自作の壁紙や泣きゲーレビュー公開しているブログ。チャットルームや自作小説もあります そんな鍵っ子小説家のブログです。
☆★☆★ 毎日0時の定期更新中。現在は壁紙制作・泣きゲーレビューが主活動 ★☆★☆





 


グリザイアの楽園 の壁紙(周防 天音+α)
2013-07-03 Wed 00:00
こんばんは。
7月3日の定期更新です。

さてさて、今日からまた新しい壁紙ですね。
グリザイアシリーズ、楽園の壁紙は全部で25枚なのですが、各ヒロインの壁紙は2枚ずつしか作っていません。
一応まだ過去の構図でつくれはしたのですが、どうしてもそれだと古さが抜けないので、新しいものばかりを起用しました。
そのおかげでかなり疲れたんですがね…。
まぁ、楽しんでいただければぁな…と思いますのでこれからラスト8日(今日も含めて)
よろしくお願いします。

それでは今日の名言。
悲しい時には桜の花の咲くのを見たって涙が出るんだ
出典:谷崎潤一郎 『蓼食う虫』-
そうなんだよなぁ…。
以前、気持ちと風景の繋がりをしたのですが、それと同じ話。悲しいときにいかに楽しいものを見ても、自分との落差に涙が溢れ、きれいなものを見れば、その儚さに思いを馳せて、どうあっても悲しい気分から抜け出すことはできません。
こういうときにはもう忘れるか、その痛みになれるのを待つしかないのですが…難しいものです。過ぎ去ればどうということもないのでしょうが…。
ちなみに、この名言は逆の場合にも使えることが重要ですね。

ではでは、お待ちかねの壁紙。

サイズ   : すべて1920×1080
(サイズ別のが欲しい方はコメントで~対応するかもしれません)

配布形式  : JPG形式
(のちに、JPGとBMPをまとめた物をZIP形式で配布します)

g3_ama (1)_R g3_ama (2)_R g3_x (2)_R

何か気に入った壁紙等がありましたら、拍手、コメントお願いします


一番バッターはやっぱりこの人「周防 天音」の壁紙です。
2枚だけではあれなので、プラスαであの人も。

2枚の構図につきましては、さっきもいいましたが新しい物を作りました。
といっても、1枚目のものは今まで作ったものに少し手を加えただけなのですが。

1枚目で使用されているCGは天音が初めて学園に来た時の物。
このバイクから想像できるドライバーとしての男前っぽさと、
持ち合わせる母性のバランスが何とも…。

3枚目のキャラの人は語りだすとネタバレになっちゃうので…はい。
むしろこのCGもネタバレ…?

というわけで今日の定期更新はこれで終わりです。
あしたは、あの姉弟の壁紙を4枚ですね。
お楽しみに~。

ではではまた明日同じ時間の定期更新でお会いしましょう。
さようなら~。
スポンサーサイト
拍手する
別窓で開く | 自作の壁紙 | この記事へコメントをする:0 | トラックバック:0 | top↑
グリザイアの迷宮の壁紙(周防 天音)
2013-06-25 Tue 00:00
こんばんは。
6月25日の定期更新です。

もう6月も終わりなんだなぁ…。
いつもおもうが、ホントはやいわ。
これからもっと熱くなっていくんだよなぁ…。
おれ、夜寝れるかな……

それでは今日の名言。
悟りといふ事は如何なる場合にも平気で死ぬる事かと思つて居たのは間違ひで、
悟りといふ事は如何なる場合にも平気で生きて居る事であつた

出典:正岡子規
少々古めの言い方が入っていますが言いたいことは簡単「死が平気なことが悟りではなく、普通に生きるという事こそ悟りである」ということ。人生をいきる上で死にそうになることは大袈裟ではなく、何度かあると思います。周囲の人間にとってはそうではなくても本人は大真面目。そういったときに、死ぬ立ち向かえる強さなって必要ありません。ちゃんと恐怖して逃げてもいいんだと思います。そんな場面で勇気を持って立ち向かえることはもちろん大切ですが、それでつぶれてしまったり、本当に死んでしまっては意味がない。
ですから、むりせず、自分に素直な気持ちで生きることこそ、一番勇気が必要で悟りに近い生き方ではないでしょうか。
ただ、この生き方が正しいとか間違っているというつもりはありません。本当にそれが正解だったかどうか、わかるのは本人だけでしかもそれは死に際の話ですから…。悔いのないように生きたいものです。

とかなんとか、いってみましたが、今日の名言難しいよ。
雰囲気だけでも感じ取ってくれたらいいのだけれど。

それでは今日の壁紙!

