている。

CG
S
一般的ではあるものの、全体的に少々硬質で、色遣いは淡めの絵。
枚数は多くない上、ところどころCGにバランスの狂いは見られ、全体的に硬さは残るものの、
CG自体の質は十分といえ、演出などで背景などをさらに美麗に見せていたのは好印象。
(追記)直接グロ等はないが、流血CGは多いので注意。

音楽
S+
BGMは15曲、OPとEDで各1曲ずつ。
主人公やヒロインが弾ける事からか、ヴァイオリンソングは多め。
BGMで特に評価したいのは「あなたを想うから」で雰囲気の悪さを一掃する爽やかな良曲。
ED曲「永遠の楽園」は作品を象徴する名曲で、プレイしてない方も必聴。

お勧め度
S+
舞台設定が特殊なゲーム(詳しくは下記)
「記憶喪失」「密室」「流血」「ほのかな狂気」などがお好きな方にはお勧めの作品。
直接的な文字表現や描写はないものの、血のついてるCGは多い。

総合評価
S

公式ホームページ
↑クリックすると公式HPに飛びます。

果てしない樹海の中、そこに立つ不自然な洋館で記憶喪失の十数人が閉じ込められていた。そこに加わる、記憶喪失の主人公。
そんな特殊な設定から始まるこの作品。

序盤はその不思議かつ不自然な設定に翻弄されつつ、
唐突に起こる事件などで、物語にのみ込まれて行く事になる。
BADEND等も多いが、非常に読みやすい文章なので、テンポ良く展開していき、
同時に設定なども小出しにされて行く。
ただ、そう言った良い面もありつつ、少々強引に展開させている部分もあった為、感情移入などが難しい部分があったのは確か。

作品の雰囲気上、全体的に「狂気」「疑心」「不気味」「不安」「悲しみ」等のマイナス要素が多く存在し、
ギャグもそこまで多くなく、質も高いわけではないから、お世辞にも共通と個別√は明るい雰囲気とはいえない。

一番最後、みちる√の16ENDがTURE√といえるものになり、回収した伏線やプレイ後の雰囲気を含めて、最も上手く、そして明るくまとまったGOODENDといえ、終盤には威力も弱いものの、泣きシーンも存在。
(泣けるかどうかは、それまでの感情移入によるだろう)
しかしながら、全体を通して、少々謎の部分も多く、各所の展開や重要シーンにおいても、勢いに任せて進めようとする意志が少々感じられ、もう少し丁寧に作ってほしかった、というのが正直なところ。
BGMも破壊力が少々足りてなかった事もあり、「泣き」という一点に関してだけ眺めると、少々勇み足だったかなという感想。

作品全体としてみるならば、「作品全体にほのかに漂う狂気」はなかなかのものであり、
他の作品で見られるものではないので、興味があるなら手に取ってみるのもよいのではないのだろうかというところ。
ただ、推理物などとして読むのはお勧めしないが。
というわけで、評価としては少々抑え気味のこの評価。

コンフィグに関しては、コンパクトながらも必要なものはそろっていたという印象を受ける。
エクストラモードでは過去に到達したENDのタロットカードを見る事が出来る。
また、おまけルートも存在(一番最後にやった方がよい)

(追記あらためぶっちゃけコーナー)
おまけルートはホントに全部終わらせてからだとシュールでめっちゃわらったわ。
これくらいのギャグあってもよかったけど、作品の雰囲気壊れるか…。
結局、ちょっとうるっときたのがみちる√の最後だけだったけど、テキスト・BGMは破壊力不足だなぁ。
しかし、1作目としては十分だろう。
次作の「キミへ贈る、ソラの花」は泣きに関してさらに進化してるので、プレイしてない方はこちらもチェック。
スポンサーサイト
拍手する
別窓で開く | ゲームのレビュー | この記事へコメントをする:2 | トラックバック:0 | top↑
| 青空の翼と過去の十字架 |