自作の壁紙や泣きゲーレビュー公開しているブログ。チャットルームや自作小説もあります そんな鍵っ子小説家のブログです。
☆★☆★ 毎日0時の定期更新中。現在は壁紙制作・泣きゲーレビューが主活動 ★☆★☆





 


未来ノスタルジア のレビュー
2012-08-07 Tue 00:00
<作品名>    未来ノスタルジア
<製作会社名>  Purplesoftware

未来ノスタルジア

シナリオ
S++
ルートはヒナ・ノノ・詩・伊織・杏奈ルートの5本だが、杏奈ルートのみ最後にするようになっているほかは攻略順は自由。
ルートの長さは杏奈・伊織のみ少し長めだが、共通ルートも含め総じて他のゲームよりも長いといえる。

CG
S
立ち絵・CGともに綺麗。パープルらしさを出しつつ、進歩も見られる。
また杏奈との最初のシーンなど、ただのCGも見せ方を工夫しているところにさらに高得点を送りたいところ。
背景などもかなり凝っている。十分に見入られるレベル。

音楽
S++
OPの疾走感には完敗。現在もお気に入りの一曲。
挿入歌・ED曲もあるが、クリア後も聞けるのはOP・EDのShortのみ。
シナリオの長さに見合うBGM数であり、BGMの「i wish for・・」はかなりの破壊力。

お勧め度
S++
パープルソフトらしい作品でありながら、進歩がみられる作品。
泣きの成分よりも笑いの成分がかなり多いので、どのルートも苦もなくみられる。
少し長いが、初心者にもお勧めできる作品といえる。

総合評価
S+

ストーリー
↑クリックすると公式HPに飛びます。

魔法みたいなチカラが存在するという設定の物語(一般に認知はされていない)
その舞台設定はもちろんかなり活かされてる。
伏線のようなものも多くあるが、あまりそこを重要視していない
(推測すればわかるが、わかったからといってつまらなくなるわけではない)
日常シーンはギャグが多く、全キャラが掛け合うのできっとどのキャラも好きになれる。
各ルートは2~3の山を乗り越えてENDという流れだが、泣きという意味ではそんなに強くない。
しかしながら、非常にさっぱりする話が多く、次から次へと進めたくなる。
そして進めるうちに杏奈ルートでおそらく泣くことになるだろう(感情移入すればするだけ)
システムも充実していて、文章レベル・物語設定・CGの完成度・音楽・演出。
すべてが一定のレベル以上を満たしているためかなりの人が楽しめるのではないだろうか。

オススメ攻略順は話の根本を先に知りたいなら伊織→他3ルート→杏奈。
外堀から少しずつ進めたいなら、他3ルート→伊織→杏奈の順で進めるといい。
ちなみにタイトル画面で放置しておくとショートストーリーが楽しめる。

(追記あらためぶっちゃけコーナー)
個人的には大好きな泣きゲー。
シナリオや設定もよいのだが、何よりそれぞれのキャラがいい。
シナリオではあるシーンがずっと印象に残っている。
学園要素も入っているが、メインではないかも。
スポンサーサイト
拍手する
別窓で開く | ゲームのレビュー | この記事へコメントをする:0 | トラックバック:0 | top↑
| 青空の翼と過去の十字架 |