自作の壁紙や泣きゲーレビュー公開しているブログ。チャットルームや自作小説もあります そんな鍵っ子小説家のブログです。
☆★☆★ 毎日0時の定期更新中。現在は壁紙制作・泣きゲーレビューが主活動 ★☆★☆





 


[レビュー]アイドル魔法少女ちるちる☆みちる(後編)の感想
2016-10-21 Fri 00:00
<作品名>    アイドル魔法少女ちるちる☆みちる(後編)
<製作会社名>  フロントウィング

アイドル魔法少女ちるちる☆みちる(後編)
シナリオ構成
S
全体のプレイ時間は3-4h程度。

【推奨攻略順 : 選択肢無 】

CG
S
いつもの品質の絵。
全体的に安定しており、前作からのCGも何枚か存在。
長さに併せた分量しかないが、決して少ないわけではない。

音楽
S+BGM32曲、Vo曲3曲(OP1/ED2)という構成。
BGMに関してはグリザイアシリーズや前作からのものが数多くあるため、オリジナルがどれだけあるのかは未調査。
Vo曲に関しても前作からの者OP/ED)があるが、グランドEDは今回が初登場。
基本的にノリやテンポがよく良曲。

お勧め度
S
グリザイアシリーズからキャラのみを引っ張ってきた作品。
前編をプレイした人のみの攻略を推奨したい。

総合評価
S

公式ホームページ
↑クリックすると公式HPに飛びます。

アイドル魔法少女ちるちる☆みちる(前編)の続きの作品。
基本的にノリなどは前作と同様。

内容的には最終話まで行くのだが、テーマとして結構重そうなものもあるのだが、ギャグテイストなのであまり深く考えることにはならないだろう。
あくまでもギャグゲーの範疇。

新キャラなどもほとんど出てこず、驚くべき展開というものもあんまり存在しないため、前編ほどの驚きや新鮮味を感じることはできないので、その点だけ注意。

コンフィグに関しては特に問題なし。

【総括】
好きな人は好き…という内容で評価しにくいため、平均評価。

(ぶっちゃけコーナー)
とりあえず最初から最後まで爆笑はしてた。
真面目に作れる部分はまじめモードに入っても良かったとは思うんだけどなぁ…。
戦闘シーンも少しあったりして、普通に楽しめるのは楽しめる。
作品自体がすごく短いのでそれだけが残念です。
クリア後はおまけボイス等がdownload可能。
スポンサーサイト
拍手する
別窓で開く | ゲームのレビュー | この記事へコメントをする:0 | トラックバック:0 | top↑
[レビュー]ISLANDの感想
2016-05-27 Fri 00:00
<作品名>    ISLAND
<製作会社名>  フロントウィング

ISLAND.jpg

シナリオ構成
S++
BADENDを含めてEND数は17個、一瞬で終わるBADがほとんどなのだがそれでもボリュームは十二分な量となっている。

【推奨攻略順 : 夏蓮→紗羅→(ry 】
攻略順は最初の二人をクリアした後は1本道となっている。

CG
S
安定した高品質のCGで立ち絵・イベントCGともに美麗。
全年齢対象ということもあり、一般的なイベントCGの枚数はかなりの量となっている。
特に夜や海の風景が関連したイベントCGは印象的。

音楽
S++
BGM40曲(Voのinst,アレンジ含)、Vo曲3曲(OP/ED2)という構成。
数が多くヴァリエーションが豊富なことは言うまでもないが、そのなかでもSF物らしいBGMが多くそろっているな、というのが最初の印象。その中でも久しぶりにピアノ系BGMで「この感情は使命」は涙腺を刺激してきた。
Vo曲も良曲がそろっており、全体的に質の高さがうかがえる。

お勧め度
S++
タイムトラベル系作品が好きな方には久しぶりにおすすめできるガッツリとした作品。
作中には多くの物理的な話も出てくるのでしっかりと理解するのは少し辛い。
逆に今までの軍事風主人公やその雰囲気が好きな方には別系統なのでお勧めしにくい。

