自作の壁紙や泣きゲーレビュー公開しているブログ。チャットルームや自作小説もあります そんな鍵っ子小説家のブログです。
☆★☆★ 毎日0時の定期更新中。現在は壁紙制作・泣きゲーレビューが主活動 ★☆★☆





 


[レビュー]キミの瞳にヒットミーの感想
2017-05-24 Wed 00:00
<作品名>    キミの瞳にヒットミー
<製作会社名>  戯画

キミの瞳にヒットミー

シナリオ構成
S
攻略キャラは4キャラ。
共通ルートは全6章からなっており、各章は20-30min程度とわりとボリュームはある。
各ヒロイン√は8-12章構成となっており、また各章の長さもまちまちであるためボリュームには差があるが2h~4h程度。
全体的なボリュームとしては一般的な作品より少々短い程度。

【推奨攻略順 : 瞳→詩菜→つばさ→みこ→ノーマル 】
攻略順に特に指定はないので好きな順番から攻略するとよいが、個人的には上記√の順番がおすすめ。
非常に短いBADEND扱いではあるものの、締めがよいのでノーマルを最後にしておきたい。

CG
S
線が細く、淡い塗りの絵。
時折バランスに問題を感じることはあるものの、総じての完成度は高い。
枚数に関しては4キャラということもあって、1キャラに対する枚数は多めなのだがHシーン用の割合が多い。
SD絵に関しても少数ながら存在している。

音楽
S
BGM23曲、Vo曲2曲(OP1/ED1)という構成。
BGMは非常にバリエーションあふれるラインナップとなっており、作品の中でも非常にレベルが高く感じられた部分の一つ。
特に「Fine Day」の途中から入る力強いエレキの旋律や「Share the joy」の静かなオケ、EDのオルゴールVer等...使い方さえ間違えなければ各場面で間違いなく有力な戦力となりえるものがそろっている。
Vo曲に関してはOPもEDもどちらも勢いのあるものが使われている。

お勧め度
S+
ドストレートな部活をテーマとした青春恋愛学園物。
キャラに非常に濃い人物がそろっており、ギャグ方面の力が強いためギャグゲーとしても楽しみやすい作品でもあり、笑えて少し泣けて…という青春が詰まった作品とも言える。
文章がしっかりしているので初心者の方へ主におすすめしたい。

総合評価
S

公式ページ
↑クリックすると公式HPに飛びます。

季節は春、廃部寸前の文芸部室に4人の”問題児”が集められた。
「委員長」と多くの人からは呼ばれ、実直かつ真面目だけれど、エロには割りと素直な主人公――そんな主人公と4人の”問題児”が織り成すハチャメチャな青春部活ラブコメディ作品。

ちなみに、ヒロイン「瞳」の名前がタイトルとして含まれているが、彼女がメインと言うわけではない。詳しくは本編で判明する。

作品全体としては非常にストレートな恋愛学園物と言える。
特殊なのはやはり、舞台(テーマ)である部活の『シェア部』という点。
文芸部・お笑い部・素敵発見部・世界征服部・青春部という、一切関係ない部活を希望していた主人公・ヒロインたちが『シェア部』を作り上げていく様子はまさに青春物。

さすが戯画というべきなのかシナリオライターやその他スタッフのおかげなのか、全体的な安定度が非常に高く、細かい描写・演出などで安定して作品の品質を高めている。

シナリオでは特に共通ルートにおいて各キャラクターとの掛け合いが多く、瞳やつばさを中心としたギャグシーンが多く、その質もかなり高いものとなっている。
そんな軽快なテキストに助けられてか、各個別√の終盤にいたるまで飽きることなくプレイが可能となっているため、幅広い層に受け入れてやすい物にはなっている。

ただしテキストが軽快なのは確かなのだが、どうしても展開に無理やりさが滲み、他にも地の文やキャラクターの台詞にも矛盾点や不審点があるのも確かで、もう一歩全体的なブラッシュアップが必要といえるだろう。

