自作の壁紙や泣きゲーレビュー公開しているブログ。チャットルームや自作小説もあります そんな鍵っ子小説家のブログです。
☆★☆★ 毎日0時の定期更新中。現在は壁紙制作・泣きゲーレビューが主活動 ★☆★☆





 


[レビュー]グリザイア ファントムトリガー 第1-2話の感想
2017-06-29 Thu 00:00
<作品名>     グリザイア ファントムトリガー 第1-2話
<製作会社名>   フロントウィング



ファントムトリガー1-2話

公式ホームページ
↑クリックすると公式HPに飛びます。

シナリオ : 【 S 】
舞台をグリザイアシリーズと同じとした美浜学園に置いた作品で前作までで人気を博したシーンやテーマなどを引き続き使用。

1話では主人公…らしきハルト目線で語られることはなく、新任教師「有坂」から見た作品となっている。
物語の導入部分的な意味合いが強く、一つの事件を解決すると終了してしまう。
そのためキャラクター狂気性以外の過去や状況などは基本的に判明しない。
また、銃や戦闘に関する専門用語・知識などがもたくさん飛び出るため、一部の人間にとっては嬉しく、そうでない人にはあまり楽しく内容になっているかもしれないが、このグリザイアでは平常運転と言える。

2話からが今作との本番と言える内容となっており、視点も主にハルトから見たものとなっているが、わりとコロコロ変えてきており、第三者視点で考えることの方が多いかもしれない。
今作でメインとなっているのがレナであり、彼女の過去等と共に前作までの魅力であった銃撃(格闘)戦やカーチェイス等等燃えるシーンが多く入れられている。
また、懐かしいキャラクター(や話)も時々話に出てきたりもするため、見どころは多い。

【推奨攻略順 : 選択肢無 】
選択肢がないので…。


CG : 【 S 】
前作までのものと比べると立体感が薄れ、塗りが一段と淡くなった印象を受ける絵。
シリーズものということもあり、どうしても分量は少なめではあるが、質は確か。
SD絵も多数存在する。


音楽 : 【 S 】
BGM15曲、Vo曲2曲(OP/ED)という構成。
前作に似たBGMのものもあるが、基本的には新規…のはず、作中では前作で使われていたBGMも何曲か登場しているのを確認している。
内容としては戦闘シーンのものが目立つが、以外にも日常シーンで使われる落ち着いた雰囲気のBGMに質の良いものがそろっているイメージ。
Vo曲は個人的にEDがしっかりと歌われている感じがして好き。
OPでもいいくらいすっきりとしているので是非聞いてみてほしい。


お勧め度 : 【 S 】
グリザイアスタッフの手掛ける新シリーズ。
1話、2話ともに攻略時間が各3-4h程度と非常に短いが、内容としては十分に詰まっているためグリザイアシリーズが好きだった人はプレイしても損はないはず。


総合評価 : 【 S 】
シリーズものなので評価としてはこの程度ではあるが、内容は保証したい。


(ぶっちゃけコーナー)
グリザイアスタッフ制作ということで、やっぱりあの3作品くらいのレベルを期待してしまうんだけど、シリーズものってのは評価難しいよなぁ。
前回の評価でもいってたけどどれくらいのスパンなのかが気になる。
あと1作で完成してるわけではないってのもなぁ…。
面白くはあるんだけど、こういうのが増えるのはそれはそれで複雑な気分だわ…。
そういえばEDは…アレはなんなんだろう…ホント。
スポンサーサイト
拍手する
別窓で開く | ゲームのレビュー | この記事へコメントをする:0 | トラックバック:0 | top↑
[レビュー]千の刃濤、桃花染の皇姫の感想
2016-12-10 Sat 00:00
<作品名>    千の刃濤、桃花染の皇姫
<製作会社名>  オーガスト

千の刃濤、桃花染の皇姫

シナリオ構成
S++
攻略キャラは5キャラ。ストーリーの形式は朱璃√を本編として各キャラが順に分岐していく形をとっている。
また各キャラ√攻略後にアフター+Hシーンとしての「余談」が追加されるほか、ある程度まで本編を進めるとサブヒロイン3キャラのショートストーリーも追加される。

