自作の壁紙や泣きゲーレビュー公開しているブログ。チャットルームや自作小説もあります そんな鍵っ子小説家のブログです。
☆★☆★ 毎日0時の定期更新中。現在は壁紙制作・泣きゲーレビューが主活動 ★☆★☆





 


恋と選挙とチョコレート のレビュー
2012-08-12 Sun 00:00
<作品名>    恋と選挙とチョコレート
<製作会社名>  Sprite

恋と選挙とチョコレート

シナリオ
S
ルートは5本。千里のみ固定で最初にやらされるほかは自由となっているが
未散ルートに関しては最後に回した方がよいと思われる。
共通ルートは全体比率で比べると長く、各ルートの長さはほとんど同じだが、短く感じる。

CG
S
線が細く、少しラフ画に近いようなタッチ。水彩画っぽい。
特色としてはいい雰囲気を出している。
CG・立ち絵ともに不備のあるものは少なかった。

音楽
S+
OPのほかにEDは各ルートの声優が歌ったもの。それとは別に挿入歌もある。
それぞれの完成度は高く、OPの完成度は非常に高いものといえる。
が、作品にあってたか、と聞かれると素直にうなづけないのが本音。
挿入歌・BGM等質のいいものはそろっているが今一破壊力が足りない。

お勧め度
S+
ある意味この分野の初心者にはお勧めのゲームかもしれない。
代表的な学園物+王道をいくつか抑えている。
また、「選挙」という新しい要素も絡むので、多くの作品をこなした人でも楽しめる要素はある。

総合評価
S

ストーリー
↑クリックすると公式HPに飛びます。

アニメ化もしている作品。
上記にも書き、タイトルからしてもわかるが一般的な学園物に「選挙」が絡んだ物語である。
OP・ED・プロローグ・挿入歌部分はスキップ不可。システム系は比較的簡素。
題名の「チョコレート」部分だがこれは千里の存在に他ならない。これ以外の要素はまったく0である。
立ち位置からして千里は最初にクリアをするメインヒロイン的役割を担っているが、
物語の根幹(?)という部分に関しては未散ルートをクリアすることによって、物語の伏線・全貌を見ることができる。
選挙が深く物語にかかわっており、それは全ルートほとんど変わらないため、個別ルート内でも既読文がよく出てくる。
しかしながら、細かいところは修正されており、ルート間の矛盾などはかなり少ない。
また「選挙」という面白い題材を使ったのもこの作品の特徴であろう。
この点に関しては非常にうまくシナリオを構築できていたように思う。
しかしながら、いかんせん各ルートどれも破壊力にかける。
物語の展開自体はいいのだが、そのタイミングや文章、演出がどうもしっくりこない。
人によってはしっくりくるのかもしれないが、、、、
挿入歌などもかなりいれてくるのだが(このときクリックスキップ不可)どうもくどい印象を受ける。
挿入歌を流して、泣きを得るゲームで成功したものが多々あるが、このゲームは珍しくそれができてない気がする。
個人的には「衣更」ルートは地味に泣ける。
日常のシーンはうまく笑いを取り入れており、脇役のキャラなどもかなり光っている。
素直に高評価は付けれないのだが、かといってダメな部分、といわれてはっきり言えない、もやもやした部分がある作品である。
全部がだめなわけではなく、ところどころいい部分があるだけにかなり惜しい評価である。

(追記あらためぶっちゃけコーナー)
部活存続のために、選挙に出ると言う作品。
人気があったのか、アニメ化もされている。
演出面でかなりの努力が見られるのだが、ちょっと失敗してるかも。
設定も結構良くて、泣きゲーとしてかなり期待はしていたのだが、それに完全にこたえることは出来なかった。
ただ、普通によい√もあるので、期待しすぎないでプレイすれば楽しめるはず。
スポンサーサイト
拍手する
別窓で開く | ゲームのレビュー | この記事へコメントをする:0 | トラックバック:0 | top↑
| 青空の翼と過去の十字架 |