自作の壁紙や泣きゲーレビュー公開しているブログ。チャットルームや自作小説もあります そんな鍵っ子小説家のブログです。
☆★☆★ 毎日0時の定期更新中。現在は壁紙制作・泣きゲーレビューが主活動 ★☆★☆





 


[レビュー]時計仕掛けのレイライン -朝霧に散る花-の感想
2015-03-13 Fri 00:00
<作品名>    時計仕掛けのレイライン -朝霧に散る花-
<製作会社名>  ユニゾンシフト

時計仕掛けのレイライン -朝霧に散る花-

【さわり】
時計仕掛けのレイライン、3部作の最終作品。
きえた烏丸を救うため主人公と憂緒は20年前の真実に立ち向かう。

シナリオ構成
S++
前作の続きでありストーリー上の制約もあったことから、ルートは一本道。
その分アフターやアナザーにてある程度、不足分の各キャラの話などは回収されているが、それを踏まえて考えても分量という点では一般的な作品の半分程度。

【推奨攻略順 : 本編→After】
1本のため攻略順なし、Afterストーリーがいくつかありロックがかかっている物もあるが、Afterをいくつかクリアするとみられるようになる。

CG
S
前作、前々作同様の質。
量に関してもストーリーの長さに比例したものだったように思える。

少しほしかった、新しい憂緒の遺品封印CGが無かったのが残念。

音楽
S++
BGMは前作、前々作乃ものも多く使用されており、5曲?追加。
Vo曲はOPとEDの2曲。
安定の水月陵さんである。
破壊力というよりも雰囲気重視の曲だったような印象を受ける。

お勧め度
S++
無論、前作のプレイは必須の作品。
ここまでプレイされた方ならプレイするのは当り前であろうし、
その期待を裏切らない作品。
プレイ前に前作のおさらいもあるのだが、出来れば自分である程度情報を思い出しておいた方がスムーズなうえ、ストーリーをこなしていくうえでも面白さが増える。

総合評価
S++

公式ホームページ
↑クリックすると公式HPに飛びます。

レイラインシリーズ最終作品であり、今までの伏線をすべて回収する作品となる。

今までの作品同様、ミステリ調の雰囲気をが中心とした貴重な作品。
今までと大きく違う所は、主人公が憂緒と前作にて特別な関係になっているため、浮気するわけにもいかず本編の物語は一本道となっている。

始まる前の前作のおさらい等、痒い所に手が届く作品となっているが、本編が始まった瞬間に息をつく暇が無いほど、展開に次ぐ展開と謎に包まれていた真実の連続。

新しい登場人物等もいくつか出てくるが、基本的には今までに出てきたキャラをメインとしており、その全てがきちんと動いていて、作品の中で生きているように感じられる。
だからこそ見ていてどのようなシーンでも楽しく思えるし、だからこそ作品にのめり込んでいってしまうのだろう。

物語は今まで以上に緊迫するシーンや絶望、その果てに燃えるシーンも含まれており、全体的な物語の起伏も今まで以上と言えるのではないだろうか。

その中で最後にはちゃんと伏線を回収しつつ舞台をひっくり返す等、読んでいて楽しくなれる作品であり、非常に「巧い」と言わざる負えないシナリオ運び。
その作りは堅実そのもので、期待していた部分にちょうど当てはまるレベルの作品を生み出してくれた。

