自作の壁紙や泣きゲーレビュー公開しているブログ。チャットルームや自作小説もあります そんな鍵っ子小説家のブログです。
☆★☆★ 毎日0時の定期更新中。現在は壁紙制作・泣きゲーレビューが主活動 ★☆★☆





 


[レビュー]凍京NECROの感想
2016-03-24 Thu 00:00
<作品名>    凍京NECRO
<製作会社名>  NitroPlus

凍京NECRO

シナリオ構成
S++
ルートは4本。共通ルートはかなり長く、個別に入ってからもかぶっている部分があるとはいえ、それを除いてもボリュームはかなりのもの。

【推奨攻略順 : 霧里→コン・スー→蜜魅→イリア→TRUE】
攻略順に指定はないが、イリアEDは最後にすることをお勧めする。
全キャラクリア後にTRUE√が出現。

CG
S
全体的に硬質な絵だが、枚数も多く総じて美麗。
少々特殊なエフェクトが多く、また流血・グロCGなども多数存在。
もっとも特徴的なのは動画の多彩さである。
シナリオにあわせたCG使用の戦闘シーンは一つの見所であり、他の追随をゆるさない至高の出来だといえる。評価ではここが最大の評価点

音楽
S++
BGM51曲、Vo曲4曲↑(OP/ED/挿入歌・テーマソング)という構成。
ヴァリエーション豊富であることは言うまでもなく、Vo曲では特にEDでもあり、テーマソングでもある「Assemble」がかなりのこだわりで、完全版を聞けるのは最後になるが必聴レベルのものとなっている。(ゲームとは別にPVもあり、クリア後はそちらもおすすめ)
BGMはいろいろなものがそろっている中で、やはり戦闘用のものが目を引く。そのほかにはゲーム中のハイウェイシーンで使われるものなども印象的。

お勧め度
EX--
燃えゲーの新しい可能性という意味でこの高評価。
CGの部門で例に挙げた、CGを交えたゲーム派もちろん、細部までこだわったインターフェースやTIPSにまで表される作品の作りこみ、根本のシナリオにいたるまですべてにわたり高いレベルでの政策が行われている。
その中でも特に武器となる部分もあるため、他作品と比べられても一方的に負けることがない。
注意すべき点はグロシーン等が多いことや、シナリオ自体が全体的に明るいものではないということで、全員に向けて進められるかというと微妙なところ。

総合評価
S++

公式ホームページ
↑クリックすると公式HPに飛びます。

生死者追跡者(リビングデットストーカー)と呼ばれる、俗に言うゾンビ討伐屋が主人公となっている今回の作品。
地球規模の氷河期が訪れ、地下の熱源を利用して何とか生き残ろうとするかつての東京とよばれた『凍京』、2176年米中戦争中に開発された死者をよみがえらせ、従えるネクロサー、この欄だけでは言い表せないほどの世界観で作りこまれた近未来バトルSF作品である。

今回の主人公は感情を余り表に出さないエクスブレインでの芸術的な戦闘のプロ、早雲。
自由奔放に生を教授する早雲と同じリビングデットストーカーのエチカ。
どちらかというと主人公(語り手)としては前者に重きを置きながら、視点変更を多く加えた作品となっており、主人公を含めて一部を除きフルボイスなのもうれしいところ。

やはりこの作品の魅力といえばなんといっても戦闘シーン、CGを使用した戦闘シーンは装甲悪鬼村正の時代からであるが、それと比べてもよりスムーズに、長く、自然になったような印象を受け、作品として根幹にもかかわってくるメインコンテンツといえる。
出来れば再び各シーンをライブラリ等で見たいところだが、シナリオと密接にかかわっている他、対象となる数や演出上難しいのだろうと推察される。

またシナリオに関しても上記で書いた作りこまれた世界観を決して無駄にしないものとなっており。各ルートはどうしても物語の性質上陰鬱としてしまうものがあるものの、それでもなお物語り自体に強い引き込む力のようなものがあり、ともすれば時間を忘れてプレイしてしまう恐れがあるほど。
最終√ではそれらすべてが消化され、特にVo曲とあわせた感動は言葉に尽くすことが出来ないほどで、戦闘シーン等だけに固執するのではなくシナリオまで作りこんだ作品をよく作れたな、というのが正直な感想。