総合評価
S++

公式ホームページ
↑クリックすると公式HPに飛びます。

意味深な始まりに考えを巡らせる暇もなく、破天荒な主人公の行動や言動に驚き通しとなる物語の序盤。その行動にやっと慣れてきたと思えば次に気になるのは舞台やキャラ達の抱える秘密、何よりも主人公の失った過去の内容、そうした疑問に思いを巡らせつつも展開していく現実の物語が複雑に絡まり合っており、いつの間にか物語に引き込まれてしまう、そうしていくうちにこの作品がガチの時間系SF作品だということを知ることとなる。

何が真実であり何が嘘なのか、新事実が発覚しては新しい理論を考え、また新事実が発覚して否定され…特に序盤、夏蓮と紗羅√をクリアするあたりまではこうした繰り返しになり、頭をかなり使うことになる。
もちろんある程度は説明されるが、物語の流れを早めるためなのかテンポを保つためなのか、割と最小限なので何度か読み返す必要もあり、純粋にキャラのかわいさを堪能したい人など、苦手な人は多分敬遠してしまう作品の一つになるだろう。

この作品の魅力として挙げられるのは大きく二つ「大きな論理的破綻がないこと」とそして「展開が予想できないものであること」だろう。
どちらもSF作品としては十二分に大切な要素と言え、特に作中で行われるタイムトラベルの方法論においては、思わずその可能性を信じたくなるものであったほど。
そしてそのタイムトラベルを使った展開は最後までプレイヤーを驚かしてくれ、SF要素以外のストーリー的な魅力と絡めて十二分なセールスポイントと言えるだろう。

主人公を含むキャラクターのユニークさもこの作品の魅力の一つとして欠かせない。主人公は言うまでもなく、ヒロインやサブキャラクターまで暗くなりがちなシナリオを支えるギャグ等

少し残念というか作品の要素として、この作品は”完璧”に「完結」と「解決」はしないという事。それまでに十二分なほどの完成度とシナリオ量であったために、これ以上続けることにもメリットとデメリットが発生してしまうため、無理に続ける必要はなかったと考えるが、一部の人には物足りない終わり方となってしまっているかもしれず、よく言えば余韻のある終わり方、悪く言えば中途半端なものとなっている。

コンフィグやシステムには問題ない、フローチャートもあり攻略も行いやすい。

【総括】
純粋なSF作品として薦めたい作品で、ストーリーはもちろん音楽や演出等、全体的な完成度の高い作品なのでこの評価。

(ぶっちゃけコーナー)
最初にこの作品をやってた時は、割と主人公への忌避感が強かったかも。
そして、明らかに嘘をついているヒロインたちや島の過去に、ホラー作品を見ているような気味の悪さを感じることが多かった、
ただ、そういうことを気にしつつクリアしていったらどんどん明かされる真実に驚き「本当は何が起こっているのか」というのを求めて次から次へと文章を読んでいっている自分がいた。終わったと思えば次から次に新しい事実やシナリオ(続きの√)が出てきたりして、クリア中はすごくワクワクしていた。
作品のネタバレにもつながるから、レビューでも内容にはあまり深く突っ込めなかったが今年一番と言って問題ないレベルのシナリオゲーであることを再度言ってきたい。
拍手する
別窓で開く | ゲームのレビュー | この記事へコメントをする:0 | トラックバック:0 | top↑
[レビュー]果つることなき未来ヨリの感想
2016-03-02 Wed 00:00
<作品名>    果つることなき未来ヨリ
<製作会社名>  フロントウィング

果つることなき未来ヨリ

シナリオ構成
S+
共通√が長くボリュームとしてはそこだけで十分といえるほどで逆に個別ルートは、2-3hと少し短め。全体的に考えると分量は十分といえる。

【推奨攻略順 : ユキカゼ→リア→メルティナ→アイラ】
1週目は強制的にユキカゼ√、次週から残り3人のヒロインをクリアする形になる。
面白いものを出来るだけ広範にもってくるタイプの人ならこの攻略準を推奨。

CG
S
いつも通りの高品質の絵。
全年齢対象ということもあって過激なものは少ないが、文章の描写として乱暴な部分もあることと同様にいろいろな意味できわどいものは多数。

音楽
S+
BGM51曲、Vo曲6曲の構成。
さすがというほかがない圧倒的ボリュームで、高く評価したい。
BGMでは全体的に戦闘用の気持ちを鼓舞するようなものが目を引く。
Vo曲についても、それぞれ雰囲気の違うレベルの高いものがそろっている。