本編エピローグの演出もまたなかなかにニクイものでプレイ後の読後感も非常によく、3作という大作でありながらどこにもダレル部分がなかったのは見事というほかない。

また、伏線を意識しつつ再プレイをしてみると驚かされる1作目からの気配りはある意味鳥肌が出るほどで、丁寧に作られていた作品なんだと再認識することもできる。

またヒロインとしての憂緒はもちろんのことだが、アナザールートにて今回、新しくヒロインに入ったリトのIFルートなども見どころの一つと言えるだろう。

長編ということで手が出にくい方もいるかもしれないが、ぜひ全体を通してプレイし、そしてこの雰囲気を共有したくなる名作と言えるだろう。

【総括】
最終作にふさわしい作品で、シナリオからCG、演出、音楽に至るまですべてが平均以上といってもよい。

(追記あらためぶっちゃけコーナー)
最後、という意味も含めて全体的にプラスの事を書いておきたかった。
ここからは本音というより、こうしてほしかった! という一ファンの戯言だと思ってほしい。
とにかく、後もう少し長くしてほしかった!
こんなにすぐに別れが来るなんて悲しすぎる。というか、プレイに集中しすぎてすぐ終わってしまったよ!
あとは、もう少し物語に絶望も欲しかった、憂緒が消えるシーンもすぐに終わったし、確かに物語としては「巧い」という一言に尽きるのだが、持っている物を120%魅せるためにも、もう少し溜めるシーンというのがあってもよかったのかな、とも思う。
もう思えたのはそれくらいで、後は純粋に楽しめた。
ある意味こんな風に書くのも無粋だと思えるくらいに楽しかった。
すごくいい作品、ボキャブラリーの貧困さに泣けてくるがこの一言に尽きる。
スポンサーサイト
拍手する
別窓で開く | ゲームのレビュー | この記事へコメントをする:0 | トラックバック:0 | top↑
時計仕掛けのレイライン-残影の夜が明ける時-のレビュー
2013-02-24 Sun 00:00
<作品名>    時計仕掛けのレイライン-残影の夜が明ける時-
<製作会社名>  ユニゾンシフト

Lay-Line2.jpg

シナリオ
S++
攻略キャラは3人、前作同様の攻略公式となっており、憂緒は安定のメイン。
各キャラ1章、憂緒ルートまでに6章ほどのシナリオがあり、全体的な量は少なめ。
推奨攻略順としてはハイジ→二人→憂緒だろう。

CG
S
立ち絵、イベントCGともに安定しており、前回同様の品質といえる。SD絵も豊富。
ただ、全体的な量で言うと、少々少ないか。(前作のCGもあるから気にはならないだろうが)

音楽
S++
全体的には綺麗なピアノ曲が目立つがところどころヴァイオリンも。破壊力には欠けるが、そこには確かな質がある。
新BGMがどのくらい追加されたのかは不明、自分で確認してほしい。
残念なのは、Vo曲(OP)が1つという事。やはり量不足が目立つ。
毎度ながら、コメント付きの解説は好印象。

お勧め度
S++
前作が気に入ったなら、という方にのみこの評価。
この作品から楽しむこともできない事はないが、やはり前作からのプレイ推奨。
作風も前回同様、推理物、学園、魔法、にプラス感動、怒涛の展開等の要素あり。

総合評価
S++

公式ホームページ
↑クリックすると公式HPに飛びます。

最初に注意しておかなければならないが、
この一連の評価が前作からのプレイの人、にとってのものだと言うことである。
無論、作品自体、前作からプレイしてないと、面白さが半分以下になることは確かである。
ちなみにTopに前作のおさらいもあるので、プレイしていて、内容を忘れた方には安心の設計。
というわけで、前作からの謎を引き継ぎつつ、真キャラ等も加えて、始まる今作。
新たに攻略できるようになったのは2人だが、やはり各ルートおまけ感を抜け出せていないのは難点といえる。
というわけで、メインヒロインの憂緒が好きになれない方は、全体の評価もやはり下がってしまうかも。
ほとんどの雰囲気は前作同様なので、前作のような作品を求めてた方にはお勧めしやすい作品である。

いろいろな事件が解決され、人も増えた特査。そこに舞いこむ新しい問題を解決していく方式は変わらない。
そうして、物語を進めていくうちに、1作目から謎だった「夜の世界」に踏み込む大きな謎が浮上。
さらに関連して、多くの謎を抱える事になるが――。
最後の怒涛の展開で明らかになる設定や真実はは、何を言ってもネタバレになりそうなほど巧妙。
あわや置いていかれるほどのスピードで、世界に引き込まれ、一気に最後まで進めてしまうほど。
そこには、驚き、納得、そして耐えられないほどの悲しみ、そうして幕を閉じる事になる。
しかし! まだあきらめない!! ――そして3作目へ。

前作同様の流れである事はこれを見れば明らかであろう。
各所足りない所があるのは否定しない。
けれども、やはり巧妙なシナリオの作り、特に1作目から残した謎や2作目の最初の布石等、
それらの謎が複雑に絡み合って、予想困難であったが、きちんとヒントもだされていたのに、
気付けなかったのは、シナリオ担当に感服するほかない。
そして、明らかになった真実のはての結果。最後には悲しくて涙が止まらなかった。
かなり個人的な評価も混じっているが、現状最上の結果といえる。
満足するとともに、次作が気になる作品であった。