各ルートのシナリオの質自体にかなり差があるのも難点の一つ。
個人的に一番良いと思えたのはみこ√で『シェア部』という他にはない利点を中心として回しつつ、他のキャラクターとも絡めたボリューミーなシナリオは思わず泣きそうになるシーンもあるほどだったのだが、対しての詩菜や瞳√では短く、世界観も殆ど二人に限定されてしまっているのでどうにも盛り上がりに欠けてしまっていた。
素材となる下地やBGM等はあるので、告白シーンをもう少し盛り上げたり、話に強弱をつけて泣きシーンを作ったり、もう一段上の作品となるために出来ることはまだある。

コンフィグに関しては詳細に設定を決められるので便利。

【総括】
全体的にしっかりとした恋愛学園物なのだが、あと一歩が踏み込めなかった作品でもある。
全体的な完成度をもう少し高くするか、他の作品にない「これ」と言えるものを提示していればもう一段階上の評価だった。

(ぶっちゃけコーナー)
つかさ√、みこ√は割と泣けそうたんだけど、それ以外が結構無難なんだよなぁ。
同じようなレベルを他の2キャラにも求めたかった。
話の素材自体は問題なかったし、BGMとか良いのそろってたんだから、しっかりと作ってれば絶対泣けたとは思うんだけどなぁ…。
あとシェア部ってのが作中に出てきたけど、ちょっと出現位置が適当過ぎたかな…決定前に主人公が呟いちゃってたし…。
全体的には完成度が高く見えがちだけど、細かいところにミスがあったりしてそういう点でもやっぱりもう一つ物足りないのかも。
スポンサーサイト
拍手する
別窓で開く | ゲームのレビュー | この記事へコメントをする:0 | トラックバック:0 | top↑
[レビュー]ハーヴェストオーバーレイの感想
2014-07-11 Fri 12:00
<作品名>    [レビュー]ハーヴェストオーバーレイの感想
<製作会社名>  戯画

ハーヴェストオーバーレイ

シナリオ構成
S
攻略キャラは4人。
共通√は比較的長く、個別はゆうか√を除き2-3h程度、ゆうか√のみ5hというところ。
キャラは少ないが全体のボリュームとしては平均的と言えるだろう。

【推奨攻略順 : 小町→リリア→澄→ゆうか】
ゆうか√のみ他の全キャラ攻略後のロックありで、それさえ守れば基本的に自由。

CG
S
線は細く、色は濃い。目もとの書き方がかなり特徴的な絵。
立ち絵にしろイベントCGにしろ、どことなくデフォルメが強い印象を受ける。
そのせいもあってか、特にイベントCGでは気になる構図のものがいくつか存在している。
しかしながら、概ねのイベントCGに関しては完成度は高く、枚数の多さもあって高評価。
SD絵も多く存在している。

音楽
S
BGM20曲以上、Vo曲4曲(OP2曲/ED2曲)と言う構成。
音楽に関しては今回印象が薄い、と言うのが正直な感想。
BGMは作品に合わせて全体的にサイバーな曲が目立つものの、明るいものから緊迫シーンまで幅広くそろえられている。
そういった意味ではよく作品にはなじんでいたのだが、その中で破壊力がある曲はなかったので残念。

お勧め度
S+
近未来の地方都市が舞台。
現実に即したゲームで、仲間と協力してクエストをクリアを楽しむ学園物。
作品の作りこみ度が高かったうえに、シナリオとしても手抜き感はあまり感じられなかった。そういった意味で全体的な完成度は高い。
なので、設定が好きな方などには安定してお勧めしたい作品となっている。