お勧め度
S+
全年齢対象ということで、全体的なハードルは下がっているが、シーンとしての流血シーンはあまりないものの、過激(グロ含む)な文字表現はいくつかあり注意は必要。
軍事物が好きな方にはお勧めしやすいが、グリザイアを意識しつつのプレイは推奨しない。

総合評価
S+

公式ホームページ
↑クリックすると公式HPに飛びます。

今作の主人公はゼロ戦パイロット、海軍所属の”三森一郎”。
敵艦への特攻を観光した瞬間、異世界の砂漠へと飛ばされ、ユキカゼと出会うシーンから作品は始まる。

良くも悪くも尊大な主人公はグリザイアの主人公を髣髴とさせ、異世界ではあるものの、戦争を中心とした得意の軍事系作品の雰囲気を十二分に持つ作品となっている。

物語の魅力は序盤~ヒロイン分岐にかけての共通ルート。
各地を回り、豊富なキャラクターとのテンポのよい会話やシナリオ進行、起こっている問題を強引とも言える手法で解決していくその手法などはさすがというほかない。
初回のユキカゼ√までを含めて一つの作品として評価しやすい作品である。

少し残念なのは各ヒロイン√を含めて書ききれていない部分が多かったところだろうか、特に主人公の元の世界での話などは扱いが少しぞんざいでもったいないような気もする。
(キャラクターとして「元の世界に戻る=死」が決まっているので、そこを広げるのは酷かもしれないが…)

各ヒロインとの交流があまりなかったのも残念なところの一つ。
序盤~中盤にかけては、それぞれやり取りがあることもあったのだが、特に固定√に突入した後は特定のヒロインと周囲のサブキャラクターしかやり取りがないことが多く、そのあたりがかなり不完全燃焼な部分ともいえる。
物語自体の結末も作品によっては聊か辛いものがあったりするので、そういった部分をあわせて評価が下がってしまうこともある。
各ヒロイン√について、付け加えるならば短さもデメリットとなっているだろう。
明らかに中盤~ヒロイン分岐地点とその後では物語の質が違う。最終的に同じような結末を迎えるという前提の作品だとしても、他のレベルから類推してもう少し出来たことはあるのではないだろうかと思ってしまう部分もある。
それでも、メル√やアイラ√には感動できる部分もあり、その部分は十分に評価している。

よかったと思えるのは特にCG部分、イベントCGももちろんだが、今回は異世界の背景や特に空の上空の景色など、美麗なCGを活かしたシチュエーションが多く登場しており、世界観を形作る良い要素となっている。

コンフィグ藻十分に使いやすく、不備はない。

【総括】
全体的に質が高い作品ではあるものの、もう一歩を踏み出せなかった作品で、良くも悪くも良作止まりのこの評価となった。

(ぶっちゃけコーナー)
グリザイアを意識しすぎて、いい作品なのに評価されにくいように感じる。
これはこれとして受け止めるといいのかなぁ。
各EDでハッピーなものもあればそうでないものもあって、賛否両論なのかもしれないが、個人的に今回はそういう終わり方もありなのかな、と思えるものだった。
伊勢買い物は多数、それこそいろんな媒体で出ているがその範疇を越えられたか、というと少し微妙なところで、やはり「この作品にしかない」見たいなところを見せてほしかった。軍事物~といえばそれまでなんだけどね。
拍手する
別窓で開く | ゲームのレビュー | この記事へコメントをする:0 | トラックバック:0 | top↑
[レビュー]ゆきこいめるとの感想
2015-05-21 Thu 00:00
<作品名>    ゆきこいめると
<製作会社名>  フロントウィング

ゆきこいめると

【さわり】
寒いのが大嫌いな主人公は、熱烈な勧誘により「ふゆ部」に入ることになる。
冬の魅力を見つける活動はとにかく寒くて辛いけど、メンバーと日々を過ごすうちにいつの間にか冬の魅力を少しずつ理解してきて、いつのまにか彼女たちの魅力に惹かれてゆく。