コンフィグ等に関しては前作同様使いやすく感じる。

(追記あらためぶっちゃけコーナー)
正直なところ、めっさひいきしてる作品なので、ちょっとオーバーに書いてる。
BGMの水月さんのコメントと曲風大好きだしw
ただ、最後の展開だけは、本当に本物で泣ける、三作目が気になるわ。
後微妙に今回の最後の背景、あれ「Flyable Heart」のやつだな…。
拍手する
別窓で開く | ゲームのレビュー | この記事へコメントをする:2 | トラックバック:0 | top↑
時計仕掛けのレイライン-黄昏時の境界線- のレビュー
2012-10-18 Thu 00:00
<作品名>    時計仕掛けのレイライン-黄昏時の境界線-
<製作会社名>  ユニゾンシフト

黄昏時のレイライン

シナリオ
S+
攻略は3キャラ、憂緒√に向かって残り2キャラが途中で分岐していく形式。
素直に攻略順は眠子→鍔姫→憂緒がよいだろう。
個別ルートは本当に短く、基本的に1本の物語を楽しむものだと思われる。
そういうわけなので、長さも普通のゲームの半分くらいだと思った方がよい。

CG
S
長さの割にCGの量は多いかも、
特徴的なのは特に男の絵が上手い。
その実力や、ヒロインを上回っているんじゃないかといううまさ。
また、立ち絵にしろCGにしろ出来の差が激しいのは確か。
ただ、演出などの良さに後押しされてこの評価。
特にSD絵の可愛さ、多さ、効果的使用法は他の会社も見習うべき。

音楽
S++
20曲のうち、2曲がVo曲でどちらも同じ主旋律ということで、数は少なく感じる。
ただ、全体の長さからあまり目立たない欠点かも。OP「黄昏時のレイライン」が良曲。
BGMだと「ココにいるよ。」とOPのオルゴールは破壊力が高く、点数を稼ぐ。
全部クリアすると、BGM鑑賞モードにて1曲1曲の作者の感想が見られる、少しおまけして甘い評価だが、これが無ければ「S+」

お勧め度
S++
他の評価は控えめにしたが、この部分だけは高めにした。
内容成分としては、泣き、魔術(魔具)、燃え(弱い)、ミステリが上手い具合にミックスされている。
子の中にどれか自分の好きなものがあれば手にしてみるべきかも?
実はこの作品全ての伏線を回収していない。つまりこの評価は次回作への期待評価も表している。

総合評価
S+

ストーリー
↑クリックすると公式HPに飛びます。

少し特殊な設定の学園物。
最初はその設定に惑わされるかもしれないが、説明が上手なのと、案外単純な設定により
基本的には物語に「?」を出すことなく、スラスラ読めるのが強み。
何と言っても雰囲気がいい。
面白いギャグを入れつつ、興味を引く出来事がテンポよく起こる物語のテンポの良さは感心するほど。
良いな、と思ったのは細かい演出。
立ち絵の使い方や、見せ方、BGM、効果音をうまく使えていたために物語に引き込まれた。
そうして物語が進むうちに、絶妙な泣きシーンへと突入する。
号泣ほどまではいかないが、BGMに後押しされ、目頭が熱くなる。
少し惜しい部分もあるから、勿体ないとは思うものの、心象描写などを効果的に使ってたのが原因だろうか…。
ギャグ、ワクワク、泣き、これらの要素が上手く混ざり合った結果、よい雰囲気差の苦品ができたんじゃないだろうか。
といっても、長さは短いし、伏線は全部改修されず、大きな謎は残ったまま。
続編の開発がすでに告知されているため、その情報待ちとなっているが、非常に続きが気になる。
次の作品へのつなぎとしては十分すぎる成果を上げたと思う。
なんにせよ、単体でも十分楽しめるこの作品の本当の評価は決まるだろう。
よって厳しめの評価におちつけている。

システムなども十分なレベルである。
全部クリアすると、自分の選択肢の評価が下され、その評価によりご褒美CGも見られるから注目。

(追記あらためぶっちゃけコーナー)
全3作の第1作目なのだが、シナリオとしてはかなり面白い。
泣きや燃えの部分もあるのだが、推理して不思議な道具を封印していくと言う設定が新しく、読み応えがある。
そして、次回作へのつなぎ…エンディング終わってからのドキドキが異常。
2作目も良作なので、この世界観が気に入ったのならお勧めです。

そして、本番は弓で主人公が打たれてから…だよな?
拍手する
別窓で開く | ゲームのレビュー | この記事へコメントをする:0 | トラックバック:0 | top↑
| 青空の翼と過去の十字架 |