自作の壁紙や泣きゲーレビュー公開しているブログ。チャットルームや自作小説もあります そんな鍵っ子小説家のブログです。
☆★☆★ 毎日0時の定期更新中。現在は壁紙制作・泣きゲーレビューが主活動 ★☆★☆





 


[レビュー]ことのはアムリラートの感想
2017-12-07 Thu 00:00
<作品名>     ことのはアムリラート
<製作会社名>   SukerasParo


ことのは・アムリラート
公式ホームページ
↑クリックすると公式HPに飛びます。

シナリオ : 【 S 】 6-7h
主人公の『高遠 凛』はある日突然異世界に飛ばされて、言葉も通じず困っていたところを天使のような少女『ルカ』に助けられたのだった――。

主人公の飛ばされた異世界は建物や文化などは非常に酷似しており、大きく違うのはピンク色の空と使われている「ユリアーモ」という言語であり、世界に来たばかりで何も知らない凛はルカやレイといった優しい人たちの助けを受けながらもヴィスタント――訪問者として異世界に馴染んでいく過程を描いた作品となっている。

作中のメインともいえるのがエスペラント語という人工言語をもとに作られたゲーム中の言語「ユリアーモ」であり、それらを”学ぶ”シーンや専用のミニゲーム、辞書などが用意されている。
また作中の登場人物の多くはこの「ユリアーモ」で喋る為、一部の会話が理解できないシーンも多々存在している。
いずれかの√クリアで完全訳を表示することができるので、それらの不明な会話を理解したい場合は全体を2週する必要がある。

登場人物からもわかるが全年齢対象の百合ADVとなっており、表現的にもかなり抑えたものになっていることが多く、物語の中心が「言語の習得」という部分にある事から展開や場面においてもそれらが占める割合が多く、イチャイチャシーンのようなものはかなり少なめ。
しかしながら、シナリオとしては異世界に一人で迷い込んでしまった凛の心情を緻密に描き出すなどして、泣きシーンもいくつか存在している。
しかしながら全体として5-6時間で終わってしまう内容であることや、後半の展開については分岐が3√ほどに分かれてはいるものの、共通ルートと同じくボリュームがなく、さくっと終わるものになっており、そのあたりがシナリオ評価を下げた原因にもなっている。


【推奨攻略順 : 残留END→帰還ED→TRUE 】
基本的に攻略順と言えるほどの差分があるわけではなく、後半の選択肢のみで分岐。
攻略順も自由だが、物語的にもこの順番が望ましいだろう。


CG : 【 S 】
線が細く淡い塗りの絵で、線の一部はラフっぽい描き方をされているものもある。
全年齢対象なので、イベントCGも日常シーン用のものが中心で割と数も多めに用意されている印象を受ける。
カットイン描写が多かったのも印象的。


音楽 : 【 S 】
BGM11曲、Vo曲2曲(OP/ED)という構成。
用意されているBGMの数は少ないものの、作品自体が短いため気にならないともいえる。
全体的に強い印象のあるものはないのだが、「いつか自分たちの世界へ」は切ない旋律が特徴的で、一部の泣きシーンでは効果的に使われていた。
Vo曲としてはOPの「君へと続く道」がアップテンポで、特にエレキのかっこいい良曲。


お勧め度 : 【 S+ 】
全年齢対象の異世界百合ADV。
シナリオに関しては言語学習がメインとなっているため過度な期待をするべきではないが、泣きシーンも確かにあり、短くプレイできる百合ゲーとしては優秀ともいえる。


総合評価 : 【 S 】
シナリオのみでの評価としては、どうしても後半部分に盛り上がりがかけており、少し低めのこの評価となってしまっている。


(ぶっちゃけコーナー)
日本語の教科書のテキストを読み上げるだけで泣いてしまったゲーム。
異世界というすごい特殊な舞台に対して、凄く現実的な側面で描かれたゲームともいえる。