シナリオ構成
S
攻略キャラは4キャラ。
キャラ数は少ないが、共通ルートも個別ルートも比較的量があるため全体的な分量は十分。


【推奨攻略順 : 嘩音→雫里→雪姫→たるひ】
攻略順に特に指定は無いので好きな順番に攻略するとよい。

CG
S
線が細く、濃い目の塗りの美麗な絵がそろっている。
特にイベントCGはいくつかバランスの気になるものはあるが、総じて安定した質。
枚数に関してはキャラが少ないこともあり、1キャラに対する枚数は一般的なのだが、全体的に見ると乏しいかもしれない。
またHCGと一般の割合についても五分五分。

SD絵も多数存在している。

音楽
S
BGM20曲、Vo曲2曲という構成。
Vo曲の中でもOP「恋をしようよ Let it snow」は冬っぽい雰囲気が漂う、静かだけれども明るい独特のテンポの曲。
BGMも冬っぽいもので統一されているのかと思いきや、明るい曲、暖かく優しい曲が目立つ

お勧め度
S
萌えげーということで、シナリオにあまり深い期待は寄せないほうがよい。
キャラが気に入ったり、冬の舞台が好きだったり、絵が気に入っている方はプレイしても問題ないだろう。
読んでいて息苦しさもなく、とにかくイチャラブな毎日を過ごす作品なので、そこを理解したうえでのプレイが必要。

総合評価
S

公式ホームページ
↑クリックすると公式HPに飛びます。

寒いのが嫌いな人物が主人公の冬が舞台の作品。
もの語り自体はぬるっと始まり、一般的な世界が舞台の作品でもあるからか、理解しにくいところもなくスラスラと進めることができる。
そしていつのまにか「ふゆ部」という、冬に関連していれば何でも活動する部活に巻き込まれる形で、寒いのを我慢しつつ冬の魅力を知っていくことになる。

テーマとして「冬」というのがとても強いものなのかと思いきや、意外とそういうわけではなく、そういった活動とイチャラブシーンとの相関はそこまで強くない。
作品を通して「冬ってやっぱいいなぁ」と思える機会はなかなかに訪れない。
「冬」だからこそできる何かということを表している作品ではないので、そのあたりをかんがみると「冬」というテーマはそこまで重いものとして働いていないことがわかる。
しかしながら、それでも日々の活動や物語の展開の一部のような舞台装置としての冬を非常にうまく使用しており、そういった点に関しては純粋に評価したい。

何よりもこの作品に出てくるキャラクターは一癖も二癖もある人物ばかり。
そんなキャラたちが動くからこそ、共通ルートはギャグゲーに近い要素があり、特に「下ネタ勘違い会話」を物語の前半から中盤に至るまで多く使う作品であった。
それは性格面だけではなく見た目にも現れていて、その最たるものである「たるひ」に関して、彼女は猫耳がついているのだが、そこに(物理的に)触れるとBADENDに直行してしまうという謎の仕様がある。

上記のような点を含めて全体的にそこまで深く考えるような物語作りをしていないので、難しいことを考えずにキャラの魅力を引き出すことだけに注力した印象を受ける部分が多かった。

ただ唯一、たるひ√の後半部分に関してなどホロリと来るような部分もあるので。一概にだめなシナリオだったと下すこともできない。
それを鑑みても、全体的にシナリオを中心として評価するには中身が薄いといわざるを得ない作品である。

システムボイスも設定可能で、コンフィグにも特に問題はない。

【総括】
全体的に完成度は高いが、この作品でなければ得られない体験のような印象的かつ個性的部分がすくなく、この評価に収まってしまっている。

(ぶっちゃけコーナー)
フロントウィング作品でも、時々萌えだけのシナリオがない作品ってのに当たるけど、今回はそれ。
まぁ、薄いだけであるにはあるんだけどね・・・。
ただセールスポイントがキャラの魅力だけってのは、萌えゲーとしても危ういんじゃないんだろうか。
やっぱどうしても、作品自体が面白いほうが感情移入しやすくなるし、作品に出てくるキャラも深く好きになれるような気がする。
そう考えると、ちょっと物足りないシナリオだったかなあと思うわ。
それ以外の部分に関しては十分以上の実力があったので特にいうことなし。
拍手する
別窓で開く | ゲームのレビュー | この記事へコメントをする:0 | トラックバック:0 | top↑
[レビュー]アイドル魔法少女ちるちる☆みちる(前編)の感想
2014-10-12 Sun 12:00
<作品名>    アイドル魔法少女ちるちる☆みちる(前編)
<製作会社名>  フロントウィング

