自作の壁紙や泣きゲーレビュー公開しているブログ。チャットルームや自作小説もあります そんな鍵っ子小説家のブログです。
☆★☆★ 毎日0時の定期更新中。現在は壁紙制作・泣きゲーレビューが主活動 ★☆★☆





 


流星☆キセキ -SHOOTING PROBE- のレビュー
2013-04-18 Thu 00:00
<作品名>    流星☆キセキ -SHOOTING PROBE-
<製作会社名>  ユニゾンシフト・アクセント

流星キセキ

シナリオ
S
共通はそこそこの量があり、ルートも6本ある。
うち2本、明日香と望√はかなり短いものの、その他のルートは2h程度のなさが下がるため、全体の量としては平均より少々短いか、一般程度の域といえるだろう。
攻略順に指定はないものの、トゥインク→望√という部分のみロックがある。
お勧め攻略順はもも→桜→向日葵→明日香→トゥインク→望だろうか。

CG
S
イベントCGや立ち絵の両方安定した良質の物がそろっている。
淡い塗の柔らかい印象を受ける絵でSD絵も差分が多く高評価。
また、それら以外の背景などの細かい部分も評価したい。

音楽
S
BGM13曲、OPとEDが各1曲ずつというコンパクトな構成。
OPはそこそこ疾走感もある上、EDも良曲なのだが、
やはり全体の量不足、威力不足は否めない。
BGMの中にも少々見どころの曲はあったが、量が少ないのだけがやはり懸念。

お勧め度
S+
学園、青春物、宇宙、ロケット、前向き主人公、あたりの成分がある。
悪い作品ではない、むしろ安定した良作といえるのは確か。なかなか設定も面白くはあるが、名作!!と言わしめるほどの何かがあったわけではないのが残念。

総合評価
S

公式ホームページ
↑クリックすると公式HPに飛びます。

過去の事故により、宇宙開発が行き詰ってしまった近未来を描いた作品。
主人公はそんな状況でも宇宙を目指す代わり物として描かれているが…。
(主人公は、イケメン、運動できる、頭いい(学年3位))
物語の設定もあり、各キャラの名前などは宇宙に関連していたりする。

序盤~中盤の共通に関しては殆ど文句のいいようはないんではないだろうか。
物語への引き込み方や展開の方向、テンポなど丁度良い長さだったように思える。
説明自体もあまり難しい事は全体を通して話すことはないので、どんな人にでも理解しやすい内容となっている。
ある種王道の学園青春物として各キャラの魅力を引き出しつつ、伏線や状況説明をうまく出来ていた印象である。

ただ、問題は各ルートに入ってからだろうか、どのルートに入ってからもロケットを作ると言うテーマはぶれない。
(明日香&望√はそれすら無く一瞬で終わるが)
なので、攻略対象のキャラもよく出てきて動いてはいるのだが、そういった状況だからこそヒロインとの触れ合いについてはもう少し丁寧かつ踏み込んで書いてほしかった。
ただ、各キャラへ視点を変えるなど、努力が見られたのも確か。
各ヒロインの悩み等は、ありふれたものではない物の、在りがちな展開に転がっていくので、よく言えば安定しているが、悪く言えば予想できる程度のもの。

ヒロインの中でも特別扱いされていたのはトゥインクだろう。
彼女のみEDで歌入りEDが流されるほか、作りに関しても一番凝っていたと言える。
ただ、それでも彼女自身の話に踏み込んだという印象は薄く、展開自体も方向性は悪くないが、強引かつ簡素に流してしまった感はある。
ボリュームが増えることにはなるが、もう少し詳細にかつ大きく転がしてほしかったのはここでも言える事。
ED後の彼女の展開などは悪くなかったので、もうすこし全体を大きくかき回してサブキャラ全部を動かすくらい大きなアクションがほしかった所。
+主人公にも燃え成分&突っ走り&前向きさがもう少しプラスしているとよかったか…?

コンフィグに関してはクセもなく、昨日も一通りそろっているので、使いやすいと言える。

(追記あらためぶっちゃけコーナー)
う~ん、「これ」といえるものが無かったのがつらいのかなぁ…。
妙にこじんまりしすぎてたかも、もっとサブキャラを活かしてほしかった。
後努力シーン少ないのもなぁ…、主人公の試行錯誤、トライアンドエラーをもっとみたかったかな。そこら辺をヒロインと絡めれば面白かったかも?
まだまだ伸ばせる所はあった、って感じだろうか、ただ作品としてつまらないわけじゃないし、青春物としては安定しているのかなぁ…。
期待しすぎるとやけどするだろうけど。
スポンサーサイト
拍手する
別窓で開く | ゲームのレビュー | この記事へコメントをする:0 | トラックバック:0 | top↑
| 青空の翼と過去の十字架 |