【推奨攻略順 : 滸→奏海→エルザ→古社音→朱璃 】
本編に向かって順次攻略した場合はこの順番になるが、ロックがあるわけではないので本編を先にやる場合はまっすぐ朱璃√を目指すとよいだろう。

CG
S
べっかんこうさんの安定した絵は質・量ともに言うことなし。
立ち絵の雰囲気を変えることで様々な場面で使いまわす技術は相変わらず存在しており、たしかに作品を力強く支えている。
そのほか今回は半動画のような演出も加えられており、レベルアップが最もみられる部分かもしれない

音楽
S++
BGM53曲、Vo4曲という構成。
まず驚くべきはそのBGMの数だろう。それらすべてが和テイストのものとなっており管・弦楽器、をはじめ太鼓などの楽器を使用することで統一感を高めると共に作品の舞台を形作っていた。1曲1曲の質も高いためクリア後におちついて視聴するのもよいだろう。
Vo曲で気に入ったのは「嗚呼 絢爛の泡沫ゆめが如く」と「月夜に舞う恋の花」
一方は勢いのある和テイストの曲で、おもわず体が動くほどノリよく聞ける良曲。
対して各キャラ√用のEDとして使われた「月夜に舞う恋の花」は和風の歌詞をしっとりと歌い上げた名曲。途中の転調からなども見どころだが、なによりもその歌詞はクリア後に落ち着いて聞くと泣けてしまう。
少し悲しい歌なので本編のグランドEDとしては使用しにくいのだろうが、個人的にはいちばん好きな曲。

お勧め度
S++
雰囲気としてはユースティアに近いバトル多めの作品。
シナリオは割とわかりやすいのに深く作りこまれているので、全体的な質の高さも相まって多くの人が楽しんでプレイできることは間違いないだろう。
はっきりとしたグロシーンはないが、流血シーンが割と多く音なども併せてリアリティはあるので注意する人は注意を。

総合評価
S++

公式ホームページ
↑クリックすると公式HPに飛びます。

宰相の裏切りによって共和国に占領された皇国。
皇帝である蘇芳帝の一人娘の朱璃は命からがら生き延びて3年後、復讐のために立ち上がる。――簡単に言うと絶対防御を誇る日本だったが、内部の裏切者によってアメリカがやってきて占領される。その騒動で殺された天皇の娘のヒロインが主人公たち「武人」という一騎当千の戦士たちの協力を経て再び国を取り戻す! というお話。

今回はストーリーに自信があったのだろう、本編の朱璃√を主軸としたシナリオ作りにしており、そのかいあってか物語に十二分に集中できた。
残念なのは各キャラの使い捨て感。
物語としてある程度の祖語ができてしまうのは仕方がないとしても、各キャラ√が1-2hといささか短すぎるのは問題。しかしながら、全体的なボリュームが問題なかっただけに攻めにくいところではあるのは確か。

シナリオを上記である程度語っているものの、その本質的な部分に関してはネタバレになるためあまり触れられない。
しかしながら攻略後に再び考えてみると鮮やかな物語の中に一抹の寂しさがあるのが今回の作品であり、テーマとして桃の花を取り上げた事はそういう意味でピッタリだったといえる。もう一つ上げておくと、武人の考え方としても様々なシーンで出てきた「主君のための覚悟」というものは終始どのルートでもついて回っており、その覚悟のために自分が必死にならなくてはならないという考えは言葉だけではなく、シナリオを通して主人公やヒロイン達から何度も何度も伝わって来たものである。

今回は学園物の前作、大図書館とは違いかなりバトル色が強い作品となっており、雰囲気的にはかなりユースティアに近いものとなっている。しかしながら、舞台イメージを日本としていることでファンタジー感が薄れ、より身近になった作品となっている印象がある。
何より進歩を感じたのは物語の描写力、特にエフェクト方面ではかなりの進歩があり、動画のようなシーンを一部挿入することでバトル物に必要な勢いを補っていた。
かといって心理描写などの物語の根本となる部分においても手を抜いておらず、しっかりとけれどわかりやすく描き出してくれていた。