ただ、やはり注意が必要なのは作中何度もグロシーンや欝シーン、ある意味でショッキングなシーンなどが続くことで、多くの人にお勧めで切る出来ではあるのだが、そういった理由で苦手な人は避けてほしいというのも正直なところ。
無論、表現を抑えたCH等にすることは出来るので、プレイしてみたい方は遠慮なくプレイを推奨できる。

シナリオとして少しだけネタバレになるが、どうしても気になったのが最終√のイリアとサブコンのやり取り。
やり取り自体に問題はないのだが、あの絶望的な状況から復活するまでの理論付けがどうしてもあいまいだったように思う。(それに対しての描写があいまい)
あの未来を避けるための、サブコンとハイウェイを活かした演出は見事だっただけに、どうしてもぽっかりと明いてしまった疑問ではある。

コンフィグに関しては問題なく、むしろすべてにおいてかなり作りこまれているのが印象的、ただ、だからこそインターフェイスの動作が基本的にすべて緩慢で、その部分に苛立ちを覚える可能性はある。

【総括】
プレイする人は内容的に選ばれるが、その誰もが口をそろえて高評価を出すことを約束できる作品であり、この評価がふさわしい。

(ぶっちゃけコーナー)
やはり何より驚いたのは戦闘CG。
動画が来た瞬間「あ、これすごいヤツだわ・・・」と思ってしまった、それが1度や2度だけじゃなく、すべての戦闘において(戦闘以外も多数)3DのCGが使われていることに驚きを覚えた。
どうしても今までの2D作品とは違うため違和感を覚える部分はあったが、慣れてしまえば世界には没頭しやすい。3D酔いなんかも、個人の感想ではあるがなかった。
ダウナーなシナリオは好みが分かれそう。ぶっちゃけ最後の√以外は誰かが救われない。
ただ、それでもいいかな、と思わせてくれるようなつくりだったので、個人的には好き。
3DCG以外のイベントCGについても実はかなり高レベルで、思わずそのままデスクトップの壁紙にしてしまったほどである。
全体的な完成度という意味でも高いのだが、この会社はこれを作った後どんな作品を生み出すのか、そこにも注目をしていきたい。
スポンサーサイト
拍手する
別窓で開く | ゲームのレビュー | この記事へコメントをする:0 | トラックバック:0 | top↑
君と彼女と彼女の恋。 の感想
2013-07-21 Sun 12:00
<作品名>    君と彼女と彼女の恋。
<製作会社名>  NitroPlus

sasa_20130720214642.jpg

シナリオ構成
S+
シナリオ構成が他のゲームと大幅に違っているため(詳しくは下記で記述する)攻略は非常に難しい。評価が難しいが、内容量自体はそこまで多くないため、”正規プレイ”をする方は普通のゲームの半分程度の労力で良いだろう。
個人的には10h程度でおわっている。

お勧め攻略順がないものの、大まかに美雪→アオイ→???と進めば問題ない。

CG
S
独特のくすみがある、細い線・淡い色使いのCG。
どの絵もレベルは高く、差分が少ないものの、イベントCGの枚数も結構な数が用意されている。ただ、2キャラということもあり、全体的にみるとどうしても少なく感じるかもしれない。
ただ、スクリプトを使用しての画面演出に関しては、かなりのレベル。
それだけでも一見の価値はあるだろう。
(CGギャラリーで全部のCGを見る方法は、チート番号入力以外不可)

音楽
S+
31曲中3曲ほどVo曲が用意されている。
全体的に静かなものが多く、そのなかでも作品に合わせて少々緊迫したシーン用のものが目立つか。
Vo曲はどれも、ケバケバしさのない一般曲に類似したもののイメージがピッタリで比較的レベルは高いと言えるだろう。
(Musicギャラリーで全部の音楽を見る方法は、チート番号入力以外不可)