サイズ   : すべて1920×1080
(サイズ別のが欲しい方はコメントで~対応するかもしれません)

配布形式  : JPG形式
(のちに、JPGとBMPをまとめた物をZIP形式で配布します)

g2_ama (1)_R g2_ama (2)_R g2_ama (3)_R
何か気に入った壁紙等がありましたら、拍手、コメントお願いします


本日は再び、周防 天音の壁紙です。
今回も3枚の壁紙を紹介。
もう前回でキャラの説明は前回しましたよね。
アフターもそれに磨きがかかってただけですし。

壁紙についてはおいおい語っていくけども、少々目新しい物も?
これでも、構図だけはかぶらないように苦労したんだよなぁ。
3作目の楽園においては、もう手詰まりも手詰まり…。
結局、新しい構図作ってしまったわ。
正直、素材が1枚絵しかないと、加工の限界があるからなぁ…。
切り抜きしてもいいんだが、雑&時間がかかるしなぁ…。
とかなんとかいいつつ、今日の分のコメントはこれで終わり。

というわけで、今日の定期更新もおしまいです。
また明日同じ時間にお会いしましょう!
さようなら~
拍手する
別窓で開く | 自作の壁紙 | この記事へコメントをする:2 | トラックバック:0 | top↑
グリザイアの果実 の壁紙(周防 天音)
2013-06-18 Tue 00:00
こんばんは。
6月18日の定期更新です。

さてさて、今日から新しい壁紙ですねぇ。
というか、梅雨明けたとか何とか聞いたんですが、ホントですか…。
雨いつ降ってたっけ…?
虹は見たんだけど、雨に降られたの、1週間前に1度くらいなんだけど…(6/14日現在)
ほんと、水とか大丈夫かなぁ…。

それでは今日の名言。
好きになろうとして好きになるもんじゃないでしょ。
好きになっちゃうんだよ。
恋はしちゃうもんなんだよ


出典:僕の生きる道
ある人が言いました「恋はするものではなく落ちるものだ」と。
今回の名言も故意ではなく、まるで万有引力に引っ張られているかのように、勝手にそうなってしまうものだと言い表しています。
これが実際にすべての恋に当てはまったり、見本だったり、真理だったり、ということはないと思います。
多くの人間がいるなかでそれぞれの形がありますし、それはそれでいいんだと思います。
ただ、その中のひとつに「理由がない恋」というものもあるということ、そして案外、恋の始まりの「好き」はそんな形で始まることが多いものかもしれない、と考えれば、それで良いんだと思います。

さてさて、それではお待たせしました。グリザイアシリーズ第一弾の壁紙です。

サイズ   : すべて1920×1080
(サイズ別のが欲しい方はコメントで~対応するかもしれません)

配布形式  : JPG形式
(のちに、JPGとBMPをまとめた物をZIP形式で配布します)

g1_ama (1)_R g1_ama (2)_R g1_ama (3)_R
何か気に入った壁紙等がありましたら、拍手、コメントお願いします


さてさて、今日は周防天音の壁紙です。
エロイねぇちゃんといえば、おおむね間違えのないキャラですが、女性のスペックとしてはトップクラスの良さ。料理、器量、容姿、さらには男性の気持ちもわかってくれるという、全てそろっている珍しいキャラです。
他のキャラも魅力的なので、平凡(?)なこのキャラは案外人気がなさそうなのですが、個人的にはかなり好きなキャラなんです。

ただ、今回壁紙に使えるCGが少ないこと少ない事…少ない事。
マキナや雄二(主人公)がやたら同時に出てたんだよなぁ…。
まぁ、彼女のルートはほとんどが過去編だったからなぁ…。
そういう意味では他のルートとかなり違った雰囲気だったかもしれない。
3作もあると思ってなかったから、今思うとあの話があそこまで広がるとは…って感じだったわ。

壁紙自体については後日解説。

それでは今日の定期更新はおしまい。
明日はちっさいあいつだ。
それでは明日の壁紙もお楽しみに。
ではではまた明日お会いしましょう。
さようなら~。
拍手する
別窓で開く | 自作の壁紙 | この記事へコメントをする:0 | トラックバック:0 | top↑
壁紙 - グリザイアの楽園 - LE EDEN DE LA GRISAIA -
2008-07-10 Thu 00:00
フロントウィング様より申し立てがあったため削除されました。

申し訳ありませんがこちらへどうぞ
http://finepro.blog108.fc2.com/blog-entry-189.html
拍手する
別窓で開く | まとめ | この記事へコメントをする:5 | トラックバック:0 | top↑
壁紙 - グリザイアの迷宮 - LE LABYRINTHE DE LA GRISAIA -
2008-07-02 Wed 00:00
フロントウィング様より申し立てがあったため削除されました。

申し訳ありませんがこちらへどうぞ
http://finepro.blog108.fc2.com/blog-entry-190.html
拍手する
別窓で開く | まとめ | この記事へコメントをする:0 | トラックバック:0 | top↑
| 青空の翼と過去の十字架 | NEXT