今回の物語が泣けるかどうかは、どこまで作品の物語にのめりこめ、登場人物たちの心に近づけたかによる。
先ほど上で分かりやすく心理描写が書かれている、と表現したがその内容をしっかりと理解しようとすると、この作品の登場人物たちは「綺麗」過ぎるためにどうしても無理が生じる。どこまで彼・彼女らの心を想う事ができるかで泣ける量(シーン)は変わってくるだろう、そういう意味では広く文字を読むのが好きな玄人までおすすめできる作品ともいえるのではないだろうか。

コンフィグに関しては依然同様使いやすい上、タブレットでの起動などの新機能も搭載。

【総括】
全体的なレベルの高さは語るまでもなく、それでいてオーガストらしさを忘れない名作の一つとして記憶に残る作品だろう。

(ぶっちゃけコーナー)
個人的に泣けるシーンはいくつかあったのだけれど、雰囲気に押されて泣くシーンってのがほとんどない。というのも、まぁバトルが結構多いからかも。
どちらかというと作中ではワクワクしながら先に勧めることが多かったから、プレイ時間が結構長い作品なんだけど、作品自体は短く感じたかも。
それでもやっぱり主人公の過去の話とかそのあたりのシーン、それを想った古社音のシーンなんかは結構泣けたのかもなぁ。
あとシナリオ的に笑い入れるのはつらいのかな、と思ったけど結構和気あいあいとやってるのはいいよね。
敵味方がいろいろ入れ替わるのも面白い。
拍手する
別窓で開く | ゲームのレビュー | この記事へコメントをする:0 | トラックバック:0 | top↑
[レビュー]果つることなき未来ヨリの感想
2016-03-02 Wed 00:00
<作品名>    果つることなき未来ヨリ
<製作会社名>  フロントウィング

果つることなき未来ヨリ

シナリオ構成
S+
共通√が長くボリュームとしてはそこだけで十分といえるほどで逆に個別ルートは、2-3hと少し短め。全体的に考えると分量は十分といえる。

【推奨攻略順 : ユキカゼ→リア→メルティナ→アイラ】
1週目は強制的にユキカゼ√、次週から残り3人のヒロインをクリアする形になる。
面白いものを出来るだけ広範にもってくるタイプの人ならこの攻略準を推奨。

CG
S
いつも通りの高品質の絵。
全年齢対象ということもあって過激なものは少ないが、文章の描写として乱暴な部分もあることと同様にいろいろな意味できわどいものは多数。

音楽
S+
BGM51曲、Vo曲6曲の構成。
さすがというほかがない圧倒的ボリュームで、高く評価したい。
BGMでは全体的に戦闘用の気持ちを鼓舞するようなものが目を引く。
Vo曲についても、それぞれ雰囲気の違うレベルの高いものがそろっている。

お勧め度
S+
全年齢対象ということで、全体的なハードルは下がっているが、シーンとしての流血シーンはあまりないものの、過激(グロ含む)な文字表現はいくつかあり注意は必要。
軍事物が好きな方にはお勧めしやすいが、グリザイアを意識しつつのプレイは推奨しない。

総合評価
S+

公式ホームページ
↑クリックすると公式HPに飛びます。

今作の主人公はゼロ戦パイロット、海軍所属の”三森一郎”。
敵艦への特攻を観光した瞬間、異世界の砂漠へと飛ばされ、ユキカゼと出会うシーンから作品は始まる。

良くも悪くも尊大な主人公はグリザイアの主人公を髣髴とさせ、異世界ではあるものの、戦争を中心とした得意の軍事系作品の雰囲気を十二分に持つ作品となっている。

物語の魅力は序盤~ヒロイン分岐にかけての共通ルート。
各地を回り、豊富なキャラクターとのテンポのよい会話やシナリオ進行、起こっている問題を強引とも言える手法で解決していくその手法などはさすがというほかない。
初回のユキカゼ√までを含めて一つの作品として評価しやすい作品である。

少し残念なのは各ヒロイン√を含めて書ききれていない部分が多かったところだろうか、特に主人公の元の世界での話などは扱いが少しぞんざいでもったいないような気もする。
(キャラクターとして「元の世界に戻る=死」が決まっているので、そこを広げるのは酷かもしれないが…)