お勧め度
S
大雑把にいってしまえば、メタ+三角関係物。
ただ、グロ・NTR・ループ・難攻略・重い内容
…と、特殊な設定であることもかさね、かなり上級者向けの内容。
そのため、低めの設定としてある。
ただ、玄人がプレイする場合は十分な下調べ無しに飛び込んでプレイしてみた方が面白いかもしれない。

総合評価
S+

公式ホームページ
↑クリックすると公式HPに飛びます。

「ととの」と略されるこの作品。
先にこの作品の特殊性について説明したいのだが、そうするといわゆる「ネタバレ」部分に触れてしまうため、一番下部にて、「とのの」の攻略のポイントと合わせて説明しておく。
まだこれからプレイ予定があり、作品自体の雰囲気について知りたい方は、その部分ネタバレ部分以外だけを読んでほしい。

【物語について】
タイトルからわかるとおり、ヒロインが二人しかおらず、幼馴染ツンデレと電波不思議少女…この二人のいわゆる三角関係者物にに分類されてしまうのだろうか。
1週目のプレイはおそらく、そう言った重い雰囲気は感じないだろう。
独特のCG・背景と静かなBGM。そして数は少ないものの、意外ににコミカルなキャラクター達。織りなす笑いも、そこそこのレベルといったところか。
序盤からでも多少の特殊性は感じるだろうが、物語のテンポもわるくなく、よく展開しているので、すいすい進められる。なので、驚くほど純愛な普通のゲームとして受け入れられるかもしれない。

ただ、この作品が化けるのは2週目終盤からである。
多くは語れないのだが、ある種のプレイヤーへの挑戦状のようなもので、悲しく心えぐられる話から・恐怖状態に陥る展開、はてはループ状態に陥ることもあり、諦めてしまう方も居るかもしれない。
それでも最後までたどり着いたなら、迷ってでも自分なりの答えが出るだろう。
そしてその時、何故このゲームに攻略が存在しなかったのかも自然と分かる事になる。
その終盤のシーンを泣きシーンと見るか、また別のシーンと見るかは本当にその人の考え方次第になってしまうだろう。

今まで語ってきた(or下記で語る)ように、かなり斬新な設定を持ってきており、訴えかけている内容も深い。
ただ、それにごまかされているものの、物語自体の内容は結構薄い。
他のゲームでも見かけたようなものなので、そこに期待するのは間違いかもしれない。
いろいろとあたら

【総括】
本当に人を選ぶゲーム。内容をもう少し吟味すればさらなる名作にも化けたかもしれない。
ただ、これを書いている今でも混乱するほど、考えさせられる内容ではあるので、骨のある作品を探していた方には満足してもらえるだろう。
個人的評価で大きく変わってしまうこの作品だが、まだ伸びしろはあるものの、平均よりは上と判断しこの評価にした。

コンフィグに関しては不問とする。
そういう問題ではないレベルであった。(設定的に)

(追記あらためぶっちゃけコーナー)
正直、内容としてはかなり重いし、なんかゲーム制作者の、プレイヤーへの挑戦状って感じがするよな。
個人的にゲームの内容=主人公の物語を第三者視点で見ている。という考え方だから、実は結構この作品と俺は合わなかったり。
まぁ、それでも最後はグッときたけどさ…。
怖かったけど、その裏の愛を考えたらさ、さすがにほだされるわ…あの一途さは。
まぁ、クリア出来た人は最後の選択肢の後、タイトル画面で数秒放置してほしい。
OPが変わるからな。
その後、もう一度やるかどうかは…作品で語られてた通り君の自由だしねぇ…。
俺はもうやらなかったよ、皆の言うとおり別のルートやるのに罪悪感出たし…。
そんな元気もなかったしな。

 
(君と彼女と彼女の恋。攻略・参考・設定・ネタバレ)文字反転しています

この作品が何度も訴えかけ、そして設定にまで手を加えて伝えたいことは、『人生に「IF」なんて無い』ということであるだろう。
そのため、ある部分からセーブ&ロードが不可になり(セーブフォルダ削除にてのやり直しレベルしか不可能)、またヒロインの片方しかクリアできないというギミックがある。

