自作の壁紙や泣きゲーレビュー公開しているブログ。チャットルームや自作小説もあります そんな鍵っ子小説家のブログです。
☆★☆★ 毎日0時の定期更新中。現在は壁紙制作・泣きゲーレビューが主活動 ★☆★☆





 


乙女理論とその周辺-Ecole de Paris- の壁紙(大蔵衣遠・ディートリンデ・ヴァレリア)
2013-09-13 Fri 00:00
こんばんは。
9月13日の定期更新です。

今までの流れで、ブログの説明なんかしようかな~という気分になってます。
とりあえず、今のところの活動について説明しましょう。
メインは毎日の定期更新。
雑談・名言・作成壁紙紹介の3つで構成されている記事を毎日0時にお送りしています。
壁紙は、一定数orシリーズが終わるとまとめ記事も作ります。
サブ活動(?)として攻略ゲームのレビュー。
これに関しては、上の欄にある部分で深く説明してあるので割愛。
その他にも、小説を書いたりといろいろと活動をしていたのですけど、今のところはこれがメインでしょうか。
まぁ、これからも、最低限このレベルは保っていきたいなぁ…。
毎日は大変だけど、続けることが大切なんですよね。

それでは今日の名言。
学べる時に学ぶのだ
それが最後に生き残って笑える道だ
勉強のチャンスはそうやたらにはない
だから寸刻をおしんで学べ
プロフェッショナルだけが宇宙の無法地帯で生きのびることができるのだ

出典:銀河鉄道999
こんなセリフ出てくるんだ…とおもうほど、この作品は深い名言が多いんですよね。
学ぶ機会、というのは確かに限られているんですよね。
「聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥」というように、学ぶことを躊躇すれば、すぐに手遅れになる。
そして、その手遅れが一生ものになることも。
厳しい状況の中で、それでも生き残っていきたいのなら、
やはり人間は「学ぶ」という向上心を捨ててしまってはいけないのでしょうね。

それでは今日の壁紙です。

サイズ   : すべて1920×1080
(サイズ別のが欲しい方はコメントを。対応します)

配布形式  : JPG形式
(のちに、JPGとPNGをまとめた物をRAR形式で配布します)

otsuriro (19)otsuriro (21)> otsuriro (20)
何か気に入った壁紙等がありましたら、拍手、コメントお願いします

本日は3キャラ。
・大蔵衣遠

・ディートリンデ・ツヴァイゲルト
(Dietlinde Zweigelt)

・ヴァレリア・テレンチェヴナ・ブッテルスカヤ
(Валетия Терентевна Бутырска))

の3人です。
上から日本人、ドイツ人、ロシア人、とこのゲームのグローバルさが分かりますよね。

衣遠は主人公の兄…ですが、前作では怖いイメージしか抱けなかったのではないでしょうか?
この「乙女理論とその周辺」をやってからはそのイメージが完全に払しょくされましたね。
この方の壁紙は未だ作っているので、おたのしみに。

一応その他の二人は、りそなの友人となってくれる二人…なのですが、
CGを見ると分かってしまう、その特殊な関係性に少し笑ってしまうかも。

というわけで今日の3枚でした。
ちなみに衣遠のCGは前作「月に寄りそう乙女の作法」から拝借。

それでは今日の定期更新はこれでおしまいです。
明日は、再びヒロインズの紹介に戻りますよ~。

お楽しみに。

それではまた明日、同じ時間の定期更新でお会いしましょう。
さようなら~。
スポンサーサイト
拍手する
別窓で開く | 自作の壁紙 | この記事へコメントをする:2 | トラックバック:0 | top↑
| 青空の翼と過去の十字架 |