自作の壁紙や泣きゲーレビュー公開しているブログ。チャットルームや自作小説もあります そんな鍵っ子小説家のブログです。
☆★☆★ 毎日0時の定期更新中。現在は壁紙制作・泣きゲーレビューが主活動 ★☆★☆





 


フレラバ ~Friend to Lover~ の感想
2013-07-08 Mon 12:00
<作品名>    フレラバ ~Friend to Lover~
<製作会社名>  SMEE


シナリオ
S+
攻略キャラは4キャラ。友達から恋人になるまでを描き出す作品の為、どのキャラに関しても共通部分が比較的長い。対して、告白後は御褒美のようなものなので早ければ2-3hでおわるだろう。
攻略順に全く指定はないので自由にやってほしいが、
ここでは本当に個人的なお勧め攻略順として「岬→ゆずゆ→理奈→陽菜莉」を推奨。

CG
S-
線は細く、少々淡めの色使い。
キャラが少ないためか、イベントCGの枚数はは多い。特に選択肢によって女の子の外見が変わるため、その辺りは評価してもよいだろう。
しかしながら、バランス等の部分で書き込みが甘いCGが多々ある絵が多いため、減点。

音楽
S+
BGM25曲、OPとEDが各1曲の構成。
OPが個人的名曲だが、BGMも地味に頑張っており、作風に合わせた元気のある曲以外にも「オレンジ色の空」等のしっとりした曲もあり、好感が持てる。

お勧め度
S+
笑いながら本気で女の子に燃えたい! …や、難しく考えない燃えゲー。
という視点から見るならこの作品に関して不足点はまったくといっていいほどないだろう。
どっしりとしたシナリオこそないものの、学園物特有のの甘酸っぱい誰もが夢見るイチャラブワールドがしっかりと展開されているため、その部分の期待はしてよい。

総合評価
S+

公式ホームページ
↑クリックすると公式HPに飛びます。

一番最初に名前が変えられるこの作品。
主人公の性格は、良くも悪くも前向きな馬鹿。
しかしながら、真はしっかりとしており、多くの方に好感を持たせるのではないだろうか。

舞台はフランスの風景をイメージした町で清涼感がある。
(時代&場所ともに前作「ラブラブル」の町に近い場所にあり、作中にはかの店を含む、見知った背景が出てくる)
そこで出会う4人の少女と恋をしていくわけだが…。

この作品は友人(知り合い)から恋人になるまでの期間を重点的に描き出している。
そこで最も注目するべき点が「選択肢」の形式だろう。
その多くが、「キャラ→話題→方向性」という順序をふんで、主人公が気になっている女の子にアプローチをかけている過程を上手く描き出している。
多少質疑応答形式になっている部分があり、不自然な部分はあったものの、比較的自由度が高い選択肢は高評価。
そういったヒロインとの会話の合間に共通ルートとして、ヒロインを含むクラスメイトとの面白い掛け合いなども含まれており、作品自体はテンポ良く進める事が出来る。

笑いの質に関しては下手な鉄砲戦略で、レベルの高いものから、本当にくだらないものまでとにかく数が多い。これは個別に入ってからも同じなので、もしかすると気に入らない人もいるかもしれない。

そうして質問や会話を重ねていくうちに、親密度も上がってくる。
すると会話の内容も踏み込んだものになってくるという仕組みである。
そして、ある一定値を超えると告白へ。

作品のメインの部分が上記までの部分にあるといっても過言ではなく、その続きである告白後の展開はいわゆる「ご褒美」。
それはもう、考え付く限りのイチャラブを展開。
選択肢によってキャラの外観や髪形が変わるところなども特に評価したい。
ただ、それだけでおわるのかと思いきや、最後の方では少し心温まる展開もあり、BGMと合わせるとなかなかホロリときてしまいそうなシーンも。

勢いがある楽しい会話&最大の武器である萌えにより、作品にプレイヤーを引き込んだ、という点に関してはもう減点する場所はほとんどない。
強いて言うなら、イベントCGの質と少々文章中にミスがあったことくらいだろう。

私の評価は泣きを重点に置いているので、この評価に落ちついているものの、「難しく考えずに楽しく、そして萌える作品」ということではかなりの高評価である。

システムに関しては十分といえる。

(追記あらためぶっちゃけコーナー)
笑いに関しては少々ついていけなくなる部分もあったけど、あの手この手で笑わせてくれるし、イチャラブシーンは自分も恋人がほしくなるくらいいいものだった。
何より最後の方のちょっとした温かい話がいいんだよなぁ…あそこらへんもっと重点的に書かれてたら泣いてたかもしれん…。
OPもいいしなぁ…。
こういう萌え重視の作品でも、ここまで頑張れる! っていうのを見れた気がして個人的にはかなりの高評価を与えてるつもりだわ。
スポンサーサイト
拍手する
別窓で開く | ゲームのレビュー | この記事へコメントをする:2 | トラックバック:0 | top↑
| 青空の翼と過去の十字架 |