あまり振れなかった凛とルカの関係について。
何でも前向きに挑戦していく主人公の凛側の心の描写などはモノローグで多く表現されていたが、天使のようなやさしさを見せるルカに関しては言語の壁が邪魔をして100%の理解をすることが難しかった。そもそもお互いに惹かれていく様子自体があまり描かれていないものの、2週目ですべてのユリアーモを理解しながらプレイしていくと、不明だったルカ側の気持ち少しだけわかるようになったりとそのあたりは面白い部分。
「言語」だけをテーマとした作品としては非常に珍しく、かさねて百合ゲーであるという事はこの作品だけでしか楽しめない強みともいえる部分だろう。
スポンサーサイト
拍手する
別窓で開く | ゲームのレビュー | この記事へコメントをする:0 | トラックバック:0 | top↑
[レビュー]凍京NECROの感想
2016-03-24 Thu 00:00
<作品名>    凍京NECRO
<製作会社名>  NitroPlus

凍京NECRO

シナリオ構成
S++
ルートは4本。共通ルートはかなり長く、個別に入ってからもかぶっている部分があるとはいえ、それを除いてもボリュームはかなりのもの。

【推奨攻略順 : 霧里→コン・スー→蜜魅→イリア→TRUE】
攻略順に指定はないが、イリアEDは最後にすることをお勧めする。
全キャラクリア後にTRUE√が出現。

CG
S
全体的に硬質な絵だが、枚数も多く総じて美麗。
少々特殊なエフェクトが多く、また流血・グロCGなども多数存在。
もっとも特徴的なのは動画の多彩さである。
シナリオにあわせたCG使用の戦闘シーンは一つの見所であり、他の追随をゆるさない至高の出来だといえる。評価ではここが最大の評価点

音楽
S++
BGM51曲、Vo曲4曲↑(OP/ED/挿入歌・テーマソング)という構成。
ヴァリエーション豊富であることは言うまでもなく、Vo曲では特にEDでもあり、テーマソングでもある「Assemble」がかなりのこだわりで、完全版を聞けるのは最後になるが必聴レベルのものとなっている。(ゲームとは別にPVもあり、クリア後はそちらもおすすめ)
BGMはいろいろなものがそろっている中で、やはり戦闘用のものが目を引く。そのほかにはゲーム中のハイウェイシーンで使われるものなども印象的。

お勧め度
EX--
燃えゲーの新しい可能性という意味でこの高評価。
CGの部門で例に挙げた、CGを交えたゲーム派もちろん、細部までこだわったインターフェースやTIPSにまで表される作品の作りこみ、根本のシナリオにいたるまですべてにわたり高いレベルでの政策が行われている。
その中でも特に武器となる部分もあるため、他作品と比べられても一方的に負けることがない。
注意すべき点はグロシーン等が多いことや、シナリオ自体が全体的に明るいものではないということで、全員に向けて進められるかというと微妙なところ。

総合評価
S++

公式ホームページ
↑クリックすると公式HPに飛びます。

生死者追跡者(リビングデットストーカー)と呼ばれる、俗に言うゾンビ討伐屋が主人公となっている今回の作品。
地球規模の氷河期が訪れ、地下の熱源を利用して何とか生き残ろうとするかつての東京とよばれた『凍京』、2176年米中戦争中に開発された死者をよみがえらせ、従えるネクロサー、この欄だけでは言い表せないほどの世界観で作りこまれた近未来バトルSF作品である。

今回の主人公は感情を余り表に出さないエクスブレインでの芸術的な戦闘のプロ、早雲。
自由奔放に生を教授する早雲と同じリビングデットストーカーのエチカ。
どちらかというと主人公(語り手)としては前者に重きを置きながら、視点変更を多く加えた作品となっており、主人公を含めて一部を除きフルボイスなのもうれしいところ。