総合評価
S

公式ホームページ
↑クリックすると公式HPに飛びます。

【物語について】
近未来の世界、主人公のもとへとあるゲームのβテストの招待状が届く。
それは現実と密接にリンクしたゲームで――。

というコンセプトの作品で、基本的にこのゲームのイベントが作品中の流れを作り出している。
近未来物と言うこともあってたくさん見慣れないものが登場する。しかしながら、TIPSなどを工夫して表示していたり、また、シナリオ自体も序盤は分かり易い流れになっているので話の流れに自体においていかれることはほぼない。

また近未来の世界をよく作りこんでいるな、と感じたのは背景。
立ち絵に関しては目パチ、口パクがあったのだが本当に凝っているのはここではなく背景で、かなり詳細な所まで手が加えられており、本当に自然と世界を理解することができたので、このあたりの評価は最大値といってもいい。

また他の近未来作品同様、終盤において少し話が難しくなるのだが、分からない単語や難しい状況は何度も言い変えて説明されており、話についてこれないような人を出来るだけ出さないようにしよう、という誠意が強く感じられ、近未来物にありがちな「終盤の超展開」のような印象はあまり受けなかった。

シナリオに関しては結構平坦。
とくに前座となるゆうか以外のヒロイン√には少しだけ伏線がひかれているものの、総じて安定したシナリオ運びになっている。
メインとなるゆうか√においてもそれまでに集まった伏線だけでは分からなかった真相に行きつくことになるが、不思議と驚きはしない。
シナリオ自体の質やBGMの破壊力を鑑みても泣ける要素があるとはいいがたく、どちらかと言うと共通ルートでのクエストなどのイベント時の明るい雰囲気がこの作品の最大の魅力。
ゆえに、泣きゲーとしてみるとあまりいいものと評価しずらいのだが、別の評価基準を持ってくれば大きく評価が変わるだろう。

今回は一応突っ込みどころもあったりするので、シナリオ自体の評価はそこまで高くないものの、その他の世界感の作りこみ等もあって評価としては悪目なのだが、舞台が好きな人にとってはもう少し高い評価になるかもしれない。

システムに関してはかなり詳細な所まで決めれて比較的高性能。
また、世界観とも合ったデザインになっているのもこだわりを感じた。

【総括】
シナリオにこそ勢いが足りないが、その他の部分の完成度はさすがと言うほかない。
ストーリーに関してだけの評価でこうなっているが、その他の部分は名作と言われるものに負けていない。

(追記あらためぶっちゃけコーナー)
共通√あたりのクエストの話が結構面白かったなぁ。やっぱ、ゲームはああでなくちゃ。
個別に入ってからが少ししんどかった印象を受けるな。
未来ものということで、多少の矛盾点とかはしかたはないかな。
それにしても澄はいい子だな…。
今回は珍しくメインヒロインよりも好きだ。
拍手する
別窓で開く | ゲームのレビュー | この記事へコメントをする:0 | トラックバック:0 | top↑
さかあがりハリケーン のレビュー
2008-12-21 Sun 12:08
<作品名>    さかあがりハリケーン
<製作会社名>  戯画

sakahari (1)