アイドル魔法少女ちるちる☆みちる(前編)

シナリオ構成
S
選択肢なしの全7話構成のスピンオフ作品。
ただタイトルにもあるように前半部分なので中途半端な部分でおわっている。
ボリュームとしては一般作品の3割程度。

【推奨攻略順 : 選択肢なし】

CG
S
絵の質に関して、真面目に描かれているイベントCGに関してはグリザイアシリーズと同等のものと思ってもらって構わない。
ただ、スピンオフ作品の前半と言うこともあり枚数はかなり控えめ。
SD絵も存在している。

音楽
S+
BGM曲は25曲、Vo曲3曲(OP1曲、ED曲2曲)と言う構成。
BGMについてはVo曲のinst3曲の他にも前作からのBGMの数も勘定しているため、曲の総数と言う意味では一般作品には少し届かないものの、「みちる×魔法少女物」と言うコンセプトを「Change Magical」等、明るくも騒がしくそして楽しいBGMで表してくれている。
OPやEDも良質でこの無茶な作品を支えている影の立役者と言える部分だろう。

お勧め度
S
ある意味、グリザイアの雰囲気が好きだった人にはプレイしてほしくない作品。
というのも、前作の”良さ”と言える部分はすべてそぎ落とし「これでもか!」と言うほどパロディ要素を加えてきているので、あくまで「スピンオフ」と言う部分を理解しつつ、制作スタッフの「どこまで行けるのか挑戦してみた!」という精神を楽しめる人にお勧め。
そういった意味ではかなり人を選ぶ作品。

総合評価
S

公式ホームページ
↑クリックすると公式HPに飛びます。

【物語について】
「グリザイア」シリーズまさかのスピンオフ。
アイドル志望の松嶋みちるが世界の破滅を救うため魔法少女になるお話。

世界感、過去、交友関係、キャラ設定等はほぼ破壊されており、グリザイアとして残っているのは「絵」「声」くらいなもので、キャラの設定に関しても根本的な部分は変わらないが大きく変化しているキャラもいくつか存在しており、グリザイアの世界だと思わない方が幸せなことが多い。

追加してもう一つ大切なのが、テキストの雰囲気も少し変わっていると言うこと。
前回はどちらかと言うと無駄の省かれた洗練されたテキストだったのだが、今回は笑いをとるためなのか比較的しつこい雰囲気になっており、テンポこそ悪くないものの気になってしまう方も多いかもしれない。

また、みちるが主人公と言うことから察することができるかもしれないが、ストーリー展開はおバカなものが多く、どちらかというと笑いながらプレイするギャグゲー。
さらにそれを周りがいさめることが少ない、というよりも深刻な突っ込み不足の為にスパイラルに陥りまともな展開をすることが少ない。
それでも一応物語は展開するのだが、今作の最終話(7話)では「今から何かが起こる」というシーンでの終了だったため、期待感が煽られる一方でストーリー面での評価と言う意味では難しくなる。

ストーリー以外では無駄に作りこまれている部分が多く、各話間の次回予告やあらすじでも執拗に笑わせようとして来たり、魔法少女物には欠かせない変身シーンには作品中一番の情熱を感じた。

クリア後にはおまけボイスがダウンロード出来るなど、FD的要素も兼ねているようだ。

コンフィグに関しては使いやすい。

【総括】
個人的には多いにギャグゲーとして笑わせてもらったが、前半部分と言うこともあり評価としては保留状態。

(追記あらためぶっちゃけコーナー)
ある程度深夜テンションで作られたような作品で、こちらも深夜にプレイすれば大いに笑える作品です(体験談)。
本当にグリザイアの世界観が好きな人にはプレイしてほしくないけれど、グリザイアのキャラが好きではあるが、そこまで世界観に重きを置いていなかった人にはお勧めかも。
多くは公判次第ということになる。
拍手する
別窓で開く | ゲームのレビュー | この記事へコメントをする:0 | トラックバック:0 | top↑
| 青空の翼と過去の十字架 | NEXT