各ヒロインとの交流があまりなかったのも残念なところの一つ。
序盤~中盤にかけては、それぞれやり取りがあることもあったのだが、特に固定√に突入した後は特定のヒロインと周囲のサブキャラクターしかやり取りがないことが多く、そのあたりがかなり不完全燃焼な部分ともいえる。
物語自体の結末も作品によっては聊か辛いものがあったりするので、そういった部分をあわせて評価が下がってしまうこともある。
各ヒロイン√について、付け加えるならば短さもデメリットとなっているだろう。
明らかに中盤~ヒロイン分岐地点とその後では物語の質が違う。最終的に同じような結末を迎えるという前提の作品だとしても、他のレベルから類推してもう少し出来たことはあるのではないだろうかと思ってしまう部分もある。
それでも、メル√やアイラ√には感動できる部分もあり、その部分は十分に評価している。

よかったと思えるのは特にCG部分、イベントCGももちろんだが、今回は異世界の背景や特に空の上空の景色など、美麗なCGを活かしたシチュエーションが多く登場しており、世界観を形作る良い要素となっている。

コンフィグ藻十分に使いやすく、不備はない。

【総括】
全体的に質が高い作品ではあるものの、もう一歩を踏み出せなかった作品で、良くも悪くも良作止まりのこの評価となった。

(ぶっちゃけコーナー)
グリザイアを意識しすぎて、いい作品なのに評価されにくいように感じる。
これはこれとして受け止めるといいのかなぁ。
各EDでハッピーなものもあればそうでないものもあって、賛否両論なのかもしれないが、個人的に今回はそういう終わり方もありなのかな、と思えるものだった。
伊勢買い物は多数、それこそいろんな媒体で出ているがその範疇を越えられたか、というと少し微妙なところで、やはり「この作品にしかない」見たいなところを見せてほしかった。軍事物~といえばそれまでなんだけどね。
拍手する
別窓で開く | ゲームのレビュー | この記事へコメントをする:0 | トラックバック:0 | top↑
イノセントバレット -the false world- のレビュー
2013-09-29 Sun 12:00
<作品名>    イノセントバレット -the false world-
<製作会社名>  CINEMATOGRAPH

イノセントッバレット

シナリオ構成
S
攻略キャラは3人。
基本的に物語は1本道。
序盤~中盤にかけては要所要所での選択肢により、キャラとの個別ルートが差し込まれており、終盤で短い個別ルートに入る。ただ、最終的に物語は再び1本道に戻る。その後はエピローグ部分に少し変化があるのみとなっており、総じて個別は2h程度の長さ。
共通部分は少々長いのだが、それでも全体を考えるとボリュームは一般作品の7~8割程度。

攻略順に指定はないため自由に攻略してよい。
選択は分かり易く、攻略難易度はかなり低いだろう。
【おすすめ攻略順 : 愛→早苗→莢香】

CG
S
線は細く、全体的に淡い塗だが、イベントCGには立ち絵にない独特の立体感はある。
量はシナリオから考えると一般的な量と言える。質に関しては、立ち絵など安定しているものが多い中で、イベントCGに気になるものがあるのも確か。
中には、流血CG等も多数登場するため、注意は必要。

補足として、用語説明の銃の欄すべてについている絵からは熱意が感じられた。

音楽
S+
BGM24曲、Vo曲3曲(OP、ED、挿入歌)という構成。
BGMの中では緊迫した戦闘シーン用のものが目立つ中で、同時に悲しい&しっとりとしたものが目立つ。中でも「sorrow for」は良質と言える。

Vo曲は飛蘭2曲、EDの榊原ゆい1曲という、かなり安定した構成。
特に前者の2曲はかなり燃える曲の為、単体としても評価したい。

お勧め度
S
端的に言ってしまえば、異能銃バトル学園物。
ただ、シナリオ自体はそこそこの面白みがあるものの、すこし初心者には勧めにくい内容であることや、逆に玄人にとっては荒が目立ち過ぎるため、低めに設定。
その分野が好きな人間がやるべき作品。

