自作の壁紙や泣きゲーレビュー公開しているブログ。チャットルームや自作小説もあります そんな鍵っ子小説家のブログです。
☆★☆★ 毎日0時の定期更新中。現在は壁紙制作・泣きゲーレビューが主活動 ★☆★☆





 


君の名残は静かに揺れてのレビュー
2013-02-26 Tue 00:00
<作品名>    君の名残は静かに揺れて
<製作会社名>  ユニゾンシフト

kiminago.jpg

シナリオ
S+
選択肢は1つのみなので、ルートは2つ。(片方はBADEND)
全体の総量としては普通のゲームの半分と少し、といったところだろうか。

CG
S
安定の絵、だが、『FlyableHreart』と比べるとどことなく大人っぽくなっている。
シナリオの長さとくらべると、枚数は多いと言えるだろう。
それも1キャラに対してなのだから、文句はない。

音楽
S++
『FlyableHreart』から新たに追加されたのはOP、EDの2曲。BGMは6曲+OPのinst1曲。
相変わらず、安定の高品質。綺麗で、繊細な曲が多い、と思いきや追加されたBGMには面白いものも。
とにかく作品の雰囲気とも完全にマッチしており、この分野の評価は高い。
OPは特にこのゲームをやっていなくても破壊力は高い、やっているとすさまじい…。
無論、前作の物も含めて、という事を忘れないでほしい。

お勧め度
S++
同会社『FlyableHreart』をプレイ後でなければ楽しめないのは確か。
前作品のキャラも登場はするものの、皇(兄)と主人公、茉百合の3人が目立つ。
ドロドロとしたドラマのような作品で、旧家の抱える伝統、そして秘密が絡むちょっと悲しいお話。

総合評価
S+

公式ホームページ
↑クリックすると公式HPに飛びます。

『Flyable Hreart』のIFストーリーとして作られた作品。
序盤は上記の作品と同じ流れなのだが、入学してから、茉百合√に入るまでが、
改良&簡略化されているため、前作をやっていないと真からは楽しめないだろう
また、システム上出てこないキャラも居る。
本編は、基本的にはかなり暗めの流れとなっている。
無論、前半にはヒロインとのイチャラブや、各キャラとのドタバタも少しはあるが、
テーマが「私は愛する為に生れてきたのか」という事に在り、
それに迫る後半につれて、受け入れられない行為、避けられない現実、やるせない真実に常に悩まされる。
そういった要素も入りつつ、白鷺家のルールに縛られた生活は常にプレイヤーを締めつける。
そこに挿入される切ないBGMは、涙腺を破壊はしないものの、確実に世界へ引き込むのに一役買っている。
展開も爆発的な物はないものの、しっとりと濡れるような悲しみがあり。
「相手に対して『愛する』という気持ちを向けること」を再度じっくりと考えさせる。
作品自体は短いものの、大きな1ルートといえるので満足感もあり、
終わり方にも賛否両論はあろうが、下手にやっつけなENDを持ってこなかったところは好感がもてる。
作品自体が、昼ドラのような静かで、それでいでじっくりツ締めつけるような作品なので、そういった類に耐えられる人、
さらには、前作で茉百合が好きだった人には、補完している部分が多々あるので、ぜひプレイを推奨したい。
過大な期待をしなければ、もしかすると思わぬ広いものだと思えるかも?

コンフィグに関しては、少し不足点もあり、もう少し機能が欲しいところ。

(追記あらためぶっちゃけコーナー)
巷では本作を超えたと言われるほど、その真実は曖昧なところだ。
深さ、という意味では、本作も及ばないほどの深度。
ただ、如何して本作にこれ入れなかった!?ってなるのは分かる。
入れてたらずば抜けての作品となっていただろう。
スポンサーサイト
拍手する
別窓で開く | ゲームのレビュー | この記事へコメントをする:2 | トラックバック:0 | top↑
| 青空の翼と過去の十字架 |