やはりこの作品の魅力といえばなんといっても戦闘シーン、CGを使用した戦闘シーンは装甲悪鬼村正の時代からであるが、それと比べてもよりスムーズに、長く、自然になったような印象を受け、作品として根幹にもかかわってくるメインコンテンツといえる。
出来れば再び各シーンをライブラリ等で見たいところだが、シナリオと密接にかかわっている他、対象となる数や演出上難しいのだろうと推察される。

またシナリオに関しても上記で書いた作りこまれた世界観を決して無駄にしないものとなっており。各ルートはどうしても物語の性質上陰鬱としてしまうものがあるものの、それでもなお物語り自体に強い引き込む力のようなものがあり、ともすれば時間を忘れてプレイしてしまう恐れがあるほど。
最終√ではそれらすべてが消化され、特にVo曲とあわせた感動は言葉に尽くすことが出来ないほどで、戦闘シーン等だけに固執するのではなくシナリオまで作りこんだ作品をよく作れたな、というのが正直な感想。

ただ、やはり注意が必要なのは作中何度もグロシーンや欝シーン、ある意味でショッキングなシーンなどが続くことで、多くの人にお勧めで切る出来ではあるのだが、そういった理由で苦手な人は避けてほしいというのも正直なところ。
無論、表現を抑えたCH等にすることは出来るので、プレイしてみたい方は遠慮なくプレイを推奨できる。

シナリオとして少しだけネタバレになるが、どうしても気になったのが最終√のイリアとサブコンのやり取り。
やり取り自体に問題はないのだが、あの絶望的な状況から復活するまでの理論付けがどうしてもあいまいだったように思う。(それに対しての描写があいまい)
あの未来を避けるための、サブコンとハイウェイを活かした演出は見事だっただけに、どうしてもぽっかりと明いてしまった疑問ではある。

コンフィグに関しては問題なく、むしろすべてにおいてかなり作りこまれているのが印象的、ただ、だからこそインターフェイスの動作が基本的にすべて緩慢で、その部分に苛立ちを覚える可能性はある。

【総括】
プレイする人は内容的に選ばれるが、その誰もが口をそろえて高評価を出すことを約束できる作品であり、この評価がふさわしい。

(ぶっちゃけコーナー)
やはり何より驚いたのは戦闘CG。
動画が来た瞬間「あ、これすごいヤツだわ・・・」と思ってしまった、それが1度や2度だけじゃなく、すべての戦闘において(戦闘以外も多数)3DのCGが使われていることに驚きを覚えた。
どうしても今までの2D作品とは違うため違和感を覚える部分はあったが、慣れてしまえば世界には没頭しやすい。3D酔いなんかも、個人の感想ではあるがなかった。
ダウナーなシナリオは好みが分かれそう。ぶっちゃけ最後の√以外は誰かが救われない。
ただ、それでもいいかな、と思わせてくれるようなつくりだったので、個人的には好き。
3DCG以外のイベントCGについても実はかなり高レベルで、思わずそのままデスクトップの壁紙にしてしまったほどである。
全体的な完成度という意味でも高いのだが、この会社はこれを作った後どんな作品を生み出すのか、そこにも注目をしていきたい。
拍手する
別窓で開く | ゲームのレビュー | この記事へコメントをする:0 | トラックバック:0 | top↑
[レビュー]アイドル魔法少女ちるちる☆みちる(前編)の感想
2014-10-12 Sun 12:00
<作品名>    アイドル魔法少女ちるちる☆みちる(前編)
<製作会社名>  フロントウィング

アイドル魔法少女ちるちる☆みちる(前編)

シナリオ構成
S
選択肢なしの全7話構成のスピンオフ作品。
ただタイトルにもあるように前半部分なので中途半端な部分でおわっている。
ボリュームとしては一般作品の3割程度。

【推奨攻略順 : 選択肢なし】

CG
S
絵の質に関して、真面目に描かれているイベントCGに関してはグリザイアシリーズと同等のものと思ってもらって構わない。
ただ、スピンオフ作品の前半と言うこともあり枚数はかなり控えめ。
SD絵も存在している。