総合評価
S

公式ホームページ
↑クリックすると公式HPに飛びます。

【物語について】
未知の怪物との戦闘という、突然の危機に陥った主人公が、絶体絶命の状況で異能を発動させ、そこから闘いに身を投じてゆく、という作品。

世界観が少々現実と異なっている部分もあり、また銃等の多くの火器も登場するのだが、前者に関してはかなり説明はスムーズ。後者に関しても、理解できなくてもシナリオ上に問題はなく、また、用語説明等が充実しているのも高評価。
ただ、贅沢をいうなら、文章中でのジャンプがほしかった所。

この作品の主人公やヒロイン達には「特異点」という特殊能力を持つが、基本的に戦闘は銃がメインで、異能は補助的立ち位置にある。
ただ、作品のメインとなる戦闘シーンに関してだが、これは数が多いものの先ほども言った通り銃撃戦がメインであるために、かなり戦略的かつ刹那的なものとなっており、ブラックアウトで省略される部分も多いため、燃えられる内容の物はかなり少なくなっている。
また、燃えゲーの重要部分である、主人公の成長部分に関してもかなり省かれているといってよく、そういった期待をしない方が無難である。

他には、それぞれのヒロインと付き合うことになるシーンに少々曖昧な部分があり、どうも流されて付き合った感が否めないのも残念。

これに代表されることだが、展開が速いところがあり、一つ一つのシーンが非常に雑…無論良いと思えるようなシーンもあるのだが、雰囲気を持続させずにすぐ終わらしてしまう傾向がある。もう少し、1つ1つのシーンを大切に作りこんでほしかった。

燃えゲー特有の挿入歌や後半でのOP歌の挿入など、雰囲気演出等での頑張りは認めたいのだが、いかんせんシナリオ自体の出来がこれであるために、残念な結果に終わっている。

このゲームで数少ない褒められる部分としてあげる個所として「男キャラの活躍」がある。
かなり男臭いキャラが、ヒロインより多く出てくるのだが、それぞれがきちんと信念を持っており、よく書きこまれている。無論イベントCG(戦闘シーン)もある。
それぞれのセリフや雰囲気・性格等もよく、この部分に関しては素直にほめておきたい。

【総括】
本筋は良いのだが、全体的に作りこみが足りない所が目立つ。
音楽や演出等に光る部分もあったため、非常に残念であり、少々厳し眼の評価を付けさせてもらった。

コンフィグ機能に関しては、基本的にはそろっているものの、確認画面が無かったのは疑問、また、その他でもかなり使いづらい部分はあった為改善は必要。

(追記あらためぶっちゃけコーナー)
プレイしていて、ちょっと気になったのが、文章中のルビ代わりに使われる( )かなぁ…。普通にルビ振っていいような気がするんだ、あれは。
普通にいいシーンがあるだけにもったいないよな、CGとかも結構良かったし、歌とか、後半での挿入歌とか…シナリオもなかなかおもしろかっただけに、文章の細部とか、ひとつひとつのシーンの書き込みが足りなかったかな。
拍手する
別窓で開く | ゲームのレビュー | この記事へコメントをする:0 | トラックバック:0 | top↑
グリザイアの楽園 の感想
2013-06-08 Sat 12:00
<作品名>    グリザイアの楽園
<製作会社名>  Front Wing

guri.jpg

シナリオ
S+
収録されている物語は「ブランエールの種」「Prologue」「楽園アフター」「デイブ教授の抜きまくりチャンネル」の4つに分けられる。
中でも一番長いのが「ブランエールの種」に当たる部分だが、それでも通常の作品の1ルーをを考えれば同じくらいだと言え、その他の話は読むのが早ければ2h~3h程度で読み切ってしまえる。ゆえにボリュームとしては決して多くはないだろう。
攻略順もほとんど決められているのでその通りに進めばよいが…。
ブランエール後に迷うなら、Prologue→楽園アフターにしておいた方が無難。

CG
S
前々作、前作と同様の絵。少々顔の部分やCGバランスに不安部分はあるものの、枚数も多く、絵以外の演出部分や動画でもかなりの頑張りを見せてくれた。
よってこの評価は妥当ともいえるだろう。

音楽
S++
BGM40極越え、Vo曲5曲というかなりのボリューム。
これまでの3作を加えるとBGM100曲超え、Voでも10曲を軽く超えているという。
その量・質ともに申し分のないものだったと言え、これを目当てにしてもよいだろう。
(個人的評価としては、ただ一つの「これ」といえるものがなかったのが残念)

