自作の壁紙や泣きゲーレビュー公開しているブログ。チャットルームや自作小説もあります そんな鍵っ子小説家のブログです。
☆★☆★ 毎日0時の定期更新中。現在は壁紙制作・泣きゲーレビューが主活動 ★☆★☆





 


[レビュー]罪恋2/3の感想
2016-11-05 Sat 00:00
<作品名>    罪恋2/3
<製作会社名>  Campas

シナリオ構成
S--
選択肢無しの一本ルート。全体的な攻略時間は5-6hといったところで、
ロープライス作品としては一般的なのだろうか…。

【推奨攻略順 : 選択肢なし】

CG
S-
線が細く、すこしテカリのある絵。
室に関しては少し慣れない部分が多く、立ち絵・イベントCGのどちらにも評価に振れ幅がある。
物語のボリュームに見合った量。

音楽
S
主題歌として「Small sin to the love」があるほか、BGMが数曲。
(クリア後に鑑賞が不可能なため、局数は不明)
OPに関してはノリもよく独特なリズムの良曲。
BGMは数が少なく、印象も薄いので評価しずらいのが現状。

お勧め度
S--
ミドルプライスやハーフプライスというのは手に取りやすい価格ということで多くの方が手に取る作品といえるのかもしれない。
今回の会社Canpasはウソシリーズで有名で、ある意味ブランドとしても安定しているともいえるが、今回の作品に限ってはお勧めしずらいのが現状。
なんといってもシナリオが悪いのでフォローはできない。

総合評価
S--

公式ホームページ
↑クリックすると公式HPに飛びます。

ある日親友の少女が屋上から落ちてきた。その現場を目撃し、落ち込む主人公とその妹だったが、その少女は幽霊となり再び姿をあらわす。そして転落の原因を調査することになるのだが――。

今回の作品の登場人物はざっくりと3人。
主人公、妹、親友の3人だけである。さらにいうと簡単な三角関係でもある。
…物語としては実はこれだけで、作中ではそのあたりのことをボカせもしないのにぼかしつつ、親友が死んだ理由を「私(俺)のせいで・・・」というシーンが多い。
ショートストーリーとしての素材としては悪くないのだが、いかんせんストレートすぎて物語が一瞬で読めてしまう。
それを面白みのない文章で延々とつづられているので、どうしても好きになる人は少ないだろう。こういったゲームの経験が多ければ多いほどその傾向は高いように思える。

物語の傾向上どうしても心理描写が多くなるのだが、書き手の独りよがりな心の動きに振り回されることが多く、。どうしても生きている人間の感情として伝わってこない。
結果として書き手が好きに”人形”を動かしているように感じてしまうのが現状。
ストーリーの再構成と重要な心理描写の丁寧な書き起こし等をもう一度考えて作り直さない限りよいシナリオにはなりにくいだろう。

【総括】
評価としては読む意味もあまりないのでこの評価。

(ぶっちゃけコーナー)
ん~普通につまらなかったってのが感想。
ぶっちゃけて言うと全部スキップモードでも作品を読めるくらい、中身はスッカスカ。
物語の基本的な起承転結の「承転結」の部分がそれぞれ悪いのが原因だろう。
シナリオに関しては少なくともまだまだやることはあるはず。
スポンサーサイト
拍手する
別窓で開く | ゲームのレビュー | この記事へコメントをする:0 | トラックバック:0 | top↑
| 青空の翼と過去の十字架 |