音楽
S+
BGM曲は25曲、Vo曲3曲(OP1曲、ED曲2曲)と言う構成。
BGMについてはVo曲のinst3曲の他にも前作からのBGMの数も勘定しているため、曲の総数と言う意味では一般作品には少し届かないものの、「みちる×魔法少女物」と言うコンセプトを「Change Magical」等、明るくも騒がしくそして楽しいBGMで表してくれている。
OPやEDも良質でこの無茶な作品を支えている影の立役者と言える部分だろう。

お勧め度
S
ある意味、グリザイアの雰囲気が好きだった人にはプレイしてほしくない作品。
というのも、前作の”良さ”と言える部分はすべてそぎ落とし「これでもか!」と言うほどパロディ要素を加えてきているので、あくまで「スピンオフ」と言う部分を理解しつつ、制作スタッフの「どこまで行けるのか挑戦してみた!」という精神を楽しめる人にお勧め。
そういった意味ではかなり人を選ぶ作品。

総合評価
S

公式ホームページ
↑クリックすると公式HPに飛びます。

【物語について】
「グリザイア」シリーズまさかのスピンオフ。
アイドル志望の松嶋みちるが世界の破滅を救うため魔法少女になるお話。

世界感、過去、交友関係、キャラ設定等はほぼ破壊されており、グリザイアとして残っているのは「絵」「声」くらいなもので、キャラの設定に関しても根本的な部分は変わらないが大きく変化しているキャラもいくつか存在しており、グリザイアの世界だと思わない方が幸せなことが多い。

追加してもう一つ大切なのが、テキストの雰囲気も少し変わっていると言うこと。
前回はどちらかと言うと無駄の省かれた洗練されたテキストだったのだが、今回は笑いをとるためなのか比較的しつこい雰囲気になっており、テンポこそ悪くないものの気になってしまう方も多いかもしれない。

また、みちるが主人公と言うことから察することができるかもしれないが、ストーリー展開はおバカなものが多く、どちらかというと笑いながらプレイするギャグゲー。
さらにそれを周りがいさめることが少ない、というよりも深刻な突っ込み不足の為にスパイラルに陥りまともな展開をすることが少ない。
それでも一応物語は展開するのだが、今作の最終話(7話)では「今から何かが起こる」というシーンでの終了だったため、期待感が煽られる一方でストーリー面での評価と言う意味では難しくなる。

ストーリー以外では無駄に作りこまれている部分が多く、各話間の次回予告やあらすじでも執拗に笑わせようとして来たり、魔法少女物には欠かせない変身シーンには作品中一番の情熱を感じた。

クリア後にはおまけボイスがダウンロード出来るなど、FD的要素も兼ねているようだ。

コンフィグに関しては使いやすい。

【総括】
個人的には多いにギャグゲーとして笑わせてもらったが、前半部分と言うこともあり評価としては保留状態。

(追記あらためぶっちゃけコーナー)
ある程度深夜テンションで作られたような作品で、こちらも深夜にプレイすれば大いに笑える作品です(体験談)。
本当にグリザイアの世界観が好きな人にはプレイしてほしくないけれど、グリザイアのキャラが好きではあるが、そこまで世界観に重きを置いていなかった人にはお勧めかも。
多くは公判次第ということになる。
拍手する
別窓で開く | ゲームのレビュー | この記事へコメントをする:0 | トラックバック:0 | top↑
願いの欠片と白銀の契約者 の感想
2013-09-16 Mon 12:00
<作品名>    願いの欠片と白銀の契約者
<製作会社名>  propeller

願いの欠片と白銀の契約者

シナリオ構成
S+
ルートは5本、分岐は1回で3つの選択肢しかなく、それらの√全てを攻略すると、新しく分岐が増える形になっている。その唯一の分岐までが非常に長く、それぞれの√も1~2hほどしかないため、全体としてのボリュームは少なめとなっている。
ある程度の攻略順が決まっているので、その中でなら自由ではあるが、