お勧め度
S++
無論、グリザイアの果実と迷宮をクリアした方へのお勧め度である。

この作品の単体プレイはほぼ不可能。
内容・設定をある程度覚えているなら事前プレイは不要だが、やはり事前にやっておくと分かりよいだろう。
前作からの期待を裏切らないその質は確かなもので、以上とは言えないものの、期待した分は楽しめるだろう。
3作と長いものの、これから始める方にもお勧めしやすい作品ではあるだろう。
流血・グロシーンはあるので注意。

総合評価
S+

公式ホームページ
↑クリックすると公式HPに飛びます。

「グリザイアの果実」、「グリザイアの迷宮」ときてグリザイアシリーズ完結となる3作目の「グリザイアの楽園」。
作中で、あるキャラがその三作の流れ、関連、繋がりについて語ってしまっているので、三作目の立ち位置としての考察は述べず、「楽園」についての感想を述べたい。

内容は上記でもあったとおり4つに分けられる。

そのうち1つ、最初にプレイする事になるのが
「ブランエールの種」 …迷宮の続きシナリオであり、楽園シナリオの大部分。
その他、
「Prologue」 …果実の始まる前――主人公が転校してくる前の学園、次々と転校してくるヒロインたちとのやり取りを由美子視点から見る。
「楽園アフター」 …ブランエールの種のアフター。このルートでグリザイア最終となる。
「デイブ(略」名前の通り、エロ詰め込み。

今作は主人公にスポットがほとんど当たっておらず、ヒロインやそれに関連するサブキャラ達が絡み合い、そして紡いでいく物語になっている。
新キャラも出るものの、やはり旧作からのキャラの出番が多く、物語の中で不明だった点もあらかた説明される。
なかには「なるほど、そう来たか…」と行ってしまうような設定も。

無論、少々回りくどい説明文章、やたらと軍・武器系の詳しい文章、テンポがよい&笑いがふんだんにちりばめられた独特の文章は健在。
特に笑いに関しては、いかなるシリアスシーンであっても、結構質のいいものを入れてきているため、全体の雰囲気に反し、笑いながらシナリオを進められるだろう。

また、戦闘シーンも多数存在し、頑張っている印象を受けた。
特にエフェクト関係に助けてもらった部分が多く見受けられる。
(関連してグロ&流血シーンは多い)

3作をまとめる作品として、かなりの期待をかけられたが、設定等を鑑みても、それに十分にこたえる事が出来たシナリオだと言える。
前作までの雰囲気を抱えつつも、革新的に物事を展開させていく。
簡単に言うが並大抵のことではないゆえに、十分に評価してもよいだろう。

ただ、私の評価が世間と比べて低めなのは「泣きシーン」の威力が低かったためだけである。
それ以外の部分については、いろいろと目のつくところもあるものの、総じて高水準の作品であり十分に評価してよいだろう。
故にこの評価となっている。

システムについては不足感もなく使いやすいだろう。
少々声ミスもあったが、パッチ等でいずれ修正されるか…?

(追記あらためぶっちゃけコーナー)
上にも書いたけど、泣きシーンはあるんだよ、特に「プロローグ」・「アフター」辺りは少しウルっときたかも。
でも、涙腺破壊までいってないんだよな、私の評価の中心が「泣き」だから、少し低めに評価はしてあるので勘違いしないように。

ちなみに、いまから3作始める価値のある作品かどうかだが…。
①「果実」をやってみる。
②絵・文のリズム(言い回し)・流血グロ系の話に耐えられたか。

この2点で満足でき、続きをやってみたいなら十分に楽しめるだろう。
ただ、迷宮と楽園…2つに分ける必要があったのか…? というほどの長さだが。
値段を考えると、少し首をひねりたくなるかもしれないが、そこはシナリオの安定した質の高さや絵と音楽を考えて、必死に自分に言い聞かせるほかないだろう。
拍手する
別窓で開く | ゲームのレビュー | この記事へコメントをする:0 | トラックバック:0 | top↑
| 青空の翼と過去の十字架 | NEXT