また、攻略にはランダム要素や固有数字遊び等も含まれているため、攻略しにくい方も何人かいるだろう。
個人的に攻略中に少しメモした物を乗せているので参考にしてほしい。ただ、乗せる予定はなかったため、順番が前後している可能性もあり、あくまで参考にしてほしい。
ちなみに私は美雪を最後にクリックしたが、それ以外はかなり美雪に対して酷い選択肢ばかり選んでいる。

序盤、美雪ルートにいくために、美雪優先&現実的な選択肢を選ぶ(ただし、世界の書き換えは行う?)そうすると自然とクリア。

2週目はアオイルートにいくために、アオイ中心の選択肢を選ぶ。特に猫拾って行方不明になった当たりでしつこく学校探せばOKかな? これでクリアのはず。

そうこうしてる間に監禁。
1度目のループは、美幸がいない間にメモリ覗いたりして繰り返してたら、(選択肢はすべて美雪の意志にそぐわないもの)何日か経ってて、何回も繰り返して…→(外に出る?)
途中キスをやたら迫ってくるけど、ここあたりでもずっと、美雪にとってダメな選択肢を選びまくる…。そこで殺されたりするけど、何度か再起動→同じ選択肢繰り返してる間に先に進む。

→世界の書き換え
(番号とか入れたけど、間違えって言われた)

2度目のループはいろいろやったけど、本屋→料理の本→料理→自分で作る→追い出す→小袋→電話帳→質問10個応えるでOK?(ランダム要素あり・他の攻略役に立たず?)
それで先に進む。

→コード入力はめっちゃ丁寧に説明してくれるし、間違えてもOK、説明自体も何度もしてくれるから落ち着いて入力。(ここら辺は他人の攻略見ない方がいいランダム要素あり)

これで、最後まで行けた。
拍手する
別窓で開く | ゲームのレビュー | この記事へコメントをする:0 | トラックバック:0 | top↑
月光のカルネヴァーレのレビュー
2013-04-04 Thu 00:00
<作品名>    月光のカルネヴァーレ
<製作会社名>  Nitro+

月光のカルネヴァーレ

シナリオ
S
攻略キャラは4キャラ。
それぞれに2つENDがあり、それ以外のBADENDも多数。
共通・個別ルートもそこそこの量があり、全体量は普通のゲームの1、5倍程度。
攻略順に少々ロックがかかっているが、変動してもあまり問題はない。
なので、好きなキャラを中心に進めればよいのだが、
一応推奨攻略順をあげておくと、ノエル→アンナ→ルナリア→レベッカ。

CG
S-
線質は細く淡い色遣いだが、硬さを感じる絵。
4キャラという事もあり、比較的に枚数は多いが、如何しても質に関して問題はある。
戦闘シーンのCGが多く、流血&多少のグロもあるので注意。
さまざまな事を鑑みてこの評価。

音楽
S
BGMはVo曲のオルゴールアレンジなども含めた28曲。
Vo曲は4曲というそこそこのボリューム。
どちらも作品の方向性に合わせ、静かな物や緊迫、暗めのものが多い。
燃える曲もあるにはあるが、個人的な琴線触れはしなかった。

お勧め度
S
燃えゲー好きならお勧めしやすい作品。
「狼男」「自動機械人形」「マフィア」「近世ヨーロッパ」等の成分。
ただ、前記のとおり、流血CG&描写も多少あるので注意。

総合評価
S

公式ホームページ
↑クリックすると公式HPに飛びます。

舞台は中世(近世)ヨーロッパ、全体の雰囲気はまさにゴットファーザー。
そんな設定の燃えゲーなので、かなり癖がある。
おじさんが主人公(年齢不詳だが)で声もある。
ゲームの背景として用いられてるのはかなりリアルな写真風なのも特徴的。
(ヴェネツィアやイタリアとかかなぁ…)