シナリオ
S
世間で騒がれるほど地雷じゃない。
しかし、各シナリオの押しが弱い。

CG
S
戯画らしい絵。
時々変な絵も混じってるけど、綺麗な絵が多い。

音楽
S+
OP&ED共にクリア後、しばらく経ってからすごい気に入るように・・・。
BGM「回りきった後で」など秀逸なものもいくつか。

お勧め度
S
こんにゃく(この青空に約束を)を気に入ったなら、これもやってみるといい。
やって損するというわけではない。

総合評価
S
戯画は地雷が多くて、地雷の法則なるものがあるそうで…。
しかもこの作品が結構該当しているとか?
でもまぁ、自分的にはいい作品だった。
シナリオは短め、しかも各ルートの主なイベントが同じ…。
ENDはBADらしきものを含めると6つ? まぁ、大体鬱成分は少ない。
一番気に入ったのは涼ルートで、不覚にもぐっと来た。
必ず、ゆかり→涼の攻略順は守りなさい。
テンポはいいが、共通が多いので飽きるかも…? 各個別シナリオも短くて…残念。
どこかのブログで読んでその通りだと思ったのが、こんにゃくでは守りだったが、今回の作品は攻めだった。
毎度の事ながら…主人公はかなりかっこいいなぁ…。
システムもかなりの高品質。絵なんかも綺麗なものが多い…。
ネーミングセンスがいいよね、あとOPの挿入の仕方がかなり気に入った。
そして、起動後のタイトル画面にいる猫…。すげぇ気になる!!
BGMに『ポジティブハッピー・チェーンソーエッチ』ってあるが…これはあれなのか…「ネガティブハッピーチェーンソーエッジ」という本を昔読んだことがあるが、あれなのか…。

(追記あらためぶっちゃけコーナー)
地雷倉庫の戯画の数少ない名作のひとつ。
全体的には前向きになれるストーリーとしてまとまっている。
ただ、個人ルートに変化が乏しいのが少々残念なところ。
拍手する
別窓で開く | ゲームのレビュー | この記事へコメントをする:5 | トラックバック:0 | top↑
パルフェ~ショコラ second brew~“Re-order” のレビュー
2008-10-23 Thu 00:05
<作品名>    パルフェ~ショコラ second brew~“Re-order”
<製作会社名>  戯画

シナリオ
S-
昼ドラの匂いが消えない。
それでも、人気が高いのは確かだが、個人的には低めの評価。

CG
S-
戯画の絵はどんどん上手くなる。

音楽
S
OP曲が気に入った。
BGMも普通くらい。

お勧め度
S-
戯画作品のあたりの一つ、興味があるならやってみるといいかも?

総合評価
S-
いい作品なのは否定できない。
正直、里伽子ルートでうるっとくるものはある。
各ルートでも暖かく感じるシーンが多々あり、
世間に評価されるということはそれだけ光る部分があったということ。
ここでの評価は低めだが、是非興味のある方は勇気を出しやってみるのもよいと思う。
喫茶店(?)を舞台にした作品はあまりなく、期待以上のものが出るとは限らないが、新鮮さはあると思う。

(追記あらためぶっちゃけコーナー)
OPが有名なKOTOKO曲の、喫茶店のお話。
泣きゲーとしてのルートもいくつかあり、そういう意味ではなかなかに見どころはある。
世間的にもかなり評価が高めの作品なのだが、
個人的にベクトルが合わなかったので、少々低めの評価になっている。
拍手する
別窓で開く | ゲームのレビュー | この記事へコメントをする:0 | トラックバック:0 | top↑
ショコラ ~maid cafe “curio” のレビュー
2008-10-22 Wed 00:04
<作品名>    ショコラ ~maid cafe “curio”
<製作会社名>  戯画

シナリオ
S-
喫茶店のお話。
王道な展開だが、泣きゲー=昼ドラじゃないので評価は低め。

CG
S--
戯画の絵は基本綺麗。

音楽
S
OP曲が非常にいい。
BGMの平均的に良い。

お勧め度
S--
パルフェの橋渡しとなる作品でもあるのだが、戯画の作品としては当たり作品。
少し低めの評価だが、実際はもう少し良い作品である。

総合評価
S--
選択肢が死ぬほど多い。
次作で解決はされているものの、非常にテンションを下げる原因となった。
パルフェをやるとき、これをやっていると”わかりやすい”だけで、特に必要ない。
いちばんよいルートとしては香奈子ルート。

(追記あらためぶっちゃけコーナー)
喫茶店が舞台で、有名な過去の名作。
泣きゲーとしては、香奈子ルートで有名だろう。
拍手する
別窓で開く | ゲームのレビュー | この記事へコメントをする:0 | トラックバック:0 | top↑
| 青空の翼と過去の十字架 | NEXT