【おすすめ攻略順 : ジェシカ→璃子→ヤン→TRUE】

CG
S-
線は細く、淡い塗。立ち絵は味かなり独特で、基本的に出来は悪い。
イベントCGは全体的に少女漫画を連想させるタッチで、質の上下が激しいものの、枚数自体は多く、その中には上出来の物も数枚ある。
音楽
S+
BGM26曲、Vo曲1曲(OP)の構成。
唯一のVo曲の出来はよく、それだけに他の曲も聞きたかったところ。
BGMは作風に合わせて、緊迫・戦闘シーンの物も多いのだが、それにも増して目立つのが悲しいメロディの曲。
特にOPアレンジや「切なる願い」など、その他いい働きをした物がある。

お勧め度
S++
大雑把にいってしまえば、百合異能バトルモノ。
メインとして、ビスクドール等も出てくるので、そういったものが好きな方にはお勧め。
バトルよりも、その背景・設定・理由に重きを置いている物語として強くお勧めしたい、泣きげー要素も多分に含まれている。

ただ、グロCGはないものの、描写は多いため注意。

総合評価
S+

公式ホームページ
↑クリックすると公式HPに飛びます。

【物語について】
※この作品は15禁作品であり、エロゲではないので注意。
普通の高校生だった少女がとある古い洋館の中、あるビスクドールに出会うことから、非現実的な争いに巻き込まれて行く物語。

普通の高校生、という部分が重要で、それを印象づけたのが、日常シーンの会話だろう。
これは物語後半までそうなのだが、本当に主人公と各キャラクターの会話が自然なのである。それが、一転して非現実にのみ込まれて行くのと同時に、プレイヤーもその世界観に引き込まれて行くだろう。

先ほども語ったように、作品としては異能バトルもので、その中に恋愛要素としての百合が少し含まれている。しかし主人公となる少女が特定の誰かと結ばれるわけではない。

バトル物特有の燃えシーンはもちろん多く、バトルの描写もCGはともかく文章としてはなかなかに上手。
ただ、それ以上にその設定・背景がよい。
この作品は戦う、そのシーンや勝ち負けに主題を置いているわけではなく、「その理由」について重きを置いている。
よって、主人公の少女は常に迷いながら戦いを続け、傷つきながらも進んでいく。
この作品の最大の魅力はここにあるだろう。

その雰囲気を支えるのが主にBGMで、日常シーンは全体的に静かな雰囲気に。時には無音等も上手く使っているのだが、大切なシーンではしっかりと強弱のあるBGMを流す。

そして、主人公の周りのキャラクター達もいい味を出している。
その独特の倫理観・個性もなのだが、なによりもヒロイン・サブを問わずにその一言一言が洗練されており、非常に綺麗で重い。
だからこそ、それを受けて迷う主人公の姿がことさら印象に残る。

そのため、作品としては全体的にかなり重いものとなっており、そのため泣きシーンも、強いものから、じっとりと泣ける物まで用意されており、後半もスカッとする話、というよりは考えさせるような内容になっている。

好き嫌いはあるかもしれないが、合う人にとってはかなり心に来る作品かもしれない。

物語としての設定がこっているが故に、時折難しい解説・仕組み・感情表現等が登場する。深く理解するためには、文章をよく読みこむほか、宗教的な知識等も必要になり、難解な部分が多々あるのは否定できない。その辺りは解釈次第にもなりそうでこの作品の深さがうかがえるものとなっている。

【総括】
Vo曲の少なさ、コンフィグ、物語説明、その他いろいとと不完全な部分はあるのは確かだ。
そのため、万人の為の評価を考えると、どうしても評価は下げざる負えないが、作品として、主にストーリー面で強く評価したい。


