自作の壁紙や泣きゲーレビュー公開しているブログ。チャットルームや自作小説もあります そんな鍵っ子小説家のブログです。
☆★☆★ 毎日0時の定期更新中。現在は壁紙制作・泣きゲーレビューが主活動 ★☆★☆





 


智代アフター のレビュー
2008-10-07 Tue 00:08
<作品名>    智代アフター
<製作会社名>  KEY

シナリオ
EX-
文句なしの泣きゲーで、扱っているテーマも深く、最後に余韻が残る。
何度プレイしても良さは衰えないが、初回のインパクトはすさまじい。

CG
S
KEYのなかではかなり綺麗なほう。

音楽
S++
「Life is like a melody」や「Hope」「Love song」「Dear Old Home」「memories」など、綺麗でいい曲が多く、今回も音楽の質の高さは毎度のことながら高水準。

お勧め度
EX-
CLANNADクリア後にプレイ推奨。
智代が嫌いじゃない限り、絶対にやるべき。

総合評価
EX-
全体的にレベルの高い作品。
この作品だけをプレイしても十分に感動は出来るだろうが、そこはやはり、CLANNADをやっているのと、やっていないのではこの作品の深さが変わってくる。
テーマは「永遠の愛はあるか」というもの。
先がわかっているのに、曲と文字で泣かされてしまうKEYマジックは毎度の事。
今回は先の予想が出来ない展開もある
その展開のおかげで、KEYファンの中でも賛否が分かれているが、シナリオライターの「麻枝准」はこの作品を自分の最高傑作としており、個人的にもその意見に反論はない。
それほど、泣けて、泣けて、泣ける作品。
日常のギャグはCLANNADのノリを受け継いでいる上、シナリオ以外の部分でも、2週目以降からプレイできるD&Tというミニゲームは結構面白い。
設定こそ平凡であるが、メッセージ性はかなり強いと言える。
1週だけではなく、暇があれば2週してしまいそうな作品。
泣きゲーとしては高水準の作品といっても過言ではないだろう。

(追記あらためぶっちゃけコーナー)
実はあまり周りの評価は高くない作品ではあるのだが、個人的にはCLANNADよりも好き。
特に、成長してから心に受け入れられる作品と言える。
音楽とシナリオがこれほどまでに調和し、良い味を出している作品も少ないだろう。
スポンサーサイト
拍手する
別窓で開く | ゲームのレビュー | この記事へコメントをする:0 | トラックバック:0 | top↑
| 青空の翼と過去の十字架 |