自作の壁紙や泣きゲーレビュー公開しているブログ。チャットルームや自作小説もあります そんな鍵っ子小説家のブログです。
☆★☆★ 毎日0時の定期更新中。現在は壁紙制作・泣きゲーレビューが主活動 ★☆★☆





 


流星のアーカディア のレビュー
2013-01-29 Tue 00:00
<作品名>    流星のアーカディア
<製作会社名>  だんでらいおん

流星のアーカディア

シナリオ
A
ルートは6本(智慧葉ルートのみ最後の選択肢でEDが変わるので7?)。
見た目は多そうだが、最初に始めてから1キャラのEDまでHシーン抜きで3hほどの短さ。そして各ルートの長さは1h以内。
攻略順は最初にさとりルート、最後に天乃ルートをやれば問題ない。

CG
S-
立ち絵、CGともに総じて綺麗ではあるのだが、表情にかなり癖がある。
それに、Hシーン抜きで各キャラ4~5枚の分量という少なさ(シナリオからすると妥当だが)
そのため少し原点のこの評価に。

音楽
S
OPはEDのinstVerというこの作品なので、Vo曲は1曲。
instとEDを除いたBGMはすべて合わせて18曲。
基本的に出来はいいのだが、作品にあわない自己主張の多い曲が多かった。
ただ、唯一ましに評価できる部分であり、、質自体は悪くないので注意。

お勧め度
A
こう言ってはなんでしょうが、あまりお勧めはしたくないです。

総合評価
A+

公式ホームページ
↑クリックすると公式HPに飛びます。

日本神話を根本においた斬新な中二設定の本作。
今回は戦闘シーンに力を入れているらしいが、
肝心の戦闘シーンは声のみ(状況説明なし)というありさま。
その描写も一瞬の事で、叫んで終わりは日常茶飯事。
もはやこれはギャグの域、と笑ってしまうほど。
そもそも、この作品の9割が会話なので、テンポははやいのだが、
速すぎて、全体的に短いし、地の分が無いから説明される事もなく、
すると、読者置いてきぼりのまま、後で謎の設定が出てきたり、設定を会話から後で把握したりと、
非常に劣悪な文章。
雰囲気や、流れも独特だが、そのよい部分をテキストが潰しすぎ。
設定が全部クリアした今もはっきりとせず、結局何の話だったのか、分からずじまい。
着眼点以外に、褒めるべきところは無し。
同人レベルでももう少しましな作品はあるだろうに…。

コンフィグは少し足りない部分もあった、OP、EDはクリックで飛ばしやすいので注意。

(追記あらためぶっちゃけコーナー)
まぁ、酷い事言ってるけど、基本的には、
悪い事だけじゃなく、いいことも伝えてあげたいんだが、やればわかるよ。
酷い…これはひどい。…笑っちゃうくらいひどい。
スポンサーサイト
拍手する
別窓で開く | ゲームのレビュー | この記事へコメントをする:0 | トラックバック:0 | top↑
| 青空の翼と過去の十字架 |