自作の壁紙や泣きゲーレビュー公開しているブログ。チャットルームや自作小説もあります そんな鍵っ子小説家のブログです。
☆★☆★ 毎日0時の定期更新中。現在は壁紙制作・泣きゲーレビューが主活動 ★☆★☆





 


[レビュー]夏彩恋唄の感想
2017-02-04 Sat 00:00
<作品名>    夏彩恋唄
<製作会社名>  すたじお緑茶

夏彩恋唄

シナリオ構成
S-
攻略キャラは4キャラ。
共通ルートは3-4hで個別ルートは2h程度となっており、全体的なボリュームは乏しい。

【推奨攻略順 : 彩花→紫苑→光→悠那 】
各個別にネタバレ等はなく、攻略順に指定はない。

CG
S
以前より塗りに立体感が増え、テカリが増えた絵。
いままでよりエロ部分に重点を増やしているので、そういったシーン用のCGが増えているイメージ。なお一部SD絵や以前までのような特大サイズのCGもきちんと存在している。

音楽
S
BGM14曲、Vo曲1曲(OP)という構成。
DucaさんのOP曲「ナツコイ」はさすがというべきか、1曲だけではあるものの夏らしいすっきりと爽やかな恋を歌い上げてくれている。
BGMに関しては全体的にバランスよくそろえているが、やはり不足気味。
EDがないのもいたいところだろう。

お勧め度
S
すたじお緑茶の「恋色空模様」「南十字星恋歌」の恋シリーズに続く3作目の恋愛学園物。
作中では「南十字星恋歌」の舞台「グインベルン公国」や登場キャラクターの家系等の名前が出てくるシーンも多い。
シリーズ作品が好きだった方はプレイしてもよいだろうが、恋愛学園物としての魅力にかんしては少し欠けていると言わざるを得ない。

総合評価
S

公式ホームページ
↑クリックすると公式HPに飛びます。

舞台は日本、とある事情のためクラスメイトの女の子と「嘘の恋人関係」になることに。
幼馴染や長く会っていなかった妹、そして許嫁を含めた少し不思議七つの物語。

割と設定としてはありがちな恋愛学園物。
主人公の出自がお金持ちという特殊な点はあるものの、月10万円の費用で妹と二人暮らしをしており、金銭感覚に関しては普通。
そのた家事も一通りでき、勉強に関しても平均よりも少し上というもので、主人公としてのキャラクター性というものに関してはあまり特筆すべき点はない。

物語のメインと言っていいのはやはりヒロインたちの存在。
学校で一番かわいいが、口や性格がかなり悪い(?)嘘の恋人、いざというときに包み込んでくれる姉のような存在の幼馴染、おっとりとした性格だが主人公の事に関してはしっかりと行動をする許嫁、長い間会えずに兄に恋愛のような感情を抱く妹…と、さっくりと書くとこのような感じになっている。
どうしても、この話じゃなきゃかけないヒロイン! というわけではないところが少し悲しいところだろうか。

嘘の恋人である「悠那」と付き合っていくことで、他のキャラクターの魅力に気が付けたり、最初は苦手だった悠那自身への魅力へ惹かれていったりと、単純な物語であるためか、作中でしっかりとヒロインの魅力は伝えられていたし、全体的にかなり無難に作られた印象がある作品。
しかしながら他の作品と「ここが違う!」といえるポイントがあまりなく、他の作品に埋もれてしまいそうだ、というのが最初から最後までの感想。

今までの作品と比べるとエロシーンが多くなったが、個人的な観点からこの部分に関してはあまり評価をしていないし、そうなるとこの作品の魅力と言えるべき部分が消えてしまうというのが正直なところ。

コンフィグに関してはかなり簡素ではあるものの必要最低限の機能はそろっている。

【総括】
作品として完成はしているが、それだけ…という感じ。
失敗はしていないが、成功もしていないということでこの評価。

(ぶっちゃけコーナー)
あと毎度のことだが、各話の最初にOPを何度も流してくるのはなぜなんだ…。
EDがないのは結構きつい。
他の作品で当たり前にあるものがないというものは、やはり弱点と言えるだろう。
シナリオの魅力はあまりないのは置いておいて、シナリオのボリューム、BGM、CG等、一般的に誰でも比べられる部分において他作品に後れを取っているというのはやはり厳しいと言わざる負えないような気がする。
嫌いじゃないんだけど、本当に好きと言いにくい作品で、感想を書くにも書くべき部分がなさ過ぎて少し困ったのが本音。
スポンサーサイト
拍手する
別窓で開く | ゲームのレビュー | この記事へコメントをする:0 | トラックバック:0 | top↑
| 青空の翼と過去の十字架 |