コンフィグは最低限の機能はそろっているのだが、足りない機能もいくつかあり、使いにくいところも多々あった為、改善は要求したい。

(追記あらためぶっちゃけコーナー)
闘う理由をちゃんと考え続けて、それを見つめ続けたのは偉いな。だからこそ、敵も味方も非常に魅力的に見えてきた。
設定がこってるのもこれを実現するためなんだろうな。
あと、セリフの一つ一つがいいよなぁ…。ひとつ例をあげると「どんなに優しい人間でも、その優しさと同じだけの闇は抱えているわ。妬み、嫉妬、哀しみ、憎悪……優しい気持ちを支えているのは美しい感情だけじゃない……」ってのがある。このほかにもいろいろあるのだが、正直、中盤あたりのシーンで涙が止まらんかった。
百合ゲーってことも影響しているんだけど、主人公がすげぇ純真で、その周りのキャラ達もいいんだよなぁ…。ストーリーに関しては、太鼓判を押しておきたい。
バトル物というもので泣くのが久しぶり。
でも、バトルシーンとか最後あたりの終わり方とか、おしい部分もあったわけで、個人的にはもう少し作りこんでいれば、もっと評価はあげられたんだよね。
拍手する
別窓で開く | ゲームのレビュー | この記事へコメントをする:0 | トラックバック:0 | top↑
アルテミスブル- のレビュー
2012-06-05 Tue 00:00
<作品名>    アルテミスブル-
<製作会社名>  あっぷりけ妹



シナリオ
S++
選択肢はあるが、その選択による物語の変動がない、一本道の物語。
章ごとに分かれており、その長さ1つが1キャラ分ともいえるので、全体的なテキスト量は他ゲームと同じ。

CG
S
枚数も多く、どことなく癖はあるがきれいなものが多い。
物語上、登場人物は多いため、それと比べて立ち絵はすくなく感じる。

音楽
S++
元々あった曲をアレンジしたものなどが多い。
そのため、クオリティも高い。物語の雰囲気ともマッチしている。
しかしながら、もう一歩の破壊力がほしいところ。

お勧め度
S++
飛行機や空、宇宙が好きな人はぜひ手に取ってやってみるべき一品。
燃え・泣き成分をバランスよく含む

総合評価
S++

ストーリー
↑クリックすると公式HPに飛びます。

主人公が女性の珍しい物語。
物語のステージは高度150mより上を飛べなくなった未来の地球。
主人公で副操縦士の女性ハルが新しく航空会社に入社するシーンから始まる。
この作品のすごいところは、内容・展開の斬新さと共に、王道で抑えているところは抑えているというところ。
空に対するハルの情熱、そして、飛ぶことの難しさ、厳しさの現実。
読み進むうちに、ハルと共にときには手に汗を握り、同じく悩まされ、そして前を向く。
物語のテンポもよく、メリハリがあるので非常に読みやすく、
また、王道ではあるが、それでも趣向を凝らした展開、演出もあるので、飽きにくい。
特に物語を読み進むうちで重要なのが「アリソン・カーペンター」という少女。
この少女なくしては、この作品の「泣き」の部分の80%を語れないだろう。
彼女は省の途中から出てくるが、物語は彼女が出てから始まるといっても過言ではない。
ただ、絶賛と共に触れておかなければならない部分もある。
特に、一番最後の展開についてはやはり賛否両論あるようだ。
これまでにベストに近い展開を持ってこれていた分、どうも最後は不完全燃焼な気もしなくない。
ただ広がりすぎてしまった物語を締めるなら、ああいう展開のほうがきれいなのかと思ってしまう自分もいる。
まだまだ、考える余地のある作品であるために、Sクラスにとどめておいた。

(追記あらためぶっちゃけコーナー)
空をテーマにした作品として。
また、女性主人公の作品としてかなり秀逸な作品。
特に中盤までの流れは完璧だった。
終盤にかけて息切れしてしまってるのが少々残念。
そういえば、主人公女性なのに、百合成分が無いのは珍しい。
拍手する
別窓で開く | ゲームのレビュー | この記事へコメントをする:0 | トラックバック:1 | top↑
| 青空の翼と過去の十字架 | NEXT