序盤から、かなり雰囲気を感じさせるこの作品だが、シナリオ自体は硬くクセがあり、どこか廃頽的に感じるほど。
時折ギャグも入るのだが、あまり面白みもなく、基本日常に関しての魅力は少ない。
そのため、各キャラへの感情移入度はどうしても下がり気味なのが難点。
キャラ自体は特色のあるものが多く、声に若本さんがいたりするので、尚更惜しいところである。
戦闘シーンはかなり多く、基本的な展開の形にブレはない。
(最後に予想外の展開で終わりのパターンが多い)
十二分に楽しめる文章ではあるのだが、作品にのめり込めないと少々つらいかも。

ただ、キャラの心情や設定など十分に作りこまれているので、雰囲気が合えばかなり面白く感じられるかもしれない。
深い設定を語らなかったのは痛いところだが、ところどころ光るところもあり、完成度は高めといえるだろう。
個人的な評価でこの評価となっているので注意。

物語自体が長いので、途中でダレる危険性は大いにあり得る。

コンフィグは時代もあるのかかなり使いにくく、慣れるまで時間は必要。

(追記あらためぶっちゃけコーナー)
個人的に燃えゲーが嫌いってわけではないけど、この作品は合わなかったわ…。
ほんと最後までやるのしんどかった…なんでだろな…全体的な完成度は問題ないはずなんだけど、どうしても面白く感じられなかった。
やっぱ日常の魅力不足なのかなぁ…ヒロイン系に感情移入できなかったし…。
ゴッドファーザーの雰囲気が俺は苦手なんだろうな…きっと。
結論 : 肌にあわなかった。
拍手する
別窓で開く | ゲームのレビュー | この記事へコメントをする:0 | トラックバック:0 | top↑
装甲悪鬼村正 のレビュー
2013-02-10 Sun 00:00
<作品名>    装甲悪鬼村正
<製作会社名>  NitroPlus

muramasa.jpg

シナリオ
S++
ルートは5つ?だが、BADを含めるとかなりの数になることは確か。
その総量は、普通のゲームの2倍と理解すればよいだろう。
最後のルートにのみロックがかかっているので、お勧め攻略順は特になく、範囲内で自由にクリアすればよいだろう。

CG
S
普通のCGに加え、3D絵、動画などもあり、その数は圧巻。
1キャラに対する立ち絵が少ないが、表情などは窓内のみの絵で表現する工夫や、
その分浮いた労力を、多数のキャラに回すなどの努力は秀逸というほかない。
クセのある部分もあるが、その他ここに関しては文句の出しようもない。

音楽
S++
BGM37曲、Vo曲5曲の大ボリューム。
量に関してもだが、質もかなりのものといえる。
作風に合わせたBGMは各所を盛り上げ、Vo曲、特に「MURAMASA」「落葉」は
燃えと感動を一手に担ったと言っても過言ではないだろう。

お勧め度
S++
燃えゲーとしては、かなりお勧めしたい。
流血、グロ、凌辱等にかなりの嫌悪感がある場合は注意。
戦国日本、鎧、剣、燃え、泣き、笑い、等の要素でお勧めしたい。

総合評価
S++

公式ホームページ
↑クリックすると公式HPに飛びます。

おそらく、何を語っても、この作品に関しては無粋な事にしかならないだろう。
それを承知で、これから評価していくが、そのまえに心に刻んでほしい。
「これは、英雄の物語ではない!」

物語は「劔冑」という兵器が開発された日本の物語。
その様相は、戦国時代と現代を少し混ぜたものと理解すればいいだろう。
この作品のすごいところはまずスタート、物が立ちへ引き込む力だろう。
少々特殊な設定を、上手く説明しながら、世界観を存分に発揮している。
そして物語が始まり、OPまでに悟るだろう、この物語のその意味を。
作品全体の雰囲気は、陰鬱かつ激烈。暗い物語の中に熱いバトルが挿入されている。
その合間合間に見られるギャグはこれ又意外に面白く、物語のテンポを上げてくれている。
肝心のバトルシーンについては、心配いらないと言っていいだろう。
バトルシーンは動画を用いるのはもちろん、それだけではない努力が見られ、
BGM・文章はもちろん、独特の空戦シーンを演出するシステムは見事なもの。
また、単にそれだけではなく、物語中に選択肢による探索や、数学パズルなどもあるのは面白い。
ともすれば、トラウマにもなりかねない流れ、最後の方までその雰囲気は続く。
読むだけでこちらの体力を消耗させるようなものすごい作品。
もし、体験版の雰囲気に耐えられないのならば、おそらく最後まで読みとおすことは難しいだろう。
それでも、最後までたどり着けたなら――。
何を語るにしても、この作品に対して自分の文章では足りない。
しかしながら、これだけは言える。
燃えゲーとして、ここまでの綺麗な真理、信念、情熱を見せた、レベルの高い作品は、
過去にも未来にも数少ない。
もしも、その分野に少しでも興味があるなら、これなしでこの分野を語る事、
これに恥を感じなければなるまい。
どのような人にとっても、作品として、かなり上位にい座れる作品である事を保障しよう。

