自作の壁紙や泣きゲーレビュー公開しているブログ。チャットルームや自作小説もあります そんな鍵っ子小説家のブログです。
☆★☆★ 毎日0時の定期更新中。現在は壁紙制作・泣きゲーレビューが主活動 ★☆★☆





 


ゴスデリ -GOTHIC DELUSION- のレビュー
2011-04-23 Sat 00:00
<作品名>    ゴスデリ -GOTHIC DELUSION-
<製作会社名>  LOSE


シナリオ
S
ルートなしの一本道。
しかしながら…本当に短い!

CG
S
立ち絵がないという、異色のゲーム。
それは、このゲームの強みの一つであり、そのきれいで作り込まれたCGは平均を軽く上回る。

音楽
S+
特に問題はなかったと思う。
BGMの量も長さに比べて多いし、歌もなかなか悪くない。

お勧め度
S
お勧めなのは、ヒロインの声優が民安なのと、CGがきれいなこと、
ゴシックでロリなのが好きな人にはたまらない一作。

総合評価
S

ストーリー
↑クリックすると公式HPに飛びます。

この作品の特徴はほとんど述べ終わった後だが、さらに説明を付け加えると、
現在も、いろいろなパッチ(おもにエロシーン)の更新が公式などで行われている。
しかしながら、結局のところ、ものがたちの中途半端さなどは否めない。
言うなればこれは体験版レベルの物語で終わっているということ。
長さを度外視して考えれば、展開としては、燃えも萌えもそこそこのレベルといってよく、
バトル方面の複雑な話や主人公の小学校の先生という役職をうまくいかした話がちゃんと織り込まれている。
が、本当に物語が中途半端に終わっている。
いくつかのこった謎はほんとうに、これからっ、というところで止まっている。
ただ、長さに対してのCGの量等を考えていくと、やはり限界の長さだったのだろうかと思う部分もあり、
一概に避難はできない。
動作は遅いPCだと止まってしまう部分もあるかもしれない。

(追記あらためぶっちゃけコーナー)
ビジュアル面が非常にすくれた作品。
バトルをメインとした燃えゲーなのだが、とにかく絵が多い。
その代わり、シナリオが短いのが短所。
しかしながら、瞬間的な燃えシーンはある。
スポンサーサイト
拍手する
別窓で開く | ゲームのレビュー | この記事へコメントをする:0 | トラックバック:0 | top↑
| 青空の翼と過去の十字架 |