システムに関して言うことはない。(独特の古語等が使われていて最初は慣れないかも)
強いて言うなら、動画を見れるようにしてくれると少し嬉しかったかもしれない。・

(追記あらためぶっちゃけコーナー)
英雄の物語ではない、この言葉に何度だまされたか…。
魔剣の話をしよう――辺りからはホントに泣かされた。
それにしても村正可愛いな!
拍手する
別窓で開く | ゲームのレビュー | この記事へコメントをする:2 | トラックバック:0 | top↑
スマガ のレビュー
2009-10-15 Thu 12:00
<作品名>     スマガ
<製作会社名>  NitroPlus

スマガ

シナリオ
S++
死んでは生き返るを繰り返し、ハッピーエンドを目指す…ループ物だがしかし…。
シナリオはかなり長く、同じ場面をいろいろな立場から眺めることになる。
最初の1週目と最後のTRUE以外は特に攻略順は決められていない。

CG
S
線も細かく、非常に綺麗。
戦闘シーン(魔法使用シーン)も文句ないレベルだし、動画はおしゃれといえるほど。

音楽
S++
BGMの量は約40ほど。
質もさることながら、今回評価したいのはOPである「(a)SLOW STAR」と挿入歌の「あくびの戦士がふぁー」
前者は全部クリアしてからの2番の歌詞が涙腺を刺激し、後者は流れただけで燃えてくる。
各エンドに違うEDソングがつくほどで、曲ゲーといい勝負も出来る。

お勧め度
S++
正直、全ての項目においてトップレベルをたたき出した。
しかし、そのレベルの高さと、物語の長さにおいて初心者にはお勧めしない。
ただ、最近泣きゲーにも飽きたという方には是非お勧めしたい一品。
場合によっては、ゲームへの考え方を変えられる可能性も。

総合評価
S++
ある日、目を覚ますと…あなたは空から落ちてました。
どうして? 何も思い出せない。
と、その時…
「なにやってるの?」
運命的な出会いが!?

すべての項目においてトップクラスといっても過言ではない。
さすがは2008年の注目商品といえる。
EXランクが出ないのは、単に物語りが長くて、途中でばててしまうから。
しかし、この長さが無いと最後でのあの感動は無いともいえる。
ただのループものと思ってプレイすると痛い目を見るだろう。
単調さを感じさせられる物語の中で時々泣きシーンが入り、燃えさせるシーンも同じくらい入ってくる。
世界観も設定も、今まであったゲームを超えてくるような、新鮮さがある。
今までのニトロプラスらしさをまったく感じさせない新しい物となっている。
ただ、人と人が出会うことだけでも奇跡――そういうことが伝わってくる。
繰り返し、悲劇は語られる――あなたは本当のハッピーエンドを迎えられるだろうか?
彼女の名前を覚えているだろうか?

(追記あらためぶっちゃけコーナー)
かなり衝撃的な設定の作品。
いろいろと、他にはない新しいものが見られ、新鮮である上に、終盤にかけての展開はなかなかのもの。
EDで泣ける作品と言うのもなかなか少ないので、個人的にはお勧めしたい泣きゲーの一つ。
普通の泣きゲーに飽きてしまったらプレイしてみるのも手かも?
拍手する
別窓で開く | ゲームのレビュー | この記事へコメントをする:0 | トラックバック:0 | top↑
| 青空の翼と過去の十字架 | NEXT